ANAカードとJALカードの違いを徹底比較!おすすめはどっち?

スポンサーリンク

ANAとJALのクレジットカード「ANAカード」「JALカード」にはどんな違いがあるの?おすすめはどっちなのか、年会費・還元率・キャンペーンを徹底比較してみた。

ANAカード vs JALカード

どちら持っていますか?両方もっていますか?今からどちらにしようか検討していますか?

自分はどちらも所有して10年以上経過しています。

長い年月所有すると、それぞれのメリット・デメリットも見えてきます。

  • 年会費が安いのはどっち?
  • マイルが貯まりやすいのはどっち?
  • マイルの有効期限はどっちが長い?
  • プラチナカードにするならどっちがおすすめ?

こんな疑問点も多数出てくると思います。この記事では、ANAカードをJALカードを厳選した8項目で比較してみたいと思います。

どちらのマイルを貯め始めるのが自分に合うのか。どちらのカードが自分に合うのか検討材料にしてみて下さい。

 

⓪ANAカードを、JALカードをとにかく詳しく知りたい

まず8項目の比較する前に基本からです。

ANAカードをJALカードをそれぞれ詳しく知りたい人は、当記事をすべて読んだあとでもいいので、是非下記の2記事も読んでみてください。

ANAカードには21種類のカード。JALカードには25種類ものカードが存在します。

ブランドがVISA、MASTER、JCB、アメックス、ダイナース。カードランクが一般カード、ゴールドカード、プラチナカードと無限の世界が広がっています。

下記の2記事で、ANAカード・JALカードをそれぞれ徹底解説しているので、時間あるときに読んでみてください。

【ANAカードの全貌】マイルが貯まる最強おすすめANAカードはどれなのか。全ANAカードを徹底比較解説。

2017.09.25

陸マイラーおすすめJALカードはこれ!JALマイルが貯まるクレジットカードを徹底解説!

2017.06.09

 

 

①一般カードの年会費が安いのはANAカード?JALカード?

まず、年会費の一番安い「ANA一般カード」「JAL普通カード」の年会費を比較をしてみます(正確に言うと年会費無料の学生カードなんかもありますが割愛します)。

実は、VISA・MASTER・JCBともびっくりするくらい年会費は同じで2,000円+税(初年度無料)です。(アメックスは少し年会費が高くて、ANAアメックスが7,000円+税、JALアメックスが6,000円+税です。)

 

が実は、ANAカードのVISA・MASTERに関しては年会費の割引制度が存在します。ANAカードは三井住友VISAが発行しているのですが、三井住友VISAのクレジットカードは、

  • WEB明細の登録
  • マイ・ペイすリボ(リボ払い)に登録して、年に1回カード利用

で翌年のクレジットカード年会費が安くなることで有名です(年会費割引の公式情報はこちら)。

一覧表にしておくと、

通常年会費(税別) 割引後年会費(税別)
ANA VISA 一般 2,000 1,025
ANA VISA Suica 2,000 751
ANA VISA nimoca 2,000 751
ANA Master 一般 2,000 1,025
ANA TOKYU Master 2,000 751

なんと年会費が一番安いANAカードは751円+税。これは安いです。

 

また、ANAカードも、JALカードも毎年継続ボーナスとして1,000マイルもらえるのですが、JALカードで1,000マイルもらうためには年間に1回JALの搭乗しないともらえないのに対して、ANAは搭乗しなくてもカードを所有しているだけでもえらえます。

年会費751円で、毎年1,000マイルが必ずもらえる。大きな魅了の一つです。

 

②ショッピングのマイル還元率が高いのはANAカード?JALカード?

では、カードをショッピングで利用した際のポイント付与・マイル付与の還元率はどちらが高いのでしょうか。

これも基本的には同じで、通常は還元率0.5%です。ANAカードもJALカードも、ショッピング利用で100円=0.5マイル相当のマイルがたまります。

 

ただし、還元率1%にすることも可能です。

  • ANA一般カードは、年会費5,000円(JCB)~6000円(VISA、MASTER)+税の10マイルコースに加入で還元率1%にアップ
  • JAL普通カードは、年会費3,000円+税のショッピングマイルプレミアムに加入で還元率1%にアップ

という方法も存在します。

というか、これは基本的に加入せざるを得ないとは思います。還元率がも違いますからね。年間のカード決済額が100万円の人であれば、5,000マイル貯まるのか、10,000マイル貯まるのかという差になります。毎年10マイルコースの費用や、ショッピングマイルプレミアムの費用を払っても価値があるケースが大半でしょう。

(注)もともと10マイルコースに設定済み、ショッピングマイルプレミアムに設定済みのカードもあります。ANAカードのゴールドカード以上(アメックスは一般カードも)、JALカードのCLUB-Aゴールドカード以上のカードはもともと還元率が1%に設定されています。

 

年間3,000円のショッピングマイルプレミアムの方が安い??
  • ANAカードの10マイルコース
  • JALカードのショッピングマイルプレミアム

パッと見た目では、JALマイルのショッピングマイルプレミアムの方が年会費3,000円+税で安くない?って思いますよ。先ほど、ANAカードの一部は年会費の割引があると書きましたが、それを加味してもJALカードの方が安く見えますよね。

 

ただし、1つ注意点があります。

  • ANAカードは貯まったクレジットカードポイントをANAマイルに移行する
  • JALカードは直接JALマイルが貯まる

という違いがあります。

 

これで何が変わって来るのかというと、JALカードは初めからショッピングマイルプレミアムに加入していないと、還元率が0.5%でマイルが貯まってしますのですが、ANAカードは初めは10マイルコースに加入しなくてもいいんです。

クレジットカードポイント(VISA・MASTERならワールドプレゼント、JCBならOkiDokiポイント)をANAマイルに移行する瞬間に10マイルコースに加入すればいんです。実は、クレジットカードポイントの有効期限が2年なので、2年に1回だけ10マイルコースに加入すれば、還元率1%でANAマイルを貯めることが可能です。

少し手間はかかりますが、年間の経費に大きな差はありません。

 

さて、還元率は基本的に変わらない。0.5%か1%だと書きましたが、実は年会費に追加してANAカードのVISA・MASTERに関しては、ボーナスポイントの付与というものがあります。

最大限活用すると、

  • ANA VISA 一般カードで還元率1.5265%
  • ANA VISA ワイドゴールドカードで還元率1.648%

までアップさせることが可能です。

これはけっこう強烈です。年間300万円のカード決済の人だと、還元率1.648%だと約5万マイル貯まります。還元率1%だと3万マイルです。2万マイルの差が出ます。2万マイルあれば、毎年沖縄行きの特典航空券が発券できますからね。

現状だと、ANAカードのVISA・MASTERが還元率に関しては一歩リードです。

ANA VISAカードでボーナスポイントを獲得して、還元率を最大限上げる方法は下記に整理しているので、気になる人は参考にしてください。

【ANA VISAワイドゴールドカードの還元率1.648%を徹底解説】陸マイラーおすすめANAカード。

2018.03.28

(注)ANA JCBカードの極極わずかですが、ボーナスポイントもあります。詳細はこちら



スポンサーリンク

 

③フライトでマイルが貯まるのはANAカード?JALカード?

ANAカードやJALカードを所有していると、通常のフライトマイルにボーナスマイルが加算されます。

フライトボーナスマイル 年会費(税別)
ANA一般カード 10%UP 2,000
JAL普通カード 10%UP 2,000
ANAワイドカード 25%UP 7,250
JAL CLUB-A 25%UP 10,000
ANAワイドゴールド 25%UP 14,000
JAL CLUB-A ゴールド 25%UP 16,000

上記のようにボーナスマイルには差はありません。

 

が、フライトマイルが貯まり安いのはJALでしょう。

なぜかというと、JALカードには「ツアープレミアム(年会費2,000円+税)」というのもが存在します。

これに加入すると、フライトマイル加算率が上昇します。

実は、正規運賃の航空券を購入してハワイに行く場合と、ツアーでハワイに行く場合では、もらえる搭乗マイルが全然違います。

  • 正規運賃のエコノミークラスは片道で3,831マイル
  • ツアー運賃のエコノミークラスは往復で1,916マイル

と決まっています。ツアーの場合は搭乗マイルは半分(50%)しかもらえなかったりします。

が、年会費2,160円を払って「ツアープレミアム」に加入すると、100%のマイルがもらえます

f:id:bmwtatsu:20170606213709p:image

これが、JALカードの人気オプションツアープレミアム」です。

先ほどのハワイの例だと、ツアープレミアムに加入すると、往復で3,830マイルも追加加算されることになるので、非常にお得です。

実は、ツアープレミアムという名前ですが、ツアー以外の下記の運賃でもマイルが100%加算されます。

f:id:bmwtatsu:20170606213959p:image

先得と呼ばれる正規割引運賃でも100%のマイルが加算されます。

JALにツアーでの搭乗機会が多い人や、割引運賃での購入が多い人は、是非活用してマイルをうまく貯めてください。JALカードだけの特権です。詳しくはこちらの公式ページで。

 

④有効期限が長くマイルを貯めることができるのはANAカード?JALカード?

先ほどもちらっと書きましたが、マイルの有効期限をより長く利用できるのはANAカードです。

JALマイルもANAマイルも、有効期限は基本的に3年です。

 

JALカードを利用すると、そのままJALマイルが加算されるので、本当に有効期限は3年しかありません。

が、ANAカードを利用すると、いったんクレジットカードのポイントが付与されます。そして、それをANAマイルに移行します。実はクレジットカードのポイントそのものの有効期限が1~3年ある(カードにより異なる)ので、クレジットカードポイントで3年+ANAマイルで3年のあわせて6年間マイルを貯めることも可能になります。

 

ということで、有効期限が気になる人はANAカードのほうがいいと思います。

(注)ANAカードもマイル自動移行コースにしておくと、クレジットカードポイントがどんどん勝手にANAマイルに移行されていくので注意してください。

特にANAアメックスは、ポイント有効期限が無期限なんです。ANAマイルに移行しない限り永遠にポイントが執行しません。

 

ANAマイルの有効期限&延長方法はこちら、JALマイルの有効期限&延長方法はこちらも参照してください。

 

⑤ANAマイルもJALマイルも貯まるカードは?

少しだけ、ANAカードとJALカードから話がずれますが、ポイントをANAマイルにもJALマイルにも移行できて、しかも高還元、そしてポイントの有効期限が実質無期限のクレジットカードも存在しているので紹介しておきます。

 

すでにご存じの方も多いと思いますが、「SPGアメックス」というクレジットカードがかなりの人気を誇っています。

主な特徴を整理すると、

  • 年会費は31,000円+税と高額
  • 100円=1スターポイント
  • スターポイントは20,000ポイント=25,000マイルで航空会社に移行可能
  • つまりマイル還元率は1.25%
  • 移行先はANA・JALを含む世界30以上の航空会社
  • 継続ボーナスとして、2年目以降毎年SPGに1泊の無料宿泊特典
  • SPG&マリオットのゴールド会員

こんな特典のある超魅力的なカードです。

しかも、スターポイントは有効期限1年ですが、新たなポイントの獲得があると1年延長されるので、SPGアメックスを利用している限りポイント有効期限は実質無期限です。

ANAカード、JALカードもいいカードですが、このカードも検討に値すると思いますので、まだ存在を知らない人は下記の記事も参考にしてください。

【SPG AMEX/アメックス】は最強クレジットカードか。高級ホテルに無料宿泊&上級会員。メリット・デメリットを徹底解説。

2016.12.29

 

⑥プラチナカードでおすすめはANAカード?JALカード?

ANAカード、JALカードともに最高峰にはプラチナカードというカードが存在します。

見た目も間違いなくカッコいいです笑。

ステータス性を求める人は、最高峰のカードが欲しいでしょうね。ANAカードとJALカードの一番の違いは、このプラチナカードにあるかもしれません。

ANA VISA プラチナ プレミアム ANA JCB プレミアム ANA アメックス プレミアム ANA ダイナース プレミアム JAL JCB プラチナ JAL アメックス プラチナ
年会費(税抜) 80,000 70,000 150,000 155,000 31,000 31,000
家族カード年会費 4,320円 4,320円 無料(4枚まで) 無料 15,500 15,500
還元率 1.50% 1.30% 1% 2% 1% 1%
継続ボーナスマイル 10,000マイル 10,000マイル 10,000マイル 10,000マイル 2,000マイル(搭乗後) 2,000マイル(搭乗後)
フライトボーナスマイル 50%アップ 50%アップ 50%アップ 50%アップ 25%アップ 25%アップ
プライオリティパス
国内線ANAラウンジ利用
レストラン1名無料

主な特典を一覧表にしてみました。

何が一番違うかというと、年会費です。

ものすごく差があるんですよね。ANAのプラチナ(プレミアムカードと言います)とJALのプラチナ。

JALプラチナカードは年会費なんと3万円台です。これ、クレジットカードのプラチナカードの中では、ものすごくコスパいい部類に入ります。

対するANAプレミアムカードは年会費70,000~155,000円・・・・全然違う。たしかに、ANAカードの方が、ショッピング時の還元率も高い、継続ボーナスマイルも多いし、フライトボーナスマイルも多いです。家族カードの年会費も安いです。

が、この年会費の差はみなさんの目にはどう写りますかね?

 

⑦入会キャンペーンがお得なのはANAカード?JALカード?

カードの入会時は、入会キャンペーンで数万マイル獲得できることも多々あります。

入会キャンペーンが非常にお得なのはANAカードの方です。

 

JALカードの入会キャンペーンは、もらえるマイルも少ないのですが、すでに別のJALカードを保有している人、また退会後1年以内の人は、新規にカードを発行してもキャンペーンの適用がありません。かなり厳しいんです。

が、ANAカードは入会キャンペーンで数万マイルがもらえることも多い上に、カードに加入する度に入会キャンペーンの適用があります。

すけすけ
ANAカードはVISA、MASTER、JCB、アメックス、ダイナースを各1枚ずつ所有でき、その上に

は別枠での所有可能なので、9枚所有も可能です。それぞれ入会キャンペーンも適用があります。

また、アメリカン・エキスプレス・カードは入会キャンペーンが相当大きいものを実施することもあり、現在もアメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールドカードの入会キャンペーンは、なんと13万ポイントがもらえます。このポイントはANAマイルに移行できるので13万ANAマイルが獲得可能です。

【6.8万マイル獲得】アメックスビジネスゴールドの初年度年会費無料キャンペーンがすごいことになっている。

2018.04.24

ANAマイルは入会キャンペーンの利用で相当貯まります。

クレジットカードの入会キャンペーンでマイルを貯めるという方法は、アメリカのマイルサイトでもかなり注目されており、カード会社もキャンペーン合戦になっているようです。

 

⑧陸マイラーでマイルが貯まりやすいのはANA?JAL?

少し、ANAカード、JALカードの話とはズレますが、ANAカードとJALカードに関する情報を探している人が、本当に一番着になっているのは、

マイルの貯め方

ではないでしょうか。

 

現在、陸マイラーと呼ばれる飛行機にまったく乗らずにマイルを貯めて

  • 毎年沖縄に家族旅行
  • 人生初のハワイ往復ビジネスクラス
  • 念願のファーストクラス初体験
  • ついに悲願の世界一周旅行

こんな夢のような生活をマイルを貯めて特典航空券を利用して実現している人々が非常に増えています。

 

陸マイラーがどんな方法でANAマイルやJALマイルを貯めているのか下記に整理しています。

 

陸マイラーが年間30万ANAマイルを貯める方法は下記。

「陸マイラー」が「年間30万ANAマイル」をどう貯めたのか。【ANAマイルの貯め方 完全公開】

2016.07.29

 

陸マイラーが年間20万JALマイル貯める方法は下記。

JALマイルの貯め方を完全公開。陸マイラーの「年間20万JALマイルの貯め方」を徹底解説。

2016.12.16

 

上記の2記事も是非参考にしながらマイルを貯めてみてください。現状だとANAマイルの方がやや貯まりやすくなっていますが、どちらを貯めても十分にビジネスクラスやファーストクラスに搭乗することは可能でしょう。

是非、マイルを楽しく貯めて、いい旅行して下さい。

おすすめ関連記事

5 件のコメント

  • 先ほどコメントいたしました、まさとです。
    恥ずかしながら大きな勘違いをしたままメールを差し上げてしまい失礼いたします。
    Sumi Trust club visaは三井住友トラストカードと異なるポイント体系でした。コメントを送った直後に気がつき、冷や汗がでました。先ほどのコメント、そしてこのコメントは読み捨ていただければと存じます。
    失礼いたしました。

    • まさとさん
      自分はANA VISAゴールド(還元率1.6%ほど)とSPGアメックスの2つがメインの決済カードになっています。SPGがあれば、ANA VISAは一般でもいいのかもとも思っています。
      デルタアメックスですが、制度が変更になるようで、年間の決済額に応じて、会員のステータスが決まるようですね。ステータスに到達できる決済額があり、利用頻度も高ければ、利用価値はあると思います。

  • こんにちは。
    これまで、アメリカやハワイ旅行にはカードで払ってゆくものだと思っていました。マイルでチケットはなかなか取れないし難しいんじゃないの、と考えていましたが、このwebページで十分に行けるかもと少しワクワクしてきました。
    さて、現在Sumi Trustプラチナvisaカードをメインに使い、ANAはVisa一般カードのみです。先日ソラチカカードを申し込み通りましたので、いわゆるLineポイントを使った方法は有効だと思うのですが、新たにANA一般カードをワイドゴールドカードにした方が効率が良いのか、現在のままプラチナVisaのポイント移行で対応した方が良いでしょうか?
    なおプラチナカードの年会費はポイント払いです。付帯のプライオリティーパスは捨てがたいとも考えています。
    もう一つ質問なのですが、ハワイにはセントレア(デルタ航空)からゆくことが多く、デルタアメックスゴールドもしくは普通、も有効でサブとして申し込もうかとも考えました。もし、すけすけさまのお考えはを頂戴できれば幸いです。
    2つ質問させていただきまして恐縮ですが、よろしくお願いいたします。

  • こんばんは!
    ソラチカルート閉鎖までに間に合わなかったドットマネーポイントが1万5千Pほどあります。。現時点で、それらをメトロポイントに移す方法でオススメの方法がありました教えて下さい>< ソラチカルート改正後の記事を一通り読んだつもりなのですが、見落としてしまっていたらすみませんm(_ _)m。。

    • さゆりさん
      残念ですが、ドットマネーからはメトロに移行はどうやってもできないんです。。。
      対処方法としては、
      ①交換レート52%でJALマイルにする
      ②Tポイントに移行して、そこから50%でANAマイルにする
      ③現金にする
      が代表的なところです。
      もう一つ、別の考えとしてあるのは、③現金にするの応用ですが、現金15,000円獲得した分で、モッピーで100%還元の商品や有料コンテンツに加入する方法があります。これで間接的にモッピーのポイントに変えることが可能なので、LINE経由でメトロにすることも可能です。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です