【POINT EXCHANGE】からLINEポイントに等価交換が可能に。ANAマイラーに朗報か!?

ポイント交換サイト「Point Exchange」からLINEポイントに等価交換が可能になった。等価交換する方法、Point Exchangeにポイント移行が可能なポイントサイトを総整理。これは本当に使えるのか??

聞いたことありますかね「Point Exchange」というサイト。

あまり陸マイラーには馴染みのないサイトかもしれません。すでに、このサイトの名前を聞いたことがある人は、かなりポイントに精通している人な気がします。

Point ExchangePeX、ドットマネー、Gポイント、Net Mileのようなポイント交換サイトです。

 

なぜ、今まで陸マイラーの中では知名度が低かったのかというと、

  • Point Exchangeにポイント移行できるポイントサイトが非常に少ない(少しずつ増えています)
  • Point Exchangeからの移行先にマイルと関連性の深いものがなかった(こちらも増えています)

という現状があったのです。

 

が、2018/10/10に、大きめの交換先が追加になりました。

そうです。LINEポイントへの交換が可能になりました。

しかも、条件付きですが、等価交換可能です。

 

これ、ANAマイルを貯めている人には朗報ですよね。現在、各種ポイントからANAマイルに移行するには、「LINEポイント→メトロポイント→ANAマイル」という交換方法を利用すると、交換レートが81%になるので、あらゆるポイントはまずLINEポイントに交換するのが重要になってきます。

【LINEルート徹底解説】LINEポイントから新ソラチカルートへ。ANAマイルへの交換方法を完全解説。

2018.05.28

 

①Gポイント→LINEポイント

②ポイントタウン→LINEポイント

の2つが現状で、LINEポイントに等価交換する方法なのは、すでにご存じの方も多いでしょう。

ここに第3の選択肢として、

③Point Exchange→LINEポイント

が追加になったんです。

 

この記事では、Point Exchangeにポイント移行できるのはどのサイトなのか。また、Point ExchangeからLINEポイントに等価で交換する方法を整理しておきます。

是非とも最後まで読んでください。

 

Point Exchageに移行可能なのは、ワールドプレゼント、げん玉、ファンくる

ワールドプレゼント・げん玉からpoint exchange

Point Exchangeにポイント移行が可能なのは、マニアックなサイトは除外すると

  1. ワールドプレゼント(三井住友VISAカードのポイントプログラム)
  2. げん玉(ハピタスやモッピーのようなポイントサイト)
  3. ファンくる(外食モニターサイト)

の3つと思っておいてもいいでしょう。

 

ワールドプレゼントに関して

1つ目のワールドプレゼントは、陸マイラーなら知らず知らずに関わっている人も多いですよね。三井住友VISAのポイントプログラムで、ANA VISAカード、ANA Masterカードも三井住友VISAのカードなので、カードを利用するとワールドプレゼントが貯まります。そのポイントを、ANAマイルに移行することで、カード決済でANAマイルを貯めている人も多いでしょう。

【徹底解説】三井住友VISA「ワールドプレゼント」の貯め方・使い方・交換方法。ANAマイラー必読。

2018.04.08

ANA VISAワイドゴールドカードは、還元率も1.6%と非常に高還元のクレジットカードなので、メインのクレジットカードにしている人も非常に多いと思います。自分もメインの1枚として所有しています。

 

さて、ワールドプレゼントのもう一つの役割が、ポイント中継地点としての役割です。

ワールドプレゼントを経由すると、

PeX→ワールドプレゼント→Gポイント

という経路が可能になります。これを利用することで、大半のポイントサイトはGポイント→LINEポイントが利用可能になるんですよね。ハピタスも、ポイントインカムも、ECナビも、これを利用します。

ここに、

PeX→ワールドプレゼント→Point Exchange

というルートを利用しても、Point Exchange→LINEポイントへの移行が可能になったんです。

 

PeXを経由するのか、Point Exchangeを経由するのかという違いだけなので、大きな意味はないように見えるかもしれませんが、ルートが複数あるというのは、実は非常に重要で、どれかが閉鎖になっても、別のルートが生きているおかげでマイルが貯まるってことは、今後も起こり得ますからね。

現に、ワールドプレゼント→ポイントタウンのルートは9/1からメンテナンスとのことで、まだ再開する気配はありませんからね。。。。。このルート、いいルートだったので残念です。。。

すけすけ

ということで、

ワールドプレゼント→Point Exchange→LINEポイント

という移行ルートができたことを頭の片隅に置いておきましょう。

 

げん玉に関して

このポイントサイトは利用したことがありますかね??

モッピーやハピタスと同じポイントサイトで、げん玉経由でクレジットカード発行やショッピングを利用するとポイントが貯まります。ちなみに、げん玉は10pt=1円のポイントサイトです。

そのげん玉のポイントをPoint Exchangeに移行できます。

 

なので、メインで利用するポイントサイトをげん玉にするという方法もありでしょう。げん玉から、Point Exchangeに移行してLINEポイントに移行すれば、ソラチカルートが利用可能なわけですからね。

そうそう、あとで重要なことを書きますが、げん玉は登録しておいた方がいいかもしれません

げん玉とPoint Enchangeは実は同じグループ会社!!

実は、げん玉とPoint Enchangeは同じグループ会社なんです。東証マザーズ上場の「株式会社リアルワールド」が運営してます。

  • PeXとECナビ
  • Net Mileとすぐたま

も似たような関係ですね。

 

ファンくるに関して

ファンくるも利用者は、けっこう多いですかね。有名な外食モニターのサイトです。

ファンくる経由で予約したレストランで、外食をすると利用金額の30%~50%相当がポイントで付与されます。そのポイントをANAマイルに交換するという方法は、継続的にANAマイルを貯めるためには非常に重要です。事実上、案件が尽きることもないですからね。

そのファンくるからも、Point Exchangeに交換ができるようになりました。

すけすけ
げん玉、ファンくるからは元々PeXにポイント交換は可能でした。なのでPoint Exchangeがなくても、PeX→ワールドプレゼント→Gポイント→LINEポイントが可能です。少し利便性が向上したってことになりますかね。

 

Point ExchangeからLINEポイントに等価交換する方法

では、Point ExchangeからLINEポイントに等価交換する方法を紹介しておきます。

上記を見て下さい。Point Exchangeからのスクリーンショットです。

実は、Point ExchangeからLINEポイントに交換するには、5%の交換手数料が発生するんです・・・・。

 

が、実は、、、、、

「手数料無料チケット」というものが存在します。自分も1枚所有しています。なお、Point Exchangeは1pt=1円です。11,000円のポイントがあってビックリしました笑。昔、げん玉のイベントで獲得したポイントを放置していたようです・・・。

 

この「手数料無料チケット」を手に入れることが重要になるわけですね。この手数料無料券がないと、Point ExchangeからLINEポイントに限らず、現金の交換などでも手数料が発生します。

手に入れる方法は、それほど難しくありません。

  1. げん玉に登録
  2. げん玉からPoint Exchangeにポイント交換をする
  3. 毎月初回の交換時に手数料無料チケットを1枚もらえる

という流れになります。げん玉とPoint Exchangeが同系列の会社なので、そこでのポイント移行を推奨する意味も兼ねて、このようなサービスがあるのだと思います。

 

Point ExchangeからLINEポイントに等価で交換するための「手数料無料チケット」を獲得するには、げん玉で最低ポイント交換に必要な3,000pt(300円相当)を貯めてPoint Exchangeに交換する必要があります。

これで、月に1枚だけですが手数料無料チケットが手に入ります

 

なので、可能なら、毎月げん玉→Point Exchangeを一度やっておくといいかもしれません・・・・。そうすれば、何枚も貯まりますし・・・・。が、面倒ですね笑。

いずれにせよ、Point ExchangeからLINEポイントに等価交換するには、げん玉とPoint Exchangeに登録は必要です。

 

また、注意点として、Point Exchange→LINEポイントには移行上限があります。

1回3万ポイント(=3万円相当)が上限です。手数料無料チケットが大量にあれば、いいですが、月に1枚しか手に入らないので、大量のポイントをPoint Exchangeにため込むのは要注意です。

 

まとめ「Point Exchangeの今後に期待」

ちょっと、手数料無料チケットが月に1枚しか獲得できないという面もありますし、LINEポイントへのポイント交換サイトとしては現状では、

Gポイント > Point Exchange

というのが個人的な感想ではあります。

Gポイントには、モッピー・ハピタス・ECナビ・ポイントインカムなど様々なサイトのポイントを集約することが可能である上に、LINEポイントへの等価交換が可能です。

Point Exchangeに交換可能なポイントサイトは、現状げん玉、ファンくるしかないですからね。もちろん、げん玉をメインのポイントサイトとして利用していくのはありですよ。

ただ、Point Exchangeの今後には大いに期待しています。是非、提携先のポイントサイトを増やしてください。

 

非常にいいニュースなのですが、色々増えてくるとややこしいですよね笑。過去の記事も書き換える必要も出てくるし・・・・。

 

■関連記事

「陸マイラー」が「年間30万ANAマイル」をどう貯めたのか。【ANAマイルの貯め方 完全公開】

2016.07.29

4 件のコメント

  • う~ん、私の場合、簡単にいくらでもbuyマイルが出来ちゃうドマネが一番大事なんですが、
    そこからだけはLineに繋がるルートが復活しませんね。
    なんとかドマネからANAへ、70%でもいいのでルートが開けるのを切望してます。

    • fin112358さん
      ドマネのコンテンツは有益ですよね。JALマイルが50%ですが交換もできますし。ANAもソラチカに繋がればいいですね・・・。

  • Point Exchangeはじめて知りました!
    PeXとは似て非なるものなのですね‥‥。PeXのところにもPoint Exchangeって書いてあるのにややこしいですね(笑)
    でも等価交換は魅力的ですね。
    いつも有益な情報ありがとうございます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です