人が少ない!成田空港カンタス航空ビジネスクラスラウンジをレビュ―。

スポンサーリンク

成田空港のカンタス航空ビジネスクラスラウンジをレビュ―。超空いている時間帯多し???家族連れでも気軽に利用できる。

成田空港の第2ターミナルからJALは離発着していますが、第2ターミナルにはワンワールド系列のラウンジが複数あります。

と、実は7個のラウンジがあります。そして、どれか1つのラウンジへの入場資格がある人は、実は他のラウンジにも入場可能で、ラウンジホッピングが可能なんです。ファーストクラス搭乗客やJAL・ワンワールドの最高峰ステータスがあれば最大7つのラウンジをホッピングが可能。そしてビジネスクラス搭乗客やJALのJGCやサファイアステータス、ワンワールドのサファイアステータスがあれば最大5つのラウンジホッピングが可能なんです。

成田空港はワンワールドのラウンジ天国のような場所なので、利用する機会がある人は、ラウンジを満喫するような時間的な余裕を持って空港に向かうのもオススメです。

この記事では、カンタス航空ビジネスクラスラウンジがどんなラウンジなのか、詳細をレビューしておきます。成田空港発のJALビジネスクラスに搭乗する方も利用可能なラウンジなので、是非、遊びに行ってみてください。

 

成田空港カンタス航空ビジネスクラスラウンジの場所・営業時間

  • 場所:第2ターミナルサテライト2階
  • 営業時間:8:30~21:30
  • WIFI、パソコン、プリンター、シャワールームあり

成田空港の第2ターミナルは、JALをはじめとするワンワールドの航空会社が集結しています。カンタス航空ビジネスクラスラウンジは、本館から離れたサテライトにあるので、本館からは徒歩で5分以上はかかると思っておいてください。

 

カンタス航空ビジネスクラスラウンジの利用条件・対象者

カンタス航空ビジネスクラスラウンジの利用条件ですが、

  1. カンタス航空ファーストクラス・ビジネスクラス搭乗客
  2. カンタス航空ステータス会員
  3. ワンワールド(含むJAL)のファーストクラス・ビジネスクラス搭乗客
  4. ワンワールドの上級会員(エメラルド・サファイア)保有者および同伴者1名

となっています。

カンタス航空のビジネスクラスを利用するときだけでなく、JALやマレーシア航空・キャセイパシフィック航空・フィンエアーといったワンワールド加盟航空会社のビジネスクラス搭乗時でも利用可能です。なので、JALのビジネスクラスに搭乗する際にJAL指定の「サクララウンジ」ではなく「カンタス航空ビジネスクラスラウンジ」を利用することも可能です。また、両方をハシゴすることも可能です。

また、ステータス会員も利用可能で、カンタス航空の上級会員も利用可能ですが、こちらはさすがに日本国内にはステータス保有者は少ないとは思います。が、JALのJGCを取得していればワンワールドのサファイアステータスが付与されるので、永久会員のJGC保有者も利用が可能になっています。

JALグローバルクラブ「JGC」は生涯JALの上級会員ステータス。メリット・特典は??

2018-10-18



スポンサーリンク

 

成田空港カンタス航空ビジネスクラスラウンジの全貌レビュー

では、成田空港のカンタス航空ビジネスクラスラウンジに行きましょう。

第2ターミナルの本館から徒歩でサテライトに着き、左を向くと上記の標識があります。ここから下に行くとカンタス航空ビジネスクラスラウンジがあるんですね。

すぐ近くには、サテライト側のJALファーストクラスラウンジとJALサクララウンジもあります。

 

こじんまりしている入口なのですが、中は実はけっこう広いんです。

また、入口にはカンタス航空の他にもフィンエアーやマレーシア航空の表示もあります。JALやキャセイパシフィック航空の表示はないですよね???でも、JALビジネスクラス搭乗客やキャセイパシフィック航空ビジネスクラス搭乗客も利用可能ですからね。

 

この受付で搭乗券を提示します。

では、中に入りましょう。しかし、成田からオーストラリア行きのカンタスの便なんて1日に数便しかないのに、朝から夜までオープンして、利用者はいるんでしょうかね?もしかして、めちゃくちゃ空いてる???素朴な疑問です。

 

成田空港カンタス航空ビジネスクラスラウンジのシート

まずは、どのようなシートが用意されているのか見ておきましょう。

食事が可能なテーブル付きのシートが目の前に見えますが、このラウンジけっこう広くないですかね。なんか奥までけっこうな空間が広がっているようです。

 

定番中の定番のシート+サイドテーブル。ドリンクを飲みながら読書に最適。

 

こちらのソファー席からは飛行機の様子もよく見えます。この時間帯はカンタス航空でもなく、ワンワールドでもなく、LCCの香港エクスプレス航空が目の前にいます笑。カンタスの時間帯には、カンタス機が目の前に来るのでしょうかね??

 

窓際のバースタイルの席は、テーブル&コンセントつきなので、仕事も快適にできますね。もちろんラウンジ内はWiFiもばっちりです。

 

そして、パソコンもマッキントッシュのものが利用できるようになっています。プリンターにもつながっているので便利です

 

奥の奥まで、ラウンジはかなり広々しており、カンタス航空のビジネスクラス搭乗客だけでラウンジを埋め尽くすのは不可能な広さになっています。

そして、全写真に利用者が1人も写っていないですよね。なんと、ラウンジは完全に貸切。めちゃくちゃ空いているんですよ。ここが最大のポイントだと思います。受付の写真にも人がいなかったような気も・・・笑。

 

そして、雑誌類。ここはさすがに英語の雑誌・新聞が多いですが、日本語のものも用意されています。隣にはプリンターです。

しかし、ここまで人が少ないラウンジも珍しいですね。



スポンサーリンク

 

成田空港カンタス航空ビジネスクラスラウンジのビュッフェ&ドリンク

ビュッフェコーナーの紹介をしておきましょう。

 

こちらはサラダ・ハム・フルーツを中心としたコールドミール。

 

パンとクラッカー。欧米系!!という感じがします。

 

スープはコーンスープでした。

という感じのビュッフェなので、本格的な食事を楽しみたいかたはJALサクララウンジや、アメリカン航空のアドミラルズクラブの方がオススメです。

が、とにかく空いているので、食事はすでに済ませた方や機内食を楽しみにしている方なら、カンタス航空ビジネスクラスラウンジでもいいかもしれません。

 

ビュッフェの充実度は高いものとは言えませんが、ドリンクはけっこう充実しているんですよね。カクテル・ワインとご覧の通り20種類ほどは用意されています。自分はアルコールに弱く、飲めないので、手前のポテトチップスとアラレの方に惹かれるものがあるのですが笑。

 

ソフトドリンクのサーバー。ここはコカコーラ社ではなく、ペプシが置かれていました。

 

ビールサーバーはサッポロですね。

 

それからビュッフェコーナーとは別にラウンジの奥にもドリンクコーナーが別途用意されています。

 

こちらには、冷えた日本酒の他、プレミアムモルツ・アサヒスーパードライ・オランジーナ・トマトジュースなんかが用意されています。

 

成田空港カンタス航空ビジネスクラスラウンジのシャワー

これだけ空いているラウンジですが、しっかりシャワールームまで完備されています。しかも4部屋も!!!

JALのサクララウンジはシャワールームが満室で待ち時間が発生するもことも多々ありますが、そんなときはカンタスのビジネスクラスラウンジを利用してみるのもありだと思います。

 

以上、カンタス航空ビジネスクラスラウンジの紹介でした。

特別な特色はないと言えば、ないラウンジとも言えますが、超空いてました。完全貸切です笑。おそらくカンタス航空のフライト前に時間帯には多少の混雑があると思うのですが、その他の時間帯はこんな感じでかなり空いています。子連れ家族で、ちょっと騒がしい感じでも迷惑にもなりにくいでしょうし、人が少ないラウンジでゆっくりしたい人にはいいラウンジかもしれませんね。利用機会があれば、是非とも遊びに行ってみて下さい。

おすすめ関連記事

2 件のコメント

  • はじめまして。
    この度、初めて拝読し初めてコメントさせていただく者です。
    こういうブログを読むのが好きで、私自身もラウンジホッピングを楽しんでいます。

    さて、私は旅行業、航空業出身なので良くある間違いを指摘させて頂きたいのです。

    発着や、離着陸は正解ですが、
    離発着は誤用かと。。

    このようなコメントになり、大変恐縮です。。
    同じ趣味の仲間として何卒ご容赦を。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください