1963年開業?!「ヒルトン東京」への宿泊記をブログレビュ―。

スポンサーリンク

新宿駅から徒歩圏内にある外資系ホテル「ヒルトン東京」に宿泊しみた。客室・プール・大浴場・朝食のブログ宿泊記。口コミ・レビュー・評判まとめ。

すけすけ
どうも、陸マイラーを始めて約20年、このブログを2016年から運営している「すけすけ」です。マイル・ポイント・クレジットの情報を日々提供しているのが当サイト「すけすけのマイル乞食」です。

この記事では、日本最大にして世界最大となる新宿駅から徒歩圏内にある国内でもかなり歴史のあるヒルトン東京への宿泊をレビュ―です!!

ヒルトン東京の歴史を調べてみると、非常に歴史が古く1964年の東京オリンピック開催の際に国際ホテル促進の計画があり、その前年の1963年にオープンしたという非常に古い歴史があるホテルのようです。その後、場所を移転し、1984年から今の新宿の場所で開業となり、本日に至るようです。

では、そのヒルトン東京に宿泊をしてきたのでブログレビュ―です。もちろん、創業後には何度も改装しているので、ボロボロというわけでは決してありませんよ笑。

 

ヒルトン東京のアクセス

ヒルトン東京の住所・電話番号
  • 住所:東京都新宿区西新宿6-6-2
  • 電話番号:0333445111

ヒルトン東京ですが、新宿にあるホテルになります。新宿駅は1日で350万人が利用する日本最大の駅でありながら、ギネス世界一にも認定されている世界最大の駅でもあります。

  • 新宿駅西口より徒歩10分
  • 西新宿駅より徒歩2分
  • 都庁前駅より徒歩3分

という立地で、新宿駅からは若干距離があるので、無料シャトルバスもありますが、コロナの影響で運休しております・・・(無料シャトルバスの詳細はこちら)。

また、羽田空港・成田空港からの新宿エリア行きのバスもヒルトン東京に停車するので、空港から直通も可能なアクセスになっています。

駐車場は1泊1,500円で出し入れ自由なので、お手頃な値段になっています。

すけすけ
ちなみに東京にはヒルトンと名のつくホテルが、ヒルトン東京・ヒルトン東京お台場・ヒルトン東京ベイと3か所あり、それぞれ新宿・お台場・ディズニーリゾートにあります!!今回は新宿のヒルトン東京の紹介ですよ!

 

ヒルトン東京への宿泊をブログでレビュー。朝食&サウナがいい。

こちらがヒルトン東京。曲がりくねったビルで、一目見て覚えることができる建物です。ちなみにこのビルのほとんどがヒルトン東京の客室になっており、客室数は800オーバーという超巨大ホテルです。

この新宿という場所は、外資系のホテルの進出は決して多くなく、世界最大のホテルグループであるマリオットは新宿にはホテルがありません。ヒルトンの他にはハイアットなんかがありますが、プリンスホテルや京王プラザホテルや小田急ホテルなど日系がかなり幅を利かせている地区でもあります。

 

ヒルトン東京

ロビーは、チェックインの15時頃やチェックアウトの12時頃は混雑していることも多いようですが、低い天井タイプということもあり、混雑時には圧迫感を若干感じることもあるかもしれません。ただ、1984年にできたビルのような古さはまったくないです。

 

ヒルトン東京

では、客室にいきましょう!!!ビルが曲がっているだけあり、廊下も曲がっています。

 

ヒルトン東京の客室「キングプレミアムルーム」のレビュー

今回の宿泊した客室は、

キングプレミアムという35平米の客室で、当初予約していたヒルトンキングというスタンダードルームから2ランクアップグレードしていただきました。ヒルトンは、公式サイトから予約しているとアップグレードが宿泊の前日にはアプリで反映されていることが多いですね。

すけすけ
アップグレードがあったのは、ヒルトンの最上級ステータス「ダイヤモンド会員」というステータスを保有しているからです!!ヒルトンアメックスプレミアムを発行して、年間200万円のカード決済をすると、誰でもヒルトンオナーズのダイヤモンド会員になれますよ!!!

 

ヒルトン東京

こちらが客室。シンプルにいい客室。これで1泊あたり2万円ほどの宿泊費ならかなり好条件ではないでしょうかね。襖のタイプの窓には和のテイストも感じさせてくれます。

 

ヒルトン東京

今回は1人での宿泊なのでキングベッド1台。これが贅沢!!!

 

ヒルトン東京 ヒルトン東京

ホテルによってはパソコンを使うためのテーブルが用意されていなかったりして不便を感じることもあるかもしれませんが、そのあたりはさすがヒルトンブランド。ばっちりです。

 

ヒルトン東京

窓からの景色も新宿らしい高層ビル群が視界に入ってきます。

 

ヒルトン東京 ヒルトン東京 ヒルトン東京

シャワールームだけではなく、バスタブもしっかりと用意されており、バスルームは寝室とシースルー(もちろん見えないようにできます)。アメニティーのブランドは「クラブツリー&イヴリン」ですね。

1泊5万円するような超高級ホテルというわけはないので、インパクトがある客室ではないかもしれませんが、機能美がしっかりしており好印象です。

 

ヒルトン東京の室内プール&大浴場&サウナ&ジム&テニスコート

さて、ヒルトン東京は施設・サービスがハード面で非常に充実しており、

  • 室内プール
  • 大浴場
  • サウナ
  • ジム
  • テニスコート

があります。テニスコートは有料にはなりますが、室内プール・大浴場・サウナ・ジムは宿泊客は無料!!

フィットネスセンター

プール・大浴場・サウナの3点セットは、利用する人にとっては、このホテルはまた泊まりたいと思わせてくれる要素になってくるので、この3点セットが好きなあなたにはヒルトン東京はいい選択肢になるでしょう。自分も13時にアーリーチェックインさせていただき、すぐに1時間ほどプール&大浴場&サウナを利用し、大満足の時間をここで過ごすことができました。次回の宿泊時も利用させていただきます!!!

 

ヒルトン東京のレストラン「マーブルラウンジ」での朝食

では、ヒルトン東京の朝食も紹介しておきましょう。

ヒルトン東京の朝食
  • レストラン:マーブルラウンジ
  • 時間:7:00~10:30
  • 料金:4,200円(税・サービス料別)、6歳~12歳は2,200円

朝食会場は1階にあるメインダイニング「マーブルラウンジ」です。料金も4,000円オーバーと決して安い値段ではないのですが、いいホテルの朝食はめちゃくちゃ楽しい。このヒルトン東京も例外ではありません。

 

ということで、ヒルトン東京の豪華朝食ビュッフェを写真でお愉しみください!!!

ヒルトン東京 ヒルトン東京 ヒルトン東京 ヒルトン東京 ヒルトン東京 ヒルトン東京 ヒルトン東京 ヒルトン東京 ヒルトン東京

まず注目はメニューの多さ。さすがは客室数800以上のホテルだけあり、宿泊が多いからこそできるような品数なんですよね。3泊くらいしても朝食の中身が被ることもなさそうなメニュー。これはめちゃくちゃ贅沢です。パン類だけでも3日は楽しめるぞ・・・そんなラインナップになっています。

なお、この豪華なヒルトン東京の朝食ですが、無料にすることも可能です。それが、ヒルトンアメックス(年会費税込16,500円)です。

ヒルトン・オナーズ <br>アメリカン・エキスプレス<sup>®</sup>・<br>プレミアム・カード

このクレジットカードを保有者には、

  • ヒルトンアメックス(年会費税込16,500円):ヒルトンゴールド会員付与、年間150万円のカード利用で2年目以降は継続ボーナスで1泊の宿泊券
  • ヒルトンアメックスプレミアム(年会費税込66,000円):ヒルトンゴールド会員付与(年間200万円のカード利用ならダイヤモンド会員付与)、年間300万円のカード利用で2年目以降は継続ボーナスで2泊の宿泊券(200万円利用しない場合には1泊のみ)

というヒルトンオナーズのステータス特典もついているのですが、ヒルトンのゴールド会員になると宿泊時には朝食2名分が無料になるんです。ということで、年に2回ほどヒルトン系列に宿泊するなら、年会費が安い方のヒルトンアメックスでいいので発行しておくと、すでに年会費以上のお得度になります。

興味ある方は1度ヒルトンアメックスの入会キャンペーン情報はチェックしておきましょう!カードの特典なども記事にまとめてます!

【2022/8版】ヒルトンアメックス紹介キャンペーンで入会特典が大幅アップ!!

2022-05-29

 

ヒルトン東京

ちなみに自分の朝食はこちら。

 

ヒルトン東京

あと、ヒルトンのダイヤモンド会員のみ日替わりの限定メニューがオーダーでき、この日は茶碗蒸しをいただくこともできました。

 

ヒルトン東京のダイヤモンド会員向け「エグゼクティブラウンジ」も紹介

ヒルトン東京エグゼクティブラウンジ ヒルトン東京エグゼクティブラウンジ

今回はヒルトンのダイヤモンド会員として宿泊をしたので、ダイヤモンド会員およびエグゼクティブフロアへの宿泊客が利用できる「エグゼクティブラウンジ」にもお邪魔しました。

 

エグゼクティブラウンジの営業時間は9:00~21:00で常時ドリンク&スナックが用意されています。また、自分は利用していないのですが18:00~20:00はカクテルタイムとしてアルコールと食事も提供されるので、ちょっとリッチなホテル滞在をしたい人にはエグゼクティブフロアへの宿泊、もしくはヒルトンのダイヤモンド会員を目指しても面白いと思います。ヒルトンのダイヤモンド会員には、ヒルトンアメックスプレミアムを発行して、年間200万円のカード利用でステータス獲得となるので、ヒルトンライフを心底楽しみたい人にはいい選択肢になりますね。

 

以上、ヒルトン東京への宿泊をブログでレビュ―でした。このホテルの魅力をまとめておくと、

  • 新宿にあるヒルトンでお値段は2万円ほどでも宿泊可能
  • プール&大浴場&サウナ好きには超おすすめ
  • 朝食ビュッフェの充実度がすごい

というあたりになってきます。ひそかに、プール&大浴場&サウナが3つとも揃っているホテルはそんなに多くもないですからね。是非、新宿でホテルを探している人、ヒルトングループでホテルを探している人は参考にしてください!!!

 

ヒルトン東京の概要

ホテル名 ヒルトン東京
公式サイト こちら
ホテルグループ・会員プログラム ヒルトンオナーズ
運営会社 日本ヒルトン
開業日 1984年
住所 東京都新宿区西新宿6-6-2
電話番号 0333445111
アクセス 新宿駅徒歩10分
客室数 825室
階層 地上38階、地下4階
レストラン メトロポリタングリル、十二楓、王朝、バー&ラウンジZATTA、マーブルラウンジ、セントジョージバー、
館内施設 室内プール、大浴場、ジム
エグゼクティブラウンジ あり(ダイヤモンド会員向け)

 

ヒルトン東京の口コミ・評判・レビューまとめ

ホテルの予約はポイントサイト経由でキャッシュバックあり!

最後に、お得にホテルをお得に予約する方法を紹介しておきます。

ホテルをネット予約する際には、必ずポイントサイト「モッピー」を経由して予約をしてください。

モッピーはANAマイル&JALマイルを貯めるための定番中の定番のポイントサイトです。まだ、モッピーのアカウントがない方は、下記のバナーから登録すると入会キャンペーンも開催中ですよ(詳細下記バナー内で)!

モッピー!お金がたまるポイントサイト

もちろん登録料や利用料金は一切かかりませんので、ご安心ください。

モッピーポイントの使い方

モッピーのポイントは1P=1円で複数のポイントに交換も可能です

ポイントの使い方が超魅力的なのが、モッピーの強みです。現金で受け取りもOK、ANAマイルやJALマイルにも交換可能です。JALマイルにも高レートで交換できるポイントサイトはモッピーしかありません

【2021年版!モッピーとは!】陸マイラーが徹底解説。ポイントの稼ぎ方~ANAマイル・JALマイルへの交換方法まで。

2021-01-01

ホテル公式サイト以外のじゃらんや楽天トラベルといったOTAを利用している方も、モッピー経由でOTAの予約も可能で、その際にもモッピーを経由するだけで、

  • 楽天トラベルなら1%
  • じゃらんなら1.5%

といったポイントバックがあるので、ポイントサイト経由で予約した方がお得ですよ!!ぜひ、利用しましょうね!!

おすすめ関連記事

2 件のコメント

  • こんばんは。いつも楽しく拝見してます。どうもありがとうございます。

    新宿に移転する前の歴史ある東京ヒルトンホテルは、1976年12月にスコットランドのエジンバラ出身のポップスアイドルバンドのべぃシティーローラーズが、初来日の際に、ヒルトンホテルに泊まったと聞いたような気がいたします。
    さかのぼれば、ビートルズの初来日時も、東京ヒルトンホテルに泊まられたらしいと聞いたことがあります。

    新宿のヒルトンは、長い間シンガポール航空のクルーのお宿でした。今は、違うようです。
    失礼いたしました。

    • しろくまさん
      たいぶ歴史があるホテルのようなのので、これまでもVIPの方々も多数宿泊されてらるんでしょうね~

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください