当サイトでは運営上、記事内に各種広告を含んでおります。

【ヒルトン宮古島】話題の高級ホテルがついに宮古島にオープン!景色が抜群にいい!ブログ宿泊レビュー。

スポンサーリンク

2023/6ついに宮古島最大級の高級ホテル「ヒルトン宮古島」がオープンしたので宿泊してきた。客室からは伊良部大橋が見え、プールは4つ、朝食&ランチビュッフェも超充実。客室・プール・朝食・ランチのブログ宿泊記。口コミ・レビュー・評判まとめ。

すけすけ
どうも、陸マイラーを始めて約20年、このブログを2016年から運営している「すけすけ」です。マイル・ポイント・クレジットの情報を日々提供しているのが当サイト「すけすけのマイル乞食」です。

一度泊まりたい!と検討している人も多いんじゃないですかね。ヒルトン宮古島の宿泊レビューです!

ついにヒルトン宮古島が2023/6にオープンしました(まずは客室の稼働率を半分くらいにするソフトオープンで、8月後半からフル稼働のグランドオープン)。そして、宮古島大好きな我が家としては、一度は泊まりたい!!!という願望もあり、さっそく宿泊をしてきました。

客室からの眺めのよさは宮古島でもトップレベルだと思います。

では、ヒルトン宮古島の宿泊記です。このホテルに宿泊したい!!!という人は是非参考にしてくださいね!

 

ヒルトン沖縄宮古島リゾートのアクセス

ヒルトン沖縄宮古島リゾートの住所・電話番号
  • 住所:沖縄県宮古島市平良久貝550-7
  • 電話番号:0980755500

ヒルトン沖縄宮古島リゾートですが、名前の通り宮古島にあります。宮古空港からは車で15分かからずに到着します。下地島空港からでも20分ほどです。宮古島はレンタカーを借りて、島の中を移動する人が多いと思うのですが、駐車場が無料なのも嬉しい点ですね。

また、免許がなかったり、見知らぬ土地での運転が不安ということもあり、レンタカーを借りるのを躊躇する人もいると思いますが、そんな人もヒルトン沖縄宮古島リゾートへのアクセスは抜群です。というのも、

ヒルトン沖縄宮古島リゾート

空港とヒルトン沖縄宮古島リゾートを結ぶ無料バスがあるんですよね(予約も不要)。1日に8往復もしてくれているので、レンタカーなしで宮古島に来て、ホテルライフを満喫したい人にも最適なホテルです。バスの時刻表はこちら

 

ヒルトン沖縄宮古島リゾートへの宿泊をブログでレビュー。

ヒルトン沖縄宮古島リゾート

ついについにオープンしましたよ!ヒルトン宮古島です!

 

ヒルトン沖縄宮古島リゾート

できたばかりのホテルということもあり、ロビーはめちゃくちゃ綺麗。高い天井もいい感じです。

 

ヒルトン沖縄宮古島リゾート ヒルトン沖縄宮古島リゾート

そして、この瞬間から外にはビーチと海が見えており、テンションがボコアガりすると思いますよ笑。ただ、客室からの景色はさらに素晴らしいです。

 

ヒルトン沖縄宮古島リゾートの「ツインデラックスサンセットビュー(35平米)」のレビュー

では、客室の様子を紹介します。今回宿泊したのはツインデラックスサンセットビューという35平米の客室です。一番スタンダードなデラックスルームという客室と中身はほぼ同じなのですが、景色がいいのが売りになっている客室です。ちなみにですが、ヒルトンのダイヤモンドステータスのおかげで自分はデラックスルームからサンセットビューにアップグレードとなっての宿泊です。

ヒルトン沖縄宮古島リゾート

まず部屋に入ると、入り口にパジャマのようなものがかかっているのですが、これはパジャマではなくプールローブで、客室から水着でプールやビーチに行く際に着用するものです。このヒルトン宮古島では、館内をビーチでうろうろすることは禁止になっているので、このプールローブを着用してくださいね!!別途パジャマも棚の中に入っています。

 

ヒルトン沖縄宮古島リゾート ヒルトン沖縄宮古島リゾート

こちらが客室。35平米という十分な広さがありますし、白と青を基調にしており宮古島に来ていることを感じさせてくれる客室です。そして、新しい客室はやはりいいですね!!!

ヒルトン宮古島の添い寝条件

未就学児の添い寝は追加料金なしで可能。小学生以上になると大人扱い。客室にはエキストラベッド(要追加料金)を入れた場合には最大で3名まで宿泊可能。

つまり、小学生以上の子供が2人いるような4人家族は2部屋予約する必要があります。我が家・・・2部屋予約しました・・・。

 

ヒルトン沖縄宮古島リゾート

2つのガラスボトルが置かれているのですが、ここヒルトン宮古島では環境に配慮して、客室にはペットボトルや瓶に入った水は用意されていないんです。その代わりに、各フロアにある給水コーナー・アイスコーナーから、このボトルに水&氷を入れて利用するようになっています。

 

ヒルトン沖縄宮古島リゾート

こちらはヒルトンのステータスのおかげでチェックインの際にいただいた宮古島サイダーとフィナンシェです。4人分いただきました。

 

ヒルトン沖縄宮古島リゾート

そして、そして、このサンセットビュールームの最大の売りがこのベランダです。海とプールが目の前に広がる最高の景色が待っているんですよ。

 

ヒルトン沖縄宮古島リゾート

そして、なんと、なんと伊良部大橋(通行料金を徴収しない橋として日本最長の3,540メートル)が目の前に!!!!この立地の良さがヒルトン宮古島の売り!!!宮古島に行ったら、必す観光として渡るだけでも価値がある伊良部大橋と青い海が目の前に広がる客室はここヒルトン宮古島だけです。

この景色を満喫したい人は「サンセットビュー」という客室を予約しましょうね!!!

ちなみにですが、ヒルトン宮古島の宿泊料金は閑散期で1部屋2万円台~。夏休みは7万円ほど。盆やGWの超繁忙期は10万円ほどです。サンセットビューにすると、8,000円ほど追加になると思います。

 

ヒルトン沖縄宮古島リゾート ヒルトン沖縄宮古島リゾート ヒルトン沖縄宮古島リゾート

あとはバスタブつきの風呂ももちろんありますし、アメニティーも充実した水回りになっています。

 

ヒルトン沖縄宮古島リゾートの5つのプール&ビーチ

さて、次はプール&ビーチの紹介です。客室からも見えてましたよね!

ヒルトン沖縄宮古島リゾート

まずは、プール側から見たヒルトン宮古島の全貌をご覧ください。宮古島最大級のホテルでなんと客室数は329室。超大規模の高級ホテルがヒルトン宮古島です。周囲にはこれほどの規模の建物は一切ありません。

 

ヒルトン沖縄宮古島リゾート

こちらがキッズプールで、子供に人気のスライダーもあります。

 

キッズプールにはアームヘルパーとライフジャケットも用意されているのがGOOD。

 

ヒルトン沖縄宮古島リゾート

こちらはファミリープール。早朝の時間帯に来たので、誰もいない時間帯ですが、300室以上あるホテルなので、今後はきっと混雑するような時間帯もあるかもしれません。

見えている小さな小屋でビーチタオルももらえますし、ドリンク類の注文も可能です。

 

ヒルトン沖縄宮古島リゾート

こちらはゆっくりしたい大人専用のアダルトプール。これで屋外プール3つ目です。ちなみに屋外プールは4月~10月までの利用となっています。

 

ヒルトン沖縄宮古島リゾート

プールの周囲には有料のガバナが多数あります。人が増えてくると人気が出そうですね。

 

ヒルトン沖縄宮古島リゾート

あとは冬期でも利用できる屋内プールも2つあるんですよね。全部でプールが5つもあるという規模がすごいですよね。

 

ヒルトン沖縄宮古島リゾート

そして、嬉しいのがプールから直結で「宮古サンセットビーチ」というビーチがあるんですよ。ここも伊良部大橋が見えるのが素晴らしいですね。

宮古島は海もめちゃくちゃ綺麗で、我が家も宮古島に行く際には毎回シュノーケルセットを持参していきます。この宮古サンセットビーチにも魚はいるのですが、それほど多くはないので、魚目当ての人は吉野海岸や新城海岸が個人的にはオススメですが、ビーチ&プールで宮古島の空気を吸いながらゆっくり過ごしたい!!という人はヒルトン宮古島から出ることなく満喫することも可能だと思います。

 

ヒルトン沖縄宮古島リゾートのキッズルーム

ヒルトン沖縄宮古島リゾート

しっかりとキッズルームまで用意されており、さすが大規模ホテルです。こういった施設の充実度は大規模ホテルならではですね。

 

ヒルトン沖縄宮古島リゾートのレストラン「アジュール」での朝食&ランチ

では、ヒルトン沖縄宮古島リゾートの朝食も紹介しておきましょう。

ヒルトン沖縄宮古島リゾート
ヒルトン沖縄宮古島リゾートの朝食
  • レストラン:アジュール(1階)
  • 時間:6:30~14:00
  • 料金:3,800円(税・サービス料別)、6歳~12歳は1,900円、5歳以下は無料
ヒルトン沖縄宮古島リゾート

1階にあるレストランで、めちゃくちゃ綺麗なレストランですが、海は見えない場所になっています。

 

ヒルトン沖縄宮古島リゾート ヒルトン沖縄宮古島リゾート

朝食ビュッフェはめちゃくちゃ充実しており、パンや卵といった洋食系も充実していますし、和食もゴーヤチャンプルやもずく、ジーマーミ豆腐などの沖縄系料理も多数。ヌードルバーでは沖縄そばあり。ご飯類はカレーやジューシーもあり。飲茶もあり。みんな大好きミニバーガーあり。アイスクリームあり。と、充実度はかなりです。

 

なお、この豪華なヒルトン沖縄宮古島リゾートの朝食ですが、無料にすることも可能です。それが、ヒルトンアメックス(年会費税込16,500円)です。

ヒルトン・オナーズ <br>アメリカン・エキスプレス<sup>®</sup>・<br>プレミアム・カード

このクレジットカードを保有者には、

  • ヒルトンアメックス(年会費税込16,500円):ヒルトンゴールド会員付与、年間150万円のカード利用で2年目以降は継続ボーナスで1泊の宿泊券
  • ヒルトンアメックスプレミアム(年会費税込66,000円):ヒルトンゴールド会員付与(年間200万円のカード利用ならダイヤモンド会員付与)、年間300万円のカード利用で2年目以降は継続ボーナスで2泊の宿泊券(200万円利用しない場合には1泊のみ)

というヒルトンオナーズのステータス特典もついているのですが、ヒルトンのゴールド会員になると宿泊時には朝食2名分が無料になるんです。ということで、年に2回ほどヒルトン系列に宿泊するなら、年会費が安い方のヒルトンアメックスでいいので発行しておくと、すでに年会費以上のお得度になります。興味ある方は1度ヒルトンアメックスの入会キャンペーン情報はチェックしておきましょう!カードの特典なども記事にまとめてます!

【2024/6版】ヒルトンアメックスの入会キャンペーンの入会特典が大幅アップ中なので紹介!!

2024-04-19

 

ヒルトン沖縄宮古島リゾート

また、このヒルトン宮古島の朝食の面白いところは、営業時間が6:30~14:00となっており、なんとランチとして利用することも可能なんですよ(今後変更になることもあるかもしれませんが)。

 

ヒルトン沖縄宮古島リゾート

メニューも朝とは若干異なり、パエリアが出てきたりしていました。朝食つきの人は、2泊するなら、1泊は朝食として、もう1泊はランチとして利用するのもありですね(1日で2回利用はできません笑)!!

 

ヒルトン沖縄宮古島リゾートのダイヤモンド会員向け「エグゼクティブラウンジ」も紹介

ヒルトン沖縄宮古島リゾート

さて、今回はヒルトンのダイヤモンド会員として宿泊をしたのですが、ダイヤモンド会員の主なメリット・特典としては、

  • 客室のアップグレード(今回はサンセットビューにしていただいた)
  • レイトチェックアウト(今回は11時→13時の2時間のレイトチェックアウト)
  • 2名まで朝食無料
  • 2名までエグゼクティブラウンジの利用

があります。ということで、エグゼクティブラウンジも紹介しておきますね!エグゼクティブラウンジはダイヤモンド会員でなくても、エグゼクティブルームを予約すれば利用できるので、興味ある人は予約してみてください!!!

ヒルトン沖縄宮古島リゾート ヒルトン沖縄宮古島リゾート ヒルトン沖縄宮古島リゾート

ラウンジからの景色もマジで最高です。

ちなみにラウンジは最上階の7階にあるのですが、もう1つ上の屋上にルーフトップバー「YUNAI」があるので、ラウンジ利用ができない人は、是非とも夕暮れ時には遊びに行ってみてください!めちゃくちゃいい景色が見えるので、最高のホテルライフになりますよ!!!

 

ヒルトン沖縄宮古島リゾート

ラウンジでは常時ソフトドリンク、コーヒー、スナックが用意されています。

 

ヒルトン沖縄宮古島リゾート

そして、カクテルタイムになるとアルコールとともに、ちょっとした食事も提供されるので、興味ある人はヒルトンのダイヤモンドステータスを狙うか、もしくはエグゼクティブルームを予約しておけば、ステータスとは関係なくラウンジのアクセスもついてきます!

 

以上、ヒルトン沖縄宮古島リゾートへの宿泊をブログでレビュ―でした。このホテルの魅力をまとめておくと、

  • 伊良部大橋が見える景色が最高
  • 大規模高級ホテルで設備も充実しておりホテル内だけで過ごすことも可能
  • プールが5つ、ビーチも目の前
  • 朝食ビュッフェ&ランチの充実度がすごい

というあたりです。宮古島に宿泊する際には候補の1つになるんじゃないでしょうかね。SNSでもめちゃくちゃ評判いいですよ!!!

 

ヒルトン沖縄宮古島リゾートの概要

ホテル名 ヒルトン沖縄宮古島リゾート
公式サイト こちら
ホテルグループ・会員プログラム ヒルトンオナーズ
運営会社 日本ヒルトン
開業日 2023年
住所 沖縄県宮古島市平良久貝550-7
電話番号 0980755500
アクセス 宮古空港より車で15分
客室数 329室
階層 地上7階
レストラン アジュール、イゾレッタ、茶寮、ユナイ
館内施設 室内プール2つ、室外プール3つ、キッズルーム、スパ、ジム
エグゼクティブラウンジ あり(ダイヤモンド会員向け)

 

ヒルトン沖縄宮古島リゾートの口コミ・評判・レビューまとめ

 

ホテルの予約はポイントサイト経由でキャッシュバックあり!

最後に、お得にホテルをお得に予約する方法を紹介しておきます。

ホテルをネット予約する際には、必ずポイントサイト「モッピー」を経由して予約をしてください。

モッピーはANAマイル&JALマイルを貯めるための定番中の定番のポイントサイトです。まだ、モッピーのアカウントがない方は、下記のバナーから登録すると入会キャンペーンも開催中ですよ(詳細下記バナー内で)!

モッピー!お金がたまるポイントサイト

もちろん登録料や利用料金は一切かかりませんので、ご安心ください。

モッピーポイントの使い方

モッピーのポイントは1P=1円で複数のポイントに交換も可能です

ポイントの使い方が超魅力的なのが、モッピーの強みです。現金で受け取りもOK、ANAマイルやJALマイルにも交換可能です。JALマイルにも高レートで交換できるポイントサイトはモッピーしかありません

「モッピー」でマイルを貯めろ!評判・口コミを知っておけ!ポイ活・陸マイラーに人気ナンバー1のポイントサイトはこれ!

2022-11-17

ホテル公式サイト以外のじゃらんや楽天トラベルといったOTAを利用している方も、モッピー経由でOTAの予約も可能で、その際にもモッピーを経由するだけで、

  • 楽天トラベルなら1%
  • じゃらんなら1.5%

といったポイントバックがあるので、ポイントサイト経由で予約した方がお得ですよ!!ぜひ、利用しましょうね!!

おすすめ関連記事

2 件のコメント

  • いても楽しく背景しております。
    2.点質問がございます。
    1.今回エグゼクティブルームにアップグレードなかった為、ダイヤモンド会員のエグゼクティブルーム利用が2名と言うことでしょうか?
    スケスケさんでもエグゼクティブにアップグレードされないなら、厳しめなのかなと感じました。
    2.その場合お子さん2名は費用がかかりましたか?
    金額もわかればと思います。よろしくお願いいたします。

    • ひろけさん
      エグゼクティブルーム滞在ではなく、ヒルトンのダイヤでのラウンジ利用となっております。
      子供は特に料金を言われることもなく無料で利用できました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください