読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すけすけのマイル乞食

ANAマイルを貯め、パスポート1冊目がスタンプで埋まった陸マイラー兼医師のブログ

”陸マイラーが年216000ANAマイルを貯める 「ポイント交換サイト(ポイント経由地)」”

重要!ポイント交換サイト「ドットマネー」と「PeX」

”陸マイラーが年間30万ANAマイルをどう貯めたのか 総論編”

www.sukesuke-mile-kojiki.net

で書いた方法④「ポイントサイトのポイントをマイル移行する」という自分にとっては、最大のマイルの稼ぎどころで、全マイルの70%ほどを稼いでいる最重要方法の解説になります。現行の制度が続く限り、当面はこの方法で毎月18000マイル、年間216000マイルが貯まってます。

クレジットカード決済は、収入が多くカード決済の多い人しかマイルを貯めることができませんが、この方法は誰でもできて、一番マイルの貯まる方法です。現在陸マイラーとして年間20万マイル以上稼いでいる人々は全員この稼ぎ方を徹底していると言って間違いないです。

「目次」

 

ポイントサイトの分類 

ポイントサイトって何という人も沢山いると思います。自分も以前はそうでしたし。

めちゃくちゃお得なものなので、しっかり理解して、どんどん利用してください。

現在、数えきれないほどのポイントサイトが存しています。大きく分類すると、

1)ポイントを稼ぐサイト:ハピタス、ポイントタウン、ちょびリッチ等

f:id:bmwtatsu:20160726072038j:plainf:id:bmwtatsu:20160726072047j:plain

2)ポイントを交換するサイト:PeX、ドットマネー、Gポイント、Net Mile

f:id:bmwtatsu:20160726072412j:plainf:id:bmwtatsu:20160726072433j:plain

が存在します。

 

1)のポイントを稼ぐサイトでは、クレジットカードの発行、銀行の口座開設、証券会社の口座開設、FXの口座開設、ショッピング、保険相談etc様々な方法でポイントを稼ぐことができるサイトです。

簡単に言うと、楽天で買い物することがありますよね?そのとき、直接楽天のサイトにいって買い物すると実は損してるんですよ。一旦、ポイントサイトを経由してから楽天のサイトに行くとポイントサイトの方でもポイントがもらるんです。

イメージとしては、ポイントサイトはインターネット上の「Tポイントカード」みたいなものだと思って下さい。Tポイントカード持っていると、いろんなところでポイント付きますすよね?コンビニとかガソリンスタンドとか。Tポイントカードは持っていて損しませんよね。得しかないです。それと同じで、インターネットで何かするとき(買い物とか、クレジットカード作成とか)は「ポイントサイト」を経由しないと損なんですよ。

ポイントサイトのビジネスモデルのイメージ

クレジットカード会社は顧客の確保に必死です。自分たちでテレビCM等を流して顧客を捕まえようとすると莫大な経費がかかります。

そこでポイントサイトに依頼をします。100万円払うので、客を100人紹介してくれと。ポイントサイト会社は、その資金を元に顧客に6000円を渡しクレジットカードを100人に発行してもらいます。すると、残りの40万円がポイントサイトの収益になる。こんなビジネスモデルです。詐欺でもないですし、危険性もないです笑。

クレジットカード会社、ポイントサイト、顧客のトリプルWinです。 

f:id:bmwtatsu:20160726071417j:plain

2)のポイントを交換するサイトは、上記で稼いだ各種ポイントを別のポイントに変換するサイトです。ハピタス、ポイントタウン等で稼いだポイントを直接ANAマイルに交換できるわけではありません。PeX等を利用することによりANAマイル、JALマイル、メトロポイント等に交換できるのです。

交換する際に、手数料を取って稼いでいるビジネスモデルと思ってもらってかまいません。(PeXやGポイントといったポイント交換サイトでもポイントを稼ぐこともできますが、それほどポイント還元率が高くないので、まずはポイント交換サイト思っておいてください)

ポイントサイトって何??怪しくないの??って人は下記記事を参照下さい。

www.sukesuke-mile-kojiki.net 

どのポイントサイトのポイントを、どうANAマイルにするのが効率がいいか

大切なことは、①ポイントの稼ぎやすいポイントサイトを使うこと、②ポイント交換の際に交換率の高いルートを使うことです。

ここは、陸マイラーの中で徹底的に研究されおり、稼げるルートはほぼ確定です。まずは、ポイント交換ルートを徹底的に理解してください。 

例えば、

・Tポイント1万ポイント(1万円分)をANAマイルにすると、50%に半減し5000マイルになります(ここは直接交換ルートが存在します)。

 

 ・ハピタスポイント1万ポイント(1万円分)をANAマイルに交換するにはどんなルートがあるかと言うと何パターンか存在します。まず、一度PeXに移行します。その後、

①PeXポイントから直接ANAマイル

1万ハピタスポイントは10万PeXポイント(PeXは10ポイント1円の価値です)に交換でき、PeX10万ポイントをANAマイルにすると2857マイルになります(PeX3500=ANA100マイル交換です)。

②Pexポイント→Tポイント→ANAマイルのルート

1万ハピタスポイントは1万Tポイントに交換でき、1万Tポイントは5000ANAマイルになります。

③Pexポイント→メトロポイント→ANAマイルのルート

PeX10万ポイントに交換したあとに、一度メトロポイント1万ポイント(1万円分)に交換します。ここまでは等価交換できます。ポイントの価値が減りません。そして、メトロポイントはソラチカカードがあれば、90%交換でANAマイルにできますので、9000ANAマイルになります。

ハピタス1万ポイントは2857マイルにも、5000マイルにも、9000マイルにもなります。マイルは非常に価値が複雑なので、様々な場面で歪みが生じます。陸マイラーはこの歪みを有効活用するのが基本です 

 

 また、同じ一万円分のポイントでもハピタスポイント1万円分とTポイント1万円分では、マイルに変換すると価値が変化しています。ここにも歪みが生じています。ハピタスポイントは最大90%でマイル交換できますが、Tポイントは50%交換になります。つまりハピタスポイントを貯めた方がマイル交換は効率がいいんです。

陸マイラーに大切なことは、ポイントの貯まりやすいサイトを使うこと、交換比率のいいルートを使うことが必須になります。

 

ポイント交換サイトと交換ルート

■黄金ルート①:ドットマネー経由ルート(ハピタス等→ドットマネー→メトロ→ANA)

f:id:bmwtatsu:20161118222412p:plain

現在最も利用されているポイント交換サイトがドットマネーです。

陸マイラーが最もお世話になっているであろうハピタスからは、先日までPeX経由でANAマイルにしていましたが、ドットマネー経由の方がお得になりました(手数料がいらないので)。

他にもちょびリッチ、PONEYといったポイントサイトからもドットマネー経由でANAマイルに効率よく「ソラチカルート」利用で90%交換できます。

ソラチカカードは必須です。持っていないとマイルが全然貯まりません。

www.sukesuke-mile-kojiki.net

しかも、ハピタス→ドットマネーはポイントの「他人飛ばし」ができます。自分のハピタスポイントを妻のドットマネーアカウントに移行することも可能です。詳しくは下記の記事参照下さい。

www.sukesuke-mile-kojiki.net

そして重要なのは、ドットマネーは多数のポイントサイトとタイアップでキャンペーンを行っています。ハピタス→ドットマネーの移行でポイント15%UP、ちょびリッチ→ドットマネーの移行でポイント10%UP等です。

このドットマネー経由ルートは今後、かなり拡大してくる可能性があり期待大です。予想としてはポイントタウンやGet Moneyとの提携もあるのでは?と思ってます。

ただ、そうなってPeXが完全になくなってしまうような展開も不安です。是非ともドットマネーもPeXもがんばってほしいです。競争しあって消費者にメリットを生み出す環境であってほしいです。独占は改悪の元になるので。

■黄金ルート②:PeX経由ルート(ハピタス等→PeX→メトロ→ANA)

陸マイラーの王道ルートでした。ハピタス、ポイントタウン、Get Moneyの陸マイラー御用のポイントサイトからはすべてPeX経由ルートで90%でANAマイルに変換できます。

f:id:bmwtatsu:20161016232336p:image

先日までは、PeXは最も利用されていたポイント交換サイトでしたが、現在ハピタスからはドットマネー経由の方が絶対に得です。

なので、現状ではPeXを経由するのはポイントタウン・Get Moneyからのポイントを「ソラチカルート」でANAマイルに移行する時だけになりました。 

PeX経由系のポイントサイト比較は下記を参照ください。

www.sukesuke-mile-kojiki.net

 

■将来性ルート③:Net Mile→メトロ→ANA

f:id:bmwtatsu:20160927234219p:image

これは今後に期待しているルートです。Net Mileは現在もメトロポイントに移行時に20%ポイントアップキャンペーンをやっているサイトです。

ただしGet Money→Net Mileは等価交換(100%)ですが、ハピタス→Net Mileは半減(50%)になってしまうという歪んだポイント交換サイトです笑。使い方は気を付けましょう。今後に期待できるサイトですが、現状ではGet Moneyのポイント経由地にしかならないでしょう。

 

大切なポイントは、

メトロポイント→(ソラチカルート)→ANAマイル

このルートに乗せることです。90%でマイル交換できます。まず、ここだけは覚えてください。

ソラチカはANAカードです。JALにはこのようなポイントを有効に交換するクレジットカードは存在しません。なので、陸マイラーの紹介するマイルの稼ぎ方はほぼすべてがANAマイルの話になっています。ソラチカカードのおかげで、ANAマイルは交換比率が異常に高いというメリットをしっかりと頭に入れておいてください。

ソラチカはすぐに発行してください。何より重要なクレジットカードです。 

(重要注意)

ポイントのスケジュール管理は非常に重要です。ポイントが貯まり、ANAマイルに移行する際には、下記の「ポイント交換日スケジュール」を必ず確認してください。 

www.sukesuke-mile-kojiki.net

 

まとめ

陸マイラーは、ハピタス等各種ポイントサイト→ドットマネー(orPeX)→メトロ→ANAマイルのポイント移行「ソラチカルート」利用で効率よくマイルに90%交換しています。まずは、ソラチカカードを、発行してください。これがないと何も始まりません。

そして、ポイント交換サイトの「ドットマネー」と「PeX」は必ず登録してアカウントを作成しましょう。必須です。

具体的にポイントの貯まりやすいポイントサイトの代表格は「ハピタス」です。年間216000マイル貯めるに必須サイトです。ハピタスの紹介は下記を参照ください。 

www.sukesuke-mile-kojiki.net

ポイントサイトで、具体的にポイントを稼ぐ「おすすめ案件」の紹介は下記記事を参照下さい。 

www.sukesuke-mile-kojiki.net