読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すけすけのマイル乞食

ANAマイルを貯め、パスポート1冊目がスタンプで埋まった陸マイラー兼医師のブログ

ANAマイルの使い方を比較。現金vs特典航空券vsANA SKY コインvs旅作。

特典航空券 国内旅行 マイルの使い方

ANAマイルを貯めて、ANAマイルをうまく利用できていますか?特典航空券に拘って、ANA SKY コインを活用できていない人必読。 

ANAマイルの貯め方はかなり世の中で整理されており、ポイントサイトで貯めたポイントをANAマイルに交換する方法が一番有効なマイルの貯め方であるという事実は、かなり普及しております。

自分もこの方法で実際にANAマイルを年間30万マイルほど貯めています。

 f:id:bmwtatsu:20170311214744p:image

が、もう一つの肝心なポイントである「ANAマイルの使い方」に関してはまだまだ未知なる側面が多いのが現実です。

というのも、使い方が多種多様すぎます。

・ANA国内線特典航空券

・ANA国際線特典航空券

・スターアライアンス特典航空券

・提携航空会社特典航空券

・アップグレード

・ANA SKY コイン

・ANA セレクション特典

・ANAご利用券

・提携ポイントへの交換

等々、かなり広範囲に広がります。

特に、特典航空券に利用する場合は、行き先や搭乗クラスによりマイルの利用価値が変わってきますし、また家族で特典航空券を取ろうとするとそもそも特典航空券の開放枠が少なくて席が取れないなんてケースもあります。

ANAマイルの利用方法は非常に多岐に渡り、悩ましく、だからこそ楽しいポイントでもあります。

さて、みなさんANA SKY コインは利用したことがありますかね?

実は、これは非常に活用しやすいと個人的に思っています。自分が、どんなケースでANA SKY コインを利用したのか一例を紹介したいと思います。

みなさんもANA SKY コインをフル活用してみて下さい。非常にマイルの使い方に幅が広がると思います。

ANA SKY コインとは何?

そもそもANA SKY コインを知らない人もいると思うので、説明しておきます。

ANA SKY コインはANAのサイトで利用できる電子マネーです。ANAのサイトで航空券の購入や、ツアーの支払いに1 ANA SKY コイン=1円で利用することができます。

 

ANA SKY コインの獲得方法は代表例として、

①各種ポイントから交換

②マイルから交換

があります。

 

①各種ポイントからの交換ですが、代表例としてはnanacoポイントから交換、PeXから交換などがあります。500nanacoポイント=500SKY コインに交換なので、価値は等価での交換です。

②マイルからの交換ですが、「1マイル=何SKY コイン」の交換レートは変動します。

・交換するマイル数

・自分の持っているANAカードの種類、ステータス

により下記のように変動します。

 f:id:bmwtatsu:20170307222957p:image

交換レートは1倍〜1.7倍になります。ダイヤモンドメンバー等の上級会員なら1.7倍のレートでマイルをSKY コインにできますが、一般会員でも可能なレートはANA ゴールドカードを持っていると5万マイル以上なら1.6倍でSKY コインに交換できます。

つまり、1マイル=1.6円相当の価値として利用することは、上級会員でなくても可能ということです。

自分の場合はメインカードをANA VISA ワイドゴールドカードにしているので、1マイル=1.6SKY コインに交換して利用することができます。

”陸マイラーがANAマイルをどう貯めるか「ANA VISA ワイドゴールドカード 還元率1.71%」クレジットカード決済”

ANAマイルの使い方を比較する

ANAマイルを貯めて、ANAマイルを使って家族旅行に行く場合、どのようなANAマイルの利用方法があるのか5パターンで比較してみます。

最後に、それぞれのメリット・デメリットも整理したいと思います。

①航空券・ホテルを別々に予約し、現金支払い

さて、家族で沖縄旅行に行きたい場合に、現金で行く場合にどれだけコストがかかるのか費用を調べてみます。航空券とホテルは別々に予約します。

 

2017/4/15.16の一泊で、関空から沖縄に行くケースを想定します。

・往路:1人19900円

f:id:bmwtatsu:20170307230142p:image

一泊の旅行なので、朝一番の便に搭乗する予定だと、普通席の旅割28が最安値で19900円です。

・復路:1人19000円

f:id:bmwtatsu:20170307230354p:image

f:id:bmwtatsu:20170307230358p:image

こちらも普通席の旅割28で19000円です。

往復で、38900円です。

 

宿泊はオキナワマリオットリゾート&スパにすることにします。

【公式】オキナワマリオットリゾート&スパ|沖縄リゾートホテル

f:id:bmwtatsu:20170307230809p:image

f:id:bmwtatsu:20170307231008p:image

一泊の宿泊は、

f:id:bmwtatsu:20170307231104p:image

探してみると、朝食付きだと2名で36400円というのがありました。1人あたり、18200円ですね。

飛行機とホテルを別々に予約して、現金で沖縄旅行をする場合は一人あたりのコストは57100円です。

②航空券はマイルで特典航空券、ホテルは現金支払い

特典航空券を発券して旅行に行く場合を考えます。

この時期の関空沖縄便は、ANA国内線特典航空券におけるローシーズンなので、往復12000マイルと非常にお得です。

航空券が38900円だったので、1マイルを3円以上の価値で利用できていることになります。

そこに、宿泊費の1人18200円は別で予約をして、支払いをする必要があるわけです。

 

ちなみに、大きな問題がありまして、すでにこの便は特典航空券が満席です、、、。1人分も座席を確保することはできません。

もっと早くに予約しておけば、特典航空券は確保できたかもしれません。もしくは、裏技を利用すれば確保できたかもしれません。

ANA国内線特典航空券を確保するための裏技。予約開始日より2週間はやく確保。 - すけすけのマイル乞食

が、もう満席です。特典航空券を取るつもりでも、満席で取れないというのはありふれたケースです。

仮に特典航空券が取れた場合は、1人あたりのコストは12000マイル+18200円です。

 

他にも特典航空券を取りやすくする方法として、スーパーフライヤーズカードを取得してANAの上級会員になってしまう方法は存在しますが、ハードルは高めです。

www.sukesuke-mile-kojiki.net

 

③航空券はANA SKY コイン、ホテルは現金支払い

ANAマイルをANA SKY コインに交換して利用すると、大きなメリットの一つに特典航空券のような枠数に悩まされないという点があります。

特典航空券は1便当たりの割り当てが決まっています。

一般会員だと、例えばホノルル路線のビジネスクラスは2席(噂です)しか枠がないので、家族4人分確保することは不可能です。2席しか枠がないので、座席競争も熾烈です。なかなか取れません。

が、ANA SKY コインを利用する場合は、特典航空券ではなく、通常の航空券を購入することになるので、ほぼ座席が確保できるというメリットが出現します。もちろん、通常の航空券も売り切れの場合はどうしようもないのですが・・・。

さて、関空沖縄便で飛行機はマイルをANA SKY コインに交換して利用する場合に必要なマイル数は、1マイルを1.6でANA SKY コインにできるので、

38900円÷1.6=24313ANAマイル

が航空券に必要です。

特典航空券の倍のマイルが必要になりますが、座席は確保できます

このケースでは、一人当たりの24313マイル+18200円です。

④旅作で航空券とホテルをセットで予約し、現金支払い

旅作は利用したことがありますかね?ちなみにタビサクと読みます。

ダイナミックパッケージ「旅作」(国内 航空券+宿泊) | ANA

ANAの飛行機とホテルがいっしょになった、いわゆるツアーです。

これ、利用したことのない方は一度チェックして見て下さい。飛行機とホテルを別々に予約するよりも安いことが非常に多いです。

 

旅作で、上級日程と同様のプランで、探してみます。

f:id:bmwtatsu:20170307233105p:image

朝食なしで、1人47600円。朝食付きだと48600円というものが存在しました。

これ、飛行機とホテルセットの値段です。別々に予約するケース①の場合は57100円でしたので、1人8500円も安いですね。

⑤旅作で航空券とホテルをセットで予約し、ANA SKY コイン支払い

先ほどの旅作ですが、実はANA SKY コインでの支払いが可能です。

ANA SKY コインはANAサイトで航空券代金、ツアー代金に利用することができます。

 先ほどのケース④をANA SKY コインで支払うために必要なマイルは、一人あたり48600÷1.6=30375ANAマイルです。

 

ANAマイルを貯め始めると、特典航空券に利用しようとして、特典航空券の空席状況ばかり気にする人が非常に多いと思います。が、実はANAマイルをANA SKY コインに交換して旅作でマイルを使うという方法が非常に有効です。

1.座席は確保できる

2.必要マイルもそれなりに安い

この2点において、メリットがかなり大きいという特徴があります。

 

スポンサーリンク

 

特典航空券はたしかにお得。だが、旅作をANA SKY コインで利用する方法もお得。

さて、5つのケース結果を比べてみると、

①航空券、ホテル別現金 57100円
②特典航空券、ホテル 12000マイル+18200円
③SKYコイン、ホテル 24313マイル+18200円
④旅作現金 48600円
⑤旅作SKYコイン 30375マイル

となります。

たしかに、特典航空券を利用したケース②がお得度は1番高いと思います。1マイルあたりの価値としては、1番高く利用できています。

が、何度も言いますが特典航空券は枠が限られています。なかなか空席が見つからないことも多々あります。

特典航空券の決定的な弱点は予約が取りにくい点にあります。

 

そう考えると、そもそも値段が安い旅作を、ANA SKY コインで予約するというケース⑤は、非常に有効なマイルの使い方になります。マイルをSKY コインに変えて、旅作を利用する。これ一つマスターするだけで、確実にマイルの使い方が一歩上手くなります。簡単に家族全員分の予約がマイルを使って取れるようになります。

 

ということで、マイルをSKY コインに変えました。

f:id:bmwtatsu:20170307234559p:image

一気に14万マイル笑。1.6倍にして、224000円分のANA SKY コインです。他にもSKY コインを利用する当てがあったので、一気に変えました。

そして、家族を引き連れて沖縄旅行に行ってきます!!!

なんか、一月にも家族で行った気もしますが、、、。二月にも1人で二回行ったし、、、。

今回は、妻・子供の他にも、じいちゃん・ばぁちゃんも引き連れて大所帯で行ってきます。大人5人分の特典航空券確保はさすがに無理でした。

が、SKY コインという活用方法があるおかけで、マイルを利用して家族全員で沖縄に行くことが可能になります。

 

マイルを貯めて、家族で旅行に行こうと思っている方は、特典航空券に囚われてしまって、なかなか予約が取れなくて苦戦するケースも多いと思います。が、特典航空券に囚われすぎないようにすることが大切です。ANAマイルの使い方として、SKY コインがあることは絶対に知っておきましょう。

 

ANAマイルの貯め方は非常に簡単です。誰でも貯めれます。年間30万ANAマイルは十分に狙えます。最初にも書きましたが、効率のいいマイルの貯め方は決まってますので。

www.sukesuke-mile-kojiki.net

 

ANAマイルが貯まったら、次に考えることはANAマイルの使い方です。使い方の一つとして、マイルをANA SKY コインに交換し旅作で利用してみましょうという話でした。

ANA SKY コインの詳しい話は下記も参照してみてください。

ANA SKY コインの有効性・価値・使い方。マイルは特典航空券にするのが得なのか。

 

ANAマイルの貯め方も大切ですが、ANAマイルの使い方は更に重要な気がします。結局は、マイルの使い方が上手くならないと、意味ないですからね。

どうやってマイルを使うのか、非常に難しいです。せっかく貯めたマイルだから、1マイルの価値をできる限り高く使いたいと思うのは当然ですが、価値を高くすることばかりに囚われると、マイルを上手く使えません。みなさんも、価値ばかりに囚われずに、楽しんでマイルを使ってください。