アメックスプラチナのファイン・ホテル・アンド・リゾートが強烈お得!

スポンサーリンク

アメックスプラチナのFHR(ファイン・ホテル・アンド・リゾート)は強烈お得!世界中の高級ラグジュアリーホテルに宿泊するならアメックスプラチナの年会費143,000円(税込)の元が一瞬で取れる??アーリーチェックイン・アップグレード・無料朝食・ホテルクレジットなど多数の特典つき!!

すけすけ
どうも、陸マイラーを初めて約20年、このブログを2016年から運営している「すけすけ」です。マイル・ポイント・クレジットの情報を日々提供しているのが当サイト「すけすけのマイル乞食」です。

この記事では、超ハイステータスクレジットカード「アメックスプラチナカード」の数ある特典の中でも最大級にお得な特典とも言えるFHR(ファイン・ホテル・アンド・リゾート)という制度を紹介します!!!

ホテルの上級会員になると、

  • 客室のアップグレード
  • レイトチェックアウト
  • 朝食が無料

などの特典がつくので、ホテル好きの方は、マリオット系ばかり宿泊してマリオットの宿泊実績を重ねたり、ヒルトン系列ばかり宿泊したりしている人も多いでしょう。それはそれで非常に楽しいですし、最近だとマリオットアメックスプレミアムヒルトンアメックスプレミアムといったカードを発行して年間の利用金額が一定に達するとステータスが付与されるなんてケースも増えています。

1つのホテルプログラムに集中して楽しむのもいいですが、中には「せっかくだし、いろいろなホテルに宿泊したくないの?ザ・リッツ・カールトンやアマンやハレクラニやアンダーズ、どれも泊まってみたい」って人もいるかもれません。いや、確実にいるでしょう。

そんなあなたに是非知っておいて欲しいのは、高級ラグジュアリーホテルで上級ステータス会員並みの特典を受けることができる「ファイン・ホテル・アンド・リゾート(FHR)」というものです。このFHRというものは、ホテルのステータスを保有していなくても、アメックスプラチナカードさえ発行していれば誰でも利用できる特典で、これだけで年会費以上のお得度があると感じている方も多数おられるような特典になっているんです。

 

では、アメックスプラチナカードの最大の特典とも言える、ファイン・ホテル・アンド・リゾート(FHR)とはどんなものなのか紹介しておきます。

【2022/10版】アメックスプラチナカードの入会キャンペーンを徹底紹介!

2022-04-07

 

アメックスプラチナのFHR(ファイン・ホテル・アンド・リゾート)とは。

ファイン・ホテル・アンド・リゾート(以下、FHR)というのは、アメックスのプラチナカードもしくはプラチナビジネスカードを保有する人のみ(センチュリオンカードもOK)が利用できるホテル予約サイトで、こちらが公式サイトになります。どんなホテルが予約できるのかは、サイトで検索できるのですが、料金はアメックスのプラチナカードを保有してログインしないと見ることができない仕様になっています。

さて、このFHRというアメックスプラチナ会員専用のホテル予約サイトで予約をすると何がいいのかというと・・・・・

FHR

「ファイン・ホテル・アンド・リゾート」は世界中の1,200を超える参加ホテルでの宿泊をご予約いただくと、合計で平均550米ドル相当分の無料追加特典もご利用いただけるカード会員様限定のホテル特典です。

と書かれており、

  • ア―リーチェックイン
  • レイトチェックアウト
  • 客室のアップグレード
  • 2名分の朝食
  • 100ドルのホテルクレジット

なんかがFHR経由で予約をすると特典としてついてくるんです。FHRによると、その特典は金額にして550ドル相当!!!めちゃくちゃお得な特典がついてくるということです。内容的にはホテルの上級ステータス会員のような扱いをしてくれるということになります。というか、ザ・リッツ・カールトンなんかはマリオットの上級ステータスを保有していたとしても、無料の朝食はつかないですし、100ドルのホテルクレジットもつきません。内容的には、ホテルのステータス会員よりも上??という気がしてしまうような特典になっています。また、期間限定で上記の他に3泊目無料といった更にお得な特典がつくこともあります。

アメックスとホテルの関係が相当強いことを物語っていますね。それだけアメックスがホテルに送り込む客が上客であるということなのでしょうね。

 

アメックスプラチナのFHRの対象ホテルは世界数百件、国内30件超の超高級ラグジュアリーホテルのみ。

また、このFHRが素晴らしいのは、いわゆる高級ラグジュアリーホテルしか出ていないという点です。見知らぬ国や地域に旅行する際に、高級ラグジュアリーホテルに宿泊したいとしても、どのホテルが高級ラグジュアリーホテルなのかわからないことがあるでしょう。そんな時でも、FHRで検索すると高級ラグジュアリーホテルしか検索できないので、ハズレを引くことがありません。また、当該地域で自分がまったく知らないような高級ラグジュアリーホテルがヒットするのも魅力です。

さて、どんなホテルが対象になっているのか、日本国内30件超の対象ホテルを一覧にしておくと、

  • ザ・リッツ・カールトン(東京・京都・大阪・沖縄・日光)
  • コンラッド(東京・大阪)
  • アマン(東京・京都)
  • フォーシーズンズホテル(丸の内東京・東京大手町・京都)
  • パークハイアット(ニセコHANAZONO、東京、京都)
  • 東山ニセコビレッジ・ザ・リッツ・カールトン・リザーブ
  • アンダーズ東京
  • グランドハイアット東京
  • ホテルニューオータニ東京エグゼクティブハウス禅
  • 東京エディション虎ノ門
  • マンダリンオリエンタル東京
  • ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町
  • オークラ東京
  • ザ・ペニンシュラ東京
  • シャングリ・ラ ホテル東京
  • パレスホテル東京
  • HOTEL THE MITSUI KYOTOラグジュアリーコレクション
  • 翠嵐ラグジュアリーコレクション京都
  • インターコンチネンタル大阪
  • セントレジスホテル大阪
  • W大阪
  • JWマリオットホテル奈良
  • ANAインターコンチネンタル別府リゾート&スパ
  • ハレクラニ沖縄
  • ハイアット リージェンシー 瀬良垣アイランド 沖縄
  • イラフSUIラグジュアリーコレクション沖縄宮古

となっており、どれも一度は名前を聞いたことがあるような超高級ラグジュアリーホテルだらけ。しかも、マリオット系列・ヒルトン系列・IHG系列・ハイアット系列などなど本当に多岐にわたるラインナップ。こういったホテルだけを検索できるのがFHRです。世界中の見知らぬ国・都市に行っても、FHRで検索すればこういった水準のホテルだけを検索できて、しかも、

  • ア―リーチェックイン
  • レイトチェックアウト
  • 客室のアップグレード
  • 2名分の朝食
  • 100ドルのホテルクレジット

上記のような特典がつくのがFHRです。

 

アメックスプラチナのFHRでホテルの予約をすると公式サイトよりも値段は高い?安い?

さて、FHRを利用してホテルの宿泊を検索すると値段がどうなっているのか気になると思うので、少し検索してみます。

例として、ザ・リッツ・カールトン沖縄をマリオット公式サイトとFHRで検索して比較してみると、

まず上記がマリオットの公式サイト経由での予約。マリオットの会員登録をしてから予約すると、若干安く2名1室で68,184円で宿泊ができます。

 

さて、FHRだと、同日で検索してみると、

69,576円となっており、1,500円ほど値段がアップしてしまいますが、もう一度思いだしましょう。FHRで予約すると、

あれ??朝食2名分で1万円以上の価値あり、100ドルクレジットもあるのでスパやディナーも100ドルオフになる。その上、レイトチェックアウトやアーリーチェックインやアップグレードもあるんですよ。これは確実にFHRで予約した方がお得ですよね!!!これがアメックスの言う、1泊あたり550ドルのお得という意味ですね。アメックスプラチナは、たしかに年会費が143,000円(税込)と高額ですが、年に3泊・4泊ほどFHRを利用すれば十分に年会費の元が取れるような可能性もあるわけです。

(注)マリオットの公式サイト経由で検索した場合には、キャンセル不可の早割プランのようなものが出ていることもあります。FHRには出ていないようなプランもあるので、都度比較するのがベストです。

 

アメックスプラチナのFHRで予約すると、なんと公式サイト経由扱いと同様に宿泊実績やホテルポイントも付与される!!!ただし、電話予約必須。

さて、鋭い方は考えるかもしれませんが、いや公式サイトとFHRで値段の差はあまりないかもしれないけど、マリオットでもヒルトンでも公式サイト経由で予約すると1ドル=1ポイント相当のホテルポイントも付与されるし、宿泊実績も加算されるし、またまたホテルのステータスがあれば、そっちでラウンジが利用できるケースもあるし、そういったホテルプログラムも加味すると、公式サイト経由の方がいいこともあるなんじゃないの???って方もいますよね。

心配無用です。

FHR経由で予約しても、

  • ホテルプログラムのポイントも付与されます
  • ホテルプログラムの宿泊実績も加算されます
  • ホテルプログラムのステータスも併用できます

となっているんです。

このFHRという制度は、アメックスが仲介してマリオットに予約を入れるような制度なので、最終的には公式サイトで予約をしたのと同じ扱いになるということなんです。

ただし、1つ大きな注意点があり

  • WEB経由でのFHRの事前決済:ホテルプログラムは対象外
  • プラチナコンシェルジェデスク経由:ホテルプログラムも対象

となっているので、ホテルプログラムのポイントや実績が欲しい、ステータスも利用したい方は面倒ではありますが、プラチナコンシェルジェデスクに電話をして電話経由でのFHR利用がいいと思います。電話予約の際に、ホテル会員プログラムの番号を聞かれるので、伝えておくとホテルプログラムのポイントや実績も加算されます。

アメックスのサイトにも上記のように記載があります。

 

ただ、WEB経由でのFHR利用もいい点もあり、

  • 事前決済しておくと、ポイント4倍の100円=4ポイントになる
  • 貯まっているアメックスポイントを1ポイント=1円で利用できる(電話予約のFHRだと1ポイント=0.8円になるよう)

となる点はメリットなので、ホテルプログラムの実績やポイントが不要なホテルに宿泊するならWEB予約&事前決済でポイント4倍を獲得がお得でしょうね。このあたりはうまく使い分けるといいと思います。自分なら、マリオットは実績も貯めていると、ポイントも欲しいので電話でFHRを予約。ハレクラニ沖縄ならWEB予約。こんな感じで使い分けます。

 

アメックスプラチナの最大のメリットは実はFHRかもしれない。

まとめです。FHRはめちゃくちゃ魅力的なアメックスプラチナの特典なんですよ。アメックスプラチナにはメリット・特典が多数ありますが、その中でも一番のメリットとも言えるのが、高級ラグジュアリーホテルでステータス会員並みの特典がついてくるというファイン・ホテル・アンド・リゾート(FHR)と言っても過言ではないでしょうし、アメックスプラチナの所有者の中には、実際にそう思っている方も多いでしょう。年会費の高いカードだけあり、その分、中身も充実していますね。

アメックスプラチナカードの主な特典を整理しておくと、かなり強烈な中身で、

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード
年会費(税抜) 130,000円
家族カード年会費(税抜) 4枚目まで無料、家族カード保有者も本会員と同様の特典あり
ポイント制度 100円=1ポイントのメンバーシップ・リワード
ポイント移行 1,000ポイント=1,000ANAマイル、1,000ポイント=500JALマイル、1,250ポイント=外資系マイル
ラウンジ関連 アメックス・センチュリオンラウンジの利用(同伴者1名も無料利用可能)
プライオリティパスの無料発行(同伴者1名も無料利用可能)
デルタ航空ラウンジ利用
空港カードラウンジの利用(同伴者1名無料)
エアライン系サービス 無料ポーターサービス(空港到着時からチェックインカウンターまで手荷物配送)
無料手荷物宅配サービス(海外旅行時の出発・到着時にスーツケース2つを無料配送)
ホテル系サービス マリオット・ゴールド会員資格(家族会員にも付与あり)
ヒルトン・ゴールド会員資格(家族会員にも付与あり)
ラディソン・ゴールド会員資格(家族会員にも付与あり)
プリンスホテル・プラチナ会員資格(家族会員には付与なし)
ファインホテルアンドリゾートサービス(高級ホテルでアップグレード・無料朝食などの特典)
国内ホテル手荷物無料宅配サービス
フリーステイギフト(毎年1泊のホテル宿泊券のプレゼント)
トラベル系サービス 航空券・新幹線・ホテル・レストランの予約代行
グルメ系サービス ダイニングアクセス(指定コースの予約で1名無料)
ファイン・ダイニング(レストランで一品やデザートのサービス)
プロテクションサービス キャンセル・プロテクション(旅行・コンサート等の不慮のキャンセル時に費用補償)
ショッピング・プロテクション(破損・盗難で500万円まで補償)
リターン・プロテクション(購入商品のキャンセル時に90日以内なら購入金額補償)
ホームウェア・プロテクション(所有の電化製品の破損時に費用負担)
保険 海外旅行傷害保険(傷害死亡時1億円など)
国内旅行傷害保険(傷害死亡時1億円など)
海外航空便遅延補償
個人賠償責任保険
コンシェルジュサービス 電話にてあらゆる相談可能
家族カード保有者特典 家族カード保有者も上記の特典すべて利用可能
その他 その他、多数の特典・メリットあり

年会費がいくら高くても、上質なサービスを受けたい。そんな人をターゲットにしたクレジットカードなので、アメックスプラチナの特典は強烈なんです。所有してみたい方は、入会キャンペーン情報も必ずチェックしておきましょう。

【2022/10版】アメックスプラチナカードの入会キャンペーンを徹底紹介!

2022-04-07

 

最後にファイン・ホテル・アンド・リゾートの利用規約を転載しておきます。興味ある方は是非チェックしてみてくださいね。

■ファイン・ホテル・アンド・リゾート特典利用規定

※本特典は、本ウェブサイト、センチュリオン・パーソナル・コンシェルジェ、プラチナ・コンシェルジェ・デスク、またはプラチナ・セクレタリー・サービスを通して、ファイン・ホテル・アンド・リゾートを新規にご予約いただいた場合に適用されます。また、日本で発行されたセンチュリオン®・カード会員様、プラチナ・カード®会員様またはアメリカン・エキスプレス®・ビジネス・プラチナ・カード会員様がご本人のお名前でご予約いただき、センチュリオン・カード、プラチナ・カードまたはアメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カードにて事前決済(予約時に支払う)、もしくは現地決済(ホテルで支払う)いただいた場合にご利用いただける会員様特典となります。

※家族カード会員様はログインされた家族カードがセンチュリオン・カード、プラチナ・カードまたはアメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カードの場合にご利用いただけます。

※本特典はご予約通りの日程でご宿泊いただいた場合に適用されます。

※12:00チェックインと客室のアップグレードはチェックイン時に空室がある場合のみ可能です。客室タイプによっては客室のアップグレードを承れない場合がございます。詳しくはセンチュリオン・パーソナル・コンシェルジェ、プラチナ・コンシェルジェ・デスク、プラチナ・セクレタリー・サービス、またはオンラインカスタマーサポートにお問い合わせください。

※朝食のサービスは施設によって異なりますが、コンチネンタル・ブレックファスト以上の内容となります。

※無料Wi-Fiは、客室内でご利用いただけます。なお、客室内のWi-Fi利用料金が室料に含まれている場合や客室内のWi-Fiが設定されていない場合は、共有スペースでのWi-Fi利用を無料とさせていただきます。Wi-Fi利用に関する詳細は、オンラインカスタマーサポートまでお問い合わせください。

※Wi-Fi利用料金がリゾートフィー(ホテルごとに発生するフィットネスジム使用料、インターネット回線使用料等の追加料金)に含まれている場合は、日割り分のWi-Fi料金をチェックアウト時に差し引かせていただきます。

※特典のご利用にあたってはホテルにより制限があり、表示のない限り、換金やほかの特典と併用はいただけません。

※本特典はチェックアウト時まで適用となり、チェックアウト後はご利用いただけません。

※特典は1滞在中、1部屋毎に適用されますが、1回のご滞在でご予約できる客室は、カード会員1名様につき3室までです。

※同じ宿泊施設にチェックアウト後24時間以内に再度チェックインした場合は、1回のご滞在とさせていただきます。

※加盟施設と特典内容は変更される場合がございます。

※表示の日本円金額は、ご予約日のレートを基に換算したお支払予定額です。実際のお支払金額は、アメリカン・エキスプレスにおけるカード利用代金等の処理日に所定の方法で決定する換算レートを適用し、確定いたします。

※お支払いは、お支払い方法を「現地ホテルで支払う」を選択された場合は、チェックアウト時とさせていただいておりますが、ホテルによって予約金を必要とする場合がございます。詳細については、ホテルポリシーをご確認ください。

お支払い方法を「予約時に支払う」を選択された場合は、事前決済となります。

※またホテルにて別途徴収される諸税(宿泊税、入湯税など) がある場合もございます。予めご了承ください。

※予約金が必要な場合、お支払予定額の表示金額に含まれます。

※また本特典に「期間限定特典」などが付属する場合がございます。

 

おすすめ関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください