【本日予約開始!】ANAの羽田=ウィーン路線が新規開設。ヨーロッパ行きの深夜便!!

スポンサーリンク

本日2018/10/22より販売開始。特典航空券も取り放題か?!ANAが新規就航に選んだのは、羽田=ウィーン。機材はB787-9で、羽田深夜発。人気路線になりそう。

先週、ANAが新規路線の開設を発表しました。

羽田=ウィーン

です。運航開始は、2019/2/17。

 

そして、その販売が本日2018/10/22からなんですよね。

ということは、、、、そうです。本日より特典航空券も開放されると思われます。一気に。

 

ANAの新規路線 羽田=ウィーンの時刻表・機材

羽田=ウィーン路線の時刻表ですが、1日1往復の週7便で、

  • NH205 羽田01:55発 ⇒ ウィーン06:00着
  • NH206 ウィーン11:50発 ⇒ 羽田06:00着(+1日)

となっています。

日本発が深夜の便です。深夜便はけっこう人気があります。仕事終わりでも搭乗可能ですし、夜間を機内で寝て過ごせるので、時間的にも非常に効率がいいですからね。

ウィーンにも早朝に到着するので、朝から旅行でもビジネスでも満喫することも可能です。

 

これで、ANAのヨーロッパ行きの便は、7路線の週8便になります。

  • 羽田=フランクフルト 昼便
  • 羽田=フランクフルト 深夜便
  • 羽田=ミュンヘン 昼便
  • 羽田=ロンドン 昼便
  • 羽田=パリ 昼便
  • 羽田=ウィーン 深夜便
  • 成田=ブリュッセル 昼便
  • 成田=デュッセルドルフ 昼便

になります。

深夜便としては、羽田=フランクフルトに続く2便目です。

 

また、機材はB787-9が使用されます。

  • エコノミークラス 167席
  • ビジネスクラス 48席

の計215席仕様です。

B787-9は中・超距離路線のANAの主力ですが、この機材の215席仕様は、通常はエコノミークラス167席のうち21席はプレミアムエコノミーになっているので、ウィーン路線もプレミアムエコノミーもあるとは思うのですが・・・。それとも、プレミアムエコノミーはないんでしょうか・・・。ないとすると、席はもう少し増やせる気もしますが・・・。

ビジネスクラスは、もちろん半個室状態のフルフラットシートです。深夜便でもぐっすり寝ることができます。

 

ウィーンはスターアライアンス所属のオーストリア航空の本拠地で乗り継ぎも便利

今回のウィーンへの就航は、スターアライアンスでの乗り継ぎを考えた際にも非常にメリットがあります。

ウィーン国際空港は、スターアライアンス所属のオーストリア航空の本拠地なので、ヨーロッパ各地への乗り継ぎも非常に有利に行うことができます。

スターアライアンス系列でウィーンとの直行便があるのは、世界174路線です。そのうちヨーロッパ内路線としては、68都市に就航しています。

  • ギリシャのアテネ
  • ルーマニアのブカレスト
  • イタリアのナポリ
  • フランスのニース
  • etc

こういったヨーロッパの人気観光都市へもオーストリア航空が乗り入れているので、ウィーンでの乗り継ぎも非常に簡単に行えるメリットがあります。フランクフルト・ミュンヘンもルフトハンザ航空の本拠地なので、乗り継ぎには便利ですが、日本からはウィーン乗り継ぎも一気に増えると思われます。

今後、日本人もオーストリア航空に搭乗する機会も一気に増えそうですね。

 

ロンドン(ワンワールドのブリティッシュエアウェイズの本拠地)、パリ(スカイチームのエールフランスの本拠地)は超人気巨大都市ですが、スターアライアンスの本拠地ではないので、ANAで乗り継ぎをするには相性はよくない都市ですからね。

いちいち、空港で荷物を取り出して、ターミナルを移動して、再度チェックインとか非常に面倒です。

遅延が発生したときにも、航空券が通しではないので、対応もしてもらえません。

特典航空券を発券する際にも、ロンドン=ニースなんかはスターアライアンスでの直行便はないですしね。ロンドン=フランクフルト=ニースなんて発券が必要になってしまうんですよね・・・。

が、ウィーンならスターアライアンス系はかなり便利になります。



スポンサーリンク

 

本日より特典航空券も予約開始?!355日先までの2019/10/12まで一斉開放?!

さて、この新規路線の販売は、本日2018/10/22からです。時間は午前9時開始と思われます。

新規路線の開設も、個人的には非常に嬉しいのですが、陸マイラーには別の意味での大きなチャンスも出現します。

はい、新規路線が開設されると、特典航空券も一斉に開放になるんですよね。

 

本来ANAの特典航空券は、355日前から予約開始になります。本日から予約可能になる最大限未来の日程は、2019/10/12です。この日の、羽田=ウィーンの特典航空券の開放席が、エコノミークラス4席、ビジネスクラス2席だとすると、合わせて6席の特典航空券の枠を競って、陸マイラーたちも戦わなくてはいけません。

 

が、今回は2019/2/17~2019/10/12まで、一気に237日分の特典航空券が開放になるわけです。

1便6席とすると、6×237=1,422席が一気に開放されるわけですよね。

このうち、474席は、人気が高くなかなか取れないヨーロッパ路線のANAビジネスクラス特典航空券なわけですよ。

が、今なら、今だけが大チャンスなんです。

新規路線の開設した瞬間のみ発生する、スイートスポットなので、ANAマイルが貯まっている陸マイラーのみなさんは是非検討してくださいね。

ヨーロッパへの、往復特典航空券に必要なANAマイルは一人当たりレギュラーシーズンで、

  • エコノミークラス55,000マイル
  • ビジネスクラス90,000マイル(スターアライアンスの他社に搭乗の場合は95,000)

です。日本国内の乗り継ぎ、ヨーロッパでの乗り継ぎをしても必要マイルは変わりません。

 

マイルって、貯める以上に、使うほうが難しいじゃないですか?こういうチャンスを、どんどん活用して、使うほうもうまくなりたいなーといつも思っています。新規路線が開設した瞬間は、非常にお得ってことを是非知っておいてくださいね。

 

是非、ANAマイル貯めて下さいね。毎年ヨーロッパへの往復ビジネスクラス特典航空券に必要な90,000ANAマイルを貯めることは全然難しくないですからね。

「陸マイラー」が「年間30万ANAマイル」をどう貯めたのか。【ANAマイルの貯め方 完全公開】

2016.07.29

今なら、ANAアメックスゴールドの入会キャンペーンでも9万マイル獲得できますし。

【2018/11版 ANAアメックスの入会キャンペーンが激熱】なんと最大9万マイルがもらえる!!!

2018.11.03

陸マイラーの皆さん。せっかく貯めているANAマイルを有効に活用するために、是非とも羽田=ウィーン路線も検討してみてください。GWや盆は、一瞬でなくなると思いますが、しばらく特典航空券が取り安い日が続くと思います。

おすすめ関連記事

3 件のコメント

  • すけすけ先生
    探していたのはこれです。
    全ての記事を把握されていてスゴイですね。
    助かりました。
    参考にさせて頂きます。
    御丁寧にどうもありがとうどざいました。

  • すけすけ先生
    以前(たぶん今年)ANA国際線の特典航空券を予約時に、国内線の便も一緒に追加で予約可能、
    というようなお得な記事があったと思いますが、その記事を再度拝見したいのですが、
    どこにありますでしょうか?
    自力で検索できませんで。
    すみませんが、宜しくお願い致します。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です