グアム直行便ユナイテッド航空エコノミークラス搭乗レビュ―。

スポンサーリンク

ANAマイルで行くグアム直行便ユナイテッド航空エコノミークラス搭乗レビュ―。片道3時間強、時差も1時間の常夏は家族旅行にもおすすめ。

すけすけ
どうも、陸マイラーを始めて約20年、このブログを2016年から運営している「すけすけ」です。マイル・ポイント・クレジットの情報を日々提供しているのが当サイト「すけすけのマイル乞食」です。

年末年始に家族でグアムまで旅行に行ってきました!片道3時間強で、時差も1時間のみ。直行便で行けば子連れ旅行も負担が少なくて、超オススメですよ!!!

2023年もよろしくお願いいたします!!!!

2022年の年末に海外旅行に家族で行ってきました。年末年始と言えば、特典航空券の取り合いも非常に厳しいところですが、今回はANAマイルで家族4人分のグアム行きの特典航空券が取ることができ、年末年始に常夏のグアムを満喫してきました!!!

では、グアム直行便のユナイテッド航空エコノミークラスをレビュ―します。シートや機内食のレビュ―の前に、まずはマイルの使い方を整理しておきましょう!!!

 

ユナイテッド航空はスターアライアンスなので、ANAマイルで特典航空券が取れる

まずは、ユナイテッド航空の特典航空券の情報を簡単に整理しておきます。ユナイテッド航空はANAと同じスターアライアンス所属なので、ANAマイルを利用して特典航空券を取ることが可能です。ユナイテッド航空は、成田・関西・中部・福岡からグアム直行便を運航しており、ANAマイラーでグアムに行ってみたい人には、注目すべき航空会社になっています。

さて、ANAマイルでユナイテッド航空のグアム直行便を特典航空券を取る場合の必要マイル数ですが、

  • エコノミークラス往復:20,000マイル(ちなみにハワイは40,000マイル)
  • ビジネスクラス往復:40,000マイル(ちなみにハワイは65,000マイル)

となっています(ANAマイルの国際線特典航空券は片道発券不可です)。片道ビジネスクラスで、片道がエコノミークラスの場合は足して2で割ればOKです。

さて、ANAマイルでの特典航空券の空席状況ですが、

上記のようにエコノミークラスなら割と空席があるので、今回はANAマイルで家族4人分を発券することができました。家族4人分で8万マイルというかなりお得な状況になつています。ということで、ANAマイルのおかげで今回も海外旅行にお得に行くことができ、マイルには常に頭が上がりません・・・。8万マイルならANAアメックスゴールドの入会キャンペーンで一撃で手に入りますよ!!!

【2023/2版 激熱すぎる】ANAアメックスの入会キャンペーンの全貌を紹介。10万マイルを手に入れろ!

2022-12-01

ただし、2023/1の時点ではサーチャージがそれなりに(1人あたり往復4万円弱)が必要にはなります。サーチャージが早く下がって欲しいですね!!!

【最新版】ANA燃油サーチャージの推移まとめ。変更で安くなる?高くなる?裏技付き!!!

2022-09-17

 

ユナイテッド航空の「マイレージプラス」を利用した特典航空券も人気が高まっている!

ユナイテッド航空のマイレージプログラムは「マイレージプラス」という名称で、主な特色ですが、

  • 有効期限なし
  • サーチャージなし
  • 片道発券可能
  • 第3者への発券可能
  • バイマイルも可能

となっていますが、なんといっても最大の注目はANA国内線特典航空券を発券する場合には、

  • 必要マイル数がANAマイルより少なく5,500マイル~
  • 乗継便でもマイル数変わらない
  • 予約開始日がANAより早い(国際線とは異なり、ANA国内線は年に2度の一斉販売)

という特色があり、かなり人気です。このあたりを詳しく知りたい人は、下記の記事がオススメです。

ユナイテッド航空のマイル貯め方・使い方まとめを基礎から解説。

2021-10-09

 

さて、今回は少しユナイテッド航空のマイルを利用してグアム行きの国際線特典航空券を発券する場合ってお得なのか見ておきましょう。

こちらはユナイテッド航空のマイルを利用して、成田=グアムの片道エコノミークラス特典航空券の空席状況を調べたものです(ユナイテッド航空のマイルなら片道発券が可能です)。面白いのは、必要マイル数が、日によって違う点ですよね。15,000~30,000マイルまでかなり幅があります。ユナイテッド航空のマイルは、自社便に関しては変動制となっているんです。つまり、マイルさえあれば発券し放題という特色があったりします。

往復で検討すると、

  • ANAマイルなら20,000マイル+サーチャージ4万円(サーチャージはこちら
  • ユナイテッド航空のマイルなら15,000マイル×2と9,000円ちょいの諸経費

となっています。さて、どっちを選びますか???ということになってくるので、かなりいい勝負な感じもしてきます。これくらいになるとかなりいい勝負ですね。サーチャージが安いときなら、ANAマイルの圧勝なのですが、サーチャージが高い時期だとユナイテッド航空のマイルで国際線特典航空券を発券するのも悪くない選択肢になってきます。

 

なお、

再度上記の表を見ると、

  • 15,000マイル(直前なると追加マイルでもう少し増える)
  • 16,500マイル
  • 30,000マイル

と3つのパターンがあるのがわかると思いますが、このうちANAマイル側に特典航空券の枠を提供しているのは、15,000マイルと16,500マイルという日程のみです(16,500マイルの日程は直行便ではなく乗継便が出てきます)。30,000マイルの日程は、ユナイテッド航空が、自社マイルを利用して、自社便に搭乗する人のみに、マイルさえ払えば取らせてあげるとよ!!!という枠になっております。片道3マイルは高いわ!!!と思うかもしれませんが、盆という超ハイシーズンでもマイルで特典航空券を取ることができ、さらにサーチャージが無料ということを考えれば決して悪くないと思います。

 

ユナイテッド航空の「マイレージプラス」が貯まるクレジットカードも多数あり!!

なお、ユナイテッド航空のマイルが貯まるクレジットカード(もしくは貯まったポイントをユナイテッド航空のマイルに移行できるクレジットカード)も日本国内には多数あり、

  • マリオットアメックスのポイント移行
  • MileagePlusセゾンカード:年間300万円カード利用まで還元率1.5%(以後、0.5%)
  • MileagePlusセゾンゴールドカード:年間750万円カード利用まで還元率1.5%(以後、0.5%)
  • MileagePlusセゾンプラチナカード:上限なく還元率1.5%

などなどで貯めることも可能なので、実は日本国内でも貯まります。マリオットアメックスプレミアムは自分もメインのクレジットカードにしていますが、30社以上の航空会社のマイレージに自由にマイル交換ができるのがめちゃくちゃ強いですね。

【2023/2版】マリオットアメックス新規入会紹介キャンペーンが実はダブル紹介なら55,000ポイントも獲得が可能という裏技!!

2022-08-27

 

グアム直行便ユナイテッド航空エコノミークラス搭乗レビュ―。

では、ユナイテッド航空エコノミークラスの搭乗をレビュ―していきます!!!

ユナイテッド航空エコノミークラス

往路は成田空港発、復路は関西空港着の便です。成田発のユナイテッド航空グアム行きは、1日に最大で3便もあるので、好きな時間帯を選べます。17:50成田発のグアム行きだと、22時にはグアムに到着するので、翌朝からグアムを満喫できます。

 

ユナイテッド航空エコノミークラス

機材はナローボディー(通路が1つ)のB737-8。ボーイング社の短距離路線で利用されているメイン機材ですね。ANAもJALも保有している機材なので、搭乗したことがある人も多いのではないでしょうか。

 

ユナイテッド航空エコノミークラス

内部はエコノミークラスは3-3の横6席。ビジネスクラスだと、2-2の横4席でシートが広くなりますが、フルフラットシートになるタイプではなく、また飛行時間も3時間台なので、自分の場合にはビジネスクラスの特典航空券の空席があってもマイル節約のためにエコノミークラスに搭乗することを選択する距離&機材になりそうです。

 

ユナイテッド航空エコノミークラス ユナイテッド航空エコノミークラス

小さいモニターですが、国際線だけあり、全席にモニターは配置されています。ただ・・・番組そのものが非常に少なく、日本語で見ることができるものは1つだけだった印象です・・・。WiFiも利用できないので、時間をつぶせるものを用意しておくことをオススメします!!!

 

ユナイテッド航空エコノミークラス機内食レビュ―。

3時間フライトでエコノミークラスですが、しっかりと機内食も出てきます!!

ユナイテッド航空エコノミークラス

機内食はメインとサラダ、パンにクッキーです。

本当はメニューももらいたいところですが、メニューはありません。ただし、メインは2種類から選択が可能です。

 

1つはハンバーグ。定番中の定番の料理は外れもないので、助かります。

 

ユナイテッド航空エコノミークラス

もう1つは「ハンバーグ or チーズ」と言っていたので、チーズって何だ???と思っていたのですが、チーズとベーコンのグラタンだったようですね。

簡単な食事ではありますが、3時間フライトのエコノミークラスでも機内食はしっかり提供されます。

すけすけ
ユナイテッド航空の超距離路線に利用されている「ユナイテッドポラリス」というフルフラットタイプのビジネスクラスは、これまた超いいですよ!!!ユナイテッドポラリスのレビュ―はこちら。興味ある方は是非チェックを!!

 

グアム空港ユナイテッド航空ビジネスクラスラウンジレビュ―。

ユナイテッド航空エコノミークラス

さて、ビジネスクラス搭乗時には搭乗前に航空会社のラウンジ利用できます。自分は、今回はエコノミークラスの利用でしたが、スーパーフライヤーズカード(SFC)を所有しており、SFCを所有しているとスターアライアンスゴールドのステータスが付与されるので、ユナイテッド航空のラウンジも利用が可能なのですが・・・コロナの影響でグアム空港のユナイテッド航空ラウンジは一時閉鎖されたままで・・・レビュ―はできませんでした・・・。

 

今回の記事はグアム直行便で遊びに行ってきましたという話なのですが、ハワイと比較してグアムの魅力は何なのかというと、

  • 3時間強で到着する
  • なのでマイルや料金は安い
  • 時差はたったの1時間
  • なので子連れ家族旅行も超容易

といったあたりです。街の規模はホノルルに比べるとだいぶ小さいですが、年中常夏なので、年末年始でも半袖短パンで海もプールも超快適で、素晴らしい時間が過ごせますよ!!!興味ある方は、是非ANAマイルで楽しんできてくださいね!!!

【徹底解説】陸マイラーのANAマイルの貯め方を大公開!陸マイラーを始めたい人はこれを読め!!

2022-03-29

おすすめ関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください