ANAハワイ路線の新機材A380のオススメ。カップル&家族狙いの座席・内装がついに公開。

スポンサーリンク

2019年にANAのホノルル路線に導入される総2階建て飛行機A380は520人乗り。その外装・内装が公開。完全に家族・カップルを意識したリゾート路線向けのシートマップ・シート・設備の解説。おすすめは??

以前から、導入は決定していたANAのハワイ路線への2階建て飛行機A380の外装&内装イメージがついに公開されました。

  • 国内初のA380導入で520座席
  • 外装はウミガメ
  • ハワイ路線にファーストクラス導入
  • 国内初のカウチシート導入
  • 機内にバーカウンターあり
  • 機内に多目的ルームあり

と話題に尽きない発表がありましたので、整理しながら個人的な意見も少しいれてみたいと思います。

とにかく注目度は抜群ですからね。

ANAが日本初導入となる総2階建て飛行機A380ですからね。飛行機好きの注目度は相当高いです。

 

「FLYING HONU」の外装は3色のウミガメ

こちらがANAのハワイ行きのA380の外装です。愛称は「Flying HONU(ウミガメ)」で、亀の絵が描かれています。賛否両論出そうですが、子供が喜びそうなので、ハワイ路線にはありではないでしょうか。

どの色の便になるのか当日のお楽しみですね。

 

座席は4クラス編成の全520席

A380は総2階建てで、

  • ファーストクラス8席(2階)で、配列1-2-1
  • ビジネスクラス56席(2階)で、配列1-2-1
  • プレミアムエコノミークラス73席(2階)で、配列2-3-2
  • エコノミークラス383席(1階)で、配列3-4-3

となっています。全520席です。

なお、現在ハワイ路線に利用されているB787-9はビジネスクラス40席、プレミアムエコノミー14席、エコノミー192席の全246席です。

一気に倍以上の人数をハワイに運ぶことになります。

現在は、JALがハワイ路線のシェアナンバーワンです。成田からだけではなく、関空・中部からも直行便を飛ばしているうえに、先日ハワイアンとの提携も開始になり、JALの独走状態にANAが待ったをかけようといている構図です。

現在ANAは成田空港から1日2便、羽田空港から1日1便をホノルルに飛ばしていますが、成田空港の2便がA380になる予定のようです。

 

ついに導入ハワイ路線ファーストクラス導入

注目の一つ目は、ハワイ路線にファーストクラスの導入です。

JALも盆や、正月にはファーストクラス機材をハワイ路線に導入することはあるのですが、ANAは定期運航便に導入してきます。

さて、ファーストクラスの値段ですが、ビジネスクラスの往復が20万円~50万円なので、他の路線ではファーストクラスがビジネスクラスの3倍程度であることを考えると60万円~150万円といったところでしょうか。完全に超裕福層狙いですね・・・・。この人たちはホテルも1泊30万円のようなところに宿泊して、一回のハワイ旅行が1000万円なんて人々でしょうね・・・・・。

しかし、座席はプライベート感抜群ですね。完全に個室状態です。扉までついてますよ。

あるんでしょうねニーズが・・・。

 

ビジネスクラスは隣席連続もあり、カップル・家族には嬉しい

個人的に、一番うれしかったのがこれ。

ビジネスクラスの座席配置。フルフラットのスタッガードシートはすでにANAの中距離・長距離路線に導入されるのですが、下記の通りとなりの席とはかなりの距離があります。

これはこれは、ビジネスで一人で飛行機に搭乗するにはありがたいんですよね。自分のプライベートな空間が確保できるので。

が、カップルや家族には微妙な距離感ができます。

そこで今回導入されるA380は、他のANAのビジネスクラスとは異なり、一部の座席が下記のように隣席と完全に隣接しているんです。しかもフルフラットになります。

これ、家族連れやカップルにも最適じゃないですかね。完全にハワイ路線を意識して導入されたタイプの座席ですね。

個人的には期待通りで非常に嬉しいです。今までのANAのビジネスクラスのスタッガードシートは、リゾート路線にはやや不向きな面もありましたからね。

下記は、以前ホノルルに行った際に往路がANAのビジネスクラス、復路がユナイテッド航空のビジネスクラスで乗り比べをした体験談です。

ハワイにどの航空会社で行く?ANAとユナイテッド航空を比較する。

2017.03.22



スポンサーリンク

 

エコノミークラスには、一部カウチシートの導入

 

そして、エコノミークラスも注目です。最後尾の7列は、国内初導入のカウチシートというものが導入されています。座席のフットレストの部分を伸ばしてフラットな状態にでき、横の座席と合わせて小型ベッドようにできるんです。

子供なら十分に寝ることも可能なスペースのようです。

料金はエコノミークラス+αになる予定のようです。この周囲は、子連れが非常に多いと思うので、子連れには安心できる場所になりそうですが、静かな場所を望む人には、この周囲は危険は空気を感じます笑。

 

機内には複数のバーカウンター、多目的ルームもある

さきほどの、機内の座席配置図をみると、

  • 多目的ルーム
  • バーカウンター

が設けられているのがわかります。

多目的ルームは、やはり乳幼児を意識していると思われます。授乳することや、おむつの交換なんか想定していると思います。場所も、先ほどのカウチシートの近くですしね。こういうものを機内に導入していく姿勢は非常にいいと思います。子連れでも旅行に行きやすい環境、飛行機で過ごしやすい環境は今後も追及されると思います。LCCとの差別化という意味合いも非常に強いと思います。

 

また、バーカウンターも多数用意されています。おそらく自分でドリンクを取りに行けるような場所なのでしょうが、あったらあったで有難いですが、トイレの数が多い方が有難い気もします。

 

特典航空券の座席数は増えるのか???

陸マイラーのみなさん、ここも気になりますよね。

ハワイ行きの特典航空券って本当に人気がすごいんです。予約開始日にほぼなくなります・・・・。特にビジネスクラス。しかも、一般会員はビジネスクラスは2席しか特典航空券で予約ができない。上級会員なら4席可能ですが、それでも簡単に取れません。

ここは、以前ANAの社長が

「搭乗率が9割を超えており、2017年度からはボーイング 787型機を投入するなど競争力を高めていく」とコメント。この搭乗率の高さから、「マイレージの特典航空券でもハワイは人気があるが、座席数が足りず『とれない』という意見もいただいている」とするほか、「(身近な例として)JALさんと比べると座席数は3分の1。A380型機を3機入れても、まだ今のJALさんの座席数に届かないはず」

という言及したことがあります(Yahooニュースより)。

 

上記の発言からすると、A380の導入でマイルで予約できる特典航空券の枠が広がる可能性はあると思います。JALに比べると、ホノルル路線の特典航空券は間違いなく取りにくいので、是非改善してもらいたいポイントですね。

とは言うものの、ビジネスクラスは現状のB787-9より1便あたり16席増えるのみです。運よく2席が特典航空券に開放されればラッキーでしょうか・・・・。いずれにせよ激戦区の予感です・・・。

ここが改善できるとA380の評価は個人的に一気に上昇します。

「陸マイラー」が「年間30万ANAマイル」をどう貯めたのか。【ANAマイルの貯め方 完全公開】

2016.07.29

【これで完璧!】ANAマイルの貯め方・使い方~ANAカード~ANAステータスまで基礎から徹底解説。

2018.03.27

ちなみにですが、2019年の春にA380は就航するようです。

特典航空券の予約は、搭乗の355日前に開始です。ということは、2019年の春の特典航空券の予約は徐々に始まっています。現在、予約しようとすると便はB787-9なのですが、どこかのタイミングで機材変更でA380になるでしょう。すでにANAが、A380の中身を公開したことを考えると、間もなく機材変更の可能性が高いと思います。

今のうちに、予約をしておけば、運がいい??とA380に搭乗できるかもしれませんね。

 

A380の2階建て540人乗りだからこそ注意すべき「渋滞」

まず、個人的には一度ハワイ行きの際には、ANAの新機材A380に搭乗してみたいと思っています。

やはり、経験してみないと、これが本当に家族でのハワイ旅行に最適な飛行機なのかわからないですからね。今のところは、隣接したビジネスクラス、カウチシート、多目的ルームと非常にいい印象はあります。

 

が、危惧すべき点はみなさん同じのようで、すでにネットでは話題にもなっています。

渋滞です。

このA380は540人が搭乗します。

  • チェックインは何分かかるでしょうか
  • 搭乗には何分かかるでしょうか
  • トイレに行列はできないでしょうか
  • 入国審査は何分かかるでしょうか
  • 手荷物の受け取りは何分かかるでしょうか

こういったことが発生しやすい可能性は非常に高いです。なんせ、今までの便の2倍以上の人が乗っている便なので・・・。

特に要注意は1階席です。エコノミークラス383席ですよ。これは、トイレ渋滞なんかが発生する可能性もあると思います。

 

ANAのダイヤモンドメンバーやプラチナメンバースーパーフライヤーズメンバーは優先的にチェックイン、搭乗、手荷物受取が可能なので、こういった心配もかなり減るとは思いますが、初めての海外旅行がこのA380だと、「海外旅行って大変だな」って印象を持ってしまうかもしれませんね。

 

こんな人にオススメ。ANAの新機材A380ホノルル路線。

個人的には、日本初導入のA380に一度搭乗してみたいなと思っているのですが、今回のANAの発表を見て、A380への搭乗がおすすめなのは、

  • ファーストクラスでハワイに行きたい人
  • ビジネスクラスで隣席隣りあわせのスタッガードシート希望の人
  • 通常のエコノミークラスではなく、カウチシートを利用したい家族
  • ANAのA380にワクワクする人

です。

逆に要注意なのは、人数が多いことによる渋滞を懸念する人です。

いずれにせよ楽しみですね。2019春就航します。ANAホノルル路線A380。公式サイトでは発表はこちら

おすすめ関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です