SPG&マリオットポイントをAeroplanマイルに移行して35%増量キャンペーン。

スポンサーリンク

SPGアメックスを最大限活用するには、マイル移行で35%増量のキャンペーンがあることを知っておくべき!!!還元率1.25%が、1.6875%になるクレジットカードに注目。

人気クレジットカード「SPGアメックス」を所有している人、発行を検討している人は、絶対に知っておいた方がいい情報があります。

SPGアメックスをショッピング利用すると、100円=3マリオットポイント=1マイル相当が貯まります。そして、60,000マリオットポイントまとめて移行すると、5,000マイルのボーナスマイルが加算され、60,000マリオットポイント=25,000マイルになることは、すでにご存知ですかね。

つまり、最大限還元率が1.25%になることで、SPGアメックスは有名なわけですが、このカードの還元率はさらに高くなるチャンスがあることは知っていますかね???

これは知らないと損するので要注意です。

年に何度か、マリオットのポイントを特定の航空会社のマイレージプログラムに移行すると、35%増量のようなキャンペーンが行われるんですよね。このタイミングを狙うのは、本当にいい戦略だとは思います。

今回は、「Aeroplan」というマニアックな移行先への増量キャンペーンなので、利用する価値は残念ながら低いのですが、こんなチャンスがあることだけは知っておいて損しないと思います。キャンペーンを知っていても、移行先のマイレージプログラムのことを知らないと移行する価値があるのか、ないのかすらわからないと思うので、Aeroplanのことも簡単に紹介しておきます。

 

マリオットポイントをエアカナダの「Aeroplan」に移行して35%増量キャンペーン

今回キャンペーンが行われているマイレージプログラムは、エアカナダ(スターアライアンス)の「Aeroplan」です。

ちょっとマニアックなマイレージプログラムですね。昔は、かなりお得に利用できたのですが、改悪になってしまい、現在日本人でAeroplanにマイルを貯めている人は少ないと思います。

 

話は少しそれますが、Aeroplanはエアカナダのマイレージプログラムなのですが、外部委託しているマイレージプログラムで、近々エアカナダが買取、新プログラムに生まれ変わることが決まっており、個人的に少し楽しみにしています。

 

さて、今回のキャンペーンですが、

MarriottからAeroplanに移行で増量キャンペーン
  • キャンペーン期間:2019/6/26まで
  • キャンペーン内容:マリオットからのポイント移行で35%分のマイル増量
  • キャンペーン公式ページ&Aeroplanアカウント作成:こちら

キャンペーン内容は、マリオットのポイントをAeroplanに移行するだけで、なんと35%もマイルが増量されます。

9,000マリオットポイントを移行した場合だと、

3,000マイルに35%相当の1,050マイルが加算されます。

 

60,000マリオットポイントだと、

25,000マイルの35%に相当する8,750マイルが加算されるんですよね。

還元率1.25%のSPGアメックスが、35%増量のタイミングに合わせると還元率1.6875%になるんですよ。こういう機会があるのは非常に重要です。

 

クレジットカードのポイントをマイルに移行して、ボーナスマイルがもらえるクレジットカードはなかなか存在しません。三井住友VISAのワールドプレゼント、JCBのOkidokiポイント、アメリカン・エキスプレスのリワードポイントダイナースクラブのポイント、どのクレジットカードでもマイル移行で増量というキャンペーンは見かけることがありません。

が、SPGアメックスのマリオットポイントは、航空会社との提携力が相当大きく、増量キャンペーンが年に数回も行われています。ここは見逃せない点です。



スポンサーリンク

 

Aeroplanで特典航空券を発券する際の必要マイル数チャート

Aeroplanはエアカナダ(スターアライアンス)のマイレージプログラムなので、エアカナダ以外にもANAやユナイテッド航空、アシアナ航空、エバー航空などのスターアライアンス系の特典航空券を発券することが可能です(片道発券も可能)。

 

が、残念ですが、必要マイル数は多いんですよね・・・・。日本発着の必要マイル数(片道)をチャートにして整理しておくと、

エコノミークラス ビジネスクラス ファーストクラス
日本国内 20,000
日本=韓国 20,000 40,000 55,000
日本=台湾 20,000 40,000 55,000
日本=中国 20,000 40,000 55,000
日本=東南アジア 20,000 40,000 65,000
日本=ハワイ 40,000 80,000 100,000
日本=北米 37,500 75,000 105,000
日本=ヨーロッパ 40,000 75,000 105,000
日本=オセアニア 35,000 67,500 95,000

という感じです。必要マイル数は、残念ですが・・・・かなり高くて使える区間は非常に少ないのがAeroplanです・・・。ANAマイルと比べると、ANAマイルの優秀さがわかりますよね。これ片道特典航空券のチャートですからね。

ただし、35%増量キャンペーンを利用できるなら、このチャートから35%相当分を割り引いて考えることが可能なのを忘れないでくださいね。

 

まだAeroplanが使えそうなのは、北米・ヨーロッパ路線のファーストクラスですかね。片道で105,000マイルです。ANAマイルだと往復で北米ファーストクラスが150,000~165,000マイル、ヨーロッパファーストクラスが165,000~180,000マイルなので、少しAeroplanの方が必要マイル数が多いですが、片道発券できる点も考えると悪くはないですかね。

また、35%増量キャンペーンを利用することを考えると、105,000マイルは35%増量前だと77,777マイル相当なんですよね。これで北米・ヨーロッパへのスターアライアンス系の片道ファーストクラスが発券できる考えると悪くない感じもしてくるかもしれません。

 

あと、Aeroplanは、日本から北米に行く際に、直行便でなくても韓国経由・台湾経由・中国経由もOKです。ANAマイルでの特典航空券は遠回り不可なので、遠回りでもマイル数が増えないのもいい点かもしれません。

こんな感じで、関空=ロサンゼルスを調べると、仁川経由のアシアナ航空もヒットします。片道のビジネスクラスが75,000マイルです(35%増量分を割り引くと55,555マイル)。アシアナ航空がファーストクラスから撤退したのが、何とも残念です・・・。現状はファーストクラスだと日本発のANAか、北京経由のエアチャイナが候補になります。

なお、Aeroplanでは、基本的にサーチャージも発生します。

 

Aeroplanそのものは、そんなにお得なマイレージプログラムではないので、なかなかマリオットポイントを移行することはないかもしれませんが、マリオットポイントを所有している人、SPGアメックスを所有している人は、増量キャンペーンを利用するのは非常に重要で、利用するなら、そのマイレージプログラムがどんな内容なのか知っておくことが非常に重要です。知らずに移行することはないですからね。なので、簡単にAeroplanの内容を紹介しておきました。

 

マリオットポイント・SPGアメックスからの移行増量キャンペーンは、ブリティッシュエアウェイズやユナイテッド航空でも行われる

今回は、エアカナダのAeroplanのキャンペーンの紹介でしたが、他にどの航空会社でマリオットポイントからの移行増量キャンペーンが行われることがあるのか気になるところですよね。

人気マイレージプログラムである

  1. ユナイテッド航空
  2. ブリティッシュエアウェイズ

でも毎年移行増量キャンペーンが行われていることは知っておきましょう。

ユナイテッド航空(スターアライアンス)の特色

5,000マイルで、ANAの国内線特典航空券と交換可能。しかも、直行便だけでなく、乗継のある便でも5,000マイル。つまり、羽田→伊丹→福岡でもたったの5,000マイル。

しかも、ユナイテッド航空はマリオットと特別提携をしており、もともとマイル移行時のレートが10%UP(3,000マリオットポイント=1,000マイル+100マイル、60,000マリオットポイント=25,000マイル+2,500マイル)になるという特色あり。

また、サーチャージが必要ないマイレージプログラムとしても有名。

ブリティッシュエアウェイズ(ワンワールド)の特色

6,000マイル(Avios)で、JAL国内線特典航空券と交換可能。最近必要マイル数が変更になり、お得度は下がったとは言え、近距離にはまだまだお得度あり。詳細は下記参照。

ブリティッシュエアウェイズのAviosの特典航空券必要マイル数が変更に。6,000Avios~。

2019-05-31

 

上記の2社のマイルは、けっこう使い道も多く、人気です。そのマイレージプログラムにマリオットポイントから移行すると、25%~35%ほど増量されるキャンペーンは定期的に行われているのは見逃せません。

ユナイテッド航空なら、60,000マリオットポイントは、35%増量時なら37,125マイルになります。5,000マイルで、ANA国内線に搭乗できるのですが、5,000マイルは35%分増量を割り引くと、たったの3,703マイルなんですよね。これはお得度が高いです。

上記は、昨年のユナイテッド航空への移行キャンペーン時に、自分が移行したものです。60,000マリオットポイントを移行していますが、20,000マイル+5,000マイルが普通ですが、ユナイテッド航空に関しては常時10%増えるので、22,000+5,500になっています。そこに、30%増量分のキャンペーンマイル8,250マイルが加算されています。

 

実はSPGアメックス所有者(所有者でなくてもマリオットポイントを保有している人)には、こんなキャンペーンを利用するチャンスがあることは是非知っておいてくださいね。また、キャンペーンが始まったら紹介したいと思います。

SPGアメックスのポイントの使い方は、本当に豊富なので悩むと思いますが、存分に悩んでください笑。それもまた楽しみですので。

【2019/9版】SPGアメックス入会キャンペーンの全貌。何ポイントもらえるの?紹介入会・ポイントサイト・公式サイトのキャンペーンを比較。

2019-09-01

【SPG AMEX/アメックスカード】最強クレカの全貌。メリットから入会キャンペーンまで徹底解説。

2018-09-02

おすすめ関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください