シンガポール・チャンギ空港の最高峰極秘ラウンジ「プライベートルーム」の全貌レビュ―。

スポンサーリンク

シンガポール・チャンギ空港発のシンガポール航空ファーストクラスおよびスイートクラス搭乗客のみが利用できる最高峰ラウンジ「プライベートルーム」に潜入・その全貌をレビュー。

空港の中にはVIPや特別な人だけが利用できるラウンジがあると聞いたことがないですか?

代表的な例としては、航空会社がステータス会員やビジネスクラス以上に搭乗する客向けに用意しているラウンジがあります。ラウンジ内は、豪華なビュッフェとドリンク、そしてシャワーまであるような非常に快適な空間です。

が、ラウンジの中には、さらに特別な人しか使用できない小部屋のような秘密の部屋が隠れていたりすることがあります。シンガポールのチャンギ空港も例外ではありません。

シンガポール・チャンギ空港のある極秘ラウンジ「プライベートルーム」に潜入してきました。さすがシンガポール航空の本拠地だけあり、ラウンジのレベルも高いものです。詳しくレビュ―しておきます。

 

シンガポール・チャンギ空港のスターアライアンス搭乗時のラウンジ利用資格は?

シンガポール・チャンギ空港でスターアライアンス系の航空会社に搭乗する際のラウンジ利用ですが、4ランクの分類になっています。

  1. プライベートルーム:シンガポール航空のスイートクラス・ファーストクラス搭乗客
  2. シルバークリスラウンジ(ファーストクラスエリア):スターアライアンス加盟航空会社のファーストクラス搭乗客・ANAダイヤモンドメンバーがANA運航便に搭乗の際にターミナル2のファーストクラスラウンジ
  3. シルバークリスラウンジ(ビジネスクラスエリア):スターアライアンス加盟航空会社のビジネスクラス搭乗客
  4. クリスフライヤーゴールドラウンジ:スターアライアンスゴールドメンバーSFC含む)

となっています。

まず、特別扱いされているのが、シンガポール航空のスイートクラスおよびファーストクラスへ搭乗する方です。この方たちだけが最上級ラウンジの「プライベートルーム」を利用することが可能になっています。ファーストクラス搭乗客でも、シンガポール航空以外のルフトハンザドイツ航空に搭乗するようなケースではプライベートルームは利用が不可となっています。かなり、限られた人しか利用ができないようになっているステータス性抜群のラウンジと言えるでしょう。

また、ちょっと特殊なのが、スターアライアンスゴールドメンバーでも、ビジネスクラスに搭乗しない場合にはビジネスクラスラウンジに相当する「シルバークリスラウンジ」は利用できないようになっています。エコノミークラス搭乗のスターアライアンスゴールドメンバーは「クリスフライヤーゴールドラウンジ」というラウンジの利用になります。つまり、SFC修行を終えても、シンガポール・チャンギ空港発のビジネスクラス以上に搭乗しないと「シルバークリスラウンジ」は利用できないようになっています。

今回、自分はシンガポール・チャンギ空港の最高峰ラウンジである「プライベートルーム」を利用してきたので詳しくレビュ―しておきます。



スポンサーリンク

 

シンガポール航空最高峰ラウンジ「プライベートルーム」レビュー

シンガポール発のシンガポール航空のファーストクラスもしくはスイートクラスに搭乗すると、「プライベートルーム」という特別なラウンジに招待されるということを噂には聞いていました。

そして、自分もそのインビテーションを搭乗券とともにいただきました。今回は上海からシンガポールまでA380R新型スイートクラスに搭乗してきたのですが、その後シンガポールから、旧型A380スイートクラスへの乗継もあり、上海の搭乗ゲートで上記のプライベートルームへのインビテーションをいただきました。

これで極秘空間に潜入できます。楽しみですね。

 

こちらがシンガポール・チャンギ空港の第2ターミナルにあるシンガポール航空の「シルバークリスラウンジ」。ここを利用できるのはビジネスクラス以上に搭乗するか、ANAのステータスだと最上級のダイヤモンドメンバーでないと利用ができないので、なかなかハードルは高いですね。

 

中に入ると、左がビジネスクラスラウンジ、右がファーストクラスラウンジなっているのですが、ファーストクラスの奥に更なる空間があり、そこが「プライベートルーム」になっています。

インビテーションを受付で見せると、スタッフが連れて行ってくれます。

なお、ファーストクラスラウンジはシンガポール航空以外のスターアライアンス加盟航空会社のファーストクラス搭乗客が利用できます。また、ANAダイヤモンドメンバーも利用可能です。

 

「THE PRIVATE ROOM」

ついに来ました。自社の最上級クラスに搭乗する人には、ファーストクラスラウンジより更に上のラウンジを用意するという制度は個人的には非常にいい制度だと思います。特別感を感じる瞬間ですしね。ANAやJALもいつか導入する日も来るのでしょうかね。

なお、シルバークリスラウンジはターミナル2にもターミナル3にもあるのですが、プライベートルームがあるのはターミナル3の方です。

シンガポール・チャンギ空港のプライベートルームの場所

 

では、中に入ります。

これは高級感ありまくりですね。豪華な絨毯に、豪華なソファー。高い天井に、落ち着いたライト。そして、人が少ないことで豪華さが一層際立ちます。

 

なんか、バックの絵画と合わせて、世界の金持ち6人が談笑する場のような雰囲気があります。

 

王族の家のリビングにいるような気分を味合わせてくれます。

 

このキャメルシートがシンガポール航空のイメージにマッチしますね。

なお、サイドテーブルにはコンセントもあります。ラウンジ内はWiFiも利用可能です。

 

利用できる人数は少ないですが、ビジネスコーナーもあります。

 

そして、この部屋。奥のテーブルの上に赤ん坊のオムツを交換する台があるのがわかりますかね?ちょっと贅沢すぎる空間が用意されていますね。

世界のトップレベルの航空会社は、ファーストクラスラウンジの中にも、ファミリールームやベビールームがあるところが非常に多いです。子連れだから、ファーストクラスやビジネスクラスに乗りにくいというような雰囲気を日本では感じるケースもあると思いますが、海外だと航空会社が推奨しているような印象を受けます(気のせいかもしれませんが・・・・・)。

 

そして、一番のメインになるのがここ。ここダイニングルームなんです。

 

完全に高級イタリアンのレストランにいるような気分ですね。

 

このキャメルカラーの豪華なダイニングチェアーに陣取りました。

とは言うものの、ここってスイートクラス&ファーストクラス搭乗客専用ですよね?機内で豪華な機内食が出てきますよね???それでも、今からダイニングで食事をするんですか??

はい、します。

 

まずは、小さなビュッフェコーナー。

 

チーズやポテトチップスやナッツ。

 

スティックサラダ。個人的には大好物。

 

サンドウィッチ。イタリアのパニーノという感じですね。

 

チョコレートもなんか高級そう。

 

そして、ケーキ。全種類制覇したくなります・・・。

 

紅茶・お茶はシンガポールブランドの「TWG」ですね。

 

そして、本命はこれ。なんとビュッフェとは別にメニュー表が用意されており、完全な高級レストランとして、食事のオーダーまで可能なんです。

 

  • サラダ2種類
  • スープ2種類
  • 前菜3種類
  • メインが7種類

これは5人家族くらいで来ると、全品オーダーして制覇できそうですが、1人だと5回は来ないと制覇するのは難しいような品揃えです。

 

次のページには、ベジタリアンメニューまで用意されいます。デザートも4種類。

ドリンクはシャンパン・ワイン・カクテル・ソフトドリンク・コーヒーと何でもあります。

 

TWGのお茶もこの充実度。素晴らしいですね。

 

まずは、前菜としてサテー。これはシンガポールの定番中の定番。

 

そして、同時にオニオンスープを注文しました。どちらも満足できる品です。

 

そして、メインディッシュ。先ほど機内食を食べたばかりですし、2時間後にはまたフライトです。でも、二度と来ることはできない場所かも・・・と思うと、注文してしまっていました・・・ちらし寿司(海鮮丼)ですね。マグロ・タイ(ヒラメ?)・サーモン・いくら・卵などの海鮮丼で、このレベルの日本食がシンガポールの空港で出てくるのがすごいですね。

プライベートルームのダイニングエリアは充実しているので、十分にお腹を空かせてからくることをオススメします。搭乗の5時間くらい前に来て、食事をしておくのがいいかもしれません。この後はすぐにフライトで機内食が出てくるわけですから。ただし、シンガポール航空のスイートクラス&ファーストクラスでは機内食は好きな時間に出してもらえます。なので、搭乗後すぐではなく、3時間後に機内食ということも可能です。安心してプライベートルームも満喫してください笑。

 

ここは蘭が飾られており、かなり豪華な雰囲気ですが、トイレの中です。

 

トイレの中にはシャワールームも用意されています。

 

タオルやドライヤーも用意されているので、当然手ぶらでの利用が可能です。

 

アメニティも歯ブラシや髭剃りなど必要なものは揃っています。

 

ということで、深夜フライトの前にシャワーを浴びておきました。これで機内では、快適な時間が過ごせることになります。

 

以上、シンガポール航空が誇るチャンギ空港の極秘最高峰ラウンジの「プライベートルーム」のレビュ―になります。なんと言っても売りはダイニングルームだと思います。豪華な食事を満喫するなら、この後にフライトがあることも考えて、3時間以上前にはラウンジでの食事を済ませておく方がいいかもしれません。ラウンジの後に機内食という流れは、ちょっと食べすぎでしょ?という感じもしますので、みなさんも利用する際には十分に注意しておきましょうね。

おすすめ関連記事

2 件のコメント

  • ANAのDIAがSKLのFが使えるのは、ANA運航でT2のみ。T3のは契約外の為門前払いの為使用不可。T3のF用入口でANA利用者が揉めるのを見るけど、勘違い多すぎ。修正しといてください。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください