【最新機材】キャセイパシフィック航空 A350-900&1000 ビジネスクラス搭乗記。

スポンサーリンク

キャセイパシフィック航空で香港経由でシンガポールに家族旅行。A350-900、A350-1000、A330-300、B777-300の4機材のビジネスクラスに搭乗。最新機材のA350搭乗レビュー。

10連休のゴールデンウィークの後半を利用してシンガポールに家族で行ってきました。関空からは、シンガポール航空なら直行便で行くこともできるのですが、ワンワールド系に搭乗してJALのステータスポイント(FOP)を貯めているので、キャセイパシフィック航空に搭乗して香港で乗継をしていくことにしました。

キャセイパシフィック航空は、機材変更が頻繁にあるのですが、今回の搭乗では、

  • 関空→香港:A350-900
  • 香港→シンガポール:A330-300(搭乗記はこちら
  • シンガポール→香港:B777-300(搭乗記はこちら
  • 香港→関空:A350-1000

と奇跡的に、4回ともすべて違う機材に搭乗することができました。

この記事では、キャセイパシフィック航空の最新機材であるA350-900&1000のビジネスクラス搭乗記を紹介したいと思います。

 

キャセイパシフィック航空の最新機材A350-900&1000とは

A350-900とA350-1000はエアバス社の航空機で、キャセイパシフィック航空が導入している最新の機材になります。国内だと、JALが導入を決定しており、間もなく国内線に利用される予定になっている機材です。

羽根の先端が、くるっと丸まっているのが特徴の機材で、見た目は非常に美しいです。

 

A350-1000は、全長が73.8メートル、通路が2本のワイドボディー機で、

  • ビジネスクラス46席
  • プレミアムエコノミー32席
  • エコノミークラス256席

の合計334席の機材です。B777-300ERに対抗する大型機材です。

A350-900は、全長が67メートルと少し短く座席数の合計は280席になっています。基本的には、A350-1000と同じ中身の、同じ見た目だと思っていいと思います。A350なら、どちらの機材でもキャセイパシフィック航空の最新のスペックが導入されています

 

キャセイパシフィック航空の特典航空券はJALマイルやブリティッシュエアウェイズのAviosで発券可能

A350ビジネスクラス搭乗記の前に少し、キャセイパシフィック航空の特典航空券の話をしておきます。キャセイパシフィック航空のマイレージプログラムは「アジアマイル」というものですが、キャセイパシフィック航空に搭乗した際のマイルはアジアマイルにつけなくてもOKです。同じワンワールド加盟航空会社なら、どこにフライトマイルを付与してもOKなので、JALマイルにフライトマイルをつけることももちろんOKです。

また、JALマイルを貯めて、キャセイパシフィック航空の特典航空券を発券することも可能です。

JALマイルでキャセイパシフィック航空の特典航空券を発券するために必要なマイル数は、香港=東京、関空の片道特典航空券で、

片道エコノミークラス 15,000
片道ビジネスクラス 30,000
往復エコノミークラス 23,000
往復ビジネスクラス 42,000

となっています。JALマイルは、JAL便に搭乗する場合は、必要マイル数は片道は往復のちょうど半分でわかりやすいです。が、提携航空会社に搭乗する場合は、必要マイル数は総移動距離制度を導入しており、距離が増えると、マイルの上昇率が下がるような設定になっているので、往復まとめて予約する方がマイル数が少なくて済むことに注意しておきましょう。

いずれにしても、飛行機に搭乗する機会が少なくても、陸マイラーとして、JALマイルを貯めて、キャセイパシフィック航空の特典航空券を発券することも可能です。

陸マイラーがJALマイルを貯める方法

ポイントサイト、クレジットカードをフル活用してJALマイルを貯めて特典航空券を発券しましょう。

JALマイルの貯め方を完全公開。陸マイラーの「年間20万JALマイルの貯め方」を徹底解説。

2016-12-16

 

今回、自分の場合は、自分の航空券はキャセイパシフィック航空のサイトで購入し、家族分は貯まっていたブリティッシュエアウェイズのAviosで発券しました。ブリティッシュエアウェイズのAviosは、アメックスの入会キャンペーンで大量に貯まったものや、バイマイルで購入したものです。

すけすけ
10連休中のキャセイパシフィック航空のビジネスクラスでシンガポールまでの航空券を購入と聞くと、とんでもない値段がするように聞こえるかもしれませんが、自分は10連休が正式決定する前に見切り発車で購入したので、16万円で購入できました。高いとは思いますが、10連休であることを考えると、まずまずの価格かなと思います。



スポンサーリンク

 

キャセイパシフィック航空A350-900&1000ビジネスクラス搭乗記

さて、前置きが長くなりましたが、キャセイパシフィック航空のA350-900とA350-1000に搭乗してきたので、搭乗レビューをしていきます。

とは言うものの、この2つは本当にそっくりで、内部も同じです。なので、2つの機材の写真を混ぜながらの紹介にします。

 

関西空港で自分を待ち受けていた、A350-900です。見た瞬間はテンションあがりましたね。キャセイの最新機材に搭乗です。

実は、当初予約した際には、搭乗予定はA330-300が3回と、B777-300が1回の予定でした。が、キャセイパシフィック航空は頻繁に機材変更があります。今回の搭乗も、10連休が正式に決まり、搭乗客の大幅増加が見込まれたのか、機材の大型化がゴールデンウィークに行われたようで、ゴールデンウィーク中の関空発のキャセイは、A350-900とA350-1000が大量に導入されていました。

自分の搭乗予定の機材も、運よくA350-900とA350-1000に変更になったというわけです。

 

こちらは復路の香港→関空で搭乗したA350-1000です。羽根の先端が丸まっているので、認識しやすいですね。胴長で、非常にカッコイイです。

 

すけすけ

搭乗前には、香港空港では豪華キャセイパシフィック航空のビジネスクラスラウンジを満喫することができます。下記の記事で4か所のラウンジを制覇してきたので、興味ある方は是非読んでみて下さい。ビジネスクラスラウンジとしては、世界最高峰だと思います。

香港国際空港キャセイパシフィック航空の豪華ビジネスクラスラウンジの全貌公開。

2019-01-20

 

では、搭乗しましょう。

まずは、プレミアムエコノミーのシートも紹介しておきます。広いシートで、モニターも大きく、3~4時間程度の搭乗なら、プレミアムエコノミーも十分な贅沢を満喫できる広さがある感じを受けました。一昔前のビジネスクラスみたいなレベルになってきていますね。

 

こちらが、キャセイパシフィック航空のビジネスクラスに導入されているヘリンボーンタイプのビジネスクラスです。もちろんシートは、フルフラットになります。ぱっと見た目では、古い機材のA330-300のビジネスクラスシートとは違いはなさそうな感じなのですが、細かい点が改善されているのが特色です。

キャセイパシフィック航空A330-300、B777-300のビジネスクラス搭乗記はこちら

キャセイパシフィック航空ビジネスクラス搭乗記。フルフラットとシェル型シートを乗り比べ。

2019-01-25

B777-300には、フルフラットではないタイプのビジネスクラスが導入されている機材もあり、そちらの搭乗記もあります。要注意ポイントです。

 

席は1-2-1の配置で、真ん中2席は家族や友人と、窓際席は一人なら半個室に近い状態で利用できる超贅沢な空間です。グリーンを基調としているのがキャセイらしいですね。

 

家族4人での搭乗なので、横に4人や、縦に2人ずつという選択肢がありますが、往路・復路でどちらもチャレンジしてみました。上の子供が4歳なので、一人で座ってテレビを楽しめる年齢になっており、我が家としてどちらでも問題なく過ごすことが可能でした。

 

通路を挟んで、反対側の席は、ちょうど顔の部分が見えないように設計されているので、プライバシーはしっかり守られている感じがあります。そして、この微妙な隙間からちょうど2歳の子供の姿は丸見えなので、通路を挟んだシートでも問題ありませんでした。

 

センター側の2席も、かなり家族で使いやすい設計になっています。

まず、席の真ん中にパーテーションがないので、会話もしやすいようになっています。また、A330-300のビジネスクラスに比べると、フルフラットにした際の真ん中のパーテーションもかなり高さが低くなっており、隣席がかなり近くに感じるのが特徴です。

逆に言うと、知らない人とセンター席で隣だと近すぎる感があるので、1人の場合や、奇数人数の場合は、窓際席の確保をした方がいいと思います。

 

非常の細かな点かもしれませんが、A330-300のビジネスクラスとの違いで感じたのは、足元の荷物入れです。ここ、A330-300だと蓋が閉まらないんです。が、A350では蓋が閉まります。なので、ベッドをフルフラットにしていない状態でもオットマンとして足を置くことが可能になっていますし、フルフラットにした状態だとベッドのスペースが非常に広くなります。

 

また、通路側のアームチェアは上下に動きます。通路を挟んだ反対席と比べるとわかりますかね。

また、サイドにちょこっと伸びる部分があり、シートをフルフラットにした際には、ベッドの一部になるように設計されており、ベッドが非常に大きく感じます。次の写真でよくわかると思います。

 

こちらがシートをフルフラットにした状態です。最近のビジネスクラスは、長距離路線ではフルフラットが標準になってきましたが中距離にもフルフラットを導入する航空会社が増えています。キャセイは、東京=香港、関空=香港路線なんかには、こんな最新機材のビジネスクラスシートを導入してくれているので、狙って搭乗したいところですね。

ベッド左側は荷物入れに蓋をしてベッドの一部に、右側も先ほどのちょこっと伸びた部分がベッドの一部になるので、非常に広いベッドになります。ヘリンボーン式のビジネスクラスは、足元が狭くなることが非常に多いですが、キャセイパシフィック航空のA350は足元まで広いのが特徴です。これはかなりレベルが高いと思います。

 

こちらがシート周り。

リモコンはスマホに近い形式のタッチ式で、最新機材という感じがします、妻が謎に感動してました笑。

小物入れの中には、ヘッドホンがあり、ヘッドホンをどけると充電用コンセントがあります。日本のタイプもそのまま利用できますし、USBタイプもOKです。

 

A350-900ですね。

そして、A350は全機にWifiが搭載されています。ファーストクラスが搭載されているB777-300ERにはWifiがついていない機材も多いので、A350が最新であることがよくわかります。

なお、Wifiは有料で、

  • 6時間以内のフライト:12.95USD
  • 6時間以上のフライト:19.95USD
  • 1時間パック:9.95USD

となっています。スピード感はやはり陸地でのネット環境には劣りますが、Wifiが利用できるのは非常にありがたいです。

 

テレビモニター(18.5インチ)は、斜め向きに収納されています。

 

モニターの下のボタンを押すと、正面向きに設置できます。

また、テーブルは、サイドテーブルの下から横にスライドするタイプです。

 

ひそかにすごいのが、テレビのモニターと、リモコンのモニター(4.3インチ)はデュアルディスプレイになっており、それぞれ表示内容を別のものにすることができるんです。

大型モニターで映画を見ながら、リモコンのモニターでフライトマップを表示させておくなんてことも可能です。

これは非常に贅沢です。

 

こちらは機内食です。機内食は、朝・昼・夜で内容が異なります。

朝食は上記の通り、フレッシュフルーツから始まり、次にシリアル、そしてメインは3種類から選ぶことが可能で、写真の飲茶の他に、洋食スタイルのソーセージや卵のセット、和食っぽい照り焼きチキン??から選ぶことが可能でした。

 

昼のフライト(これはA350ではなく、A330-300です)では、メインはワンタン麺か、肉料理か、アフタヌーンティーを選ぶことができ、自分はワンタン麺を、妻はアフタヌーンティーを楽しみました。

そして、食後にはハーゲンダッツを頂けます。

キッズミールも事前に予約することも可能でしたが、息子たちは大人と同じものを食べたいという歳になったようです。ワンタン麺を食べていました。

 

以上、キャセイパシフィック航空の最新機材A350-900&1000のビジネスクラス搭乗記でした。記事内の写真は、センター席に自分いて写真を撮っているのがA350-900で、窓際席で写真を撮っているのがA350-1000なのですが、違いはまったくないと思います、少なくとも自分にはわかりませんでした。

ゴールデンウィークという期間に、キャセイパシフィックが機材の大型化を決定したため、運よく最新機材のA350-900とA350-1000どちらにも搭乗することができました。普段、飛行機のことを全然わからないし、興味もない妻も、「今回の飛行機はなんか違うね」と言ってました。

  • 足元が非常に広く、ヘリンボーンでも快適なフルフラット
  • デュアルモニター
  • Wifi完備

このあたりが旧機材との違いかなと思います。ちっちゃな違いかもしれませんが、機材毎のちっちゃな違いを探したりすると、飛行機がただの移動手段ではなく、楽しい乗り物になると思うので、是非いろいろ違いを探してみて下さい。

キャセイのA350は非常におススメです。狙って搭乗できるのかわかりませんが、幸運にも乗れたかたは是非満喫してみてください!!!

おすすめ関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください