チャンギ空港のキャセイパシフィック航空ビジネスクラスラウンジがいけてる!

スポンサーリンク

シンガポール・チャンギ空港のターミナル4にある、キャセイパシフィック航空のビジネスクラスラウンジのレベルが高い。本拠地同様のヌードルバーまである。

ちょっとマニアックな情報ですが、シンガポールのチャンギ国際空港のターミナル4には、キャセイパシフィック航空のビジネスクラスラウンジがあります。

日本から発着のANAはターミナル2、JALはターミナル1、シンガポール航空はターミナル2かターミナル3なので、ターミナル4を利用する機会は少ないかもしれません。

ターミナル4はキャセイパシフィック航空や大韓航空が利用するターミナルなのですが、今回シンガポールからキャセイパシフィック航空で香港経由で帰国したので、チャンギ空港のキャセイパシフィック航空ビジネスクラスラウンジを利用してきました。

これがなかなか豪華で、本拠地香港並み?と言ってもいいような非常にいいラウンジでした。

 

チャンギ空港キャセイパシフィック航空ビジネスクラスラウンジの場所・アクセス・営業時間

チャンギ空港の、キャセイパシフィック航空ビジネスクラスラウンジはターミナル4の制限区域内の中2階にあります。おなじフロアにはプライオリティパスで利用できるラウンジもあります。

 

ターミナル4は、他のターミナルとは陸の孤島のようになっており連結していません。ターミナル2へは、バスが出ていますが、バスです・・・。JALのターミナル1までは、何分かかるんでしょうかね。片道30分くらい??

 

ターミナル4の手荷物検査終了後の制限区域内の中2階(L2M)にキャセイパシフィック航空ビジネスクラスラウンジはあります。

ターミナル4にあるラウンジは、2つで、

  • キャセイパシフィック航空ビジネスクラスラウンジ(営業時間4:00~1:00)
  • Blossom SATS&Plaza Premium Lounge(プライオリティパスで利用可能)

となっています。

 

チャンギ空港キャセイパシフィック航空ビジネスクラスラウンジの利用対象者

キャセイパシフィック航空のビジネスクラスラウンジを利用できるのは、下記に該当する人です。

  1. キャセイパシフィック航空ファーストクラス搭乗者および同伴者1名
  2. キャセイパシフィック航空ビジネスクラス搭乗者
  3. キャセイのマルコポールクラブのダイヤモンドメンバーおよび同伴者2名
  4. キャセイのマルコポールクラブのゴールドメンバーおよび同伴者1名
  5. キャセイのマルコポールクラブのシルバーメンバー
  6. ワンワールドのエメラルドメンバーおよび同伴者1名
  7. ワンワールドのサファイアメンバーおよび同伴者1名

となっています。

キャセイパシフィック航空を利用する人ではなくても、ワンワールドのサファイア以上のステータスを保有していれば利用できるので、JALのJGC所有者なんかも利用が可能です。

が、ターミナル4は、他のワンワールド便が離発着するターミナルとは、かなり離れています・・・。実質的には、チャンギからキャセイに搭乗する人くらいしか利用機会はないかもしれません。



スポンサーリンク

 

チャンギ空港キャセイパシフィック航空ビジネスクラスラウンジをレビュー

では、チャンギ空港のキャセイパシフィック航空ビジネスクラスラウンジの紹介です。これが、なかなかレベルが高いんですよね。本拠地ではない空港にあるラウンジってレベルが低いことが多いじゃないですか。が、チャンギ空港のキャセイラウンジは非常におススメです。

 

まず少し話がそれますが、チャンギ空港のターミナル4は、2017年にできたばかりなので、超近代的でめちゃくちゃキレイです。

こちらはターミナル4のチェックインカウンターと、手荷物検査場を過ぎた制限区域内の免税店の様子です。

上がチェックインカウンターなのですが、ほぼ無人なんですよね。実は、この前にチェックインをする機械が置かれており、パスポートを読み込んでチェックインをします。そして、預ける荷物用のバゲッジシールもぷりんと出てくるので、それを荷物につけて、こちらのカウンターで預けます。要は、上の写真は荷物を預けるだけの場所になっています。

下は、免税店の様子です。そして、搭乗ゲートに向かうには、この免税店の中の通路を通るしかない設計になっています。つまり、誘惑が必ず待ち受けています笑。後ろを振り返ると、妻がするする~っと吸い込まれている姿を何度見たか・・・・。

 

エスカレータで中2階に上がると、豪華な門構えのキャセイのラウンジが待ち受けています。本拠地の香港空港のラウンジより、入口の豪華さは上なんじゃないですかね。

香港国際空港キャセイパシフィック航空の豪華ビジネスクラスラウンジの全貌公開。

2019-01-20

 

中に入ると、まずダイニングルームがあります。

香港のキャセイラウンジに行ったことのある人はわかるかもしれませんが、キャセイラウンジらしく木目調を強く出している特徴は同じですね。

 

そして、このダイニングルームには、しっかりキャセイ名物のヌードルバーもあります。ブラックのバーカウンターがまたオシャレ。

 

麺類と飲茶をこのカウンターでオーダーできます。麺類には、シンガポールらしく、「シーフードラクサ」も用意されているのが嬉しいですね。薬味も豊富です。

 

もちろん、シーフードラクサをオーダーです。気のせいか、ちょっと高級感があるラクサの味だったのは自分だけでしょうか。辛味も効いていて、シンガポールを味わえていい感じのヌードルバーです。

 

ダイニングルームは、ソフトドリンクとナッツ・スナック・クッキーとケーキ・スープもあります。スープは、サツマイモとジンジャーのスープというもので、非常に美味しそうと思い食したのですが、漢方薬のような感じの味付けになっており、想像外でした・・。

 

ヌードルバーのある隣の部屋もダイニングになっています。

 

このロングテーブルとロングバーが、またカッコいい。自分の家にも思わず、同じテーブルが欲しくなりますが、我が家に導入した瞬間に日常の中に溶け込んでしまい、価値が半減してしまうんでしょうね・・。

ラウンジは、この非日常感がいいですね。

 

こちらには、サラダ系のコールドミールもありますし、東南アジア系・中華系のホットミールもあります。ドリンクもフレッシュジュースや、アルコールも豊富にあり、待ち時間を過ごすには十分だと思います。

自分はシンガポール市内で夕食後に、ラクサもヌードルバーで食べたので、こちらには手を付けていませんが、お腹を空かせてラウンジに到着するのも悪くないかもしれませんね。

 

奥にはソファースペースが広がっています。

 

こちらのソファーの、ひじ掛けは外すことも可能なので、深夜便搭乗前の23時くらいには息子たちが寝てしまい、こちらのソファーで横になって寝かすことができたので非常に助かりました。

サイドテーブルにはコンセントもあるので、PCの利用やスマホの充電も可能です。

中2階にあるラウンジなので、この場所からだと下の免税店フロアが吹き抜け状で見える構造になっています。開放感ありますよね。

 

それから、入口の付近にはビジネスブースもあり、PC・プリンターも完備されています。もちろん、ラウンジ内はフリーWifiも利用可能です。

唯一残念なのは、シャワーがない点です。なお、キャセイラウンジのすぐ隣にあるプライオリティパスで利用できるBlossom SATS&Plaza Premium Loungeにはシャワーがあるので、我が家はそちらでシャワーを浴びて、深夜便に搭乗しました。

 

以上、レアかもしれませんが、シンガポールチャンギ空港のキャセイパシフィック航空のラウンジ紹介です。香港もそうですが、キャセイパシフィック航空のラウンジは非常にレベルが高いと思います。世界の航空会社の中でも、キャセイパシフィック航空のラウンジはかなり上位にランクするのではないですかね。機会があれば、是非遊びに行ってみて下さい。

キャセイパシフィック航空のビジネスクラス搭乗記に興味ある方は、下記も読んでみて下さい。

【最新機材】キャセイパシフィック航空 A350-900&1000 ビジネスクラス搭乗記。

2019-05-10

キャセイパシフィック航空ビジネスクラス搭乗記。フルフラットとシェル型シートを乗り比べ。

2019-01-25

 

おすすめ関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください