【改悪】ユナイテッド航空マイレージプラスの必要マイル数がアップ。

スポンサーリンク

【改悪】ユナイテッド航空マイレージプラスの必要マイル数がアップ。ANA国内線のマイル数は現状維持なので、まだ使う価値は十分だが要注意か。

すけすけ
どうも、陸マイラーを始めて約20年、このブログを2016年から運営している「すけすけ」です。マイル・ポイント・クレジットの情報を日々提供しているのが当サイト「すけすけのマイル乞食」です。

ユナイテッド航空のマイレージプラスの改悪情報まとめです!

ユナイテッド航空のマイレージプラスは非常に面白いマイレージで、

  • 有効期限なし
  • 第2親等以内の家族に限らず誰にでも発券可能
  • ANA国内線特典航空券が5,500マイル~発券可能
  • ANA国内線特典航空券がANAマイルより早く取れる
  • 国際線特典航空券でも片道発券可能
  • サーチャージ無料
  • 特典航空券のキャンセル・変更の手数料無料

といった内容がANAマイルとは異なる内容で、利用している人も多いのではないでしょうか。さて、そんなユナイテッド航空のマイレージプラスは、サーチャージ無料とは言え、国際線特典航空券の必要マイル数はけっこう多く、国際線特典航空券狙いに適したマイレージとは言い難い面があります。そして、今回、その国際線特典航空券の必要マイル数がさらにアップしました。改悪ですね。

では、改悪まとめです。

 

ユナイテッド航空マイレージプラスの国際線特典航空券の必要マイル数がアップ。ANA国内線の5,500マイル~発券はどうなった??

まず、ユナイテッド航空マイレージプラスはマイレージチャートというものを廃止しており、どの路線が何マイル必要なのかは実際に検索をしてみないとわからないようになっています。つまり、改悪は告知もなく行われるので、ある日調べてみると、突然必要マイル数が以前と違う!!!ということが起こる可能性があるマイレージで、それが実際に今回起こっているということになります。

 

さて、少し検索してみましょう。まずは日本=グアム路線です。

以前は、片道のエコノミークラス特典航空券が必要マイル数15,000マイルでした。一部の日程は30,000マイルになっていますが、15,000マイルの日はセーバー枠というもので、セーバー枠がない場合にはマイルを多く支払いすれば特典の枠が取れるというのがユナイテッド航空マイレージプラスの特色です。15,000マイルのセーバー枠の日程なら、ANAマイルなどの他社にも特典航空券の枠を開放しています。

それが、現状だと、、、 

同じ日本=グアムの片道エコノミークラス特典航空券が15,000マイル→20,000マイルにアップしております・・・・(ちなみに22,000マイルの日は成田⇒大阪(関空)⇒グアムのような乗継便です)。5,000マイルも必要マイル数がアップしているんですよね。

 

さて、次は日本=アメリカ本土でチェックしてみましょう。

こちらは以前の東京=ロサンゼルスの片道ビジネスクラス特典航空券の必要マイルですが、以前は片道で72,400マイルという状況だったのですが、現状は、

100,000マイルにUPしてしまっているんですよね・・・。片道10万マイルって、なかなかですよね。ANAマイルなら、20万マイルあれば往復ファーストクラスで欧米に行けるマイル数ですし、往復ビジネスクラスでも10万マイルあればOKなので、ANAマイルと比較すると必要マイル数は2倍にもなってしまっているという感じです。

 

簡単にわかる範囲でも必要マイル数の変化としては、おおよそですが、

  • 日本=グアムの片道エコノミークラス:15,000⇒20,000マイル
  • 日本=グアムの片道ビジネスクラス:35,000⇒55,000マイル
  • 日本=ハワイの片道エコノミークラス:27,500⇒47,500マイル
  • 日本=アメリカ本土の片道エコノミークラス:35,000~⇒55,000~マイル
  • 日本=アメリカ本土の片道ビジネスクラス:70,000~⇒100,000~マイル

というような状況になっています。必要マイル数が30%~50%ほどUPしている状況になっています。

 

さて、ユナイテッド航空マイレージプラスを利用している人にとって一番気になる点は、ANAの国内線特典航空券ではないでしょうか。5,500マイル~特典航空券が発券できるということもあり、最大のスイートスポットになっています。こちらはどうなったのかというと、

なんと現状維持です!!!改悪は現状ではありません!!!ここは一安心ですね!!

 

ということで、ユナイテッド航空マイレージプラスの必要マイル数がアップしましたという改悪のニュースです。今回、改悪となったのは路線としては米国を起点とする便で、日本国内線や日本=東南アジア路線なんかの必要マイル数は変化がないようです。ということで、最大のスイートスポットであるANAの国内線に5,500マイル~で搭乗できるという点は変わりませんでしたので、ここは一安心ですね。

が、これは単純な話ではなく、今後はANA国内線の5,500マイルもいつ改悪になるかわからないと思っておくのがいいでしょう。これはユナイテッド航空のマイルに限った話ではなく、どのマイレージでも同様に言えることなのですが、マイルはどんどん貯めるどんどん使うこれが基本ですよ!!!!時間が経過すると、価値が下がりますからね。

そして、何度も言いますが、改悪に強いのは複数のマイレージに移行ができるようなポイント・マイルであるのも間違いなくて、そういう意味において自分はANAマイル&JALマイルをメインに貯めていますが、複数のマイレージに移行ができる「マリオットアメックスプレミアム」のポイント制度は本当に優秀だなと実感します。

【徹底解説】陸マイラーのANAマイルの貯め方を大公開!陸マイラーを始めたい人はこれを読め!!

2022-03-29

【2023年最新版】陸マイラーが教える!JALマイルの貯め方を完全公開「年間20万JALマイルの貯め方」を徹底解説。

2022-03-18

おすすめ関連記事

6 件のコメント

  • 早速のご回答ありがとうございアmす。
    10月頃にメリカ本土のいづを含め検討していますが、
    ビジネスはり厳しそうでが、再度調べてみます。
    今後共記事楽しみにしております。ありがとうございました。

  • いつも有益な情報ありがとうございます。
    ユナイテッドマイルはANA国内線で使って楽しんでいます。
    とこれで、改悪もさることながら、ANAマイルでビジネスクラスが
    全く取れないのですが、なぜなのでしょうか。情報があればお教え下さい。

    • TANTANさん
      UAマイルでもANA特典の空席がないとのことですが、ためしに少し調べたところ6/9のTYO-BKKでビジネスクラスの空席があります。なので、調べている日程のビジネスクラス特典枠が別の人にすでに取られてしまっているだけかと思います。
      なお、UAマイルは予約開始日が335日ほど前で、ANAマイルは355日前なので、20日ほど遅く面の影響でANAマイラーに特典の多くを取られてしまっているという側面はあると思います。

      • ご回答ありがとうございます。。
        ご指摘の通り、ユナイテッドマイルでANAビジネスを
        取得ることは可能でした。スケスケ様の素早い対応に驚愕しました。
        私の質問の仕方が悪かったのですが、逆にANAマイルで
        ユナイテッドのビジネスは可能なのでしょうか、私も過去に実績
        がありますが、現在はアメリカ本土、EUからアメリカを含め
        まったく見つけることが出来ませんでした。
        (ユナイテッドのサーバーが吹きされていないとマイルで取れないのでしょう亜k?)

        • TANTANさん
          ANAマイルでUA便のビジネスを探してみましたが、現状でぱっと空席を確認できませんでした。
          基本的にANAマイルで取れるUA便の特典は、UAマイルで検索したときのSaverの枠と一致するのですが、UAマイルでSaver枠そのものが見つかりませんでした。

          • すけすけ様

            調べて頂きありがとうございます。
            私も色々な便を見ましたがビジネスのSaver枠が
            さっぱり見つかりません。コロナの後遺症と勝手に解釈して
            早期の正常化(?)を期待しています。

            有益な情報と質問にまでお答え頂きありがとうございました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください