ブリティッシュエアウェイズのAviosの特典航空券必要マイル数が変更に。6,000Avios~。

スポンサーリンク

2019/5/30よりついにブリティッシュエアウェイズのAviosを利用した特典航空券の必要マイル数が変更に。新マイレージチャートを作成。JAL国内線の東京=大阪は片道4,500Aviosから6,000Aviosに改悪。

2019/5/30を割と、楽しみというか、興味があって注目していることがありました。ブリティッシュエアウェイズのAviosを利用した特典航空券の必要マイル数(Avios)が、2019/5/30から変更になることが発表されていました(詳細こちら)。

が、なんと変更後必要Aviosが何Aviosなのかは一切公表されていなかったんです。ちっちゃい文字で4%だけ増えるなんて書かれていましたが、どこにも全区間が4%なんて書かれていませんでしたし、4%アップして必要マイル数が変な端数になることは想像しにくかったので、どうなるのか気になっていました。

そして、ついに特典航空券の必要Aviosが変更になりました。

どう変更になったのか整理しておきます。新マイレージチャートも公開です。必要Aviosは増えており、改悪であることに間違いはないです。

Zone 区間例 エコノミー(旧) エコノミー(新) ビジネス(旧) ビジネス(新) ファースト(旧) ファースト(新)
1(-650マイル) 羽田=伊丹、羽田=札幌 4,500 6,000 9,000 12,500 18,000
2(651-1150マイル) 羽田=那覇、羽田=ソウル 7,500 9,000 15,000 16,500 30,000
3(1151-2000マイル) 羽田=香港、関空=香港 10,000 11,000 20,000 22,000 40,000 44,000
4(2001-3000マイル) 札幌=香港、東京=バンコク 12,500 13,000 37,500 38,750 50,000 51,500
5(3001-4000マイル) 東京=シンガポール、ホノルル 20,000 20,750 60,000 62,000 80,000 82,500
6(4001-5000マイル) 東京=ロサンゼルス 25,000 25,750 75,000 77,250 100,000 103,000
7(5001-6000マイル) 東京=シカゴ、ロンドン 30,000 31,000 90,000 92,750 120,000 123,750
8(6001-7000マイル) 東京=ニューヨーク 35,000 36,250 105,000 108,250 140,000 144,250

では、詳細の解説です。

必要Aviosが増加したのはJALやキャセイパシフィック。ブリティッシュエアウェイズは変更なし。

今回、2019/5/30以降に新制度が適用になっている航空会社は、

  • JAL
  • キャセイパシフィック航空
  • アメリカン航空
  • カタール航空
  • カンタス航空
  • マレーシア航空
  • LATAM航空
  • フィンエアー
  • スリランカ航空
  • S7航空
  • ロイヤルヨルダン航空
  • アラスカ航空
  • エアーイタリー

以上の13社です。Aviosを利用して、JALの特典航空券を発券してきた人、発券しようとしている人は、大きく関係があるので注目が必要です。

 

逆に制度変更の対象外である航空会社は、

  • ブリティッシュエアウェイズ
  • イベリア航空
  • エアリンガス
  • ブエリング航空

には無関係です。ブリティッシュエアウェイズの特典航空券を発券する場合には無関係なんです。

では、Aviosがどれくらい増えたのか具体的に見ていきましょう。



スポンサーリンク

 

JAL国内線4,500Aviosの区間は6,000Aviosに

まず、Aviosの使い方として一番人気があった短距離区間Zone1(距離650マイルまでの羽田=伊丹、羽田=新千歳、羽田=福岡、伊丹=函館など)の特典航空券ですが、もともとは4,500Aviosの区間でした。

それを検索してみると、

上記のように6,000Aviosに改悪となっています。残念ではありますが、ANAやJALと比べて必要マイル数が同程度になったので、仕方ないですね。今までがお得すぎただけですしね。。。

ここが改悪度は一番大きく、33%もAviosがアップしています。これ以降は、%でいうと徐々に緩やかな改悪になっています。やはり、Aviosのスイートスポットである短距離がメインの改悪になったようです。

 

JAL国内線7,500Aviosの区間は9,000Aviosに

次に、やはり人気があった2番目の短距離区間Zone2(距離651-1150マイル、羽田=那覇、伊丹=那覇、伊丹=新千歳など)の特典航空券ですが、もともとは7,500Aviosの区間でした。

それを検索してみると、

こちらの区間は、9,000Aviosに改悪となっています。

これもANAマイルやJALマイルを利用して特典航空券を発券する場合と同等の必要マイル数に上昇しています。

ブリティッシュエアウェイズのAviosの取得方法として、バイマイルができることや、SPGアメックスのマリオットポイントを移行できることが有名です。バイマイルは、セール時なら1Avios=1.5円で購入の可能なので、6,000Avios=9,000円、9,000Avios=13,500円くらいで購入も可能です。JALの国内線特典航空券をAviosで発券する際には、9,000円・13,500円より安い航空券の場合には、Aviosを利用せずに有償で購入する方がお得ですかね。また9,000円を少し超えるくらいでも、有償航空券ならフライトマイルも加算されますし、ステータス修行をしている方ならFOPも加算されます。

実際には、東京=新千歳の路線は、9,000円では購入できず、2万円以上するケースも多いので、まだまだお得度はあるでしょう。

 

そして、今回は必要Avios数が増えたとは言え、特典航空券の有利な点もまだまだあります。

  • キャンセル料が有償航空券より圧倒的に安い
  • 繁忙期に6,000Aviosで搭乗できるなら、相当お得

といった点もあるので、改悪は残念ですが、Aviosの使い所は十分にあります。

今後、今までのようにバイマイルを大量にするかどうかは悩ましいところですが、マイルの世界の改悪は徐々に継続されると思うので、今のうちにどんどん使っていくのがいいと思います。

すけすけ
SPGアメックスのマリオットポイントは、ブリティッシュエアウェイズに移行すると30%増量になるキャンペーンも年に何度かあります。

  • ANAやJALなど:60,000ポイント=25,000マイル
  • ブリティッシュエアウェイズ:60,000ポイント=32,500Avios(30%増量時)

となったりします。そうなると、まだまだAviosの方が、必要マイル数がJALやANAと同程度になっても、JALマイルやANAマイルより有利点もあります。

【SPG AMEX/アメックスカード】最強クレカの全貌。メリットから入会キャンペーンまで徹底解説。

2018-09-02

 

国際線JAL&キャセイの東京・大阪=香港はエコノミークラスが10,000Aviosから11,000Aviosに

Aviosは短距離路線に非常に強いので、JAL国内線への搭乗が人気ですが、国際線でも台北・上海・香港くらいの短距離なら結構強いことで有名です。

関空=香港の片道特典航空券は、キャセイパシフィックが就航しており、必要Aviosが10,000だったのですが、

上記のように11,000Aviosと1,000Avios改悪になっています。ビジネスクラスも、20,000Aviosから22,000Aviosと、こちらも10%アップしています。

なお、この東京=香港はJALマイルで、JALに搭乗する場合は、エコノミークラスが片道10,000JALマイル、ビジネスクラスが片道24,000JALマイルです。そしてJALマイルでキャセイパシフィック航空に搭乗する場合には、エコノミークラスが片道20,000JALマイル(往復なら21,000マイル)、ビジネスクラスが片道35,000JALマイル(往復なら42,000マイル)となっています。なので、AviosとJALマイルを比べると、必要マイル数は大きく変わりません。少しAviosが有利なこともあれば、少しJALマイルが有利なこともあります。

この区間にも、Aviosは引き続き利用する価値はあると言えるでしょう。

 

超距離区間も元々Aviosは高いが、さらにアップ

ブリティッシュエアウェイズのAviosは、長距離区間の他社便には必要Avios数が非常に多いので、もともと利用している人は少なかったとは思うのですが、長距離区間も必要Avios数は増えています。

東京=ロンドンのJALビジネスクラス特典航空券をAviosで発券すると、90,000Avios→92,750Aviosと2,750Aviosアップしています。これは片道の必要Avios数なので、往復だと185,500Aviosになります。この区間のJALビジネスクラスはJALマイルで発券すると、往復で110,000JALマイルの区間なので、長距離路線のビジネスクラス&ファーストクラスは、やはりJALマイルが強いです。

陸マイラーとして、JALマイルを貯める方法

JALマイルを年間10万マイル以上貯めたい人は必読です。

JALマイルの貯め方を完全公開。陸マイラーの「年間20万JALマイルの貯め方」を徹底解説。

2016-12-16

 

ただし、今回のルール変更でもブリティッシュエアウェイズに搭乗する場合には、必要Aviosは増えていません。そして、ブリティッシュエアウェイズの特典航空券にはオフピーク期間(1年の2/3がオフピーク)が導入されており、必要Aviosが少なくなります。オフピークにAviosを利用してブリティッシュエアウェイズ特典航空券を発券するのは悪くありません。

片道ビジネスクラスで75,000Aviosと、JALに搭乗するよりも2万Avios近く(正確には17,750Avios)節約も可能です。

 

そして、ブリティッシュエアウェイズのエコノミークラスをオフピーク時に発券すると、片道は19,500Aviosです。これはAviosの利用方法として非常に有効です。Aviosは、長距離でもブリティッシュエアウェイズのエコノミークラスにオフピーク時搭乗なら、非常にお得度が高いことはしっておきましょうね。



スポンサーリンク

 

特典航空券必要Avios数のチャートと今後のおすすめの使い方

では、改悪にともない必要Aviosがどう変わったのか旧チャートと新チャートを整理しておきます。片道特典航空券に必要なAviosです。

Zone 区間例 エコノミー(旧) エコノミー(新) ビジネス(旧) ビジネス(新) ファースト(旧) ファースト(新)
1(-650マイル) 羽田=伊丹、羽田=札幌 4,500 6,000 9,000 12,500 18,000
2(651-1150マイル) 羽田=那覇、羽田=ソウル 7,500 9,000 15,000 16,500 30,000
3(1151-2000マイル) 羽田=香港、関空=香港 10,000 11,000 20,000 22,000 40,000 44,000
4(2001-3000マイル) 札幌=香港、東京=バンコク 12,500 13,000 37,500 38,750 50,000 51,500
5(3001-4000マイル) 東京=シンガポール、ホノルル 20,000 20,750 60,000 62,000 80,000 82,500
6(4001-5000マイル) 東京=ロサンゼルス 25,000 25,750 75,000 77,250 100,000 103,000
7(5001-6000マイル) 東京=シカゴ、ロンドン 30,000 31,000 90,000 92,750 120,000 123,750
8(6001-7000マイル) 東京=ニューヨーク 35,000 36,250 105,000 108,250 140,000 144,250

(注意)一個一個、自分で手作業で調べてみました笑。ファーストクラスの欄が距離が短い路線で抜けていますが、短距離のファーストクラスの路線がなかったり、空席がなかったりで不明です。もう一つ上のZone9も不明です。

先ほども言いましたが、上記の新必要Avios数は、JALやキャセイパシフィック航空など提携航空会社のみに適用です。ブリティッシュエアウェイズなど一部の航空会社は旧制度のままですし、ここからオフシーズンならさらに割引もあります。

アップ率は3%~33%になっています。短距離区間の改悪が目立ち、中距離以上になるとめちゃくちゃな変更ではないという内容になっています。4%というのは、やはり一部の区間のみの話でした。そして、こちらの記事に書いたリーク内容が完全に一致しています。リーク元の人すごいっすね・・・。

 

Aviosが改悪になったことは残念であることに変わりはないのですが、自分としてAviosに対するスタンスが大きく変わることはなさそうな雰囲気なんです。

  • ANA/JALにはないバイマイルが可能
  • バイマイルして、JAL国内線に搭乗は改悪後もまだお得
  • バイマイルして、ファーストクラス・ビジネスクラスに搭乗するのは必要Aviosが多いとは言え、有償航空券より圧倒的にお得
  • ブリティッシュエアウェイズの便にオフピークの搭乗するならお得度は高い

といった魅力は継続されているからです。改悪はありますが、許容範囲に収まってくれてよかったという印象ですかね。個人的な意見ですが。

たしかに、日本国内でAviosを貯めてきた人たちの最大の狙いであったJAL国際線の4,500Avios区間は、6,000Aviosと33%増になっています。33%と聞くと、割合としてはかなりの改悪です。が、これで標準的な必要マイル数になった感じがあるので、しばらくはこのままかなと思うと安心感があります。

ブリティッシュエアウェイズは、Aviosのルールを、固定マイル数から、JALやユナイテッド航空・デルタ航空のように変動制に変更することを示唆していますが、今回の変更では固定制チャートが継続されているので一安心と思っています。

必要マイル数がアップしたので、今まで以上に使い方をしっかり検討して使いたいと思います。

おすすめ関連記事

3 件のコメント

  • すけすけ様
    いつも有益な情報を発信して頂き、ありがとうございます!

    キャセイの短距離ファーストクラスを狙っているのですが、廃止が相次ぎ良い路線が見つかりません。
    Aviosを使った短距離ファーストクラスで、オススメがありましたら、是非お教えください。

    今後も、すけすけ様の記事を楽しみにしております。

    • 東京とんぼさん
      キャセイのファーストはなかなか開放してくれないですよね。。。
      比較的短距離になるのは、カタール航空のフランクフルト=ドーハ路線や、BAのロンドン=ドバイなどかなとは思っているのですが、中東まで行く必要があるのがネックにはなりますね。

      • すけすけ様
        早々のご返信ありがとうございます。
        中東路線がオススメなのですね。
        調べてみます。感謝!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください