【延長さらに】ANA/JAL新型コロナ特別対応での航空券キャンセル無料はいつまで?国際線・国内線それぞれまとめ。

スポンサーリンク

新型コロナウイルス感染拡大&緊急事態宣言でANA&JALの有償航空券および特典航空券の特別対応によるキャンセル料無料期間がさらに延長。この影響はいつまで続くのか・・・。国内線・国際線それぞれまとめ。

すけすけ
どうも、陸マイラーを初めて約20年、このブログを2016年から運営している「すけすけ」です。マイル・ポイント・クレジットの情報を日々提供しているのが当サイト「すけすけのマイル乞食」です。

この記事は嬉しくない朗報です。嬉しくない朗報なんてあるの??って感じですが、コロナに伴う航空券のキャンセル情報まとめです。

ANAとJALの航空券特別対応(いわゆる手数料無料でのキャンセル)の期間がどんどん延長されています。2020年のGW、夏休み。そして冬休み。その後も2021年に入っても、まだまだキャンセル無料期間が延長になっています。

一体いつまでこの状況は続くのでしょうか・・・。

ANA・JALの国内線・国際線の航空券の新型コロナによるキャンセル無料期間がどうなっているのか、この記事で整理しておきます。嬉しくない朗報の詳細です。

 

ANA国際線航空券は特典航空券・有償航空券ともに2021/10/31までキャンセル無料のコロナウイルス特別対応

まず、ANAの国際線航空券の扱いがどうなったのか確認しておきます。

ANAで発券した国際線航空券であれば、有償航空券でも特典航空券でも、下記の条件に当てはまるものがキャンセル料無料での払い戻しが可能となっております。

日本発着全路線
発券日 2021年6月10日発券分まで
搭乗日 2020年2月26日*から2021年10月31日搭乗分まで

ANAは搭乗日が2021/10/31までの国際線航空券に関して、有償航空券も特典航空券もキャンセル料無料・手数料無料で払い戻しが可能になっています(詳細は新型コロナウイルス関連 国際線特別対応 | キャンセルのご案内 | ANA)。

ANAは2021年のGWを越えて、夏休みもキャンセル無料という対応を発表済です・・・すでにこの話ももう1年半ほどになってきました・・・・・・・悲しすぎます・・・。

ただし、状況が少しずつ変わってきている印象はあります。前回(2021/5)の発表では、9/30までのフライトがキャンセル無料と発表され、その直後の6月に10月のフライトまでキャンセル無料と発表されました。かなり小刻みにキャンセル無料期間を延ばしてきています。これは、新型コロナが始まって以降、これまでにない展開なので、ANAは特別対応の終了(海外旅行に行けるようになる)という日もそれほど遠くないと考えているのかもしれません。11月以降の未来日の航空券を持っている方は、キャンセル無料になるのか、はたまたワクチンパスポートなどを利用して海外旅行に行けるようになるのか、最新の情報をチェックするようにしましょう。

 

しかし、この特別対応は旅行をキャンセルしようと思っていた方には、キャンセル無料の対応は非常に助かる対応で、本当にありがたいです。

が、全然嬉しいという感情はないですね!!!!

自由に旅行に行けて、自由にお金もマイルも散財できる環境というのは、めちゃくちゃ幸せなことだったんだなと実感しております。

 

ANAの国際線特典航空券もキャンセルをすでに何度もしています。なお、ANAマイルを利用した国際線特典航空券はインターネット上ではキャンセルができず、ANAマイレージクラブに電話が必要になります。

その際には、

ANA電話窓口にて手数料マイル無しで最新口座(有効期限切れマイル含む)への払い戻しを承ります。

なんと、払い戻しされるマイルは有効期限が3年延長された新品のマイルとして付与されるんです。これはめちゃくちゃありがたいですね。有効期限が切れそうなANAマイルがある方は、一旦国際線の特典航空券を発券しておくと、有効期限3年になるチャンスもあるということですね。

ANAマイルに有効期限の延長方法は下記に整理しているので、マイルの期限が気になっている方は必読です。

ANAマイルの有効期限は3年?延長する方法あり!?マイル有効期限のないクレジットカードは???

2021-06-06

 

JAL国際線航空券は特典航空券・有償航空券ともに2022/4/25までキャンセル無料のコロナウイルス特別対応(ただし条件つき!!!)

次に、JALの国際線航空券の扱いを確認です。実はANAとは大きく内容が異なります。JALの方がキャンセル無料での払い戻し条件が厳しくなっています。

下記の条件に当てはまるものがキャンセル料無料での払い戻しが可能となっております(詳細は新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う国際線航空券の特別対応について – JAL国際線)。

対象便 運休および時間変更対象便
搭乗日 2022年4月25日搭乗分まで
手続き期間 元のご予約便の搭乗予定日の前日まで

ANAとの違いがわかりますかね?ANAは、搭乗日が2021/10/31までなら全便キャンセル無料で払い戻しですが、JALは2022/4/25と一見するとJALの方が期間が長くていい条件のように見えますよね?

が、対象便が「運休および時間変更対象便」となっており、通常通り運航のある便ではキャンセル無料で払い戻しができないんです。ここがANAに比べると条件の厳しい点です。この運休および時間変更便なら、新型コロナとは関係なくキャンセル無料で払い戻しが元々可能なので、新型コロナによる特別な対応という感じではなくなっています。

ただし、

各国の出入国制限に伴い変更や払い戻しをご希望の場合は、運休や時間変更の有無にかかわらず対象とします。ただし、元のご予約便の搭乗2カ月前からのみ承ります。

という条件もあり、搭乗2ヶ月前の時点において出入国に制限があるようなケースならキャンセル無料で払い戻しも可能にはなるようです。

JALの国際線航空券は、インターネット上でキャンセルができ、キャンセル無料の場合には、

上記のような表示が出てきます。この表示がない場合には、基本的にキャンセル料が発生します(特典航空券なら3,100円)。出入国の制限に伴いキャンセルする場合に、この表示がなければ、一度JALマイレージバンクに電話で相談するといいかもしれません。

JALもキャンセル多数しました。残マイルも73万とかになっていますが、なんか全然嬉しくないですね・・・。使いたかったですね。

また、JALも

特典航空券の払い戻しについては、払い戻し時点で有効期限が切れているマイルも含め、払い戻しいたします。

となっており、有効期限が切れているものでも、全マイル有効期限3年のマイルで新品のものとして付与してくれます。これは本当にありがたすぎます。

すけすけ
ついに・・・2021年の夏休みを海外で過ごすというプランまで・・・怪しい雰囲気ですね・・・。海外旅行が自由にできるのはかなり先になりそうなので、国際線キャンセル無料はまだまだ延長になると思われます・・・・。残念すぎる・・・。



スポンサーリンク

 

ANA・JAL国内線航空券は緊急事態宣言およびまん延防止等重点措置により2021/9/30まで搭乗分はキャンセル&変更無料。

また、国内線の航空券ですが緊急事態宣言およびまん延防止等重点措置が延長されたことにより、対象となる地域・期間(東京・大阪・沖縄などを中心に)に応じて、ANAもJALも国内線の航空券のキャンセルが無料となっています。30日後までの変更も追加料金なく可能です。

詳細は下記。

また、緊急事態宣言終了後も当面は減便による影響で、自分が搭乗予定の便が欠航になることはあると思います。天候や震災等の不可抗力による欠航以外の場合なら、キャンセル料はもともと無料なので、欠航になってしまった方は、キャンセル料は今後も必要ありません。

ちなみにですが、有償航空券でも特典航空券でも、キャンセルは無料ですし、変更も30日後(元々の予約の30日後まで。変更の変更で30日+30日にはなりません。)まで追加料金等なく可能です。この変更というのは、特典航空券の枠がなかったとしても、有償航空券の枠さえ空席があれば変更してもらえるという超優遇があることも知っておくといいでしょう。かなり自由度の高い変更が可能になっています。

なお、今回は9/30までの多くの都市で緊急事態宣言が延長になりましたが、その後も解除にはならずにマンボウに移行した場合には、特別対応はさらに延長になるか可能性もありますね。。。

 

 

ということで、ANAもJALもキャンセル料が無料の特別対応がどんどん延長になっています。

日本人の一大イベントである2020年の春休み&GW&夏休み&冬休みが、そして2021年も春休み&GW&夏休みの海外旅行が新型コロナウイルスにより消滅しました。

ただ、少し未来が見えつつあるような気がしてきています。

まずワクチン接種が進んだ国では感染者数・志望者数が劇的に減っており、マスク義務の廃止や日常生活の復活が始まっている欧米諸国も非常に多いです。すでにPCR検査やワクチン接種の有無に関係なく、日本人を受け入れている国も出てきております。そのワクチンも国内での接種スピードもかなり上がってきています。

また、日本でもワクチンパスポートが2021/7中にも、開始になるという話も政府から出てきております。

この状況を、早ければ夏以降に外国への入国時および日本への帰国時に隔離期間なく渡航する日も来るかもしれません。2021年中に海外旅行に行くことができる可能性も出てきているのでは???なんて希望と期待も持っております。

 

おすすめ関連記事

16 件のコメント

  • すけすけさん、いつも楽しく拝見しています。
    私の妻は去年の9月に8月の特典航空券を発券していましたが、この発券はオリンピックに行くためのものだったので、その旨をJALに電話にて伝えたところ、手数料無料でキャンセルして貰えました。
    他にも同じような方がいらっしゃるかもしれませんが、電話でなら無料でキャンセルの手続きをしてくれるそうですよ!
    さすが神対応のJALですね!

    • コザックさん
      特殊な事情をJALが全面に出すことはないでしょうが、柔軟に対応してもらうには一度電話は価値がありますよね。

  • いつも楽しく拝見しています。
    タイトルが
    「【夏休みも対象に】ANA/JAL新型コロナ特別対応キャンセル無料はいつまで?国際線8/31、国内線6/30まで。」
    文中では
    「ANA&JAL国際線航空券は6月末までキャンセル無料のコロナウイルス特別対応」
    「ANA・JAL国内線航空券も8/31までキャンセル無料のコロナウイルス特別対応」
    となっています。タイトルと文中でキャンセル期間が異なる気がするのですが、気のせいでしょうか?

    • Ganzさん
      コメントありがとうございます!後ほど修正させていただきます!

  • 国内線と国際線が、逆になっていますよ。

    • たけっちさん
      ありがとうございました!

  • ソラシドエアは既に6月末までキャンセルフリーの対応になっているので
    多数のコードシェア便を抱えるANAは国内線も6月末までは継続にせざるを得ないと踏んでますが甘いでしょうか・・・。
    既にソラシドは6月末まで、多くの便の新規予約受付を停止しています・・
    何故かANA便名だと全便予約できるのですが(苦笑)

    • ひろろさん
      どうなるでしょうかね・・・
      個人的にはこれ以上延長する必要はないと思うので、しっかりと経営を考えもらいたいなと感じてはおります。

  • すけすけさん

    初めまして。
    いつも楽しく読ませていただいてます。
    もしご存知ならご伝授ください。
    anaの国内航空券の種別に、バリュー3Eとかバリュー3Hと表示されている場合、プレミアムポイントを計算する際、利用運賃種別はどれになるのでしょうか?

      • すけすけさん
        ありがとうございます。
        表を見る限り種別は5ということでしょうか?

        あと、修行するにあたり家族会員が5000pp貯めた場合は家族会員が新たにカードを申し込み審査が通ればプラチナステータスになるのでしょうか?
        度重ね質問ばかりで申し訳ありません。
        ご伝授いただきたく存じます。

        • 5だと思います。
          家族会員がどうとか関係なく、プラチナステータスは5万PPが必要です。プラチナステータスは、ANAカードの所有等は関係なく、マイレージクラブ会員が5万PP貯めればOKです。

  • そうなんですか?
    昨年12月に、今年の9月に家族4人の特典航空券を発券してます。もし、キャンセル無料の期間が延期された場合は、マイルは新品になって帰ってくるかもなんですね??
    そうだったら嬉しいです!

    • nanasanaさん
      もしその時期まで延長ならそうなるのかもしれないですね。
      さすがにそこまでの期間になると特別対応も難しいかもしれませんが。。。

  • 5月のニューヨーク特典航空券をキャンセルしたんですが、なんと返還されたマイルの有効期限が 今月から 3年間になってました。2021年3月末までの有効期限延長だと思ってたので、これは幸いでした。

    • フージさん
      そうなんです。特典をキャンセルした分は、新品のマイルになって返却してくれるという裏対応がありますよね。