【9/30まで延長!】ポイントなんと10倍!!ダイナースクラブカードの新規入会キャンペーンを見逃すな!

ダイナースクラブカードの新規入会キャンペーンがホット。ポイントサイトから高額キャッシュバック、さらに50万円のカード利用でポイント10倍の5万マイルが獲得できる。ANAマイル以外にも移行可能というのも魅力。

ダイナースがなかなか魅力的な入会キャンペーンをやっています。

  • ポイントサイト経由の申込で、2万円相当のキャッシュバック
  • 新規入会後のカード利用で、ポイント10倍(最大50万円のカード利用で5万ポイント)

というものです。

しかも、このダイナースの5万ポイントの使い方が豊富で面白いんですよね。ファーストクラスにも搭乗可能です。

これ、なかなか魅力的な感じなので、紹介しておきます。ダイナースクラブカードのスペックもあわせて紹介しておきますね。

 

ダイナースクラブカードをモッピー経由の申込で20,000円相当のポイント付与

まず、今回20,000円を獲得するには、公式サイトから直接「ダイナースクラブカード」を申込してはいけません。

ポイントサイト「モッピー」を利用します。

モッピーにアカウントのない方は、登録は下記バナーよりどうぞ。下記リンクより入会で、入会キャンペーン1,000P(=1,000円)獲得のチャンスです。

モッピー!お金がたまるポイントサイト
モッピーポイントの使い方

モッピーのポイントは1P=1円で複数のポイントに交換も可能です

  • 1pt=1円で銀行振込、Amazonギフト券、楽天スーパーポイントなど
  • ANAマイルは、Gポイント経由のLINEルートソラチカルートで交換レート81%。20,000P=16,200ANAマイル
  • JALマイルは、モッピーキャンペーンで交換レート最大で80%。20,000P=16,000JALマイル

ポイントの使い方が超魅力的なのが、モッピーの強みです。現金で受け取りもOK、ANAマイルやJALマイルにも交換可能です。JALマイルにも高レートで交換できるポイントサイトはモッピーしかありません

モッピーに登録後、「ダイナースクラブカード」と検索すると、

上記が出てくるので、「POINT GET」をクリックして申込に進みましょう。モッピーを経由して申込をするだけで、なんと20,000P=2万円がもらえます。しかも、ポイントはカード発行後たったの10日で付与というのも魅力です。もちろん、この20,000PはANAマイルやJALマイルにしてもOKです。

注意点は、ポイントは日々上下するので20,000Pと高額なうちに申込をしておく点かなと思います。

 

ダイナースクラブカード発行後は新規入会キャンペーンでポイントなんと10倍!

さて、モッピー経由でダイナースクラブカードを申込、カードが手元に届いたあとにも、かなりホットなキャンペーンが行われています。

それがこちら。

なんとポイント10倍!!!

通常時は100円=1ポイント=1マイルなのですが、なんと入会後3ヶ月はポイントが通常ポイントとは別にボーナスントが100円=9ポイント加算され、なんとポイントが10倍になるんです。

ただし、注意点として上限は50万円までで、50,000ポイントが最大になります。

これは、かなり魅力的じゃないですか??なお、こちらのキャンペーンの詳細を下記にダイナースクラブカードの公式サイトから引用です。2019/8/15までに申込すれば、ポイント10倍の大チャンスですよ!!

(注)大好評につき2019/9/30まで延長になっています。

【キャンペーン期間】

2019年6月3日(月)~8月15日(木)

※キャンペーン期間中にお申し込み、かつ2019年9月30日(月)までにご入会いただいた方が対象となります。

【キャンペーン特典概要】

入会後3ヵ月間、50万円までのご利用がポイント10倍となります。(ご利用代金100円につき、通常ポイント1ポイント※とは別に、特典ポイント9ポイントを後日進呈いたします。)

※通常ポイントの計算方法についてはこちらからご確認ください。

●特典ポイントの上限は、45,000ポイントとなります。

【特典ポイントの計算方法】

●通常ポイントの換算率に関わらず、集計期間中のご利用合計額に対し、100円につき9ポイントを進呈いたします。

●小数点第一位以下は切り捨てとなります。

●以下のご利用分は、本特典の集計対象外です。

- 年会費

- ダイナースグローバルマイレージ年間参加料

- ショッピングのリボルビング払いの弁済金

- キャッシングサービス、カードローンご利用分および利息などご融資にかかわるご利用分

【ご利用金額集計の対象となるカード】

●家族カード、ETCカード、リボルビングカード、ダイナースクラブ コンパニオンカードのご利用分は本キャンペーンでお申し込みいただいただダイナースクラブカードのご利用分と合算して集計します。

※ビジネス・アカウントカードのご利用分は集計の対象外となります。

【ご利用金額の集計・特典ポイントの付与時期】

●以下の集計期間内にカードご利用加盟店から当社に到着したカードご利用情報が本特典の集計対象です。

●通常ポイント分は、お店からご利用データを受け付けた時点で加算されます。

●集計期間・特典ポイント加算時期については以下をご参照ください。

カード
有効期限月

対象利用期間

特典ポイント加算時期

7月

入会日から2019年9月末日まで

2019年11月下旬以降

8月

入会日から2019年10月末日まで

2019年12月下旬以降

9月

入会日から2019年11月末日まで

2020年1月下旬以降

10月

入会日から2019年12月末日まで

2020年2月下旬以降

11月

入会日から2020年1月末日まで

2020年3月下旬以降

※有効期限月は、カード券面でご確認いただけます。
(例)有効期限が07/24と記載されている場合、有効期限月は7月です。

 

ということで、ダイナースクラブカードの申込で、

  • モッピーから2万円
  • ダイナースクラブカードの利用でポイント10倍で、最大5万ポイント

2重取りできるというのが、今回のみなさんのチャンスなのですが、ダイナースクラブカードの年会費や、50,000ポイントの魅力的な使い方と、50,000ポイントをANAマイルに移行する際の注意点なんかを整理しておきます。

この50,000ポイントは、なかなか面白いですよ!!!

 

ダイナースクラブカードの年会費・還元率・ポイント移行先等の基本スペック

ダイナースクラブカードの詳細です。

発行会社 三井住友信託グループ
国際ブランド ダイナース(Masterのサブカードあり)
入会年齢 目安27歳以上
年会費(税抜き) 22,000円
家族カード年会費 5,000円
ETCカード年会費 無料
ポイント還元率 100円=1ポイント
ポイント有効期限 なし
ポイント移行先航空会社 ANA、デルタ、ユナイテッド航空、大韓航空、アリタリア航空
ポイント移行手数料 年間6,000円
ANAマイルへの移行 手数料無料で1ポイント=1マイルで年間(12/21~12/20で集計)移行上限4万ポイント
エグゼクティブダイニング レストランのコース料理が1名無料
空港ラウンジ 利用可
海外旅行保険(自動付帯) 最高5000万円
海外旅行保険(利用付帯) 最高5000万円
国内旅行傷害保険(自動付帯) 最高5000万円
国内旅行傷害保険(利用付帯) 最高5000万円
ショッピングリカバリー 年間500万円
空港手荷物無料宅配サービス 海外旅行帰国時に手荷物1つ自宅まで無料宅配

以上がダイナースクラブカードのスペックです。さすが年会費2万円以上クレジットカードという内容になっています。

 

まず、ダイナースというブランドが使える店舗が少ないという声が多いようでして、ダイナースは対策をしてきました。

なんとダイナースクラブカード保有者は、追加で「TRUST CLUBプラチナマスターカード」をダイナースクラブコンパニオンカードという名称のサブカードして無料で発行できるようになります。Masterブランドなので世界中で使えるのが安心ですね。ポイントもダイナースクラブカードと統合ですし、引き落としも同じ銀行にされます。

ただし、ポイントが200円=1ポイントのカードなので、あくまでダイナースクラブカードが使えない時のサブカードにしましょう。そして、このサブカードでの決済も、ポイント10倍キャンペーンの対象になります!!!サブカードの場合は、厳密にはポイント還元率は、0.5+9=9.5%になります。

(注)6月開始のキャンペーンなのですが、6月の当初はサブカードの利用はキャンペーン対象外という記載があったのですが、途中から対象になっています。

 

さて、ポイントの使い方ですが、マイルに移行する場合には下記の5社に移行可能です。そして、これがなかなか面白い。

  • ANA(スターアライアンス)
  • デルタ航空(スカイチーム)
  • ユナイテッド航空(スターアライアンス)
  • 大韓航空(スカイチーム)
  • アリタリア航空(スカイチーム)

です。航空会社にマイル移行する際には、ダイナースマイーレ時クラブに加入が必要で、年間6,000円の移行手数料がいることに注意してください(6,000円払えば、どこにでも移行は可能です)。つまり年会費22,000円+6,000円=28,000円は経費として発生します。

そして、移行先にANAを検討している人は、年間(12/21~12/20)の移行上限が4万ポイントであることに十分に注意してください。50,000ポイントを獲得しても、初回のポイント移行が、12/21以降になると、1年間で5万ポイントすべてを移行することはできません。なので、年会費(28,000円)が2年分発生してしまう可能性があります。

考えられる対策として、

  1. 12/21までに4万ポイントを移行して、残りを12/21が過ぎたら、すぐに移行する
  2. ANAに4万マイル、他社に1万マイルを検討する
  3. 他社に5万マイルを検討する
  4. ポイント10倍を40万円=4万ポイント獲得までにして、4万ポイントをANAマイルに移行する

あたりになってくると思います。

ANAマイルをメインで貯めている人は、ANAマイルに集約してもいいですが、他社に移行して、他社の特典航空券を発券するのも魅力的だと思います。

ユナイテッド航空へマイル移行の魅力

ANAと同じスターアライアンス所属ですが、ANA国内線特典航空券は、ユナイテッド航空のマイレージなら5,000マイル~発券可能で、ANAマイルより必要マイル数が少ないのも魅力です。また、直行便ではなく、経由便も5,000マイル~発券できるので、寄り道も楽しめます。

ただし、長距離区間は、必要マイル数がかなり多くなってしますので、ユナイテッド航空のマイレージは短距離向きです。

デルタ航空へマイル移行の魅力

デルタ航空のマイルを「ニッポン500マイル」のキャンペーンで貯めている人も多いんじゃないですかね?

デルタ航空キャンペーン「ニッポン500マイル」ならANA・JAL・LCC・特典航空券でもマイルが貯まる!

2019-04-02

このキャンペーンで、貯めたマイルだけでは特典航空券が発券できない人は、ダイナースの5万ポイントから一部移行して、特典航空券を発券できるマイル数にするのもありです。45,000マイルあれば、台北経由の東南アジア行きチャイエアラインのビジネスクラス片道特典航空券、上海経由の東南アジア行き中国東方航空のビジネスクラス片道特典航空券も発券できます!

大韓航空へマイル移行の魅力

ひそかに狙ってみると面白いのが大韓航空です。

日本発のソウル経由の大韓航空ビジネスクラス片道特典航空券が35,000マイル、大韓航空ファーストクラス片道特典航空券が45,000マイルで発券可能です(これは通常期の場合で、ピーク時期は52,500・67,500マイルにそれぞれアップ)。

大韓航空は、自社マイルを利用した場合には、特典航空券の枠が非常に豊富で、ビジネスクラスは9席の開放、ファーストクラスも2席の開放があったりします。

そして、ファーストクラスが東南アジア(シンガポール、バンコクなど)という中距離にも導入されているのが、かなり魅力的です。

こちらがB777-300ER等に導入されている大韓航空のファーストクラスです。まじ豪華ですよね。

仁川空港では、大韓航空のファーストクラスラウンジも利用できますし、機内食も

フルコースです。韓国宮廷料理を選ぶこともできます。

なかなかファーストクラスに搭乗する機会も少ないと思うので、45,000マイルで片道を狙うのは個人的にはかなり魅力的です。

以上、ダイナースクラブカードのポイントサイト・入会キャンペーンの紹介です。

年会費は初年度から22,000円発生しますが、それが気になる人はモッピーの2万円を現金で受け取って、補填してもいいと思います。せっかくの20,000Pを、現金にせずにANAマイルやJALマイルにしても、もちろんOKです。

そして、ダイナースの5万ポイントが個人的には魅力を感じています。色々な使い方があるので、どうしようか悩みますが、自分と妻で2枚発行して、それぞれ50,000ポイントあれば、片道を大韓航空のファーストクラス、片道はチャイナエアラインのビジネスクラスで東南アジアに行くなんて夢も出てきます。妻には怒られそうなので、なんかプレゼントを要求されそうですが笑。

ANAマイル、JALマイル以外も楽しんでみたい人にはかなりおススメのキャンペーンですよ!!!

13 件のコメント

  • 質問お願い致します。ダイナースクラブコンパニオンカードを使用した場合は200円1ポイントとのことですが、10倍のポイントも200円事に+9ポイントなのでしょうか?因みに来月25万円の支払いがあるのですが、先方に確認したところダイナースクラブコンパニオンカードでの支払いになりそうなので25万円の決済の場合は合計で何ポイント獲得出来るか教えて頂けたら幸いです。宜しくお願いします。

    • みやびさん
      https://www.diners.co.jp/ja/entry_form/lp/web/index.html
      こちらのキャンペーン内容をご確認ください。コンパニオンカードは200円=1ポイントと、キャンペーンで100円=9ポイントとの記載があります。10000円だと50ポイントと、900ポイントで、950ポイントです。25万だと、その25倍の23750ポイントです。不安点がありましたら、ダイナースに確認されると確実かなと思います。

  • すけすけさんのを参考に陸マイラー勉強中です。ANAVISA作り、ソラチカも発行しました!
    マイ友でおせわになりました!
    ちなみに、ANAダイナースとダイナースだとハードルはこちらのがいいですかね?
    50万で5万マイルだとこちらのがマイル移行料取られても低いかなと❗
    ちなみに、12月20日までに4万マイル交換して、21日に1万マイル交換して即日マイルは移行されるんですか?
    来月カードを発行するとしたら、それまでに解約すればいいですか?
    マイルが即日移行とかなら、年内に移行手数料のほうだけ解約して、6月とかにダイナース自体は切る感じですか?
    質問が多くすいません。
    カードの有効期限が7月なら、そこから1年間で年会費。しかし、マイル移行手数料は、2019、2020年と言う年で発生すると言うことで宜しいですか?お願いしますm(__)m

    • ジムニストさん
      ANAダイナースと、通常のダイナースのどちらが魅力的なのかは個人によると思うので、ご自身がいいと思うものがいいのかと思います。
      マイルは即日移行ではないと思います。数日かかります。
      解約をするなら年会費発生前のタイミングがいいと思います。
      マイル移行手数料の発生日がいつになるのか、詳細がわからず、ダイナースにお聞きいただけると幸いです。

  • こんにちは!

    住民税などの税金の支払いは200円で1ポイントのようですが、このキャンペーンだとどうなるのでしょう?
    発行しようかどうしようか悩んでいます…

    • もーちゃんさん
      通常ポイントに関係なく、ボーナスポイントは100円=9ポイントが加算されます。
      なので、100円=0.5ポイント相当の税金系だと、100円=9.5ポイントになるようです。

  • 激アツですね!
    これって以前ダイナースを発行してたとしても対象になるんでしょうか!

    • オダギリさん
      現状では、以前発行歴のある方がどうなるのかわからないんですよね・・・

  • 有益な情報をありがとうございます!いつも参考にしています。
    以前、ダイナースプレミアムを持っていました。SPGアメックスに注力するため解約して2年ほど経ちますが、今回のキャンペーンの対象になるでしょうか?
    わかれば教えてください。よろしくお願いします。

    • ヨシさん
      再発行の場合にどうなるのか、不明なんですよね・・・
      お役に立つ情報がなくすみません・・・

  • いつも参考にさせて頂いています。
    5万ポイントをanaとunitedに交換する際にはそれぞれの交換に手数料\6000が掛かってくるのでしょうか?御存知でしたら教えて頂ければ幸いです。

    • かけるさん
      6000円でどこにでも移行可能です!航空会社毎に支払いの必要はありません!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください