ANAマイルを利用したANA国内線特典航空券の手数料・諸税が0円ではなくなる。

スポンサーリンク

ANAマイルを利用したANA国内線特典航空券の手数料・諸税はこれまで0円であったが、2021/10/31以降の搭乗に関しては国内線旅客施設使用料の数百円が必要になる。

すけすけ
どうも、陸マイラーを始めて約20年、このブログを運営して5年目に突入中の「すけすけ」です。マイル・ポイント・クレジットの情報を日々提供しているのが当サイト「すけすけのマイル乞食」です。

ちょっとした改悪のニュースが入ってきています。が、数百円程度の話ですし、ANAが収益を確保して、経営を安定させる方向に向かうものの一環として応援したくなります。

ANAマイルを利用して特典航空券を発券した場合には、

  • 国内線特典航空券:ANAマイルのみ
  • 国際線特典航空券:ANAマイルに追加してサーチャージや諸税が必要

ということはご存じな方も多いと思います。

が、ANAマイルを利用した国内線特典航空券に諸経費が追加で必要になるんです。

詳細のまとめ記事です。

 

ANA国内線特典航空券を利用して2021/10/31以降に搭乗する場合には国内線旅客施設使用料の支払いが必用になる。

こっそりとANAより下記の内容がリリースされたのはご存じでしょうか?(公式リリースは特典航空券における国内線旅客施設使用料(PFC)の適用開始について(2021年10月31日搭乗分より) | ANAマイレージクラブ

特典航空券における国内線旅客施設使用料(PFC)の適用開始について(2021年10月31日搭乗分より)

平素よりANAグループをご利用いただき、誠にありがとうございます。

以下の航空券を対象に、お客様に対して国内線旅客施設使用料(Passenger Facility Charge、以下PFC)の代行徴収を開始いたします。
何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。

 

対象航空券

  • 国内線特典航空券*(いっしょにマイル割運賃のマイレージ利用旅客を含む)
  • 国際線特典航空券に含まれる日本国内区間*
  • ANA便名のコードシェア便をご利用の場合も対象です。

 

適用開始日

2021年10月31日以降搭乗分に適用します。ただし2021年8月29日以降に発券された航空券に限ります。

 

お支払い方法

特典航空券のご旅程にPFC対象空港を発着する便を含む場合、必要マイル数の減算の際に、クレジットカードでお支払いいただきます。

 

2021年8月28日までに発券した航空券の取り扱い

  • 国内線特典航空券:発券後に予約を変更しても、PFCは追徴されません。
  • 国際線特典航空券に含まれる日本国内区間:発券後に、2021年8月29日以降に予約を変更した場合、PFCを追徴されます。

という内容で、一言で言うと、今まではANAマイルを利用した国内線特典航空券に関しては、諸税やサーチャージといった手数料が無料でしたが、今後は利用する空港に応じて「国内線旅客施設使用料」もANAマイルに別途追加で必要になりますというニュースになります。

え??改悪ってこと??

はい、残念ですがそういうことですね。では、実際にいくらくらいの国内線旅客施設使用料が追加で必要になるのか見ておきましょう。

 

国内線旅客施設使用料一覧まとめ。一体いくらの料金が追加になるの?

まず、全国の空港の国内線旅客施設使用料がいくらなのか一覧表にしておきます。

発着空港 大人(12歳以上) 小人(3歳以上12歳未満)
新千歳空港 270円 140円
仙台空港 230円 120円
成田空港 450円 220円
羽田空港 290円 140円
中部空港 440円 220円
伊丹空港 260円 130円
関西空港 440円 220円
北九州空港 100円 50円
福岡空港 110円 50円
那覇空港 120円 60円

ここに表記のない空港では、国内線旅客施設使用料は不要で0円になっています。国内線旅客施設使用料は、規模の大きな空港で必要になる諸経費となります。この料金はANAが定めているものではなく、空港側が定めているものなので、他社便の有償航空券でも同金額支払いをしているはずです。

 

国内線旅客施設使用料とは何なのか、ANAのサイトでは、

この料金は、お客様が対象空港発着便の航空券を購入の際、航空運賃とともにお支払いいただき、航空会社が空港管理会社へ納入するものです。各空港の管理会社は、当該料金を、皆様がご利用になる出発・到着ロビー等さまざまな施設を整備するための費用等に充当してまいります。

と書かれています。

通常の有償航空券を購入する際には、

この28,380円というもの中にすでに国内線旅客施設使用料は含まれています。この航空券の場合には、出発の伊丹空港で260円、到着の那覇空港で120円の合計380円の国内線旅客施設使用料を含んだ金額が28,380円ということです。なので、そこから380円を引いた額が本来の運賃で28,000円となります。

ANAマイルを利用したANA国内線特典航空券の場合には、これまではANAマイル以外に追加費用は必要なく、国内線旅客施設使用料はANAが負担していたということになります。

すけすけ
ちなみにJALマイルを利用したJAL国内線特典航空券の発券でも国内線旅客施設使用料は不要となっていますが、ブリティッシュエアウェイズのマイル(Avios)を利用してJAL国内線特典航空券を発券する場合には国内線旅客施設使用料がマイルに追加して必要になるなど、マイレージプログラムにより扱いは異なるんだよ。

 

2021/10/31搭乗分からANAマイルを利用したANA国内線特典航空券は、発着空港次第ですが片道あたり0円~数百円程度の国内線旅客施設使用料がANAマイルに追加して請求されます。関空~新千歳の片道便なら710円、往復だと1,420円となり1,000円を超える金額が徴収されるので、ランチ1回分が消えていくことになります。家族4人だと5,680円にもなるので、実はそこそこの負担になってくるかもしれませね。

1度だけなら少額ですが、人数が多くなったり、回数が多くなると、それなりの金額になりそうです。ANAとしては、新型コロナで航空業界が非常に厳しい中、少しでも収益を高める必要があり、こういった国内線旅客施設使用料もバカにならない金額であると判断したということなんでしょうね。

利用者としては決して嬉しい話ではないのですが、額もめちゃくちゃ大きな負担になるわけではないので、少しでもANAが経営面で安定してくれることを祈るばかりです。また、自由に空の旅を満喫したいですからね。

 

以上、ANAマイルを利用したANA国内線特典航空券の利用時に数百円の国内線旅客施設使用料が必要にななるという話です。それでもANAマイルを利用した特典航空券の利用は非常にお得なので、ガンガン貯めて、どんどん利用しましょう!!

「陸マイラー」が「年間30万ANAマイル」をどう貯めたのか。【ANAマイルの貯め方 完全公開】

2016-07-29

おすすめ関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください