すけすけのマイル乞食

ANAマイルを貯め、パスポート1冊目がスタンプで埋まった陸マイラー兼医師のブログ

スポンサーリンク

陸マイラーが年216000ANAマイルを貯める。 「ポイント交換サイト(ポイント経由地)」について徹底解説。

貯めたポイントをマイルに交換する方法を総整理。ポイント交換サイト「ドットマネー」「PeX」は登録しないとANAマイルが貯まらない。 

f:id:bmwtatsu:20170608224232p:image

現在、年間30万ANAマイルを貯めています。

www.sukesuke-mile-kojiki.net

 

上記の記事に貯め方の総論は書いていますが、

記事内の方法④「ポイントサイトのポイントをマイル移行する」という方法が、最大のマイルの稼ぎどころで、全マイルの70%ほどを貯めている最重要方法になります。

クレジットカード決済は、収入が多くカード決済の多い人しかマイルを貯めることができませんが、この方法は誰でもできて、一番マイルの貯まる方法です。

現在陸マイラーとして年間20万マイル以上稼いでいる人々は全員この稼ぎ方を徹底していると言って間違いないです。

 

さて、この記事ではポイントサイトで貯めたポイントをANAマイルにする具体的なルート・方法について徹底解説します。

「目次」

ポイントサイトを2つに分類して考えよう。「貯めるサイト」と「交換するサイト」。

ポイントサイトは数が多くわかりにくいのですが、まずポイントサイトを2種類に分けて考えると、非常にわかりやすくなります。

1)「ポイントを稼ぐサイト」:ハピタス、モッピー、ポイントタウン等

f:id:bmwtatsu:20170608153825p:image

 

2)「ポイントを交換するサイト」:ドットマネー、PeX、Net Mile

f:id:bmwtatsu:20170608153905p:image

に分けて考えましょう。

 

1)「ポイントを貯めるサイト」の代表的なサイトがハピタス・モッピー・ポイントタウン等です。

これらのポイントサイトでは、クレジットカードの発行、銀行の口座開設、証券会社の口座開設、FXの口座開設、ショッピング、保険相談etc様々な広告が出ており、広告利用でポイントを貯めるができるサイトです。

 

簡単に言うと、楽天で買い物することがありますよね?そのとき、直接楽天のサイトにいって買い物すると実は損してるんですよ。一旦、ポイントサイトを経由してから楽天のサイトに行くとポイントサイトの方でもポイントがもらるんです。

イメージとしては、ポイントサイトはインターネット上の「Tポイントカード」みたいなものだと思って下さい。

Tポイントカード持っていると、いろんなところでポイント付きますすよね?コンビニとかガソリンスタンドとか。Tポイントカードは持っていて損しませんよね。得しかないです。

それと同じで、インターネットで何かするとき(買い物とか、クレジットカード作成とか)は「ポイントサイト」を経由しないと損なんですよ。

ポイントサイトのビジネスモデルのイメージ

クレジットカード会社は顧客の確保に必死です。自分たちでテレビCM等を流して顧客を捕まえようとすると莫大な経費がかかります。

そこでポイントサイトに依頼をします。100万円払うので、客を100人紹介してくれと。ポイントサイト会社は、その資金を元に顧客に6000円を渡しクレジットカードを100人に発行してもらいます。すると、残りの40万円がポイントサイトの収益になる。こんなビジネスモデルです。詐欺でもないですし、危険性もないです笑。

クレジットカード会社、ポイントサイト、顧客のトリプルWinです。 

f:id:bmwtatsu:20160726071417j:plain

 

具体的なポイントサイトの利用してポイントを貯める方法は、下記の「ハピタス」の記事を参照にして下さい。他のポイントサイトも使い方は同じです。 

www.sukesuke-mile-kojiki.net

 

2)「ポイントを交換するサイト」は、上記で貯めた各種ポイントを別のポイントに変換するサイトです。

ハピタス等で稼いだポイントは、現金やTポイント等に交換できますが、直接ANAマイルには交換できません。(注)一部、直接交換できるポイントサイトもあるのですが、交換レートが悪いので直接交換はしないで下さい。

 

そこで、ポイント中継地点として、「ポイント交換サイト」を利用します。

それが

・ドットマネー

f:id:bmwtatsu:20170608155241p:image

・PeX

f:id:bmwtatsu:20170608155207p:image

です。

これらのサイトは非常に便利なサイトで、自分の持っている様々なポイントを別のポイントに交換することができるんです。

ハピタスポイントをメトロポイントに交換したり、モッピーポイントをJALマイルに交換したり、そしてANAマイルにしたり。そんなことが可能なんです。

 

交換する際に、手数料を取って稼いでいるビジネスモデルと思ってもらってかまいません。(実は、PeXでもクレジットカード発行等でポイントを貯めることもできますが、それほどポイント還元率が高くないので、まずはポイント交換サイト思っておいてください。)

 

どのポイントサイトのポイントを、どのルートで、ANAマイルにするのが効率がいいか知ろう

ポイントをANAマイルに交換する上で、知っておくべきことは、

ポイントの貯めやすいポイントサイトを使うこと

ポイント交換の際に交換率の高いルートを使うこと

の2点です。

ここは、陸マイラーの中で徹底的に研究されおり、ルートは決まっています。まずは、このポイント交換ルートを徹底的に理解してください。 

結論を先に書きますが、

①各種ポイントは、まずドットマネーに移行

②ドットマネー(or PeX)からメトロポイントに移行

③メトロポイントからANAマイルに移行

これが一番効率のいいポイント交換ルートです。

ハピタスからANAマイル。

f:id:bmwtatsu:20170608160400p:image

モッピーからANAマイル。

f:id:bmwtatsu:20170608160051p:image

上記のように、このルートでレート90%でANAマイルにすることが可能です。これより交換レートのいいポイント交換方法はありません。

 

キーになるのは、一旦メトロポイントに交換できるかどうかです。メトロポイントに交換できれば、【ソラチカカード】を活用することで、交換レート90%でANAマイルにできます。

なので、ポイント交換サイトとして、陸マイラーが利用するのは、メトロポイントに交換できるサイトということになります。

それが可能なサイトが「ドットマネー」と「PeX」なんです。

 

コラム「交換ルートはどれだけ重要?」

少し考察してみます。 

 ・ハピタスポイント1万ポイント(1万円分)をANAマイルに交換するにはどんなルートがあるかのか?

何パターンか存在するので、比べてみましょう。

①ハピタス→PeXポイント→ANAマイル

1万ハピタスポイントは10万PeXポイント(PeXは10ポイント1円の価値です)に交換でき、PeX10万ポイントをANAマイルにすると2857マイルになります(PeX3500=ANA100マイル交換です)。

 

②Pexポイント→Tポイント→ANAマイル

1万ハピタスポイントは1万Tポイントに交換でき、1万Tポイントは5000ANAマイルになります。

 

③Pexポイント→メトロポイント→ANAマイル

PeX10万ポイントに交換したあとに、一度メトロポイント1万ポイント(1万円分)に交換します。ここまでは等価交換できます。ポイントの価値が減りません。

そして、メトロポイントはソラチカカードがあれば、90%交換でANAマイルにできますので、9000ANAマイルになります。

 

ハピタス1万ポイントは2857マイルにも、5000マイルにも、9000マイルにもなります。どのルートを利用するのかで全然違いますよね。

陸マイラーはこの歪みを有効活用するのが基本です 

 

また、同じ1万円分のポイントでもハピタスポイント1万円分とTポイント1万円分では、マイルに変換すると価値が変化しています。ここにも歪みが生じています。

ハピタスポイントは最大90%でマイル交換できますが、Tポイントは50%交換にしかなりません。

つまり、ハピタスポイントを貯めた方がマイル交換は効率がいいんです。

陸マイラーに大切なことは、ポイントの貯まりやすいサイトを使うこと、交換比率のいいルートを使うことが必須になります。

 

ポイント交換サイトと交換ルートを総整理

では、陸マイラーがポイントをANAマイルに交換する方法を「ポイント交換サイト(ポイント中継地点)」に注目して、具体的に整理しておきます。

黄金ルート①ドットマネー経由ルート(ハピタス等→ドットマネー→メトロ→ANA)

f:id:bmwtatsu:20161118222412p:plain

1つ目のメトロポイントへのポイント中継地点は「ドットマネー」です。

現在、最も利用されているポイント交換サイトです。

当ブログで推奨している「ポイントを貯めるサイト」のハピタスモッピーちょびリッチPONEYGet Moneyの5つのサイトはドットマネーを経由することで、ANAマイルに効率よく交換できます。

それが上の図になります。

この5つのポイントサイトは、ドットマネー経由で【ソラチカカード】を利用することでレート90%でANAマイルに交換できます。

 

ソラチカカードは必須ですよ。持っていないとANAマイルが全然貯まりません。

www.sukesuke-mile-kojiki.net

 

しかも、ハピタス→ドットマネーはポイントの「他人飛ばし」ができます。自分のハピタスポイントを妻のドットマネーアカウントに移行することも可能です。詳しくは下記の記事参照下さい。

www.sukesuke-mile-kojiki.net

 

それから、ハピタスやモッピーからドットマネーにポイント移行する際には、5%増量キャンペーンがよく行われています。非常にお得です。現在、ポイント交換サイトで最も勢いがあるのが、ドットマネーです。

以前はPeXが強かったのですが、ドットマネーに押されています。完全にドットマネーだけになってしまうような展開も個人的には不安です。是非ともドットマネーもPeXもがんばってほしいです。競争しあって消費者にメリットを生み出す環境であってほしいです。独占は改悪の元になるので。

ドットマネー経由系のポイントサイト比較は下記を参照ください。

www.sukesuke-mile-kojiki.net

 

黄金ルート②PeX経由ルート(ハピタス等→PeX→メトロ→ANA)

ドットマネーが台頭する前は、陸マイラーにとって最大派閥のポイント交換ルートでした。

f:id:bmwtatsu:20170608175630p:image

ハピタスはドットマネー経由でも、PeX経由でもANAマイルにできますが、こういったケースではドットマネーが優先です。

というのも、PeXからメトロポイントに交換する際には、50円の手数料が必要なんです。ドットマネーは手数料なしでメトロポイントに交換できます。なので、ドットマネーに移行できないポイントサイトであるポイントタウンモバトクの2つのポイントサイトは、PeXルートを利用することになります。

PeX経由系のポイントサイト比較は下記を参照ください。

www.sukesuke-mile-kojiki.net

 

また、ちょっと特殊ですが、下記の2つにおいてもPeXは利用します。

①ANA VISAカードのボーナスポイントを効率よくANAマイルに移行する 

②モニターサイト「レシポ」のポイントをANAマイルに交換する

①は、割と有名です。ANA VISAワイドゴールドカードは最大還元率1.72%という高スペックなクレジットカードですが、還元率1.72%を実現するには、ボーナスポイントをPeXに移行する必要があるんです。詳細は下記参照下さい。

www.sukesuke-mile-kojiki.net

 

また、人気モニターサイトの「レシポ」。このサイトのポイントもドットマネーには移行できないので、PeX経由でソラチカルートに乗せることになります。レシポの詳細は下記参照下さい。

www.sukesuke-mile-kojiki.net

 

割と色んな場面でPeXも利用することがあります。

 

将来性ルート③:Net Mile→メトロ→ANA

f:id:bmwtatsu:20160927234219p:image

これは今後に期待しているルートです。

Net Mileは、メトロポイントに移行時に20%ポイントアップキャンペーンを行うことがあるポイント交換サイトなんです。これはかなり強烈なキャンペーンです。

ただし、モッピー→Net mileとGet Money→Net Mileは等価交換(100%)ですが、ハピタス→Net Mileは半減(50%)になってしまうという歪んだポイント交換サイトです笑。

使い方は気を付けましょう。ハピタスからNet Mileには絶対に移行しないようにして下さい。

今後に期待できるサイトですが、現状ではモッピーとGet Moneyのポイント経由地にしかならないでしょう。

 

①~③どのルートでも、一番大切なポイントは、

メトロポイント→(ソラチカルート)→ANAマイル

このルートに乗せることです。このルートだけが、ポイントをレート90%でマイル交換できます。まず、ここだけは覚えてください。

ソラチカカードはANAカードです。JALにはこのようなポイントを有効に交換するクレジットカードは存在しません。なので、陸マイラーの紹介するマイルの稼ぎ方はほぼすべてがANAマイルの話になっています。ソラチカカードのおかげで、ANAマイルは交換比率が異常に高いというメリットをしっかりと頭に入れておいてください。

ソラチカはすぐに発行してください。何より重要なクレジットカードです。 

【重要】

ポイントのスケジュール管理は非常に重要です。ポイントが貯まり、ANAマイルに移行する際には、下記の「ポイント交換日スケジュール」を必ず確認してください。 

www.sukesuke-mile-kojiki.net

 

まとめ:「ドットマネー」と「PeX」に登録を。ソラチカカードの発行も。

陸マイラーは、ハピタス等各種ポイントサイト→ドットマネー(orPeX)→メトロ→ANAマイルのポイント移行「ソラチカルート」利用で効率よくマイルに90%交換しています。

まずは、【ソラチカカード】を発行してください。これがないと何も始まりません。

そして、ポイント交換サイトの「ドットマネー」と「PeX」は必ず登録してアカウントを作成しましょう。必須です。

 それぞれ公式リンクは下記です。登録しましょうね。

ドットマネー - 手数料無料で現金・ギフト券・ポイントにお得に交換

ポイント交換のPeX