【TOKYUルートとは】ANAマイル交換レート75%で陸マイラーには必須で超重要!!

スポンサーリンク

【超重要】ソラチカカードがなくなっても、ANAマイルに交換レート75%で交換できる東急ポイント経由の「TOKYUルート」が開設。移行上限もほぼなし!!ANA POINT ClubQ PASMO マスターカード必須!!

ソラチカルートが2019/12/27で閉鎖することが決まり、これからはどうやってANAマイルに交換するのがベストなのか知りたい陸マイラーの数が急上昇しているでしょう。

すでに、

  • ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード
  • TOKYU POINT

この2つご存知ですかね???

この2つを利用した「TOKYUルート」というものがあるのですが、これ陸マイラーの最重要ポイント交換ルートになります。

TOKYUルートとは?
  1. ANAマイル交換レート75%
  2. ANAマイルへの移行上限ほぼなしのようなもの
  3. ANAマイルへの移行完了が最短で3週間程度
  4. ソラチカルートの後釜確定

では、詳しく解説しておきましょう。

 

2019/6よりドットマネーからTOKYU POINTへのポイント交換開始

今回、突如として「TOKYUルート」と呼ばれるANAマイル交換ルートが開通したのは、2019/6よりドットマネーからTOKYU POINTへのポイント交換が開始になったという影響が大きいです。TOKYU POINTは、他のポイントから移行することができなかったので、注目度は非常に低かったかもしれませんが、個人的には交換できるようになれば注目度は非常に高いだろうなと思っていました。

それが、下記のようにドットマネーからTOKYU POINTに移行できるようになったんです。

  • ポイント交換は最低300マネー=300ポイントからの等価交換
  • 最大月に10万マネーまで交換可能
  • ポイント移行は1~15日までに申請分は当月中に完了、16日以降の場合は翌月中旬に完了

となっています。

実は、このTOKYU POINTは75%という高レートでANAマイルに移行ができるんです。

 

ANA POINT ClubQ PASMO マスターカード経由でANAマイル交換レート75%

ドットマネーからTOKYU POINTに移行する際には、TOKYU CARDを1枚所有しておく必要があります。そのカードにポイントが移行されるので1枚は必ず必要です。

そのTOKYU CARDは種類が複数あり、

  • TOKYU CARD
  • TOKYU POINT CARD
  • JALカード TOKYU POINT ClubQ
  • ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード

などのうち1枚所有しておく必要があるのですが、絶対に「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」を所有してください。

すでに所有している人もいますかね???自分は所有しています。妻も所有しています。というのも、このANAカードは年会費が最安値751円+税(マイ・ペイすリボ登録、かつ年に1回のカード利用)なのに、毎年継続ボーナスマイルが1,000マイルもらえるので所有していて一切損しないんですよね。なので、我が家にあるんです。

 

そして、このカードだけが、他のTOKYU CARDとは違う特色を持っていて、この「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」に貯まっているTOKYU POINTだけがANAマイルに交換レート75%で交換できるんです。

上記の赤枠のところだけ見ておいてください。

1,000TOKYU POINT=750 ANAマイル

となっていますよね。TOKYU POINTを交換レート75%でANAマイルに移行できるんです。これが、「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」を所有する最大のメリットです。

しかも、

  • 年間移行上限なし
  • 移行完了は1週間

となっており、ソラチカルートのように月に2万ポイント=18,000ANAマイルの移行上限もないので、一気に大量のANAマイルを必要としている人にもオススメです。注意点は、ドットマネーからTOKYU POINTへは月に10万ポイントが上限ではあります。つまり月に75,000マイルなので、移行上限はないようなレベルと言ってもいいでしょう。ソラチカの月18,000マイルの4倍以上ですからね。そして、特典航空券発券のために早急にANAマイルが欲しい人も、移行完了まで1週間程度というスピード感も魅力です。ドットマネーからANAマイルまでも最短3週間ほど移行完了です。

 

ちなみに、他のTOKYU CARDに貯まったTOKYU POINTもANAマイルに交換はできますが、交換レート50%です。75%なら1.5倍も交換レートが高いんですよ。これは強烈です。なお、JALカード TOKYU POINT ClubQを所有している場合には、ANAマイルには移行できずにJALマイルへの移行になります。が、JALマイルへの移行レートは50%です。ここも75%ならJALカード TOKYU POINT ClubQはめちゃくちゃ強烈なカードですが、現状だと特別な意味はないです。

所有するTOKYUカードの種類は間違わないようにしましょうね。

 

ドットマネーからTOKYUルートで交換レート75%でANAマイルへ

さて、ドットマネーからANAマイルまでの「TOKYUルート」のポイント交換を整理しておくと、

となります。簡単でわかりやすいですよね。これが陸マイラーに必須の交換ルートになります。

ドットマネーのアカウントがない人は作成しておきましょう。

このドットマネーのアカウントがないと始まらないので、これは必須です。

 

モッピーやハピタスもドットマネーに移行すればANAマイルへの交換レート75%

さて、ドットマネーから「TOKYUルート」が利用できるようになったということは、各種ポイントサイト「モッピー」「ハピタス」からドットマネーに移行すれば、同様にTOKYUルートが使えるようになったということです。

ということです。

モッピー、ハピタス、ポイントインカムなど各種ポイントサイトを利用している人は、あとは「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」を発行しておけば、このルートが利用できるようになります。

超簡単すっきりなルートもなかなか魅力です。

 

さて、ドットマネーに移行ができないポイントサイトは「TOKYUルート」が利用できないので、今後の陸マイラーには、使いにくいポイントサイトになります。移行の可否を整理しておくと、

移行可能 移行不可
モッピー ECナビ
ポイントインカム ポイントタウン
ハピタス Gポイント
ゲットマネー
すぐたま
げん玉
ちょびリッチ

となっています。左側の列のポイントサイトをメインに利用することをオススメします。

 

ドットマネーへの増量キャンペーン、TOKYU POINTへの移行キャンペーンに期待?!

ということで、各種ポイントサイトから、ドットマネー経由の「TOKYUルート」で交換レート75%でANAマイルに移行ができるようになっています。ソラチカルートの閉鎖が決定した今、これが陸マイラーの新ルートになります。

ソラチカルートの81%から、TOKYUルートの75%とたしかに交換レートは落ちるのですが、まだまだTOKYUルートがあればANAマイルは貯まりやすいです。

 

また、ポイントサイトからドットマネーへのポイント増量キャンペーンは非常によく行われています。

今も、げん玉からの移行で5%増量です。モッピーやGet Moneyからも1%ですが、増量キャンペーンが行われています。過去には10%増量なんかもあったので、ソラチカルートの81%を超える可能性も十分にありえます。なので、あまり悲観はしていません。

 

また、ドットマネーからTOKYU POINTへの増量キャンペーンなんかもあってもおかしくありません。ドットマネーはdポイントや、WAONへの移行でポイント増量のキャンペーンを行ったりもしているので、今後に期待してしまいます。

モッピーも独自に「エクスプレスキャンペーン」という交換レートが86%を超えるキャンペーンをTOKYUルートを利用してすでに行っていますしね。

 

ということで、ANAマイルを貯める陸マイラーは、「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」をすぐに発行して、準備しておきましょう。必須ですよ。

では、最後に「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」の年会費やスペック、入会キャンペーン情報を紹介しておきます。

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードの年会費・還元率・入会キャンペーン

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード
国際ブランド Master
発行会社 三井住友カード
年会費(税抜き) 2,000円(初年度無料)
年会費割引後 751円(マイ・ペイすリボ登録&年1回以上のカード利用)
家族カード年会費 1,000円
家族カード年会費割引後 475円
ポイント制度 1,000円=1ポイントのワールドプレゼント
ポイント有効期限 2年
ANAマイル移行レート 1ポイント=5 or 10マイル
10マイルコース登録料 6,000円
最大マイル還元率 1.53%
フライトボーナスマイル 10%UP
入会ボーナスマイル 1,000マイル
継続ボーナスマイル 1,000マイル
交通系IC PASMO
空港内ANA FESTA 5%オフ
機内販売 10%オフ

というスペックのカードです。

初年度年会費無料で、2年目移行も751円+税で所有することができ、それでいて毎年継続ボーナスマイルが1,000マイルもらえるので、所有する価値は十分にあるでしょう。

また、メインの決済カードとしても非常に魅力的で、還元率も最大1.5265%とかなりの高還元なので、年会費の安いメインカードを探してる人にもかなりおススメの1枚です。

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードは、三井住友カードで、他のANA VISAカード、ANA Masterカード、ANA VISA Suicaなどとほぼ中身的には同スペックですが、「TOKYUルート」が使えるという点において大きくリードしたと言えるでしょう。

 

以上、「TOKYUルート」の解説でした。

おすすめ関連記事

93 件のコメント

  • はじめまして。
    いつも参考にさせていただいております。
    以前はマイペイスリボなどで貯めたボーナスポイントを、ソラチカルートを使って裏技のような感じで1ポイントを4マイルぐらい(通常は1ポイント=3マイル)に変えることができたと思います。
    でも、ソラチカルートが無くなった今は、通常ポイントの1ポイント=0.6マイルより多く変えることはできないのでしょうか?

      • ありがとうございます!
        ここ数日ポイ活を再開したのですが、知りたい情報を見つけることができず、モヤモヤしておりました。
        みずほルートは今の自分には難しいですが、スッキリしたので良かったです。

  • 最後の行に「ちょっと手間はかかるが、81%で交換可能なLINEポイント&ソラチカルート」とありますが、まだそちらのルートは残っているのでしょうか。

    昨年末の閉鎖依頼ポイント以降がストップしたままになっています。三井住友とモッピーなどに滞留したままです。

    • pengoさん
      過去の情報が記載されたままでしたので、修正させていただきまし!
      現在はTOKYUルートのみになります!

      • あらさがしみたいですみませんでした。
        いつも参考にさせて頂いております。
        ありがとうございました!

        • いえいえ!こちらも修正に気づいていないとろこがあるので、非常にありがたいです!!

  • ANAマイル貯め始めました!すけすけさんのおかげで少しずつ貯まっています!現在エブリプラスを使用していますが、ANA TOKYU POINT ClubQ PASMOが手元に届いたらメインカードにしてしまおうか悩んでいます。
    エブリプラスは不要になりますか?

    エブリプラスでは、マイペイスリボを利用して、毎月追加増額をしてポイントを貯めています。TOKYUも同じ三井住友カードなので、エブリプラスと同じようにマイペイスリボを利用すれば貯まるのでしょうか?

    • 華麗南蛮さん
      はい、ANA TOKYUだけで十分です!方法も同じになります。
      エブリプラスは年会費無料なので、解約でもいいですが、、もう発行不可のカードなので、いつか何かの役に立つかもしれないので所有しておいてもいいとは思います。

      • ご丁寧に教えて下さり、ありがとうございます!エブリプラスは大事にとっておきます♡これからも応援しています!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください