【ANA JCBカード】2019/3版新規入会キャンペーンがマジで激アツ!!攻略ガイド解説。

ANA JCBカードの入会キャンペーンが激アツ!ANA JCBワイドゴールドカードなら、なんと最大で50,860マイルがもらえる!!!キャンペーン攻略徹底ガイド。

ANA JCBカードの入会キャンペーンが非常にホットです。

なんと、ANA JCBワイドゴールドカードの入会なら、なんと最大で50,860マイル相当が貯まります。ANA JCB一般カードでも43,060マイル、ANA JCB プレミアムカードなら66,860マイルがもらえます。

  • 香港往復ビジネスクラス特典航空券:40,000マイル
  • ハワイエコノミークラス往復特典航空券:40,000マイル

ですからね。

かなり大きなキャンペーンなので、是非とも利用しましょう!!

すけすけ
すでにANAカードを所有している方でも、ANA JCBカードを所有していなければ、追加発行も可能です。また、陸マイラー必須のソラチカカードとANA JCBカードは重複保有可能です。キャンペーン中に追加発行して、大量マイルの獲得を是非検討しましょう!!!

ちょっと、キャンペーンが複雑で、なんと4つのキャンペーンを同時に利用できるので、記事は長いですが、しっかり理解してお得に申込をしましょう!!

 

ANA JCBカードの基本スペック

まず、キャンペーンの紹介の前に、ANA JCBカードを簡単に整理しておくと、下記のようになります。

ANA JCB 一般カード ワイドカード ワイドゴールド プレミアム
年会費(税抜) 2,000(初年度無料) 7,250 14,000 70,000
家族カード 1,000(本会員無料なら無料) 1,500 4,000 4,000
ポイント制度 1,000円につき1 Okidokiポイント(=5マイル or 10マイルでANAマイルに移行) さらに1ボーナスポイント(=3マイル相当)
10マイルコース年間登録料 5,000 5,000 自動登録 自動登録
継続ボーナス 1,000 2,000 2,000 10,000
フライトボーナスマイル 10%UP 25%UP 25%UP 50%UP
空港カードラウンジ利用 不可 不可
国内線ANAラウンジ利用 不可 不可 不可

当然ですが、カードのランクが高くなると、年会費が上がると共にポイント制度の充実や、マイルの優遇、ラウンジの利用などが可能になります。

また、ANAカードには、JCB以外にもVISA、アメックスなどの別ブランドもあります。この記事は、ANA JCBカードのキャンペーンに焦点を当てた記事です。他のANAカードと比較をしたい方は、下記の記事をじっくり読んでANAカードの全体像を掴んでください。

【ANAカードの全貌】マイルが貯まる最強おすすめANAカードはどれなのか。全ANAカードを徹底比較解説。

2017-09-25

 

ANA JCBカードの中でオススメなのは、ANA JCBワイドゴールドカードだと思います。

ANA JCB ゴールド

このカードは還元率・年会費ではANA VISAワイドゴールドカードに負けてしまうのですが、付帯保険はかなり充実しています。なので、メインの決済用クレジットカードをSPGアメックスにしているような方で、ANAカードをサブとして1枚持ちたいような方には、けっこうオススメできます。是非、どんなカードなのか読んでみて下さい。

【ANA JCBワイドゴールドカード】の最強メリットは「付帯保険」。デメリットも徹底比較解説します。

2017-08-28
すけすけ
陸マイラー必須の「ソラチカカード」はすでに所有していますかね??こちらのカードをまだ所有していない方は、下記の入会キャンペーン記事を先にチェックしておきましょう。ソラチカカードもANA JCBカードの1枚なのですが、特殊なカードなので別記事で紹介しています。

【2019/3版 ソラチカカード入会キャンペーンが激アツ6万マイル!】一番お得な申し込み・入会方法を徹底解説!

2019-03-01

 

ANA JCBカードの入会キャンペーンを徹底紹介。この3つのステップでマイルがもらえる。

ANA JCBカードの入会キャンペーンですが、ANA JCBの公式サイトを見るだけだと見逃してしまう罠が潜んでいます。

  1. キャンペーンページがどこにあるかわからない
  2. 何個のキャンペーンが重複して登録できるのかわからない
  3. キャンペーンの登録を忘れてしまう

こんな罠が潜んでいます。

この罠を確実にクリアして、大量ANAマイルを獲得する方法を、ここでは徹底紹介していきます!!3つのステップで、キャンペーンが3重取りできるので、是非3重取りしておきましょう!

 

①ANA JCBカードは「マイ友プログラム」に登録後に申込・入会を!

f:id:bmwtatsu:20170104223802j:image

ANA JCBカードの申し込みをどこからすると一番得なのかというと、実は申し込み前にやるべきことがあります。

「マイ友プログラム」の利用

です。

すでにANAカードを持っている人から紹介を受けてANA JCBカードを作成すると、5005,500マイルが追加でもらえる「マイ友プログラム」というものをANAは行っているのです。

ただし、マイ友プログラムはANA VISA等のANAカードを現在1枚も持っていない方のみ対象のキャンペーンです。ANAカードを1枚も持っていない方が、ANAカードを持っている方から紹介を受けて、1枚目のANAカードを発行するときだけ500~5,500マイルもらえるというキャンペーンになります。

すでにANA VISAカードなどを持っている方はマイ友は利用できませんので、先に読み進めて②・③の方法を活用しましょう。

マイ友の利用でもらえるマイルはカード毎に下記のように決まっています。

f:id:bmwtatsu:20170104223816j:image
  • ANA 一般カード・ワイドカード:500マイル
  • ANA ワイドゴールドカード:2,000マイル
  • ANA プレミアムカード:5,500マイル

になっています。

マイ友紹介プログラムはANAカードを持っている人からの紹介が必要です。

当サイトからの紹介は、こちらのリンクより登録用ページにいき、

  • 紹介者氏名 ハラダ トモヤ
  • 紹介番号 00014458
f:id:bmwtatsu:20170604180228p:image

と紹介者欄に入力し、まずマイ友プログラムに登録して下さい。

あとは、ANA JCBカードを発行すれば、500~5,500マイルがもらえます。ANAカードを新規発行する方は是非ご利用ください。

以上が、マイ友プログラムの紹介です。マイ友プログラムは、すでにANAカードを所有している人は利用できないものですが、次の②と③の申込方法は、誰でも利用できる超お得な方法になります。かならず利用してくださいね!!

 

②申込はポイントサイト経由で!!

では、次のステップ進みましょう。いよいよ、ANA JCBカードの申込です。

実は、公式サイトからの申込がお得ではありません。

ポイントサイトを経由して申込をすると6,000円相当のポイントがもらえます。

これが2つ目のステップです。

ANA JCBカードの申込ができるポイントサイトの中で、常時ポイントが高いポイントサイトを紹介しておくと、ECナビ」です。

ECナビに未登録の方は、まず下記バナーより登録どうぞ。

未登録の方も多いポイントサイトだと思いますが、当サイトからの登録者に限り最大で3,500pts(10pts=1円なので350円相当)がもらえる企画をECナビが当サイトの読者向けに用意してくれました。是非、下記バナーよりご登録ください。

3,500pts=350円の付与は、3つに分かれているのでご注意下さい。

  1. 登録で1,000pts即時付与
  2. 【当サイト読者のみ】登録後1ヵ月以内にポイント交換すると、更に2,500ptsの追加付与(条件達成の翌月末頃)

となっています。

ECナビ基本事項
  • 登録料、年会費無料
  • ポイント単位:10pts=1円
  • ANAマイルへの交換:ECナビ→PeXからのLINEルートソラチカルートで交換レート81%
  • JALマイルへの交換:ECナビ→PeX→ワールドプレゼント→dポイント→JALマイルで交換レート50%

 

ECナビに登録が終了したら、ログインして、あとは下記ボタンよりANA JCBカードに申し込みしてください。

上記が出てくると思うので、そこから申し込みをしましょう。

ポイントは日々変化しますが、2019/2/1ですと60,000pt=6,000円=4,860ANAマイル相当のポイントが付与されるので、ポイントサイトを利用しない手はありません。ポイントは日々変化しますが、必ずポイントサイト経由での申し込みをして下さい。4,860マイルを捨てることになりますので。

ポイントサイトはどんどん利用しましょう!!!

これが2つ目のステップです。

 

あとは最後のステップのANA JCBカードの公式サイトで行われている入会キャンペーンの利用が3つ目のステップになります。以下、「ANA JCBカード 公式キャンペーン」の解説を行います。

 

③2019/2は「ANA JCB キャンペーン」も行われている。

ANA JCBカードの入会時には「ANA JCBカード 公式キャンペーン」が利用できます。これが3つ目のステップです。JCB主催のキャンペーンですね。

なお、こちらのキャンペーンは2019/4/30までに申込が必要です!急ぎましょうね!

(注)ANA JCB一般カードやゴールドカードと併用してソラチカカードは保有できます。2枚持ちも可能です。

f:id:bmwtatsu:20170603113757p:image

ただし、このキャンペーンは自動参加ではありません。

ANA JCBカードが手元に届いてから、こちらの公式キャンペーン登録する必要があります。登録しないと、キャンペーンのマイルはもらえないので、カードが届いたら絶対にキャンペーン登録するようにしましょう。

これ、まじで忘れる人多いんですよ・・・・。要注意。

以下、キャンペーンの内容の詳細です。なんとANA JCBワイドゴールドカードなら44,000ANAマイルがもらえる超大型キャンペーン開催中です!

 

③-0.通常入会ボーナスマイルで1,000~10,000マイルプレゼント

まずANAカードは、ANA VISAでもANA JCBでも入会ボーナスマイルというものがもらえます。誰でもANAカードに入会すると、下記のマイルがもらえるんです。

一般 ワイド・ワイドゴールド プレミアム
入会ボーナス 1,000マイル 2,000マイル 10,000マイル

これは勝手にANAマイレージのアカウントに加算されます。特別なキャンペーンが行われていない時でも、いつでももらえる入会ボーナスマイルです。

 

③-1.ANA JCB公式新規入会【隠れ】キャンペーンの全貌

そして、知らない人も多いですが、上記の入会ボーナスマイルとは別に大型新規入会隠れキャンペーンが存在するんです。なぜ隠れキャンペーンなのかというと、このキャンペーン情報は見つけにくいんです。

知らないとマジで大損します。

ということで、そのキャンペーンのページを紹介します。

では、上記リンクページ内の隠れキャンペーンの内容について徹底解説し、整理しておきます。

なお、キャンペーン期間は2019/4/30までです!!!そして、カードが手元に届いてから、こちらのページからキャンペーンの登録を必ずしてくださいね!!

クレジットカードの入会キャンペーン」は非常に重要で、下の記事にも書きましたが陸マイラーがマイルを稼ぐ3本柱の一つです。

「陸マイラー」が「年間30万ANAマイル」をどう貯めたのか。【ANAマイルの貯め方 完全公開】

2016-07-29

このANA JCBカードのキャンペーンで40,000マイル獲得すれば、それだけで香港への特典航空券2名分になります。こういう機会は確実に活かしましょう。

 

ANA JCBカードの隠れキャンペーンの全貌を徹底解説

こちらの隠れキャンペーンも複数のキャンペーンに分かれているんです・・・。細かい情報ですが、非常にお得なので、是非理解して下さい。

1.「MyJチェック」に登録&キャンペーン参加で1,200~6,000マイル

「MyJチェック」に登録してください。「MyJチェック」に登録をすると、紙の明細書は送られて来ず、WEB明細書になります。非常に便利です。

なお、このキャンペーンで付与されるマイルは、正確に言うとANAマイルではありません。JCBのOkidokiボーナスポイントが付与されます。1 Okidokiボーナスポイント=3マイルでANAマイルに移行できるので、1,200~6,000ANAマイルになるという意味です。ゴールドカードなら、4,500ANAマイル相当ですね。

 

2.カードの利用額に応じて最大19,500マイル

こちらもまず、こちらよりキャンペーンに参加登録してください。

登録後にカードの利用額に応じて、マイルがもらえます。そのもらえるマイルがデカい。

  • ショッピング合計30万円以上:3,000マイル(1,000 Okidokiボーナスポイント)
  • ショッピング合計55万円以上:7,500マイル(2,500 Okidokiボーナスポイント)
  • ショッピング合計130万円以上:19,500マイル(6,500 Okidokiボーナスポイント)

となっています。130万円以上カード利用をするとなんと19,500マイル。特典航空券の国内往復が手に入るマイルです。

すけすけ
今のうちに今年のふるさと納税をクレジットカードで行うのも有効ですし、自分の場合はAMAZONのヘビーユーザーなので、AMAZONにクレジットカードで残高チャージをしてキャンペーンをクリアすることがよくあります。AMAZONのチャージは10年間有効なので、助かります。

(注)カード利用額に応じた130万円=13,000マイル (or 5マイルコースなら6,500マイル)も、もちろん別途加算あり

 

なお、

カード利用期間 入会~2019年6月30日

となっているので、その間はANA JCBカードに決済を集中させましょう。130万円のハードルが高い人は、55万円を目指しましょう。

 

④ANAカードの隠れキャンペーンの内容紹介

そして、2019/1/15からJCB主催のキャンペーン以外にも、ANA主催でもキャンペーンが始まり、こちらでもマイルをもらうことが可能です。

  1. 新規発行でもれなく500~5,000ボーナスマイル
  2. カード利用でもれなく3,000~15,000ボーナスマイル
  3. ANAカードファミリーマイルに登録でもれなく500~1,000マイル

です。

カード一枚の発行&利用でANA JCBゴールドカードなら最大18,000マイルが追加でもらえます。

すけすけ
ただし、こちらのANA主催のキャンペーンは1枚もANAカードを所有していない人のみが対象です。公式ページ内に「すでにキャンペーン対象カードを、本会員としてお持ちのお客様は対象外です。」という文言があり、初めてのANAカードを所有する人のみ対象です。

そして、この入会キャンペーンも、キャンペーンページから参加登録した方しか参加できません。ただ、キャンペーンページを見るだけではダメです。カードが届いてから参加登録した方のみマイルがもらえるタイプのキャンペーンです。要注意ですね。カードが届いたらこちらのページから登録を必ずしてください!!

カードが届いてからエントリーしておかないとキャンペーンボーナスマイルがもらえません。これは見逃すとかなり痛いです。自分の友人は、実際に昔、ANAカードを2枚申し込みをしましたが、キャンペーンへの登録をせずにボーナスポイントを6万マイル以上取り損ねました。これは、痛すぎます。

カードが手元に届いたら忘れずにキャンペーンにエントリー

しましょうね。

では、詳しく見ておきましょう。

 

④-1.新規発行でもれなく500~2,000ボーナスマイル

通常の入会ボーナスマイル(一般カード500マイル、ゴールドカード2,000マイル、プレミアムカード10,000マイル)に下記が加算されます。

カードに応じて、500~5,000マイルが加算です。

 

④-2.カード利用でもれなく3,000~15,000ボーナスマイル

カードの利用金額に応じて、下記のボーナスマイルが加算されます。もちろん、通常のクレジットカード決済分のポイントは別途もらえます。

カードが届いたら、どうにか50万円のカード利用をしましょう。どうにか計画を立てて下さい。それで、15,000マイルが加算されます。これはかなりデカイです。どうしようもない場合は、15万円の3,000マイルを目指しましょう。

 

また、カードの利用期間は、発行時期により下記のように指定されているので、下記の期間中にカードを利用するようにしましょう。2~3ヶ月の期間が与えられています。

 

④-3.ANAカードファミリーマイルに登録でもれなく500~1,000マイル

同居の家族が、ANAカードを所有している場合は、ANAマイルは家族合算が可能です。その制度が「ANAカード ファミリーマイル」です。家族もANAカードがある人は、是非この機会に登録して500マイル(一般カード、ワイドカード)、1,000マイル(ワイドゴールド、プレミアム)もらいましょう。

 

(注)キャンペーンページに、「※すでにキャンペーン対象カードを、本会員としてお持ちのお客様は対象外です。」という文言があるので、すでにANAカードを所有の方は、今回のANA主催のキャンペーンは対象外になります。

 

 

「ANA JCBカードの一番お得な申し込み方法」まとめ

2019/2現在の「ANA JCBカード新規入会キャンペーン」の紹介でした。

  1. マイ友
  2. ポイントサイト
  3. JCB公式隠れキャンペーン
  4. ANA主催キャンペーン

の最大で4重取りをしておきましょう!

非常にややこしいですが、もらえるANAマイルを整理しておくと、

一般カード ワイドカード ワイドゴールカード プレミアムカード
年会費(税抜き) 2,000円(初年度無料) 7,250円 14,000円 70,000円
マイ友 500 500 2,000 5,500
ポイントサイト 4,860 4,860 4,860 4,860
入会ボーナス 1,000 2,000 2,000 10,000
JCB主催入会キャンペーン 20,700 20,700 24,000 25,500
ANA主催入会キャンペーン 16,000 16,500 18,000 21,000
合計マイル 43,060 44,560 50,860 66,860

となっています。また、別途通常カード利用分のOkidokiポイント(130万円で13,000マイル相当)も加算されます。

すけすけ

2万ANAマイルあれば、

  • 東京ー台北:ANAエコノミークラス
  • 東京ー香港:ANAエコノミークラス

に搭乗も可能です。4万マイルなら、2名分ですね!キャンペーンは活用してくださいね!

 

■関連記事

【これで完璧!】ANAマイルの貯め方・使い方~ANAカード~ANAステータスまで基礎から徹底解説。

2018-03-27

46 件のコメント

  • すけすけさん

    はじめまして。最近マイルをためはじめ、
    こちらのサイトを参考にさせていただいており、いつも更新を楽しみにしております!
    1つ質問なのですが、ゴールドカードでもらえるOKIDOKIボーナスポイントは
    ソラチカルートに乗せられないのでしょうか?
    ソラチカカードの記事では裏技として書かれていましたが、こちらの記事にはなかったので
    違いがあるものなのか?と思い質問させていただきました。(まったく同じポイントだと思っていたので)
    お手数ですが、よろしくお願いします。

    • あきらさん
      こちらソラチカカードで貯まったボーナスokidokiポイントだけがメトロポイントに移行可能なんです。
      なので、他のカードの場合はそのままANAマイルに直接移行してください!

  • すけすけさん

    ANAワイドゴールドカードをVISA/JCBのいずれかのキャンペーンの応募を考えており、
    下記について、ご存知であればご教示いただいたくお願い申し上げます。
    ①年会費の発生時期は入会月に引き落としでしょうか(18年10月に入会の場合は、18年10月に初回、2回目は19年10月でしょうか)
    それとも決まった月に引き落としでしょうか。

    ②VISAのキャンペーンは過去にも同様の規模のキャンペーンが実施されたご記憶があれば、その規模感と時期について
    ご教示いただいたくお願い申し上げます。

    • mUKcさん
      年会費の発生はわからないので、カード会社にお問い合わせください。
      VISAゴールドのキャンペーンは、例年だと4万マイルほど獲得できるキャンペーンを行うことが多いのですが、最近なぜか見ないですね。。。

  • はじめまして^_^最近こちらのサイトに飛んで見つけました。ブログの更新毎日楽しみにチェックしています。
    質問ですが、ANAのマイルを貯めたい会社社長でANAをメインでと考えたら ANAJCB法人カードでしょうか❓アメックスセゾンプラチナの方が魅力漫才ですがANAのマイルをメインに貯めたいと思っています。 こちらのカードはポイントサイトは見当たらなかったです。 法人税など光熱費で還元率が減らないカードを探していました。 お忙しいと思いますが教えてください。

    • あきさん
      自分が法人ではなく、法人カードを所有したことがなく余り詳しくないのですが、ANA JCBなら条件に合致するカードだと思います。
      他の選択肢で代表的なのはアメックスになると思いますが、プロパーアメックスはANAマイルへの移行上限がありますし、ポイントが半分になる公共料金も多いので、ANA JCBがいいかもしれませんね。

  • 初めてコメントさせていただきます。
    最近マイラー活動を開始したのですが、すけすけさんのお陰でマイルが少しずつですが溜まってきています。
    一点質問があるのですが、マイ友プログラムはすでにソラチカカードを所有している私は対象外という認識で間違い無いでしょうか。(ソラチカ以外のANA関連のカードは持っていないです)念のため質問させていただきまいた。

  • いつもお得な情報をありがとうございます。
    すけすけさんは、JCBゴールドカードは死蔵カードとして持ってますか?
    キャンペーンはとても魅力的で迷っておりますが、年会費が高いので、持ち続けるメリットを教えていただきたいです。
    現在、ANAスイカをメインカードに、ソラチカカードを、保持しております。ANAスイカの方が還元率が高い?ので、最終的にはこちらがメインになるかな?と思うのですが、何かアドバイスいただけるとありがたいです。
    よろしくお願いいたします、

  • いつもお得な情報をありがとうございます。
    こちらのキャンペーンが気になっているのですが、迷っておりtskさんと似た内容ですが、ご意見お願いします。

    すけすけさんはこのゴールドカードは年会費を払って死蔵カードとして保持していますか?キャンペーン終了後も持ち続けるメリットはありますか?
    私は普段はANAスイカをメインカードにソラチカカードを保持しております。還元率はANAスイカの方がいいかと思い、キャンペーン終了後は死蔵カードになるのかな?と思いました。ただ、年会費が高いので、そのまま保持し続けるのも迷っております。

  • いつもお得な情報をありがとうございます。
    こちらの案件が気になって迷っているのですが、キャンペーン終了後に、このカードを使い続けるメリットはありますか?すけすけさんは死蔵カードとして、保持してるのでしょうか?
    現在、ANAスイカをメインカードにソラチカカードを保持しております。他にもカードが3枚あり、枚数が増えてきているので、使い分けに迷っています。

    • レモネードさん
      自分の場合は、次回の年会費発生前に解約してしますことが多いですね笑。
      最近では、ブログでの情報提供を目的に本来は必要ではない可能性の高いカードも作成したりしていますが、基本的には解約もどんどんしています。

      • 返信ありがとうございます。
        コメントが反映されなかったので、何度も入れてしまいました^_^;すみません、、、

        そうなんですね!ある程度使ってからの解約であれば問題ないという事ですね!
        検討してみます★

  • このキャンペーンはかなり強力ですね!ありがとうございます。すけすけさんも、年会費を払ってでも…とありますが、そこで一つご意見をお聞かせください。

    現在ANA VISAワイドゴールドをメインカードとして取得1年目です。還元率最大化を目指して全ての支払いをこのカードに集約しています。もしANA JCBワイドゴールドを入手した場合、最低30万円、できるだけ65万円の支払いをこちらに集中させたいとおもいますが、そうするとANA VISAはランクV2止まりがいいところです。

    還元率、年会費を考えるとANA VISAが優れているので、最終的にはこちらをメインカードとする予定ですが、本キャンペーンは将来的なメインカードの還元率を落とすことになっても飛びつく価値はありそうでしょうか。ちなみに私のシミュレーションではYESなのですが、すけすけさんのご意見を伺えたらとおもいます。

    • tskさん
      そうですね!V2ですと、還元率が0.12%ほど落ちるので、300万円のカード利用で3600マイルほど減ります。
      それに対して得られるマイルを、払う年会費を考えても非常にお得度は高いと思います!!!

      • やっぱりそうですね、ご意見ありがとうございました。申し込んでみようと思います。ポイント差獲得してしまえば、またANA VISAをコツコツ育てようと思います。

  • いつも役立つ情報をありがとうございます。
    すけすけさんのお陰でカミさんと一緒に海外へ出掛けるマイルが貯まりました。
    今回の案件でワイドゴールドを作ろうと思います。
    一点だけ疑問なのですが、現在はソラチカカードでプライム会員としてファミリーマイルを登録していると思います。
    ワイドゴールドカードが発行されたら、登録を切り替えればよいのでしょうか?
    お忙しいところすみませんが、教えて頂けたら助かります。

    • Hiroさん
      一度登録されたファミリーマイルはそのまま継続されます。
      今のANAマイルなんかも、次のカードの分とそのまま合算されるので特にやることはありません。
      ただ、複数枚のANAカードを所有すると、どれでもログインはできるのですが、特典航空券の発券はメインカードでしか発券できないようになります。
      おそらくゴールドカードがメインカードになると思いますが、ソラチカをメインにしたい場合はANAのサイト上で変更してください。
      今後も是非マイル貯めてください!

      • すけすけさん
        ご説明ありがとうございます。良く分かりました。
        マイルを貯め続けます!!

  • いつも有益な情報をありがとうございます。
    現在、ソラチカ、nimocaを持っています。ANA JCBの特典は魅力的ですね!
    でもANA VISAもとても気になります!ワイドゴールドならキャンペーン対象ということですよね。
    うーん、迷ってしまいますね(笑)

    • ヨシさん
      悩みところですね笑。
      ポイントだけでいうと、JCBゴールドの魅了はありますしね!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください