ルフトハンザ航空の空港ラウンジ紹介。セネター&ビジネスラウンジとは。フランクフルト航空での利用体験。

スポンサーリンク

ルフトハンザ航空のセネターラウンジ、ビジネスラウンジの利用対象者は?ANAのファーストクラス・ビジネスクラス搭乗時やスターアライアンスゴールドメンバーでどうなる?フランクフルト空港の体験記。

航空会社のラウンジ好きですか???

この記事では、ルフトハンザ航空のラウンジについて詳しく解説しておこうと思います。

今回、フランクフルト空港でルフトハンザ航空の用意する3ランクのラウンジをすべて利用してきました。フランクフルト空港といえば、ヨーロッパでヒースロー空港と並ぶ最大の空港で、スターアライアンスのルフトハンザ航空の本拠地なので、ANAマイルを貯めている人も経由する機会が非常に多い空港です。

そのフランクフルト空港のルフトハンザ航空のラウンジを詳しく紹介しておきます。

ルフトハンザ航空ラウンジ

 

ルフトハンザ航空のラウンジは3ランク。ファースト・セネター・ビジネスそれぞれの利用対象者は??

ルフトハンザ航空のラウンジは3ランクになっています。

  1. ファーストクラスラウンジ
  2. セネターラウンジ
  3. ビジネスラウンジ

となっています。

ANAの場合は、ANA SUITE LOUNGE(ファーストクラス向け)とANA LOUNGE(ビジネスクラス向け)の2ランクになっていますが、3ランクになっており、更に細かく分かれています。

ルフトハンザ航空ラウンジ

 

どのラウンジを、誰が利用できるのか利用対象者を一覧表にしておきます。Miles&Moreはルフトハンザ航空のマイレージクラブです。

ファーストクラスラウンジ セネターラウンジ ビジネスラウンジ
ルフトハンザorスイス航空ファーストクラス搭乗
スターアライアンスファーストクラス搭乗 ×
ルフトハンザorスターアライアンスビジネスクラス搭乗 × ×
ルフトハンザプレミアムエコノミー搭乗 × × △(ラウンジ券の購入が必要)
スターアライアンスプレミアムエコノミー搭乗 × × ×
スターアライアンスゴールドメンバー ×
ルフトハンザMiles&More HON Circle会員カード
ルフトハンザMiles&More セネターカード ×
ルフトハンザMiles&More フリークエントトラベラーカード × ×

(注1)同伴者は、ファーストクラス搭乗客・スターアライアンスゴールドメンバー・HON Circle会員カード・セネターカードの人のみ1名可能です。

(注2)2歳未満は、人数にカウントされないので、いずれの場合でもラウンジ同伴可能

 

ファーストクラスラウンジは、利用条件がめちゃくちゃ厳しいです。

  • ルフトハンザ航空(もしくはスイス航空)のファーストクラス搭乗客
  • ルフトハンザ航空の上級会員HON Circleメンバー

しか利用できません。ANAのファーストクラスに搭乗しても利用できないんです。

が、中身は半端ない豪華さです。バスタブつきシャワールーム、豪華ダイニングルーム、ポルシェでの送迎などなど、サービスは世界トップレベルだと思います。復路でルフトハンザのファーストクラスに搭乗したので、ファーストクラスラウンジは下記参照してください。

【ファーストクラスターミナル&ラウンジ】フランクフルト空港にあるルフトハンザ航空の夢の空間の全貌。

2018.07.21

 

次に位置するのが「セネターラウンジ」です。

こちらは、日本人でも利用する機会も多いでしょう。というのも、

  • ANAなどルフトハンザ航空・スイス航空以外のファーストクラス搭乗客
  • スターアライアンスゴールドメンバー

もこのラウンジを利用するが可能だからです。セネターラウンジは、セミファーストクラスラウンジみたいなものだと思ってください。スターアライアンスゴールドメンバーが利用可能なので、ANAのダイヤモンドメンバー・プラチナメンバーSFCメンバーも利用できます。

 

そして、最後が「ビジネスラウンジ」

こちらはも日本人でも利用する機会は多いでしょう。というのも

  • スターアライアンス系(ANA・ルフトハンザ・アシアナなど)のビジネスクラス搭乗客

はこちらを利用するからです。ANAのビジネスクラス、ルフトハンザのビジネスクラスの搭乗時には、こちらのビジネスラウンジを利用することになります。こちらのラウンジはANA等のプレミアムエコノミー搭乗の際には利用できないでの注意しましょう(ルフトハンザのプレミアムエコノミーに搭乗の場合には、別途ラウンジ券の購入で利用可能)。ANAのプレミアムエコノミー搭乗客は、日本の羽田・成田発ではANA LOUNGEが利用できますが、海外発の便では利用できません。

 

ルフトハンザ航空のラウンジは以上の3ランクになっています。

 

すけすけ

スターアライアンスゴールドメンバーが利用できるラウンジ基準は航空会社および空港により異なります。例えば、シンガポール空港では、ビジネスクラスラウンジは利用できず、一歩格下?のスターアライアンスゴールドメンバー専用ラウンジに案内されます。

が、フランクフルト空港では、ビジネスクラスラウンジより一歩格上のセネターラウンジの利用になります。

特色があって面白いところです。

スターアライアンスゴールドメンバーになる方法。その魅力と特典を徹底解説。

2017.08.20



スポンサーリンク

 

フランクフルト空港のセネターラウンジ&ビジネスラウンジの場所

フランクフルト空港内のセネターラウンジの場所をまず紹介したいのですが、説明できません笑。

というのも、

  • 空港がデカすぎる
  • ラウンジの数が多すぎる

からです。

フランクフルト空港は超巨大です。なので、セネターラウンジもビジネスラウンジもそこらじゅうに何個もあります。

フランクフルト空港のラウンジの場所

フランクフルト空港の構内図を見ると、上記の赤丸がラウンジの場所です。Sがセネターラウンジ、Bがビジネスラウンジなのですが、何個もあります。

 

一番確実なのが、これ。

ルフトハンザ航空ラウンジ

空港のそこらじゅうに、最寄のラウンジの場所の案内が出ているので、案内にしたがって進むのが確実です。

 

なお、国際線の搭乗ゲート、国内線(シェンゲン圏内)の搭乗ゲートどちらにもセンターラウンジ、ビジネスラウンジはあるので、乗り換えの際なんかに、先に進んでラウンジがなかったらどうしようという心配はいりません。

すけすけ
フランクフルト空港は、とにかく大きいです。ルフトハンザ航空の年間売り上げはANA+JALよりも大きいです。しかも東京のように羽田と成田に分かれているわけでもない、一つの空港です。単純に、成田と羽田のANAとJALのラウンジを合計したくらいのラウンジがある印象です。

 

フランクフルト空港セネターラウンジ&ビジネスラウンジの紹介

今回、自分は往路でセネターラウンジとビジネスラウンジの両方にいってきました。復路では、先ほどのファーストクラスラウンジにも行きました。実は今回の旅で、ルフトハンザ航空のファーストクラス・ビジネスクラス・プレミアムエコノミー・エコノミークラス、そしてファーストクラスラウンジ・セネターラウンジ・ビジネスラウンジと一通り制覇できました。ちなみにANAも一通り制覇です。

往路でANAのファーストクラスでフランクフルト空港に到着し、その後フランクフルト空港でシェンゲン圏内の別の空港へビジネスクラスで乗継があったんです。全て、ANAマイルを利用した特典航空券です。

 

先に結論を言いますが、

セネターラウンジとビジネスラウンジには大きな差がありません笑

少なくとも、自分には大きな差がわかりませんでした笑。

 

ですので、セネターラウンジの内部を紹介します、ビジネスラウンジもこんなものだと思ってもらってOKです。

ルフトハンザ航空セネターラウンジ

こちらが、センターラウンジ(セミファーストクラスラウンジに相当)です。

シンプルな入り口がドイツらしい無骨な感じで好印象です。

ラウンジは中ではなく、この入り口のところに人が立っており、そこで搭乗券かステータスカードを見せて、入場ができます。自分は、ANAのプラチナステータスカードを見せて入りました。

 

ルフトハンザ航空セネターラウンジ

中に入ると、こちらにも受付があるのですが、おそらくコンシェルジェ的なものなんだと思います。

 

ルフトハンザ航空セネターラウンジ

内部はこんな雰囲気です。

やはり、シンプルで無骨な雰囲気を感じます。が、ドイツ人はメルセデス・BMW・アウディを産み出したきており、無骨ながらも高級な感じはします。日本のレクサス高級感とは少し違うテイストが車にも出ています、ラウンジにもテイストの違いがあるように感じます。機能美を重視している印象がドイツは強い気がしてしまいます。

ビジネスラウンジも似たような雰囲気で差は特にありませんでした。

 

セネターラウンジのシート・座席の紹介

ラウンジ内のシートの紹介です。

ルフトハンザ航空セネターラウンジ

 

ルフトハンザ航空セネターラウンジ

シートはソファースタイルものには、コンセントもついています。

飲食をするための対面式のテーブルもありますし、背の高いバースタイルのものもあります。

 

 

ルフトハンザ航空セネターラウンジ

こちらはビジネスデスク。自分のPCで作業をしている人が沢山いました。

自分も、ここでブログでも書こうかなと思ったのですが、ワールドカップの試合がちょうど放送されていたので、誘惑に負けていました笑。

 

ルフトハンザ航空セネターラウンジ

この世界の時刻が並んでいる中に東京があると、いつも少し嬉しい気分になるのはなんででしょうか・・・。海外に来ると、いろんな場面で自分が日本人であることを再認識しますね。

 

セネターラウンジの食事・飲み物の紹介

続いて、ラウンジと言えば飲食ですね。

無料で食事と飲み物が楽しめるという点において、航空会社のラウンジは非常に人気があります。まあ、美味しいレストランほどには勝てませんが、、、、。

 

ルフトハンザ航空セネターラウンジ

フランクフルト空港のセネターラウンジ&ビジネスラウンジはアルコールも20種類ほど揃っています。

そして、ドイツといえばビールですが、こちらもビールサーバーが用意されています。

ヨーロッパらしく、水は炭酸入りとなしが用意されています。普段飲まない炭酸水は自分には飲みにくいですね・・・。他にもソフトドリンク系、コーヒー系ももちろん準備されています。

 

 

ルフトハンザ航空セネターラウンジ

パン、サラダも用意されています。シンプルな感じです。他、スープやハムもありました。

 

ルフトハンザ航空セネターラウンジ

そして、ドイツといえばソーセージでしょう。

もちろん、こんな感じで大量のソーセージが用意されています。周りの人々も、これをドンドン取っていきます。本場のソーセージも食べてみましたが、日本とそんな大きな差はないと感じました。こういうのは雰囲気を楽しむものですね!!

 

ルフトハンザ航空セネターラウンジ

そうそう、ビジネスラウンジにはなくて、セネターラウンジにあるものといえば、こちらの「サンドイッチバー」です。具材を指定すると、笑顔の彼がサンドイッチをその場で作ってくれんですね。写真を載せることにも快く返事をくれました。

手前には、ドイツ名物の「プレッツェル」もありますね。

 

  • ドイツビール
  • ソーセージ
  • プレッツェル

この3つに手を出しておけば、ラウンジでドイツ感を楽しめるのではないでしょうかね。

 

ルフトハンザ航空セネターラウンジ

デザート系も、ケーキ・フルーツ・スナック・ナッツ・チーズ・キャンディと揃っています。

すけすけ
ひそかに嬉しいのが、このラウンジは国内線(シェンゲン圏内)の移動のときにも利用できる点です。ANAやJALの場合、国内線利用時のラウンジは飲み物があるくらいで、食事やシャワーは基本的にありませんが、フランクフルト空港ではばっちり用意されています。



スポンサーリンク

 

セネターラウンジのシャワールームの紹介

ちなみに自分がセネターラウンジに到着して、一番最初に利用したのはシャワールームです。

日本を出てから12時間のフライトで、ファーストクラスに搭乗で興奮して笑けっこう疲れています。この後、乗継をして、ホテルの到着するのは夜の10時を過ぎる予定だったので、今のうちにシャワーを済ませて、ホテルはすぐに寝たいと思ったので、ここでシャワーを浴びておきます。

 

ルフトハンザ航空セネターラウンジ

まず、シャワールームの前の受付に声をかけます。

待ち時間もあるのかな?と思ったのですが、たまたまなのか待つことなく利用できました。

 

ルフトハンザ航空セネターラウンジ

内部はタイル張りのシンプルな造りで、清潔感はかなりあります。

シャンプー、コンディショナー、ボディソープは添え付けで用意されています。もちろんタオル類も用意してくれているので、手ぶらでシャワーの利用が可能です。

自分は、ラウンジでは食事よりもシャワーが楽しみというか、嬉しいです。超距離移動のあとですからね。なので、自分のラウンジ紹介記事に、やらたシャワーはピックアップされていると思います。

 

以上、フランクフルト空港のセネターラウンジ&ビジネスラウンジの利用条件から、セネターラウンジの内部まで紹介しました。すでに訪問したことのある人も多数いるでしょう。

まだの人も、今後、ヨーロッパにANAマイルで特典航空券を発券していくこともあるかもしれません。もちろん有償航空券で行く人も多数いるでしょうが。

「陸マイラー」が「年間30万ANAマイル」をどう貯めたのか。【ANAマイルの貯め方 完全公開】

2016.07.29

その際にはフランクフルト空港に寄る可能性が高いと思います。

  • スターアライアンスゴールドメンバーはセネターラウンジ
  • ビジネスクラス搭乗客はビジネスラウンジ

が利用できます。

是非、待ち時間を有効に活用して下さいね。待ち時間にラウンジが利用できるというは、やはり便利だと思います。空港内をうろうろしていると、買い物したり、飲食したりでけっこうな額を使ってしまったりしますが、ラウンジにいるとお金は減りませんし笑。

 

■関連記事:ルフトハンザ航空ファーストクラス関連記事

【ルフトハンザ航空ファーストクラス搭乗記】A380の超豪華空間を体験!

2018.07.18

世界最強超豪華!ミュンヘン空港ルフトハンザ航空ファーストクラスラウンジの全貌公開。

2018.07.10

おすすめ関連記事

6 件のコメント

  • FRAのLHラウンジはビジネスしか知りませんが、セネターの内容がわかって良かったです。
    なお、搭乗ゲートのすぐ近くにあるラウンジでは、ラウンジの中から直接機内に搭乗できる設備を持ったところがありますね。あれは本当に便利だと思います。それこそが何カ所もビジネスラウンジがあるFRAと1カ所だけのMUCの違いかと思います。

    ところで、FRAから別のところにも行かれたのですね。欧州域内のビジネスクラスのしょうもないシートについての記事は今回は無いのでしょうか?

    • JFKさん
      そういったラウンジもあるんですね!数が多すぎて制覇に時間がかかりそうですねw。
      欧州内の座席隣席ブロックだけのビジネスも乗っておりますが、疲れ切っており寝てしまい、写真もなく記事にはできませんでした。。。

  • すけすけ様
    いつも楽しみにしてます
    私のホームの関空、伊丹、神戸のラウンジはフランクフルトの足下にも及ばない物足りなさですね
    そもそも日本の空港のラウンジはもっと頑張ってほしいです(ファーストクラスラウンジは未体験で除外)
    国内線だとプライオリティパスがほぼ無意味ですし航空会社のラウンジでも食事は出ませんから
    去年ペナン空港に行きましたが地方空港にも関わらず国内線でもそこそこの食事を提供してますし
    ただ関空は国内線でもプライオリティパスで、ぼてぢゅうやKALラウンジが利用できるので日本ではある意味神対応かもしれませんが

    • タピオさん
      きっと、ANAもJALも国際線はもう一ランク上のラウンジも検討していると勝手に信じています笑。
      自分は関空がメインなので、プライオリティパスは非常にありがたいですね!

  • 17年4月に乗継で同空港を利用しました。私は喫煙者ですので、長距離乗継の最中であったこともあり、個人的に一番大きかった差は
    セネター:喫煙所あり
    ビジネス:なし
    です。アメリカだと空港内にないことがザラにあるのに、まさかラウンジ内にあると思わず、ビックリしました。今はどうかわかりませんが。。

    • スモーカーさん
      そういった差があったんですね。自分は愛煙家ではないので、まったく気づきませんでした。
      貴重な情報ありがとうございます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です