ANA国際線特典航空券の空席を仮予約でホールドしておく技。72時間まで空席確保が電話予約なら可能。

スポンサーリンク

ANAマイルを利用した国際線特典航空券に隠れた技あり。電話予約なら手数料2,200円が発生するが、空席を72時間まで確保できるホールドが可能。

すけすけ
どうも、陸マイラーを初めて約20年、このブログを運営して4年の「すけすけ」です。マイル・ポイント・クレジットの情報を日々提供しているのが当サイト「すけすけのマイル乞食」です。

特典航空券の空席を見つけたときに、数日確保しておきたい!!!って思ったことはないですか?

この記事では、ANAマイルでの国際線特典航空券の空席を確保しておく仮予約・ホールドという知る人ぞ知る技を紹介しておきます。世の中知らないと損することは沢山ありますよ・・・。

特典航空券は、通常の有償航空券と異なり、座席配分(特典航空券の枠)が少ないので、なかなか希望の空席が見つからないことも多いでしょう。

見つかった瞬間は、あった~~~!!!!という気分になるでしょう笑。超レアなアイテムでも見つけたような気分に笑。

が、すぐにその便で発券するか、またまた他の便を探すのか、探している間に空席がなくなってしまわないか心配になりませんか?

そんなあなたへの記事です。ANAマイルを利用して特典航空券の空席を確保しておく、仮予約・ホールドの方法を紹介します。

 

ネット予約の特典航空券は仮予約・ホールドは不可。

多くの方がANAマイルで国際線特典航空券を発券する際には、ネット予約を利用していると思います。電話予約は1人あたり2,200円の手数料が必要になりますし、そもそも電話は面倒。待ち時間も発生するし、いつでも利用できるネットが便利という人が大半だと思います。自分もほとんどの特典航空券の発券はネット予約です。

 

1つ、特典航空券をネットで発券してみたいと思います。

ANA国際線特典航空券

ロンドンの往復で検索です。

 

ANA国際線特典航空券

空席が見つかったので、確保してみました。

 

そのまま何度か必要事項を入力して「次へ」をクリックし、先に進むと、最後に

ANA国際線特典航空券

「発券する」というボタンを押すと、この瞬間にマイルが減算されて、クレジットカードに諸経費の請求がいきます。

ANA国際線特典航空券のネット予約は、予約完了と同時に発券になります。発券が完了してしまうと、あとはキャンセルには1人あたり3,000マイルの手数料が発生します。

が、みなさん、考えたことはないですか?

ロンドンに行くか、ロサンゼルスに行くか、また日程をどうするか、またまたANAマイルではなく、JALマイルを利用しようか、とにかく決断できずに悩んでいる。ただ、悩んでいる間に空席がなくなるのは困る・・・。

1日だけでもいいから空席を確保しておいて悩みたい!!!!

そんな贅沢な悩みを持ったことはないですか?実はこの悩みは解決可能なんです。それがこの記事の趣旨です。



スポンサーリンク

 

電話予約の国際線特典航空券のみ仮予約・ホールドが可能!ただし手数料必要。

ANAマイルを利用した国際線特典航空券の発券方法には、

  • ネット予約
  • 電話予約

があります。ネット予約は、予約完了と同時に発券も必要でしたよね。さて、電話予約がどうなっている知っていますか???

ANAマイルを利用した国際線特典航空券を電話予約した場合には、予約から発券まで72時間の仮予約(ホールド)が可能なんです。これは知らない人には、完全な裏技のように思えるかもしれません。このあたりの情報は、実はANAのホームページにも詳しくは出ていない情報ですしね。

ANA国際線特典航空券

先ほどのロンドン行きの特典航空券。発券するか悩んでいるあなた。ロサンゼルスにしようか、日程はこれでいいのか、またまたJALマイルで発券をするのか、とにかく空席を抑えておきたい人は、電話予約なら72時間ホールド可能です!!

これは知らない人には相当なビッグニュースかもしれません。

 

ただし、仮予約・ホールドには条件が何個かあります。

  1. 電話予約手数料が発券時に1人あたり2,200円必要(発券に至らない場合には不要)
  2. ANA国際線以外の他社便でも可能だが、仮予約・ホールドの期限は短くなることもある
  3. ANA国内線特典航空券は仮予約・ホールドの制度なし
  4. そもそも特典航空券の必要マイル数が足りない場合は仮予約・ホールド不可
  5. 1度でも電話で予約・変更をすると、以後の変更は電話でのみ可能

となっています。手数料だけは発券時に1人2,200円が必要になります。72時間仮予約・ホールドして、発券しなかった場合には手数料は発生しません。この手数料を安いと思うか、高いと思うかは、あなた次第ですが、海外系のマイレージだと変更手数料やキャンセル手数料で100ドル以上のところもあるので、ANAの手数料は世界的に見ると超格安の部類に入ります

とは言うものの、家族4人だと8,800円も必要にはなるので、3日も悩む必要がない人はネット予約で発券しておくのがいいと思います。自分は基本的にネット予約ですし。

 

ちなみにですが、ANAマイルを利用した国際線特典航空券の予約は、電話でも24時間受付しています。夜間に電話をすると自動的に海外のANAコールセンターにつながるようになっており、非常に便利だったりもします。もちろん日本語です。

 

ANAマイルを利用して国際線特典航空券を発券する際に、空席を見つけたから、空席を抑えておきたいという方には、電話予約がオススメです。電話で、予約すると、最後に「このまま発券されますか?72時間まで発券は待つことも可能です。」と言われると思うので、仮予約・ホールドで空席を一時的にでも確保しておきたい人は、電話で予約するといいですよ。

ANAマイレージクラブの電話番号

0570-029-767

SFC等のステータス保有者は、ステータス専用電話にコールで問題ありません。

すけすけ
この記事ではわかりやすい内容で表現するために仮予約・ホールドという言葉を利用していますが、電話予約での予約は「予約」であることに間違いありません。ANA国内線の航空券を購入したことがある人はわかると思うのですが、購入後に決済をするまでは数日の猶予がありますよね。あれと同じです。その猶予期間をこの記事では仮予約・ホールドと呼んで、空席を確保する技と表現しているだけです。

 

応用すると、仮予約・ホールドができると、国際線特典航空券に後日国内線も追加可能!!

ここからはちょっとだけ応用編です。興味ある人は読んでみてください。

ANAマイルを利用した国際線特典航空券の予約開始日は355日前の9時です。この時点で、往復とも予約する必要があります。

が、往路は355日前でも、復路が5日後なら5日間待たないと、予約ができないんですよね・・・。その間に、往路の便を誰か見知らぬ人に取られると悲惨です・・・。なので、絶対に確保しておきたいANAマイルを利用した国際線特典航空券は、355日前にとりあえず日帰りの予約をします。

こんな感じで。なんか変な人ですが、とりあえずロンドンの往復の特典航空券を確保します。

翌日には2/2の予約が可能になるので、復路を2/2に変更。その翌日には2/3に変更。・・・として、希望の日程までズラしていくと往路を確保しておくことが可能なんですよね。別に毎日毎日、復路の日程を変更する必要はないのですが、このような日帰り海外を予約して、復路は後日変更というのが国際線特典航空券を取るための定番になっています。

 

が、これは東京以外の空港を利用する人には不便でもあるんですよ。

もう一度、ロンドン日帰りのスケジュールを見ましょう。大阪を出発する場合だと、2/1の予約はどうなるかわかりますか?

上記のようになるんです。往路は問題なく、大阪発で予約可能なのですが、復路が問題です。欧州や北米から日本に到着するのは時差の影響もあり、翌日になります。つまり、2/1は355日前だから予約可能でも、2/2は356日前だからまだ予約ができないんです。復路の2/2の羽田→伊丹は、この時点ではどうしても予約ができないんです。

なので、このまま発券してしまうのは1つの方法ではありますが、一度発券すると、日時の変更は無料で可能ですが、経路変更は一切不可能です。なので、復路をロンドン→東京から、ロンドン→大阪にはもうできないんです。

これを解決するための1つの方法は、元々の予約を2/2も予約できるようになってからロンドン→大阪で予約するという方法です。ただ、この場合は、2/1の特典航空券の予約開始日にロンドン→東京は取られてしまうという大きなリスクを抱えます。なので、個人的にはおススメはしていません。まだ、復路は東京までで予約をしてしまって、国内線の東京→大阪は別途手配をするという方法がいいと自分は思っています。

 

が、実は、電話予約なら発券まで72時間仮予約・ホールドできるという制度を活用すると、この問題もある程度クリアできるんですよね。どうするかわかりますか?

まずは、この便でいいので、電話で仮予約・ホールドをしましょう。この時点では、まだ発券はしていません。実は発券前なら、経路変更も可能なんです。なので、翌日に電話をして、ここに2/2の東京→大阪を追加してもらうことが可能です。

翌日に、上記のように国内線を追加ですね。こんなことも可能です。

 

ただし、この方法はまだ完成しておらず欠点もあります。このあと、復路の日程を希望の日に変更するんですよね。

上記のようなスケジュールにするのが、最終目標ですよね。

が、問題が発生しそうなのもわかりますか?最終的に復路のロンドン発を2/5にしたくても、その2/5の便の予約開始日には、またまた復路の2/6の予約が始まっていないんですよ!!!!!そこは、どうしても1日待つ必要が出てくるので、復路のロンドン→東京は取られてしまうリスクは排除できないんです。これが欠点です。

本当に0泊もしくは1泊だけでヨーロッパに行くようなケースなら、72時間のホールド期間中に、まずはロンドン→東京の日程を2/1から2/2変更してから、その後に2/3の分が予約開始になったら、東京→大阪をつけるという方法も可能にはなります。が、72時間以上経過する場合には、途中で発券する必要があり、発券後にはルート変更ができないです。

 

となると、基本的に選択肢は2つで、

  1. 復路は東京まででネット発券してしまう
  2. 復路に国内線をつけることを優先するために、電話で仮予約・ホールドをしておくが、復路が希望の日程に変更できないリスクはある

のどちらかを選択することになってきます。あとは、自分にあうスタンスで行くといいと思います。お得度が高いのは、国内線を追加できる2つ目の方だと思います。が、自分は確実に予約できる1つ目を優先しています。

いずれにしても東京発の人は、こんなことに悩まずに済むのでいいですよね。。。。

 

以上、ANAマイルを利用した国際線特典航空券の空席を確保する方法に関しての情報を整理しておきました。

今後も当ブログでは、みなさんがマイルを貯めるために有益な、マイルを使うために役に立つような情報の提供を継続したいと思うので、お時間あるときには遊びに来てくださいね!!!!ANAマイルはガンガン貯めて、ガンガン使いましょう!!!

「陸マイラー」が「年間30万ANAマイル」をどう貯めたのか。【ANAマイルの貯め方 完全公開】

2016-07-29

おすすめ関連記事

4 件のコメント

  • すけすけさん!!
    こんにちは。
    我が家が直面しているのがまさにコレです。
    頑張って貯めてきたマイル、来年の3月にハワイに使う計画です。
    地方住みのため国内線乗り継ぎを経てフライングホヌに乗って!!!と思い描いていて 
    容易に取れる今のうちに!とおもい いよいよ予約にとりかかると エラーメッセージ。
    なぜ???と思いつつ電話したところ 帰国日の国内線乗り継ぎがつけられないのでお取りできません。と
    ??????冷えました

    72時間の技の事は知らなかったです。
    ちょっと考えてみようかなー。
    でも、確実に乗りたいから
    復路は東京止まりにしようかな、、、。
    国内線乗り継ぎに関しては もう少し融通して欲しいと思ったところです。
    悩ましいですね(T . T)

    • あずきなさん
      自分がちょうど今ホノルルにいるのですが、復路は成田までの航空券で、大阪までは別途購入しております。
      まあ、特典航空券で来れたので、十分にお得かなと思い、多少は妥協しております!

  • いつもわかりやすい記事をありがとうございます。この方法、私もいつも最初ネットで往路予約し、復路国際線は電話に切り替えて国内線開始を待っています。
    しかし先日いつもどおり同様にやろうとしたら、電話で空席確保後の発券待ちが72時間ではなくて48時間になりました。
    残り時間は場合によっては変わるのではないかと思われます。国内線が国際線帰着の翌日になるので実質48時間待たなくてはならず、開始時刻からわずか10分しか猶予がなくてめちゃくちゃ焦りました(;’∀’)

    • ルカさん
      情報ありがとうございます。
      国内線だけでも融通が利くとありがたいですよね~

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください