【ANA VISAカード】2018/11版隠れキャンペーンで大量マイルが貯まる!カード毎の特典メリットも比較解説。

スポンサーリンク

ANA VISAカードの入会を考えている方は必読。あなたに必要なオススメカードはどれ?メリット・特典を徹底解説。新規入会隠れキャンペーンで、大量ANAマイルが一気に貯まる。

■目次

種類も多くて非常にややこしいANAカード笑。VISA、Master、JCB、AMEX、Dinersとある上にVISAに数種類、JCBも数種類と非常に複雑です。

この記事では、ANAマイラーで一番人気が高く、メインクレジットカードとして利用できるANA VISA/Masterカードの特典・メリットをカード毎に総整理をします。そして、おすすめANA VISAカードがどれなのか説明します。

(注)VISAとMasterは同じ三井住友VISAの発行でカードブランドが異なるもののスペックは同じです。

 

また、現在行われている

大量ANAマイルがもらえる隠れ入会キャンペーン

についても、その内容を解説・整理しておきます。

「隠れ」と書いたのは、大げさではありません。このキャンペーン、気づかない人が多いんですよ。というのも、ANAの公式サイトでもVISAの公式サイトでも見つけにくい場所にあります。でも、ANA VISAの入会で2万ANAマイル以上貯まるような大型キャンペーンが実は存在しています。絶対に見逃さないでくださいね。2万マイルあれば、国内線ならどこでも往復できますし、香港往復の特典航空券に交換することも可能です。

これを知らないと大損です。

 

この記事でキャンペーン内容およびカードスペックを整理するANAカードは、

  • ANA VISA/Master  一般カード
  • ANA VISA/Master ワイドカード
  • ANA VISA/Master ワイドゴールドカード
  • ANA VISA プラチナ プレミアムカード
  • ANA VISA Suica カード
  • ANA TOKYU POINTClubQ PASMO マスターカード
  • ANA VISA nimocaカード 【2017/12/13 新登場】

以上です。

現在、ANA VISA一般カードを所有している方でも、ANA VISA ワイドゴールドカードを所有していないような方は、別カードの発行で大量マイルが貯まるので是非最後まで読んでください。

 

 

「どのANA VISAカードを持てばいいの?」

ANA VISAカードの比較。メインカードとして所有、死蔵カードとして所有と様々なANAマイラーにメリットがある。

まず、キャンペーンの整理の前に簡単に「あなたが申し込むべきおすすめANA VISAカードはどれなのか?」という視点から各カードの特徴を見ておきます。カードのスペックは知っているという方は、後半のキャンペーン内容のところまで一気に飛んで下さい。

 

ANA VISAと言っても、一般カード~ゴールドカード~プラチナカードと数種類のカードが用意されています。自分に合う1枚を探しましょう。

 

⓪ANA VISA/Master 基本スペック一覧表

年会費・還元率・継続ボーナス・フライトボーナス等の一覧です。

一般 ワイド ワイドゴールド プラチナ Suica nimoca、TOKYU PASMO
年会費(税抜き) 2000(初年度無料 7250 14000 80000 2000(初年度無料 2000(初年度無料
年会費最安値(割引制度あり) 1025 6750 9500 80000 751 751
家族カード最安値 475 975 2500 4000 なし 475
10マイルコース登録料 6000 6000 自動加入 15マイルコース 6000 6000
最大マイル還元率 1.5265% 1.5265% 1.648% 1.905% 1.5265% 1.5265%
フライトボーナスマイル 10% 25% 25% 50% 10% 10%
継続ボーナスマイル 1000 2000 2000 10000 1000 1000

なお、ANA VISAもANA Masterもどちらも三井住友VISAが発行しており、年会費や還元率等の基本スペックに差はありません。一般カード、ワイドカード、ワイドゴールドカードにはVISAとMasterの両方のブランドが用意されています。どちらも同じ内容のカードで、ただ国際ブランドがVISAかMasterの違いだけだと思っておいてください。

 

①人気ナンバーワンのおすすめは【ANA VISA ワイドゴールドカード】

最安値年会費:9,500円+税(マイ・ペイすリボ登録+カードの年一回の利用+WEB明細利用時)

f:id:bmwtatsu:20170218213425p:image

ANAマイラーにおいて人気ナンバーワンのクレジットカードがこのANA VISA ワイドゴールドカードです。自分のメインの決済クレジットカードもこれです。

まずブランドがVISA。世界のどこでも使えるという安心感があります。

そして、何と言っても還元率が高いんです。なんと、最大還元率は1.648%!100万円の決済で16,480マイル相当が貯まるクレジットカードです。これだけで、毎年ソウル旅行も可能ですね。

ボーナスポイントで還元率アップの技

ただし、普通に利用するだけでは最大還元率1.648%にはなりません。「マイ・ペイすリボ金利発生でボーナスポイント」という技を利用するのですが、ちょっとしたコツがいるので詳細は下記記事にまとめているので参照してください。

【ANA VISAワイドゴールドカードの還元率1.648%を徹底解説】陸マイラーおすすめANAカード。

2018.03.28

ある程度の年間カード決済額(200万円以上)のある方はANA VISA ワイドゴールドカード一択でいいのではないでしょうか。年間300万円のカード決済のできる方なら、5万ANAマイル以上貯まります。ハワイのエコノミークラス特典航空券は4万マイルですからね。相当マイルが貯まります。

 

②万人向け【ANA VISA Suicaカード、ANA VISA nimocaカード、ANA TOKYU POINTClubQ PASMO マスターカード】

最安値年会費:751円+税(マイ・ペイすリボ登録+カードの年1回の利用)

f:id:bmwtatsu:20170218213501p:image

自分のメインクレジットカードは先ほどのANA VISA ワイドゴールドカードなのですが、他にもANAカードを何枚か持っています。

ちなみに、ANAカードは1人何枚持てるのかというと、最大9枚持つことができます。まず、ブランド毎にJCB、VISA、Master、AMEX、Dinersを各1枚の計5枚保有できます。

さらに、ソラチカカード(JCB)、ANA VISA Suicaカード、ANA VISA nimocaカード、ANA TOKYU POINTClubQ PASMO マスターカードの4枚は別枠で持つことができるため最大8枚保有できます。

自分は6枚保有しています笑。

 

ANA VISA Suicaカード、ANA VISA nimocaカード、ANA TOKYU POINTClubQ PASMO マスターカードの3枚も、自分はもちろん所有しています。この3枚を所有するメリットを考えてみます。

1、死蔵カードとして利用

この3つのカードは年会費が751円+税なのに、毎年継続ボーナスマイルが1,000マイルもらえてしまうお得なカードなんです。

ただ引き出しにしまっておくだけで、毎年1,000マイルを自動発生させるカードです。これは知っておいて損しません。いわゆる死蔵向けのクレジットカードとして非常に価値があります。自分はこの3枚は死蔵カードとして所有しています。年間2,500円程度で、毎年3,000マイル。妻と合わせて6,000マイルほど加算されますからね。

【死蔵向けクレジットカード7選】持っていますか??このクレカ。

2016.09.22

 

2、メインカードとして利用

先ほどのANA VISAゴールドと同じ「マイ・ペイすリボ金利発生でボーナスポイント」の技は、この3枚のカードでも利用できます。利用すると、こちらのカードの場合は最大還元率は1.5265%になります(ゴールドカードよりボーナスポイントが少ないので還元率が少し落ちます)。

ただし、この還元率を発揮するには10マイルコースに登録が必要です。ゴールドカードは自動的に1,000円のカード決済で10マイル貯まる10マイルコースになっているのですが、このカードは1,000円の決済で5マイルしか貯まらない5マイルコースに元々なっています。

なので、年間6,000円+税を払って、10マイルコースに登録する必要があります。なので、年会費751円+10マイルコース6,000円+税で最大還元率1.58%のカードということになります。

ゴールドカードより年会費は安いが、還元率は少し落ちてしまうカードです。自分の年間のカード決済額に応じてどちらにするか決めたらいいと思います。

10マイルコースの登録は2年に一度でもOK!!

少しでもコストを安くするためには、クレカポイント→ANAマイルへの移行を2年に一回にして、移行する際のみ10マイルコースにしましょう。そうすれば2年ごとに6,000円+税の支払いで済みます。

クレカポイントの有効期限が2年あることに注目した小技です。

なお、ANA VISA Suicaカード、ANA VISA nimocaカード、ANA TOKYU POINTClubQ PASMO マスターカードのどの1枚をメインカードとして持つ場合は、自分がSuicaを利用するのか、PASMOを利用するのか、nimocaなのか、交通系ICで決めてもいいのですが、一つ大きな違いがあります。

家族カードに有無に注意して下さい。ANA VISA Suicaカードには家族カードが存在しません。なので、家族カードも欲しい人はANA VISA nimocaカードか、ANA TOKYU POINTClubQ PASMO マスターカードで決定ということです。

また、2017/12/13にANA VISA nimocaカードが新しいANAカードとして追加になりました。このカードはnimocaポイントを交換レート70%でANAマイルに交換できるという点が陸マイラーの間でひそかに注目されています。詳細は下記。

ANA VISA nimocaカードがデビュー。陸マイラー人気となるか??誕生記念入会キャンペーンで最大32,000マイルのチャンス。

2017.12.21

 

③年会費高額【ANA VISA プラチナ プレミアムカード】

年会費:80,000円+税 Masterブランドなし

f:id:bmwtatsu:20170218213538p:image

ゴールドカードの上のプラチナカードです。年会費はかなり高額の80000円+税で、自分も所有したことのないカードです。

特典としては、

  • 最高還元率1.905%
  • 継続ボーナスマイル10000マイル
  • フライトボーナスマイル50%増
  • 国内線ANAラウンジ利用
  • プライオリティパス付帯

「プライオリティ・パス」で海外・国内の空港でビジネスラウンジを利用しよう。

  • プラチナグルメクーポン(対象レストラン2名以上予約で1名無料)

がついています。かなりのメリットのあるカードです。

ただ、年会費が高い・・・。

雲の上の存在で、年会費分のメリットがあるのか自分にはわかりません。ステータス好きの人にはよだれもののカードかもしれません。見た目はブラックでカッコいいですね笑。年間にクレジットカードで最低500万円は決済する人で、ANAにもよく搭乗する人向けのカードだと思います。

 

④実はメリットが少ない??【ANA VISA一般/ワイド】

一般:年会費1025円+税(マイ・ペイすリボ登録+カードの年1回の利用)

ワイド:6750円+税(マイ・ペイすリボ登録+カードの年1回の利用)

f:id:bmwtatsu:20170218213638p:image

所有している人が多いかもですが、実はこの2枚は大半の人には、特に必要ないカードだと思います。

一般カードですが、死蔵として所持するメリットは少しあるかもしれません。年会費1,025円+税で毎年継続マイルが1,000マイルもらえるので。ただし、ANA VISA ワイドゴールドカードと併用して持つことはできません。

メインカードにするなら、ANA VISA Suicaカード、ANA VISA nimocaカード、ANA TOKYU POINTClubQ PASMO マスターカードが同じ還元率で年会費が安いのでこちらの3枚の方がおススメです。

ワイドカードですが、このカードも10マイルコースに登録するために6,000円+税が追加で必要です。すると、6,750+6,000=12,750円で、なんとANA VISA ワイドゴールドカードの年会費9,500円+税を超えてしまいます。誰が持つのか不思議に思うかもしれませんが、飛行機に乗ってマイルを貯めており、カード決済をしない人(つまり10マイルコースには登録しない人)が使うことがあるカードみたいです。カード決済は別のカードに集中っせているが、仕事でANAにはよく搭乗するというタイプの人には最適なんですね。自分は所有している人を見たことがありませんが・・・。

【結論】あなたの持つべきおすすめANA VISAカードは???

①ある程度年間の決済額のある人は還元率1.648%のANA VISA ワイドゴールドカード

②年会費は安くしたい人はANA VISA Suicaカード、ANA VISA nimocaカードもしくはANA TOKYU POINTClubQ PASMO マスターカード

③誰もが所有するメリットのある死蔵向けは、ANA VISA Suicaカード、ANA TOKYU POINTClubQ PASMO マスターカード

ということを基本にしながら決めることになると思います。

 

また、VISA以外のJCBやアメックスはどうなの??VISAの方がいいの??という方は下記記事を一度参照下さい。全ANAカードを徹底解説しています。

【ANAカードの全貌】マイルが貯まる最強おすすめANAカードはどれなのか。全ANAカードを徹底比較解説。

2017.09.25

 

ANA VISAカードを最大限お得に発行する「大量マイルがもらえる隠れ入会キャンペーン」を徹底解説。

では、ANA VISAのお得な入会キャンペーンの紹介をします。

実は、3段階のステップでマイルが獲得できます。人気のANA VISAワイドゴールドカードなら、最大で25,000マイルが貯まります。が、この3段階のステップを知らずに、すべてのマイルを捨ててしまっていることが非常に多いんですよね。。。

じっくり読んで、確実に大量マイルを獲得しましょう。

 

先に3段階のステップを紹介しておくと、

  1. 「マイ友プログラム」に登録後
  2. 「ポイントサイト」経由で申し込み
  3. カードが届いたら隠れキャンペーンに登録

です。

マイ友プログラム?ポイントサイト?隠れキャンペーン?何それって方も多いでしょうが、一つ一つ説明していきます。

実は、ANA VISAカードの申し込み時にどこから申し込みをするのかは非常に大切です。通常のANAのホームページや、VISAのホームページから直接の申込は全然お得ではありません。

うまくマイ友プログラム・ポイントサイト・入会キャンペーンを利用すれば、申込時に大量ANAマイルがもらえます。

 

①マイ友プログラムに登録

f:id:bmwtatsu:20170104223802j:image

すでにANAカードを持っている人から紹介を受けてANAカードを作成すると、マイルがもらえる「マイ友プログラム」というものがあります。

まずこれに登録しましょう。

ただし、マイ友プログラムはANA VISAやANA アメックス等のANAカードを現在1枚も持っていない方のみ対象のキャンペーンです。

ANAカードを1枚も持っていない方が、ANAカードを持っている方から紹介を受けて、新規にANAカードを発行するとマイルがもらえるというキャンペーンになります。なので、すでにANAカードを保有している方はマイ友プログラムに登録する必要はありません。

マイ友プログラムでもらえるマイル数は下記です。

f:id:bmwtatsu:20170104223816j:image

マイ友紹介プログラムはANAカードを持っている人からの紹介が必要です。

当サイトからの紹介は、

https://www.ana.co.jp/amc/reference/anacard/mgm/regist/
こちらのリンクより

紹介者氏名 ハラダ トモヤ
紹介番号 00014458

f:id:bmwtatsu:20170604180129p:image
と紹介者欄に入力し、マイ友プログラムに登録してください。

 

登録完了後、下記の画面が表示されれば登録できています。

f:id:bmwtatsu:20170503161423p:image

そして、マイ友登録完了後のANAカードの申し込みは、ネットからの申し込みでも、紙ベースでの申し込みでも何でもOKです。

 

②ポイントサイト経由で申し込み

マイ友プログラムに登録が終わったら、ANA VISAの申し込みです。

直接ANA VISAのホームページで申し込みをするのではなく、ポイントサイト経由で申し込みすると2,000~マイル相当のポイント(ポイント数は日々変化します)が追加でもらえます。(ただし、ANA TOKYU POINTClubQ PASMO マスターカードはポイントサイトでは、ポイント付与対象外になっているケースが多いです。)

ポイントサイトはマイルを貯めるために非常に重要な存在です。

ポイントサイトでANA VISAを発行する方法に関しては、下記を参照して下さい。

ANA VISAカードはポイントサイト経由での発行がお得!ポイントサイトでマイルを獲得しよう。

2017.11.01

(注)ANA VISAカードは時期によってはポイントサイトに出ていないこともあります。2019/11/1現在は出ていません。

つまり、マイ友登録後にポイントサイト経由で発行すればマイ友・ポイントサイトどちらのポイントももらえます

これはめちゃくちゃお得ですね。知らない人が多いので、是非ご利用ください。

なお、マイ友はANAカードを一枚も持っていない人のみ使える技ですが、ポイントサイトはすでに別のANAカードを所有している方でも活用できます。




スポンサーリンク

③ANA VISAカードの新規入会大型隠れキャンペーンを解説。ゴールドカードなら、最大25,000マイルがもらえる。2018/11/30まで。

まずANAカードは、ANA VISAでもANA JCBでも入会ボーナスマイルというものがもらえます。誰でもANAカードに入会すると、下記のマイルがもらえるんです。

一般 ワイドゴールド Suica TOP PASMO プラチナ
入会ボーナス 1,000マイル 2,000マイル 1,000マイル 1,000マイル 10,000マイル

これは勝手にANAマイレージのアカウントに加算されます。

 

さらに、知らない人も多いですが、これとは別に大型新規入会隠れキャンペーンが存在するんです。なぜ隠れキャンペーンなのかというと、このキャンペーン情報は見つけにくいんです。

知らないとマジで大損します。

ということで、そのキャンペーンのページを紹介します。

上記リンクを見てもらうとわかりますが、今回の新規入会キャンペーンの適用があるのは、

  • ANAゴールドカード
  • ANAプレミアムカード

です。残念ですが、一般カードは、隠れキャンペーンは行われていません・・・。ただし、新規入会ではなくても、すでに所有の一般カードをゴールドカードに切り替えをしてもキャンペーンの適用があります

(注)VISAではなく、JCBやアメックスなどどぼブランドに入会しても、ゴールドカード以上ならキャンペーンの適用があります。

すけすけ
カードの切り替えキャンペーンは非常に珍しいので、切り替え検討の方は是非この機会に!!!

 

そして、この入会キャンペーンは、キャンペーンページから参加登録した方しか参加できません。ただ、キャンペーンページを見るだけではダメです。カードが届いてから参加登録した方のみマイルがもらえるタイプのキャンペーンです。要注意ですね。カードが届いたらこちらのページから登録を必ずしてください!!

カードが届いてからエントリーしておかないとキャンペーンボーナスマイルがもらえません。これは見逃すとかなり痛いです。自分の友人は、実際に昔、ANA VISAカードを2枚申し込みをしましたが、キャンペーンへの登録をせずにボーナスポイントを6万マイル以上取り損ねました。これは、痛すぎます。

マイ友登録後、手元に届いたら忘れずにキャンペーンにエントリー

しましょうね。

 

では、隠れキャンペーンの内容について徹底解説し、整理しておきます。なお、キャンペーン期間は2018/11/30までです!!!

クレジットカードの入会キャンペーン」は非常に重要で、下の記事にも書きましたが陸マイラーがマイルを稼ぐ3本柱の一つです。

「陸マイラー」が「年間30万ANAマイル」をどう貯めたのか。【ANAマイルの貯め方 完全公開】

2016.07.29

このキャンペーンで25,000マイル獲得すれば、それだけで香港への特典航空券になります。こういう機会は確実に活かしましょう。

 

ANAゴールドカードの隠れキャンペーンの内容紹介

隠れキャンペーンは3つに分かれています。

  1. 新規発行でもれなく2,000ボーナスマイル
  2. カード利用でもれなく15,000ボーナスマイル
  3. ANAカードファミリーマイルに登録でもれなく1,000マイル

です。

カード一枚の発行&利用で18,000マイルがもらえます。

では、詳しく見ておきましょう。

③-1.新規発行でもれなく2,000ボーナスマイル

通常の入会ボーナスマイル(ゴールドカード2,000マイル、プレミアムカード10,000マイル)に上記が加算されます。ゴールドカードなら2,000マイル。プレミアムカードなら5,000マイルの加算です。

 

③-2.30万円のカード利用でもれなく15,000ボーナスマイル

カードが届いたら、2019/1/15までにどうにか30万円のカード利用をしましょう。それで、15,000マイルが加算されます。これはかなりデカイです。もちろん、別途30万円のカード利用分のポイント(ゴールドカードで3,000マイル相当)もクレジットカードのポイントとして加算されます。

 

余計なものを買わずにカードの決済額を増やす技

カード決済額は下記の裏技の活用で増やすことも可能です。是非利用して下さい。自分は、困ったらAmazonギフト券を購入しています。

プリペイドカード活用術。陸マイラーがマイルを貯めるためのプリペイドカードの使い方。

2017.04.25

 

③-3.ANAカードファミリーマイルに登録でもれなく1,000マイル

同居の家族が、ANAカードを所有している場合は、ANAマイルは家族合算が可能です。その制度が「ANAカード ファミリーマイル」です。家族もANAカードがある人は、是非この機会に登録して1,000マイルもらいましょう。

 

以上、合計でゴールドカードは2,000+2,000+15,000+1,000=20,000マイルがもらえるキャンペーンが隠れて開催中です。2018/11/30までですよ!!!!

 

ANA VISAカード入会キャンペーンのまとめ

  • マイ友プログラムの活用
  • ANAゴールドカード新規入会キャンペーン

を徹底的に活用して下さい。

  • 一般カードはマイ友500+入会1,000
  • ゴールドカードはマイ友2,000+入会キャンペーン20,000+通常カード利用30万円分3,000
  • プレミアムカードはマイ友5,500+入会キャンペーン23,000+通常カード利用30万円分4,500

がもらえるキャンペーンです。是非利用しておきましょう。

 

■関連記事【これで完璧!】ANAマイルの貯め方・使い方~ANAカード~ANAステータスまで基礎から徹底解説。

【これで完璧!】ANAマイルの貯め方・使い方~ANAカード~ANAステータスまで基礎から徹底解説。

2018.03.27

おすすめ関連記事

182 件のコメント

  • 陸マイラーに挑戦しようとしている初心者です。
    現在VISAカードがメインカードなので、ANAVISAワイドゴールドカードに変更したいとおもいます。
    問い合わせると変更手続きではなく新たにワイドゴールドに申し込むそうです。
    その手続きの前に、マイ友プログラムに登録にお名前を使わせていただきたと思います。
    今後ともよろしくお願い致します。

    • misaさん
      コメントありがとうございます!!!
      今後とも是非、ブログに遊びに来てください!

  • こんばんは。いつもブログを参考にさせていただいています。今回、ANAVISAゴールドカードを作っての質問なのですが

    ① これまでANAの一般カード(JCB)を持っていてゴールドカード(VISA)に変更の場合、隠れキャンペーンの1の対象にはならないのでしょうか?

    ② 隠れキャンペーンの2の30万円以上の利用の注意事項にリボ払いは除くとあったのですが、リボ払いにして残高を1000円くらい残すという方法ではこのキャンペーンの適用にならないのでしょうか?

    ③ リボ払いの設定が初めてで要領がよくわかっていなくて設定を3万円にひとまずしましたが、月々の設定は1万円の方が良いのでしょうか?

    質問が多くてすみません。お手すきの時にでも教えていただければ助かります

    • 早速の分かりやすい回答、ありがとうございました✨とても参考になりました✨がんばってマイルためて更に旅行を楽しみます☺️

    • mackyさん
      ①は追加発行等でも対象になると聞いております。
      ②「ショッピングリボ払い・分割払い・スキップ払い等の手数料」と書かれているので、いわゆる金利に関しては30万円に含まないという意味でいいと思います。30万円のカード利用をしていれば、その支払いが分割でもリボ払いでもOKです。
      ③は、いくらでもいいと思います!!自分は1万円にして、毎月ボーナスポイントをもらうために、支払額の増額をしています。

  • こんばんわ、すけすけ助さん。
    僕もANAワイドゴールドカードに入会しようと思っているのですが、
    確かVISAの場合だと、プリペイドカードへのチャージは特典ボーナス⑵の30万の利用の対象にならないんですよね?ANAプリペイドカードとかポレットとか。。。

    • かくかく角さん
      ちょっと把握できていないですね・・・すみません・・・特別なことは書かれていないので、polletにチャージでもいいと思うのですが、確証ありません。

  • 素人ですみません。教えてください。
    ANAゴールドに切り替えを検討してます。
    カードが届く前にキャンペーン参加登録してしまった場合はどうなるんでしょうか?
    マイ友登録、ファミリーマイル登録もすでに登録済みです。
    先月、ソラチカようやくゲットしたばかりです。
    これから、陸マイラー初心者です。

  • いつも参考にさせて頂いております。
    ワイドゴールドを検討しているのですが、入会タイミングにいつも迷ってしまいます。
    今回のキャンペーンも良いのですが、三井純友側のキャンペーンが無いのが気がかりで、、
    年初や年度初めなどに大型のキャンペーンがあったら、、と思うとなかなか踏ん切りがつかず。
    この辺りについてお考えがありましたらお聞かせ頂きたいです。

    • hiroさん
      今までは5月以外はVISAが常時キャンペーンをやっていたので、予想しやすい面はありましたが、今は全然わからないですね。。。
      自分なら、ANA JCBやANAアメックスなどキャンペーンの充実したカードの発行を優先するかもしれません。

      • コメントありがとうございます。
        やはり難しいですよね~、、
        夏ごろにも同じ事を考えていてANA Diners入会で今まで様子見していたのですが
        うーん、、

  • こんばんは。もし確認済みであれば教えていただきたいのですが、

    > ③-2.30万円のカード利用でもれなく15,000ボーナスマイル

    ANA VISAワイドゴールドカードをすでに所有中で、ANA VISA nimoka又はTOP PASMOを発行した場合、
    上記キャンペーンの対象になるでしょうか?

    • なかじまさま
      こちらのキャンペーンは、ゴールドカードを新規発行した場合か、切替の場合のキャンペーンです。
      一般カードの発行では適用はありません。

  • すけすけ様
    お世話になっております。
    4月にマイ友でANAワイドカードに入会した者です。
    おかげさまで順調にプレミアムポイントを貯めまして、半年でプラチナに昇格しました。
    これでスーパーフライヤーズにカードを変更できます。
    デルタのサービス低下に伴い、ANAで集中的に貯めていこうと思っています。
    来年はダイヤモンドを目指してみます。
    ありがとうございました。

    • カイザーさん
      すごいペースですね!
      プラチナ&SFCおめでとうございます!!
      ダイヤモンドも楽しみになってきますね!

  • いつも有用な情報ありがとうございます。
    丁度ANAダイナースプレミアムのサービス低下に伴い、ANA-VISAワイドゴールドからANA-VISAプラチナに切り替えを申請していたところだったものの、このキャンペーンには気づいていなかったのでマイルを取りこぼすところでした。おかげで無駄にせずにすみました。

    • JFKさん
      ダイナース痛いですよね。。。
      VISAへの移動がけっこうな人数発生しそうですよね

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です