ヒルトンアメックスついに登場か!?年会費・入会キャンペーン・ステータスはどうなる???

スポンサーリンク

ヒルトンのクレジットカードがついにアメックスブランドでデビュー!?年会費はいくらくらい?ポイント還元率は??入会キャンペーンは???予想してみる。

すけすけ
どうも、陸マイラーを始めて約20年、このブログを運営して4年の「すけすけ」です。マイル・ポイント・クレジットの情報を日々提供しているのが当サイト「すけすけのマイル乞食」です。

ヒルトンのクレジットカードと言えば、VISAブランドのカードが国内にありますが、どうもアメックスに生まれ変わろうとしているようなんですよね。そんな噂の話です。

気になっている人も多いのではないでしょうかね??

ヒルトンのクレジットカードが新しく生まれ変わることが決定しました!カードブランドがVISAからアメックスに、発行会社が三井住友カードからアメリカンエキスプレスになることがほぼ決定となっています。

では、噂のヒルトン・アメックスの妄想です笑。

 

ヒルトン・オナーズVISAカードが6月末で受け付け終了!新ブランドは秋デビューでヒルトン・アメックスか?

ヒルトンのクレジットカードと言えば、日本では三井住友カードが提携カードとして「ヒルトン・オナーズVISAカード」があります。

ヒルトンオナーズVISA

所有しているだけで、ヒルトンのステータスも付与されるので、ヒルトンファンに根強い人気があるのですが、このヒルトン・オナーズVISAカードが終了することになりました。

公式リリースによると、

三井住友ヒルトン・オナーズVISAカード(プラチナ、ゴールド、クラシック)の新規入会受付は2020年6月30日をもって終了いたします。
また本カードに付随するサービスは、2022年2月28日(月)でサービス提供が終了いたします。引き続きご利用いただき、最大限ポイントをご獲得ください。

2020年秋には、これまでの特典はそのままに、さらに魅力的になった新しい提携カードが登場します。どうぞご期待ください。

そして、新しいヒルトンのクレジットカードが登場することが発表されています。

 

さて、気になるヒルトンの新しい提携カードですが、ブランドはアメリカン・エキスプレスでほぼほぼ決定と言われています。というのも、ヒルトン・オナーズのホームページにいくと、、、

ヒルトンアメックス

上記の画面が表示されるんです。

ヒルトン・オナーズ・アメックス

の表示がはっきりと出ているんですよね。ただし、「詳細」をクリックして、内容を見ようと思っても、エラーが表示されてまだ詳細は明らかになっていません。

 

実は、ヒルトンとアメックスは非常に仲は良くて、すでにアメリカにはヒルトン・アメックスは存在しているんですよね。

また、日本のアメックスのポイントプログラムを見てもわかるのですが、ポイント移行先には、

ヒルトンアメックス

マリオットボンヴォイとヒルトン・オナーズがもともとあるんですよね(どちらも移行レートは非常に悪いので、移行する人は少ないとは思いますが・・・)。

なので、

  • マリオット提携カード:SPGアメックス
  • ヒルトン提携カード:ヒルトン・アメックス

というホテル提携カードがアメックスブランドで2つ日本にも登場するという流れになると思われます。

 

ヒルトンアメックスの申し込み開始はいつから?

2020/9以降になると思われます。2020年の秋とだけ明言されています。

 

ヒルトン・アメックスも数種類のランク別カードがあるのか?

ヒルトン・オナーズVISAクレジットカードには3ランクのカードが用意されています。

ヒルトン・オナーズVISA
  • クラシックヒルトン・オナーズVISAカード(年会費3,195円)
  • ゴールドヒルトン・オナーズVISAカード(年会費13,950円)
  • プラチナヒルトン・オナーズVISAカード(年会費66,500円)

となっています。

ヒルトン・アメックスに生まれ変わることで、カードのランクが何種類用意されるのか発表はされていませんが、個人的には当初は1種類でのスタートで、ゴールドカードに相当するものが用意されるのかと思ってます。

というのも、マリオットの提携カードのSPGアメックスも、アメリカは数種類のカードがありますが、日本では1ランクのみなので、ヒルトン・アメックスのそのような形かなと予想しております。

 

ヒルトン・アメックスの年会費はどうなる?

まだ一切未定です。

が、他のアメックスのゴールドカードと比べるとだいたいの年会費がわかる感じもします。

  • アメックスゴールド:29,000円+税
  • ANAアメックスゴールド:31,000円+税
  • デルタアメックスゴールド:26,000円+税
  • アメックススカイトラベラープレミア:35,000円+税
  • SPGアメックス:31,000円+税

となっており、アメックスがゴールドカードに相当すると判断しているカードの年会費は3万円程度が予想されます。

となると、現在のヒルトン・オナーズVISAゴールドカードの年会費13,950円はかなり安い年会費なので、ここにどのようなメリットが加わるのか興味があるところです。



スポンサーリンク

 

ヒルトン・アメックスのポイント還元率は?

ヒルトン・オナーズVISAカードを利用した場合のクレジットカードポイントですが、1,000円=10ポイントのヒルトン・オナーズ・ポイントが獲得できます。

これがアメックスブランドになることにより、大きくポイントアップすることは考えにくいので、まあ同等のポイント還元のクレジットカードになるのかなと想像しています。

 

ちなみにですが、ヒルトン・オナーズ・ポイントの使い道ですが、

  • マイル交換(ANA・JAL・他外資系マイレージ):10ポイント=1マイル相当で交換可能
  • ポイント宿泊:5,000ポイント~ホテルの宿泊に利用可能

が代表的なところです。

マイル交換をメインにすると、10ポイント=1マイルでのマイル交換なので、カード利用時のポイントは1,000円=10ポイント=1マイルとなり、なんとマイル還元率0.1%しかないクレジットカードなんですよね・・・・。なので、メインのクレジットカードとして、ショッピング利用している人は、ヒルトン・オナーズVISAカードは少ないのが現実です。

また、ホテルの宿泊に利用する場合には、

ヒルトンポイント宿泊

61,000ポイントで25,000円相当の宿泊費と同等です。だいたいですが、1ポイント=0.5円くらいで利用可能です。つまり、カード利用時には1,000円=10ポイント=5円相当で、還元率は0.5%くらいになります。ちょっと還元率は低い感じがありますよね。。。

すけすけ
ヒルトン・アメックスの還元率はあまり期待できない気もしています・・・が、ステータスに関するメリットは非常に大きいと思われます!

 

ヒルトン・アメックスの発行でヒルトンステータスはもらえるのか?

ヒルトン・アメックスの最大のメリットになってきそうなのが、ステータスです。

ヒルトン・オナーズVISAカードのゴールドカードを所有すると、ヒルトンのステータスである「ヒルトン・オナーズ・ゴールド会員」が付与されるんです。

おそらく、ヒルトン・アメックスにも同等のゴールドステータスが付与されることになるでしょう。少なくともヒルトン・アメックス所有者には、ゴールド会員になりやすい条件が提示されると思われます。

ヒルトンのゴールド会員は、なかなかメリットが大きくて、

  • 宿泊時のボーナスポイント加算
  • レイトチェックアウト
  • エグゼクティブルームまでの部屋のアップグレード
  • 朝食無料(2名まで)

となっています。最後の朝食が2名まで無料というのが、なかなか大きなメリットで、1泊あたり1名3,500円の朝食なら、2名で7,000円分の特典がついてきます。あとは、宿泊数が多ければ多いほどお得度がどんどんアップするわけですね。

ここが、ライバルになるであろうSPGアメックスのマリオットゴールド会員との差になってくるかなと思っています。マリオットゴールドは朝食無料にはならないですからね。

すけすけ

クレジットカードのポイント還元に関しては、SPGアメックスが圧勝!付与されるステータスに関しては、ヒルトン・アメックスに軍配あり!!というような結果になる気がしています。

 

ヒルトン・アメックスの新規入会キャンペーンはどうなる?

まだ、入会キャンペーンなどの詳細は一切発表されていませんが、アメックス発行のクレジットカードとなれば、入会キャンペーンも相当期待できます。

各種アメックスの入会キャンペーンは、

というような状況で非常にキャンペーンが充実しています。アメックスのクレジットカードは年会費は高いですが、入会キャンペーンはとにかくホットですからね。はやくヒルトン・アメックスの入会キャンペーンの詳細が知りたいところです!

 

ヒルトンアメックス入会キャンペーン

よく見ると、画面に125K=125,000ポイントがもらえるというような表示もあるんですが・・・これは何なのでしょうか・・・日本の話?アメリカの話?気になりますね。

ちなみにヒルトンの125,000ポイントは、マイル交換先としてはANAもJALもありますが、10:1の交換レートなので、1/10になります・・・12,500マイル相当ということですね。

ホテルの宿泊にポイントを利用すると、

ヒルトンポイント宿泊

コンラッド大阪なら95,000ポイント、ヒルトン大阪なら51,000ポイントで宿泊が可能です。宿泊ポイント数は日程により変化しますが、125,000ポイントあれば、1泊20,000円~40,000円の高級ホテルに1~2泊できそうですね。ヒルトンのポイントは宿泊利用で1ポイント=0.5円程度になることが多いので、125,000ポイントは6万円相当に宿泊が可能になると思うので、12,500マイルに交換するよりもお得度はおなり高くなるでしょう。ヒルトンのポイントはマイル交換には向いていないので、ホテルの宿泊に利用するのがおススメです。

何度も言いますが、この125,000ポイントがもらえるというのは画面に表示されているだけで正式リリースされている内容ではなく、ただの妄想なのでご注意ください笑。

 

以上、ヒルトンのクレジットカードがVISAからアメックスに変わりそうであるという情報の紹介になります。アメックスブランドに生まれ変わることにより、多くのメリットが追加になると嬉しく思います。まだ、自分が発行するか未知数ですが、新しいもの好きとしては一度発行して、どんなクレジットカードなのか詳しく知っておきたい誘惑はありますね。

個人的な予想だと、年会費はVISAに比べるとUPすると想像しているので、ヒルトンのゴールド会員資格が欲しい人は、今月中にVISAで発行しておくことも検討しておいてもいいと思います。

また、正式発表後に詳細を記事にしたいと思います!

おすすめ関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください