ユナイテッド航空最新ビジネスクラス「ユナイテッドポラリス」は想像以上だった。ブログ搭乗レビュ―。

スポンサーリンク

ユナイテッド航空最新ビジネスクラス「ユナイテッドポラリス」がかなりいい!!!スタッガートとヘリンボーンを混合した独自のシートで、スペースを大幅確保している!!ラウンジ・アメニティー・機内食までブログ搭乗記。

すけすけ
どうも、陸マイラーを始めて約20年、このブログを2016年から運営している「すけすけ」です。マイル・ポイント・クレジットの情報を日々提供しているのが当サイト「すけすけのマイル乞食」です。

ユナイテッド航空の最新型ビジネスクラスに搭乗してきました!!!めちゃくちゃいいですよ!!!!

先日、北米に遊びに行ってきました。

贅沢にもロサンゼルスエンゼルスの大谷翔平がピッチャーで登板する日に生観戦をしてくるという超贅沢な旅をしてきました。この旅では、

に搭乗をしてきています。実は復路は、別の航空会社に搭乗予定だったのですが、諸事情により土壇場でキャンセルをし、ユナイテッド航空のビジネスクラスを取り直すことになっています(細かい話は記事の最後に)。

このユナイテッド航空のビジネスクラス「ユナイテッドポラリス」が想像よりははるかにいいんですよ。なんか、米系の航空会社っていまいちってイメージないですか???そんなこと全然なかったです。

では、ユナイテッド航空のビジネスクラスのレビュ―をしていきましょう。まずは、ユナイテッド航空の特典航空券に関する情報をサクッとまとめて、その後に搭乗レビュ―といきましょう!!!

 

ユナイテッド航空はスターアライアンスなので、ANAマイルで特典航空券が取れる

まずは、ユナイテッド航空の特典航空券の情報を簡単に整理しておきます。ユナイテッド航空はANAと同じスターアライアンス所属なので、ANAマイルを利用して特典航空券を取ることが可能です。日本からユナイテッド航空でのアメリカ直行便はハワイ・グアム・ロサンゼルス・サンフランシスコ・ニューヨーク・シカゴ・ダレス・ヒューストン・デンバーとあり、アメリカの各都市に行くには非常に強い味方です。

さて、ANAマイルでユナイテッド航空の特典航空券を取る場合の必要マイル数ですが、

  • エコノミークラス往復:50,000マイル(ハワイは40,000マイル、グアムは20,000マイル)
  • ビジネスクラス往復:85,000マイル(ハワイは65,000マイル、グアムは40,000マイル)

となっています(ANAマイルの国際線特典航空券は片道発券不可です)。片道ビジネスクラスで、片道がエコノミークラスの場合は足して2で割ればOKです。

特典航空券は、エコノミークラスの場合はハワイ路線なんかでも、空席はそこそこ出てくるのですが、ビジネスクラス特典航空券はなかなか空席がヒットしないかもしれません。

ただ、上記のように出現していることもあるので、この記事を読んでユナイテッド航空のビジネスクラスに搭乗したい!!!という方は、是非是非じっくりじっくりと検索してみてください。

 

なお、ユナイテッド航空の特典航空券を探す場合に1つ重要なコツがあります。それは、予約開始日です。

  • ANA便(国際線):ANAの基準に従い355日前から予約開始
  • ユナイテッド航空便:ユナイテッド航空の基準に従い約337日前から予約開始

となっており、なんと355日前にいくら検索してもヒットするわけがないんです。なので、ハワイ行きの特典航空券を検討している方なんかは、355日前に空席が取れなくても、337日前くらいからユナイテッド航空の特典航空券が突如して取れるようになっていたりするので、ここは要チェックです。ANAマイルを利用した航空会社別の予約開始は下記の記事で勉強してみてください。当サイトの割と人気記事です。

ANAマイルの特典航空券予約開始日は本当に355日前??航空会社別の予約開始日を公開。

2019-04-04

なお、予約開始日が異なることで困るのが、ANAでロサンゼルスまで行き、その後にユナイテッド航空のラスベガス行きに乗り継ぎをするような特典航空券を取りたい場合です。355日前にはANAでロサンゼルスまで行く特典航空券の予約は可能ですが、乗継便はまだ予約不可です。なので、諦めてロサンゼルスからラスベガスは別途有償航空券を購入するというのが、まあ妥協策になります。もしくは、ANA便が満席になって取れないリスクを抱えながら、ユナイテッド航空の特典航空券が開放されるまで待つかになります。自分は、確実にロスまで確保する派ですかね。

いずれにせよ、ANAマイルは貯めましょう。マイルがなかったら、往復何十万円もするビジネスクラスに搭乗することなんてないですからね。マイル様様です。

【徹底解説】陸マイラーのANAマイルの貯め方を大公開!陸マイラーを始めたい人はこれを読め!!

2022-03-29

【2022/12版 激熱すぎる】ANAアメックスの入会キャンペーンの全貌を紹介。10万マイルを手に入れろ!

2022-12-01

 

ユナイテッド航空の「マイレージプラス」を利用した特典航空券も人気が高まっている!

ユナイテッド航空のマイレージプログラムは「マイレージプラス」という名称で、主な特色ですが、

  • 有効期限なし
  • サーチャージなし
  • 片道発券可能
  • 第3者への発券可能
  • バイマイルも可能

となっていますが、なんといっても最大の注目はANA国内線特典航空券を発券する場合には、

  • 必要マイル数がANAマイルより少なく5,500マイル~
  • 乗継便でもマイル数変わらない
  • 予約開始日がANAより早い(国際線とは異なり、ANA国内線は年に2度の一斉販売)

という特色があり、かなり人気です。このあたりを詳しく知りたい人は、下記の記事がオススメです。

ユナイテッド航空のマイル貯め方・使い方まとめを基礎から解説。

2021-10-09

 

さて、今回は少しユナイテッド航空のマイルを利用して国際線特典航空券を発券する場合ってお得なのか見ておきましょう。

こちらはユナイテッド航空のマイルを利用して、ロサンゼルス=東京の片道ビジネスクラス特典航空券(ユナイテッド航空便のみに絞って検索しています)の空席状況を調べたものです(ユナイテッド航空のマイルなら片道発券が可能です)。面白いのは、必要マイル数が、日によって違う点ですよね。72,400~175,000マイルまでかなり幅があります。ユナイテッド航空のマイルは、自社便に関しては変動制となっているんです。つまり、マイルさえあれば発券し放題という特色があったりします。とはいえ、片道175,000マイルは実際に発券する人は超レアでしょうが・・・。

ただし、最安値の72,400マイルの日なら、どうでしょうか???というのも、ユナイテッド航空のマイルはサーチャージ無料という特色もあるので、往復ビジネスクラス特典航空券で考えると、

  • ANAマイルなら85,000マイル+サーチャージ10万円(2022/10時点のサーチャージはこちら
  • ユナイテッド航空のマイルなら72,400マイル×2と1,000円ちょいの諸経費

となっています。さて、どっちを選びますか???ということになってくるので、かなりいい勝負な感じもしてきます。これくらいになるとかなりいい勝負ですね。サーチャージが安いときなら、ANAマイルの圧勝なのですが、サーチャージが高い時期だとユナイテッド航空のマイルで国際線特典航空券を発券するのも悪くない選択肢になってきます。

 

なお、

再度上記の表を見ると、

  • 72,400マイル(直前なると追加マイルで72,800マイルになっている)
  • 92,000マイル
  • 175,000マイル

と3つのパターンがあるのがわかると思いますが、このうちANAマイル側に特典航空券の枠を提供しているのは、72,400マイルという日程のみです。他の日程は、ユナイテッド航空が、自社マイルを利用して、自社便に搭乗する人のみに、マイルさえ払えば取らせてあげるとよ!!!という枠になっております。175,000マイルの日は論外にしても、92,000マイルの日なら、サーチャージ無料であることも加味すれば決して悪くないと思います。ユナイテッド航空のマイルは国際線でも捨てたものではない面ありますね。

 

ユナイテッド航空の「マイレージプラス」が貯まるクレジットカードも多数あり!!

なお、ユナイテッド航空のマイルが貯まるクレジットカード(もしくは貯まったポイントをユナイテッド航空のマイルに移行できるクレジットカード)も日本国内には多数あり、

  • マリオットアメックスのポイント移行
  • MileagePlusセゾンカード:年間300万円カード利用まで還元率1.5%(以後、0.5%)
  • MileagePlusセゾンゴールドカード:年間750万円カード利用まで還元率1.5%(以後、0.5%)
  • MileagePlusセゾンプラチナカード:上限なく還元率1.5%

などなどで貯めることも可能なので、実は日本国内でも貯まります。

 

ユナイテッド航空B787-9最新型ビジネスクラス「ユナイテッドポラリス」搭乗レビュ―。

ユナイテッド航空ポラリス

こちらが今回搭乗したユナイテッド航空のB787-9。B787はどの航空会社でも主力となる路線に導入されていて、ボーイング社にとっても誇らしいでしょうね!!今回の搭乗は、ロサンゼルス⇒成田の11時間フライトになります!!!写真は到着後の成田にて。

 

ちなみにですが、ロサンゼルス空港ではANAは国際線ターミナル(トムブラッドレーターミナル、TBIT)から出発ですが、ユナイテッド航空便は全便がターミナル7および8からの出発となります。そこには、ユナイテッド航空の通常ラウンジ「ユナイテッドクラブ」とは別に最上級ラウンジ「ユナイテッドポラリスラウンジ」という長距離ビジネスクラス搭乗者限定の専用ラウンジもあります。ここは、スターアライアンスゴールドメンバーで利用ができないという、まさに最高峰のラウンジになっています。ANAビジネスクラス・ファーストクラス搭乗の方も、ターミナルが異なるので、非常に遠いのですが利用可能なので、興味ある方はぜひ遊びに行ってみて下さいね!!中は、上記のようにオーダースタイルのレストラン(もちろん無料です)があったり、めちゃくちゃ綺麗なシャワールームがあったりと、超快適です。

 

ユナイテッド航空B787-9最新ビジネスクラス「ユナイテッドポラリス」のシートレビュー

では搭乗です!!!

ユナイテッド航空ポラリス

これがユナイテッド航空の最高峰かつ最新のビジネスクラス「ユナイテッドポラリス」です。ブルーを基調としたカラーがめちゃくちゃカッコいい。想像よりはるかに高級感あり。

ユナイテッド航空は、国際線ではファーストクラスを廃止しており(米国国内線には残っていますが、ANAのプレミアムクラスのようなものです)、ビジネスクラスが最高峰クラスとなり、中でも2016年から順次導入されているのが、ユナイテッドポラリスと呼ばれる豪華シートになります。

 

ユナイテッド航空ポラリス

こちらが自分のシート9A。座席は横に1-2-1の4席になっており、全席ダイレクト通路アクセス。そして、窓際の席は個室感満点の完全なプライベートスペースになっています。最高でしょ。

 

ユナイテッド航空ポラリス

写真とシートマップをよく見ていただくと、非常に特色あるシートマップだとわかるかと思います。前後がジグザクになったスタッガードシートと、座席が斜めになったヘリンボーンシートの混合型なんですよ。非常にユニークなのですが、この構造がどうも個人スペースを最大限確保するために有効みたいなんですよ。

 

ユナイテッド航空ポラリス ユナイテッド航空ポラリス

というのも、ユナイテッドポラリスはユナイテッド航空の最高峰クラスだけあり、当然のようにフルフラットのベッドになるのですが、この際の足元がけっこう広いんです。ビジネスクラスでも、中で足を動かすことがあまりできないようなシートも多々ありますが、ユナイテッドポラリスはかなり足元のスペースが広いです。全長は198センチ、シート幅は52センチとなっています。

 

ユナイテッド航空ポラリス

モニターも大型で、USBコンセントつき、しかもモニター下には小物入れつきで眼鏡愛用者には超ありがたい。

 

ユナイテッド航空ポラリス

食事のテーブルもこの広さ。PC広げて仕事をするにも文句なし。

 

ユナイテッド航空ポラリス

サイドテーブルにもユニバーサルコンセントとUSBコンセント。そして、収納あり。

いや、ユナイテッドポラリスめちゃくちゃいいよ!!!!!

 

ユナイテッド航空B787-9「ユナイテッドポラリス」のアメニティーのレビュー

アメニティーも簡単に紹介しておきましょう。

ユナイテッド航空ポラリス ユナイテッド航空ポラリス

中身は歯ブラシやアイマスクなど定番のものですが、ひそかにボールペンが入っているのはありがたい!!!入国書類を記入したり、ちょっとしたメモしたいときにペンが手元にないと不便ですしね。

 

ユナイテッド航空B787-9「ユナイテッドポラリス」の機内食のレビュー

あとは機内食です。

ユナイテッド航空ポラリス

こちらがメニュー。メインは3種類で、ビーフショートリブ、サーモン、ヴェジタリアン料理から選ぶことができます。そして、デザートも3種類で、アイスクリームサンデー、エッグタルト、チーズプレートの3種類ですね。これは食も楽しめそうです。

 

ユナイテッド航空ポラリス

選んだのは、ビーフショートリブ。めちゃくちゃ柔らかく煮込まれた牛肉。この白い陶器で出てくる食事がビジネスクラスの魅力。

 

ユナイテッド航空ポラリス

そして、食後にはデザートです。デザートには、アイスクリームを頂いたのですが、それとは別に機内の前方には常時スナックやナッツ、ケーキ類が用意されているんですよ!!!!これいいでしょ。楽しくなってきますね!!!

 

ユナイテッド航空ポラリス

そして、到着の1時間ほど前には2度目の機内食が提供されます。フルーツとフレンチトーストをお願いしました。フレンチトーストの代わりに卵料理の選択肢もありましたが、フレンチトースト大好物なので、ここはノータイムでチョイス。自分の好きなものが出てくると嬉しいですよね。

 

以上、ユナイテッド航空の新型ビジネスクラス「ユナイテッドポラリス」の搭乗レビューです。

ユナイテッド航空ポラリス

実は、今回の帰国便は元々はユナイテッド航空に搭乗する予定はなくて、ANAの新型ファーストクラス「THE SUITE」に搭乗する予定だったんですよね。

ところが、当日成田からロサンゼルスに向かっている機材を調べてみると、出発直前にTHE SUITE&THE ROOMではない旧型の機材に変更になったことが判明・・・。スーパーショックでした・・・。ANAの旧型のファーストクラスは搭乗してブログでレビューしたこともあるので、今回はどうしても新型に搭乗したかったんです・・・(ブログの読者のみなさんに新しい情報もどんどん提供したいですからね)。サンフランシスコなら新型が来ていたのですが、当日はもう特典航空券の空席もなく・・・。ただ、ロサンゼルス発のユナイテッド航空の新型ビジネスクラス「ユナイテッドポラリス」なら空席があり、たまたま今回はユナイテッド航空のマイレージプラスで予約していたこともあり、キャンセル料無料(新型コロナ特別対応中)で、そしてマイレージプラスなら当日発券も可能(ANAマイルは搭乗96時間前まで発券可能)ということで、搭乗の3時間前に急遽ANAをキャンセルし、ユナイテッドを予約するという暴挙??に踏み切りました。ファーストクラスからビジネスクラスに変更したので、マイルも少なくて済みますし、なんせいずれユナイテッドポラリスには搭乗したいと思っていましたからね。まあ、不幸があったときには、その中で最善の行動はできたと思います。ZIP AIRにしようか最後まで悩みなましたが。

そして、そして、搭乗したユナイテッドポラリスがめちゃくちゃいいじゃないですか!!!!機内の雰囲気といい、シートといい、これは想像よりはるかによかったので、ANAマイルの使い道として、空席さえあれば非常におススメできます。

当ブログでは、その他ビジネスクラスへの搭乗も記事にしてレビュ―しております。各記事には、特典航空券の必要マイル数や、取るためのコツなど、マイル関連の情報もあわせて記載しているので、是非貴重なマイルをどう使うのか、色々と読んでみてくださいね!!!!

おすすめ関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください