特典航空券は直前開放枠があるのか?JAL国際線特典航空券の魅力は直前期になると空席がドンドン開放される点。

スポンサーリンク

JALマイルの強みの一つとしてJAL国際線特典航空券が直前になると、一気に特典枠が開放される点がある。片道発券可能で、搭乗の24時間前まで発券もできるので、いざという時に便利。

今、香港空港がデモ隊で占拠されるなどの影響が出ており、香港空港のへ発着便に欠航や大幅な遅延などの影響が出ています。ちょうど日本でもお盆の時期だけあり、影響を受ける人もいるでしょう。

自分もそんな一人なんです。

キャセイパシフィックが、2019/1/1にとんでもないエラー運賃を出して話題になりました。北米までの往復ビジネスクラスが7万円、ファーストクラスがなんと10万円で販売されて、キャセイもエラーであることを認めたうえで、キャンセル扱いとせず搭乗を許可するという前代未聞の話があったのです。

実は、自分そのチケットを購入しておりました。

が、香港空港のデモが激化している状況を見て泣く泣くキャンセルしました。自分の場合は、北米方面に個人的な事情でどうしても行かないとダメだったので、当日に香港空港に行って便が飛ばないという状況だけは避けないとダメな状況でした。なので、香港を経由せずに別ルートでの計画を早急に立てる必要がありました。

 

が、3日後のフライトの搭乗を探すとなると、

  • 盆の直前期なので航空券の価格がマジで高い
  • マイルでの特典航空券も埋まってる

というような状況で、基本的には大きな出費を覚悟するしかありません。エコノミークラスの有償航空券でも50万円を超えていました・・・。

このような事態で大きな力を発揮するのが、JALマイルを利用したJAL国際線特典航空券の直前発券です。実は、JAL国際線特典航空券は直前になると非常に取りやすくなるという特殊な制度が隠れています。今回は、その中身を紹介したいと思います。

 

JAL国際線特典航空券の特典航空券の枠は直前の1週間ほど前から徐々に増える

自分がこの記事を書いているのは、2019/8/14です。以下のスクリーンショットは、8/14のものだと思っておいてください。

まずは、JALの東京→ホノルルのビジネスクラス特典航空券の空席状況を見ておきましょう。この区間は必要基本マイルが片道40,000マイルです。

3週間後くらいの空席状況を確認してみました。基本マイルの40,000マイルで予約できる日は1日もありません。この中には、成田からの直行便だけでなく、関空経由や中部経由の便も表示されるのですが、それでも基本マイルの40,000マイルでは特典航空券を取れる日はありません。

必要マイル数が、130,500マイルとなっている日は「JAL国際線特典航空券PLUS」という制度で、基本マイル追加マイルを加算すれば、本来は特典航空券の空席がない便でも特典航空券を確保しますという制度です。必要マイルが一気に増えるので、自分の中ではここはすべて空席なしというイメージで見ています。

 

で、直前になるとどうなるのか見ておきましょう。

なんと1週間のうち4日も基本マイルの40,000マイルで発券が可能なんですよね。盆が被る繁忙期なのに、9月よりも特典航空券が取りやすいではないですか。

これが、JAL国際線特典航空券の直前開放です。

JAL国際線特典航空券直前開放枠とは
搭乗日の1週間ほど前から、特典航空券の基本マイル数で取れる座席数が毎日増えていく、JALの隠れ制度です。

 

これはビジネスクラスだけの話ではありません。

羽田→ロンドンの直前開放がファーストクラス特典航空券でもあるのか見てみると、上記のように直前になると空席が表示されているんです。

  • エコノミークラス
  • プレミアムエコノミー
  • ビジネスクラス
  • ファーストクラス

すべての便において、1週間くらい前から特典航空券が直前開放されていきます。これがJALマイル・JAL国際線特典航空券の隠れた魅力です。実はこういったことを積極的に導入していそうな航空会社は非常に少なく、自分の利用する航空会社の中ではJALのみです。

ANAや他社も多少あるのかもしれませんが、上級会員の空席待ちやアップグレードに利用されているのか、ホームページ上に空席が多く表示されるという印象はありません。

JAL国際線特典の予約期間
  • 搭乗の360日前の10:00時より開始
  • 第一区間出発の48時間前までネット申込可能、電話申込なら24時間前まで



スポンサーリンク

 

JAL国際線特典航空券の直前開放は、有償の航空券の残数を見て予想可能

さて、JAL国際線特典航空券の直前開放が何日くらい前から、どのくらいの座席数が開放されるのか、詳しく知りたいですよね。が、ここにはJALはルールを提示しているわけではないので、細かいことはわからないようになっています。

 

が、多少の予想ができます。注目してほしいのは、特典航空券の空席状況ではなく、有償航空券の空席状況です。

下記は、8/19の羽田→ロンドンの有償の航空券の販売状況です。

ロンドン行きのJALは1日2便飛んでおり、ビジネスクラスは、深夜便が販売残数3、昼便が販売残数6です。またファーストクラスが残席数1です。しかし、直前の片道発券のビジネスクラスはめちゃくちゃ値段高いですね・・・。片道で100万円ですよ・・・・。

(注)真ん中の便はJAL便ではなく、ブリティシュエアウェイズの便なので無視してください。

 

この日の特典航空券の空席状況を確認しておきましょう。まずはビジネスクラス。8/14に検索した画像です。

有償での残席数が3だった深夜便はビジネスクラスの特典航空券は基本マイル数の55,000マイルでは解放されていませんが、昼便のビジネスクラスはなんと3席も基本マイル数で取れる状況になっています。

 

そして、翌日の8/15になると、この枠が増えるのか見ておきました。

昨日の時点では深夜便は基本マイル数では空席がありませんでしたが、上記のように深夜便も1席が特典航空券に回されたことがわかります。

毎日毎日、特典航空券の枠が追加されていくんです。

自分は、昨年に家族でJALビジネスクラスで4人でホノルルに行きました。その時も元々は往路は中部空港発で確保していたのですが、関空発に変更したかったので、毎日空席状況を見ていました。そして、1週間ほど前から毎日空席が1つずつ増えて、ついに搭乗の4日前に家族分の4席が解放され、関空発の便を確保しました。

これがJALの特典航空券の枠の直前開放です。これは非常に使えます。

 

あと、せっかくなのでファーストクラスの状況も見ておきましょう。

ファーストクラスは脅威的ですね。なんと販売残席数2に対して、2席すべてを特典航空券として開放しています。これがJALの直前開放の凄さですね。

 

自分は今回北米方面へキャセイのファーストクラスで行く予定だったのですが、飛行機が飛ぶのか飛ばないのかわからない状況で非常に不安でしたが、JALの有償航空券の北米行きとロサンゼルス行き、サンフランシスコ行き、シカゴ行きなどを一通りチェックし、ロサンゼルス行きは完売。サンフランシスコ行きと、シカゴ行きの販売残数があることを確認し、あとは売れてしまわないことを祈りながら(笑)、毎日サイトで特典航空券の空席状況を確認しました。

そして、搭乗の3日前に確保しました。

サンフランシスコ行きJAL国際線特典航空券ファーストクラスです。これが直前開放です。

実は、この直前に片道の航空券を購入するとなると、エコノミークラスでも50万円を超える料金なんですよね。それが、70,000マイルでファーストクラス、50,000マイルでビジネスクラス、25,000マイルです。マイルの使い方としては、半端ない価値があると思います。

すけすけ
ちなみにですが、JAL国際線ファーストクラスには、本当に1か月前に人生で初めて搭乗したばかりです。さすがにこの短期間で2回の搭乗は緊急事態とは言え、贅沢すぎる&せっかくの長距離なので別の航空会社にも搭乗したいと思い、一旦は抑えたものの、別の航空会社の特典航空券で空席が見つかり、そちらに変更となりました。搭乗記も書きたいと思っています。

 

JAL国際線特典航空券の直前開放はマジで使えます。

ただし、家族旅行で、これを待つのはリスクがあると思います。開放されるとは限りませんので。家族で利用できるとしたら、2人分をビジネスクラス特典航空券、2人分をエコノミークラス特典航空券で確保しておいたものを、直前になりビジネスクラスの2席空席が出たので、そちらに変更するというような使い方になると思います。

1人での旅程なら、かなり強いと思います。

  • 緊急で帰国する必要ができた
  • デモで飛行機が飛ばない可能性があるから変更したい
  • JAL国際線特典航空券PLUSで大量マイルを使ったけど、直前に基本マイル数で取りなおす
  • 本来の目的地はロサンゼルスだったけど、空席がなくサンフランシスコにしていた場合に、ロサンゼルスで取り直す
  • 暇で、時間あるから、空席があるなら旅行したい

こんな使い方をするときには、本当に強い味方だと思います。一人で時間あるし、マイルあるから明日からヨーロッパ行こうかなみたいな老後を自分も送りたいものです。

直前開放は、JALマイルの魅力の一つだと思います。是非、マイルを貯めて楽しんでくださいね。

 

また、「JALマイルをそもそも所有していないと、これって無理な話だよね???」という方。半分あっていますが、半分間違っています。JAL国際線特典航空券の直前開放は、JALマイルだけではなく、JALと提携している「ブリティシュエアウェイズのAvios」「アメリカン航空のマイル」「アラスカ航空のマイル」なんかでJALを発券するときにも有効です。そして、これらの航空会社のマイルはバイマイルも可能だったりします。なので、いざという時のためにバイマイルでマイルを購入しており有効に活用することなんかも可能なわけです。

ちょっと上級者向けですが、外資系のマイルはバイマイルも可能で、うまく利用するとマジお得です

アラスカ航空のバイマイルが50%増量セール!JAL国際線特典航空券が格安で取れる人気マイレージプログラム。

2019-10-04

ブリティッシュエアウェイズのマイル(Avios)の貯め方を基礎から徹底解説。バイマイルも人気でお得。

2019-02-02

アメリカン航空のバイマイルの大セールに注目。5万マイルでファーストクラスも搭乗可能!

2019-07-13

中でもアラスカ航空のマイレージを利用して、JAL国際線で東南アジアや北米方面に行くのは相当お得度が高いです。

 

マイルの世界は本当に無限に広がっています。貯める方法も非常に重要なのですが、マイルを使うという方が実は非常に奥が深く、使って初めてマイルに価値が出ます。

ポイントサイトやクレジットカードのキャンペーンでマイルを貯める方法も当ブログで紹介していますが、こういったマイルを使うコツというか、豆知識を知っているかいないかで、大きく陸マイラー生活も変わると思うので、また色々記事にしたいなと思います。記事にするのも無限の世界が広がっており困ったものです笑。

おすすめ関連記事

6 件のコメント

  • JAL国際線特典航空券PLUSで大量マイルを使ったけど、直前に基本マイル数で取りなおす.

    ネットでキャンセルして、新たに予約を入れると思うのですが、
    その間に、埋まってしまうということはありうりますよね?
    新たに予約して、その後、キャンセルはできませんよね?
    二重予約は出来ないので。
    オペレーター経由ですと、確実なのでしょうか??

    • はじめさん
      そうですね。マイルを節約するためのリスクになりますね。リスクを許容せずにリターンはないと思います。
      オペ―レターの方が確実かと思います。そちらの場合には手数料が発生するので、何を許容するかという問題かと思います。

  • いつも拝見させていただいています。
    今回の記事、目から鱗でした!!参考にさせていただきます!GWやお盆期間なども同じような現象が起こりうるのでしょうか??

    • saka_kさん
      はい、基本的には起こります。
      ただ、有償の航空券が売りきれてしまうケースもあるので、他の時期よりややハードルは高くはなります。

  • いつも楽しく拝見しております。

    >家族で利用できるとしたら、2人分をビジネスクラス特典航空券、2人分をエコノミークラス特典航空券で確保しておいたものを、直前になりビジネスクラスの2席空席が出たので、そちらに変更するというような使い方になると思います。

    この場合は変更手数料はかかりますよね?

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください