【TOKYUルート】ANAマイル交換レート75%の新ルートがついに開設!!

ソラチカカードがなくても、なくなっても、ANAマイルに交換レート75%で交換できる東急ポイント経由の「TOKYUルート」が開設。移行上限もほぼなし!!ANA POINT ClubQ PASMO マスターカード必須!!

なかなかホットな情報が入ってきました。

  • ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード
  • TOKYU POINT

この2つご存知ですかね???

突如、この2つが陸マイラーの中で話題沸騰となる可能性がでてきました。なんと「TOKYUルート」というものが誕生しました。

TOKYUルートとは?
  1. ANAマイル交換レート75%
  2. ANAマイルへの移行上限ほぼなし
  3. ANAマイルへの移行完了が最短で3週間程度
  4. 移行レートが81%のソラチカルートを超える可能性もあり!?

では、詳しく解説しておきましょう。

 

2019/6よりドットマネーからTOKYU POINTへのポイント交換開始

今回、突如として「TOKYUルート」と呼ばれるANAマイル交換ルートが開通したのは、2019/6よりドットマネーからTOKYU POINTへのポイント交換が開始になったという影響が大きいです。TOKYU POINTは、他のポイントから移行することができなかったので、注目度は非常に低かったかもしれませんが、個人的には交換できるようになれば注目度は非常に高いだろうなと思っていました。

それが、下記のようにドットマネーからTOKYU POINTに移行できるようになったんです。

  • ポイント交換は最低300マネー=300ポイントからの等価交換
  • 最大月に10万マネーまで交換可能
  • ポイント移行は1~15日までに申請分は当月中に完了、16日以降の場合は翌月中旬に完了

となっています。

実は、このTOKYU POINTは75%という高レートでANAマイルに移行ができるんです。

 

ANA POINT ClubQ PASMO マスターカード経由でANAマイル交換レート75%

ドットマネーからTOKYU POINTに移行する際には、TOKYU CARDを1枚所有しておく必要があります。そのカードにポイントが移行されるので1枚必要です。

  • TOKYU CARD
  • TOKYU POINT CARD
  • JALカード TOKYU POINT ClubQ
  • ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード

などのうち1枚所有しておく必要があるのですが、絶対に「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」を所有してください。

すでに所有している人もいますかね???自分は所有しています。妻も所有しています。というのも、このANAカードは年会費が最安値751円+税(マイ・ペイすリボ登録、かつ年に1回のカード利用)なのに、毎年継続ボーナスマイルが1,000マイルもらえるので所有していて一切損しないんですよね。なので、我が家にあるんです。

 

そして、このカードだけが、他のTOKYU CARDとは違う特色を持っていて、この「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」に貯まっているTOKYU POINTだけがANAマイルに交換レート75%で交換できるんです。

上記の赤枠のところだけ見ておいてください。

1,000TOKYU POINT=750 ANAマイル

となっていますよね。TOKYU POINTを交換レート75%でANAマイルに移行できるんです。これが、「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」を所有する最大のメリットです。

しかも、

  • 年間移行上限なし
  • 移行完了は1週間

となっており、ソラチカルートのように月に2万ポイント=18,000ANAマイルの移行上限もないので、一気に大量のANAマイルを必要としている人にもオススメです。注意点は、ドットマネーからTOKYU POINTへは月に10万ポイントが上限ではあります。つまり月に75,000マイルなので、移行上限はないようなレベルと言ってもいいでしょう。ソラチカの月18,000マイルの4倍以上ですからね。そして、特典航空券発券のために早急にANAマイルが欲しい人も、移行完了まで1週間程度というスピード感も魅力です。ドットマネーからANAマイルまでも最短3週間ほどです。

 

ちなみに、他のTOKYU CARDに貯まったTOKYU POINTもANAマイルに交換はできますが、交換レート50%です。75%なら1.5倍も交換レートが高いんですよ。これは強烈です。なお、JALカード TOKYU POINT ClubQを所有している場合には、ANAマイルには移行できずにJALマイルへの移行になります。が、JALマイルへの移行レートは50%です。ここも75%ならJALカード TOKYU POINT ClubQはめちゃくちゃ強烈なカードですが、現状だと特別な意味はないです。

ドットマネーからTOKYUルートで交換レート75%でANAマイルへ

さて、ドットマネーからANAマイルまでの「TOKYUルート」の交換を整理しておくと、

となります。ドットマネーのアカウントがない人は作成しておきましょう。

近々、さっそくこのTOKYUルートが本当に使えるのか検証してみたいと思います!!

 

モッピーやハピタスもドットマネーに移行すればANAマイルへの交換レート75%

さて、ドットマネーから「TOKYUルート」が利用できるようになったということは、各種ポイントサイト「モッピー」「ハピタス」からドットマネーに移行すれば、同様にTOKYUルートが使えるようになったということです。

ということです。

モッピー、ハピタス、ポイントインカムなど各種ポイントサイトを利用している人は、あとは「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」を発行しておけば、このルートが利用できるようになります。

超簡単すっきりなルートもなかなか魅力です。Gポイントを経由したLINEポイントからソラチカルートは、たしかにレートは81%ですが、手順は面倒な面もありますし、Gポイントの5%ポイントバックがなければ、TOKYUルートとほぼ同等になりますしね。

(注)多くのポイントサイトからドットマネーにポイント移行ができますが、代表的なポイントサイトの中では、ポイントタウンとECナビはドットマネーに移行できません。

 

ドットマネーへの増量キャンペーン、TOKYU POINTへの移行キャンペーンに期待?!

ということで、各種ポイントサイトから、ドットマネー経由の「TOKYUルート」で交換レート75%でANAマイルに移行ができるようになっています。

ただし、現状だとLINEポイントを経由して、ソラチカルートを利用すれば交換レートは81%なので、そちらが有利ではあります。

ただし、それでも注目度は個人的には高いです。

まず、ポイントサイトからドットマネーへのポイント増量キャンペーンは非常によく行われています。

今も、げん玉からの移行で5%増量です。モッピーやGet Moneyからも1%ですが、増量キャンペーンが行われています。過去には10%増量なんかもあったので、ソラチカルートの81%を超える可能性も十分にありえます

 

また、ドットマネーからTOKYU POINTへの増量キャンペーンなんかもあってもおかしくありません。ドットマネーはdポイントや、WAONへの移行でポイント増量のキャンペーンを行ったりもしているので、今後に期待してしまいます。

 

ということで、ANAマイルを貯める陸マイラーは、「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」をすぐに発行して、準備しておいた方がいいかもしれません。持っていて損するカードでもありませんしね。

すけすけ
また、今後LINEポイントからメトロポイントに移行ができなくなり、ソラチカルートが閉鎖されるようなことになっても、「TOKYUルート」という存在がバックにあるのは非常に大きいですね。

では、最後に「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」の年会費やスペックを紹介しておきます。

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードの年会費・還元率・入会キャンペーン

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード
国際ブランド Master
発行会社 三井住友カード
年会費(税抜き) 2,000円(初年度無料)
年会費割引後 751円(マイ・ペイすリボ登録&年1回以上のカード利用)
家族カード年会費 1,000円
家族カード年会費割引後 475円
ポイント制度 1,000円=1ポイントのワールドプレゼント
ポイント有効期限 2年
ANAマイル移行レート 1ポイント=5 or 10マイル
10マイルコース登録料 6,000円
最大マイル還元率 1.53%
フライトボーナスマイル 10%UP
入会ボーナスマイル 1,000マイル
継続ボーナスマイル 1,000マイル
交通系IC PASMO
空港内ANA FESTA 5%オフ
機内販売 10%オフ

というスペックのカードです。

初年度年会費無料で、2年目移行も751円+税で所有することができ、それでいて毎年継続ボーナスマイルが1,000マイルもらえるので、所有する価値は十分にあるでしょう。

また、メインの決済カードとしても非常に魅力的で、還元率も最大1.5265%とかなりの高還元なので、年会費の安いメインカードを探してる人にもかなりおススメの1枚です。

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードは、三井住友カードで、他のANA VISAカード、ANA Masterカード、ANA VISA Suicaなどとほぼ中身的には同スペックですが、「TOKYUルート」が使えるという点において大きくリードしたと言えるでしょう。

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードの全貌解説!

メインカードにもなるかなりいいクレカですよ!!

【完全解説】ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードのメリット・デメリットとは。

2019-06-29

 

また、入会キャンペーンに関してですが、もう2年以上もANA VISAカード、ANA Masterカードは三井住友カード主催での入会キャンペーンをやっていないのが残念な点ではあります・・・。ただし、ポイントサイト経由で発行すると1,000円分くらいの少額なポイントですが、ポイントをもらえるのでポイントサイト経由だけは忘れないようにしておきましょう。また、別途入会ボーナスマイルがANAから1,000マイルもらえます。

こちらモッピーに出ている案件です。「ANA VISA」と検索してみてください。ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードが上記のように出ていますので!!

モッピーに未登録の方は、下記バナーよりモッピーに登録して利用してください。入会キャンペーンも開催中です。もちろん登録料や年会費は一切かかりません。

モッピー!お金がたまるポイントサイト

 

  • ちょっと手間はかかるが、81%で交換可能なLINEポイント&ソラチカルート
  • 超簡便でまずまず高還元で、上限もかなり緩いTOKYUルート

みなさんがどちらがいいですか???コメントお待ちしております!!!!

32 件のコメント

  • こんにちわ。
    いつも楽しく拝見しています。
    lineを拝見して、TOKYU ルートが楽で良いと思い、申込みしてTOKYU カードが届きました。
    モッピーとハピタスからはTOKYU ルートでいけますが、Pexからはソラチカカードがないと難しいんでしょうか。
    ソラチカカードはまだ持っていないので。

    • りぼんさん
      TOKYUルートが利用可能なのは、ドットマネーのみになります。
      ハピタス、モッピー、ポイントインカムなどはドットマネーに移行できますが、ポイントタウンやECナビはドットマネーに移行ができません。
      ソラチカカードでの、ソラチカルートになります。最近、ハピタスからGポイントにも移行可能になり、ソラチカルートも非常に簡単になってきております。

  • こんにちは

    これ、ソラチカと2枚持ちできるんですか??
    この手のカードできなかったような。。。

    • 横からすみません。
      ソラチカとTOKYUとSFC JCBと3枚もち可能です。私は既に3枚目のTOKYUカードが届きました。
      交通系のカードは2015年だったと思いますが規制が緩くなったそうです。

    • sasakiさん
      まったく問題ないですよ。ANAカードは複数枚持てますので。自分6枚保有していますし。
      この手のカードとは、どの手ですかね??

  • すけすけ様
    いつも楽しく拝見してます。
    今ハピタスで高還元でANA TOKYUのキャンペーンをやってますね。
    普通の時に発行してしまったので、非常に後悔していま。笑

    • YUKIさん
      少しポイントアップしたようですね!
      まあ、これくらいのポイントなら気にしなくてもいいと思います笑。未来のことは誰も想像できませんし。

  • 初めまして。
    nimocaルートを利用しようと思い、ハピタス→Pexまで交換を行いましたが、
    北海道や福岡へ交換に行かずに別ルートで移行しようかと検討しています。

    Pexからの移行は、nimocaルートを含め、どのルートが還元率が良いでしょうか?

    ANA VISAワイドゴールドカード、ソラチカカードは持っており、TOKYUカードもこれから作りたいと思っています。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください