マリオット2021年ステータス獲得条件の救済特別対応が発表。50%の実績が自動的にボーナス加算される。

スポンサーリンク

マリオットボンヴォイ(Marriott Bonvoy)の2021年のステータス獲得条件がついに発表。2020年のステータスに応じて宿泊実績を付与。ゴールドエリートは13泊、プラチナエリートは25泊、チタンエリートは38泊の実績が自動加算される。

すけすけ
どうも、陸マイラーを始めて約20年、このブログを運営して4年の「すけすけ」です。マイル・ポイント・クレジットの情報を日々提供しているのが当サイト「すけすけのマイル乞食」です。

ついについにマリオットから特別対応の発表が来ましたよ!

2021年も新型コロナの影響が強く出ており、各種マイレージプログラムやホテルプログラムは特別対応を発表しています。そんな中、マリオットは2021年のステータス獲得条件などに関する特別対応をなかなか発表せずに、2021年がすでに始まっている状況でした。

そして、ようやくマリオットから2021年の救済特別条件が発表になりました。これがかなり強烈な内容になっているんです。

自分の場合だと、2021年に7泊するだけで、プラチナステータスが獲得できるというとんでもない状況なんです。

では、詳細の解説です。

 

マリオットのステータス獲得条件と特典を総整理

マリオットのステータス制度をおさらいしておきます。

一般会員 シルバー ゴールド プラチナ チタン アンバサダー
必要泊数 10泊 25泊 50泊 75泊 100泊+2万ドル利用
無料インターネット
会員料金
モバイル チェックイン
完全予約保証
ポイントボーナス 10% 25% 50% 75% 75%
レイトチェックアウト 14時 16時 16時 16時
エリート専用予約ライン
ウェルカムギフト ポイント ポイント or 朝食 or アメニティ
客室アップグレード ○(スイートルーム含む)
ラウンジへのアクセス
無料朝食 選択可能 選択可能 選択可能
ルームタイプの保証
48時間前予約保証
アンバサダーサービス
Your24
Annual Choice Benefit 50泊時 50泊時・75泊時 50泊時・75泊時

上記のようになっています。

ゴールドエリートになるためには年間25泊(もしくはSPGアメックス or アメックスプラチナカードを保有すれば自動的にゴールドエリートの資格付与)、プラチナエリートなら50泊、チタンエリートなら75泊が必要です。50泊ともなれば週に1度の宿泊が必要になるので、かなりハードルが高いです。そして、その分だけ多くの特典があるのが、マリオットのプラチナエリートであり、チタンエリートなんです。

が、2020年に引き続き、2021年も新型コロナの影響で、旅行・ビジネスでの宿泊機会が減少し、ステータスの獲得・維持が難しい状況になるということで、ヒルトンやハイアットなどの各ホテルプログラムは救済特別対応をすでに発表しておりました。

そして、マリオットもついに、ようやく、2021年のステータス獲得のための救済特別対応を発表しています(英語版のBonvoy Members & COVID-19? (marriott.com)にて)。

その内容を解説していきます。

 

①2021年のマリオットステータスは、2020年のステータスに応じて50%の宿泊実績が付与されるので、実質半分の宿泊数でステータスが獲得できる

マリオットからの2021年のステータス救済特別対応は、

Marriott Bonvoy™ Members who earned Elite Status in 2020 will receive a onetime deposit of 50% of their tier’s annual Elite Night Credit requirement, e.g. those Members who achieved Platinum Elite status in 2020 would receive 25 Elite Night Credits in their Account in February 2021.

となっており、2020年に獲得したステータスに応じて、そのステータスを獲得するために必要な実績の50%相当の宿泊実績を加算するというめちゃくちゃ強烈な対応になっています。

具体的に付与される宿泊実績が何泊なのか整理すると、2020年のステータスに応じて、

  • アンバサダーエリート:50泊
  • チタンエリート:38泊
  • プラチナエリート:25泊
  • ゴールドエリート:13泊
  • シルバーエリート:5泊
  • 一般会員:付与なし

という宿泊実績が、2021/2にマリオットのアカウントに自動加算されます。

 

自分の場合だと、

2020年にチタンエリートのステータスを獲得したので、38泊もの宿泊実績がマリオットからプレゼントされることになります。SPGアメックス保有者特典として、5泊の実績も加算されることになるので、自分の場合には43泊もの宿泊実績が加算されるということになります。つまり、、あと7泊すれば、、、プラチナエリート

2020年にプラチナエリートだった方も、25泊の付与があり、SPGアメックス保有者も多いと思うので、30泊も加算されますね。そうなると、20泊でプラチナエリートの維持が可能になります。

SPGアメックス保有者も、ゴールドエリートの13泊、そしてカード特典の5泊の18泊の実績がもらえるので、あと32泊でプラチナエリートになれるというのが、2021年の救済ですね。

マリオットの2021年の救済特別対応は、本当に特別な対応ですね。デカすぎます。2020年の救済特別対応とまったく同じものが2021年も行われることになったということですね。

 

②最上級のマリオットアンバサダーエリートへの条件も緩和。100泊+14,000USDへ。

さて、今回は救済特別対応として、マリオット最上級ステータスのアンバサダーエリートのなるための条件も緩和されることが発表されています。

For 2021, we’re reducing the US$20,000 spend threshold for attaining Marriott Bonvoy™ Ambassador Elite status to US$14,000. If a member reaches 100
Qualifying Nights and US$14,000 in qualified spend during 2021, they will achieve Ambassador Elite status. During 2022, the qualified spend requirement for Ambassador Elite status will return to US$20,000.

アンバサダーエリートになるための条件は本来なら「年間100泊 + 20,000USDの利用」となっていますが、2021年に限り「年間100泊 + 14,000USDの利用」と利用金額が30%免除になります。

自分の場合だと、2020年は109泊 + 11,732USDの利用 だったので、このペースを2021年も維持できれば、アンバサダーエリートも夢ではないような位置になってきました。

GoToトラベルキャンペーンがいつ再開になり、いつまで延長してくれるのか、そのあたり次第になってくるかもしれませんが、2020年は完全に宿泊ができない時期もあったことに比べると、2021年の方が宿泊はしやすい時期が多いでしょうし、アンバサダーエリートも気になってしまう自分もいたりします。

 

③ダブルポイント&宿泊実績ダブルカウントのプロモーションも開始決定!

さて、ここからはマリオットの救済特別対応というわけではなく、マリオットが年に数回行うキャンペーン・プロモーションの紹介です。

2021年の最初のプロモーション内容も発表になった(詳細はWhat is the Marriott Bonvoy™ Q1 Global Promotion?)のですが、これもステータスを獲得・維持する人には非常に有利な内容になっているんです。

プロモーションの内容は、

  • プロモーション期間:2021/2/16~2021/4/27
  • プロモーション内容:宿泊ポイント2倍かつ宿泊実績2倍(ただし2泊以上の宿泊が必要)で、上限なし
  • プロモーションエントリー:必要(エントリー前の宿泊は対象外。エントリーページは後日公開される)

という内容で、ポイント2倍&宿泊実績2倍という超ボーナスステージがまもなく開始になります。

ポイントはマリオットでの1USD利用につき10ポイント付与なので、2倍になると1USDあたり20ポイントの付与になるということですね。ポイントが2倍になるのは、ベースポイントのみで、ステータスボーナスは2倍にはなりません。なので、プラチナエリートがもらえる50%分のボーナスポイントは、1USDあたり10ポイントの50%なので、5ポイントステータスボーナスですね。これは2倍にはなりません。

そして、実績2倍もめちゃくちゃ強烈です。そもそも救済特別対応で宿泊実績が加算されますよね。2020年プラチナエリートの方なら25泊も(SPGアメックス保有者ならさらに5泊)。残り20~25泊でプラチナエリートの維持が可能なわけですが、宿泊実績2倍のプロモーション期間中に実績を積んでおくと、最短で10泊すればプラチナエリートの維持が可能になる人が出現するということです。これまた強烈すぎます。

また、規約を読むと、2泊以上(連泊が必要という意味だと思われます)が必要ですが、そのうち少なくとも1泊が現金での宿泊なら、ポイント宿泊の分も宿泊実績が2倍のダブルカウントになると書かれているように思えます。これもまた強烈な内容ですね。英語の解釈がやや難しい面があるので、日本語の詳細が出ましたら、またブログで紹介させていただきます。

プロモーションの開始が待ち遠しいところです!

 

以上、マリオットの2021年の救済特別対応と、プロモーションの内容を紹介しました。内容はかなりインパクトがあるものになっていますね!まだ、日本語のページはリリースされていませんが、近々リリースされるでしょう。

この特別対応は、いい面としては自分のステータスの獲得・維持が簡単であるという面がありますが、悪い面としてはエリート会員が増えすぎて、特典が十分に活用できないという面もあるでしょう。ラウンジが混雑しており利用できなかったり、アップグレードやレイトチェックアウトがなかなか利用できなかったり。

ただ、マリオットを始めとするホテルプログラムが、生き残りをかけた戦いをしている中で、この方法がベターであろうと判断したのは事実です。自分としては、こういった状況の中でも、可能な楽しみを見つけて旅行を楽しみたいので、その一環としてマリオットの対応はウェルカムな気持ちの方が大きいです。しっかりと生き残って欲しいですし、応援したいと思います!

 

マリオットのホテル予約をお得にする技。ポイントサイト経由で4%もキャッシュバックあり。

最後に、マリオットの宿泊予約する際に、4%もお得にする技を紹介しておきます。

マリオット公式サイトから予約をする際ですが、必ずポイントサイト「モッピー」を経由してマリオット公式サイトで予約をしてください。

モッピーを経由すると、マリオットの宿泊予約時には、4%のモッピーポイントが獲得できますからね!忘れず利用しましょうね!

モッピーはANAマイル&JALマイルを貯めるための定番中の定番のポイントサイトです。まだ、モッピーのアカウントがない方は、下記のバナーから登録すると入会キャンペーンが適用になりますので!

もちろん登録料や利用料金は一切かかりませんので、ご安心ください。

モッピーポイントの使い方

モッピーのポイントは1P=1円相当で複数のポイントに交換も可能です

ポイントの使い方が超魅力的なのが、モッピーの強みです。現金で受け取りもOK、ANAマイルやJALマイルにも交換可能です。JALマイルにも高レートで交換できるポイントサイトはモッピーしかありません

【2021年版!モッピーとは!】陸マイラーが徹底解説。ポイントの稼ぎ方~ANAマイル・JALマイルへの交換方法まで。

2021-01-01

マリオットの予約はモッピー経由を忘れずに!!毎回経由ですよ!!

 

おすすめ関連記事

2 件のコメント

  • スケスケさん、いつも有益な情報ありがとうございます
    ところでスケスケさんはドクターとのことですが、何科のドクターですか?すみませんポイントやマイルとは関係のないところですが、とても気になっていました
    もしよかったら教えてくださいね(o^^o)

    • kitonさん
      すみません、個人情報はネット上には出さないようにしておりまして、ご理解いただければと思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください