韓国ソウルでカジノのあるホテル・場所を紹介。おすすめカジノは?

スポンサーリンク

日本からもっと近いカジノはソウルにある!ソウルのカジノ4か所の場所・アクセスを紹介。ドレスコードや営業時間・資金はいくらあれば遊べるのか??

海外旅行に行くと、日本にはないところに行くのが魅力ですよね。

代表例がカジノです。

 

自分はけっこうカジノが好きで、おそらく世界の50ほどのカジノに遊びにいったことがあります。最初のころは、ルーレットを楽しみ、その後ブラックジャック、そして今はテキサスホールデムというポーカーに辿りついてそのゲームしかしないようになりましたが、今でもカジノに行くのが楽しみです。

日本でも、カジノ法案が通過して数年後にはカジノができている可能性があると思いますが、現状でカジノがある国で一番近い国はどこかというと韓国です。

ということで、韓国のソウルにある4つのカジノを紹介したいと思います。賭け事をしないにしても、日本にはない空間なので、是非ソウルにいった際には覗き見しにいってください。異文化感を味わえて楽しいと思いますよ。

 

①仁川国際空港すぐ近く「パラダイスシティー」

「PARADISE CITY(パラダイスシティー)」って聞いたことありますかね?

ソウルの仁川国際空港のすぐ隣に、2017年にできた超大型の統合型リゾートで、ホテル・レストラン・プール・ショッピングなどが楽しめる大型施設ですが、その中の売りの一つがカジノです。

PARADISE CITY公式サイトより

仁川国際空港のすぐ隣にあるので、空港からはシャトルバスで第1ターミナルから3分、第2ターミナルからでも20分あれば到着するので、日帰りカジノも可能ですし、トランジットで仁川空港に6時間の滞在がある人が、ちょろっと遊びに行くのもオススメです。

 

そして、韓国のカジノは外国人専用カジノになっているので、韓国人は入場できないんですよね。ということはメインターゲットは日本人・中国人です。なので、カジノ内は日本語も通じます。初心者でも安心ですね。

広さも16,000平米ありますし、ゲーム数も多く、本格的なカジノなので、初めて行くとワクワクすると思います。自分も、初めてカジノに友人といったときのことは、今でも鮮明に覚えています.

 

とにかくオススメな点は、仁川国際空港の隣にあるという点です。日本から最もアクセスしやすい海外カジノと言えるでしょう。

パラダイスシティ基本情報
  • 公式サイト:こちら
  • 場所(住所):仁川空港すぐ近く(인천광역시 중구 운서동 2874)(グーグルマップ https://goo.gl/maps/pkBrnUsENKH2)
  • アクセス:仁川国際空港よりシャトルバスあり
  • ホテル:パラダイスシティホテル併設
  • 営業時間:24時間
  • 入場料:無料
  • 年齢制限:20歳以上でパスポート必須(外国人専用カジノなので、必ずパスポートチェックあり)
  • ドレスコード:特になし(サンダルはやめておく方が無難かも)
  • ゲーム:バカラ(107台)、ブラックジャック(18台)、ルーレット(12台)、その他テーブルゲーム、電子ゲーム機(62台)、スロットマシン(281台)など。テキサスホールデムあり(1000/3000ウォン〜)。
  • 予算:ブラックジャックやバカラのミニマムベットは10,000ウォン(1,000円程度)~

 

②ソウルの名門カジノ「パラダイスカジノ ウォーカーヒル」

こちらも同じくパラダイスグループのカジノです。韓国の名門中の名門のカジノで、ウォーカーヒルはなんと1968年オープンです。ただ、改装を何度もしているので、中も外もめちゃくちゃキレイです。

PARADISE CASINO WALKERHILL公式サイトより

ソウル市内からは、少し遠く明洞や江南からタクシーで20~30分ほどの距離にあります。また、近隣の地下鉄の駅からは無料のシャトルバスもあります。仁川空港からのバス(片道15,000ウォン)で来ることも可能です。

 

ゲームの種類も一通り揃っていますし、ミニマムベットもバカラやブラックジャックで10,000ウォン~と少額でも遊べます。

オススメポイントは、名門カジノなので、週末の夜には人の熱気がすごいです。勝っても、負けても、「うおーーーっ」と怒号のような声が飛び交う瞬間もあり、日本ではなかなか見ることのできない光景を楽しむこともできます。

 

すけすけ
ちなみに、自分がソウルで行くカジノは、ほぼ毎回この「パラダイスカジノ ウォーカーヒル」です。自分の好きなゲーム「テキサスホールデム」が24時間稼働しており、週末には6テーブルすべてが埋まるくらい人が集まるからです。テキサスホールデムは、カジノの中では珍しく客 VS カジノというお金の取り合いではなく、客 VS 客というゲームです。イメージ的には麻雀に近いですかね。なので、客が集まらないとゲームが開催されないので、客が集まるウォーカーヒルに行くのが必須になっているんです。レートは1000/3000ウォンがメインで、2,000/5,000ウォンといいうテーブルが立つときもあります。
パラダイスカジノ ウォーカーヒル基本情報
  • 公式サイト:こちら
  • 場所(住所):ソウル市内から少し遠い場所で、市内からタクシーで20~30分(ソウル市広津区広壮洞山21 / 서울특별시 광진구 광장동 산21)(グーグルマップ https://goo.gl/maps/uZr143pqHxp)
  • アクセス:地下鉄5号線クァンナル(クァンナル、Gwangnaru)駅 無料シャトルバスまたはタクシー約5分、地下鉄2号線江辺(カンビョン、Gangbyeon)駅 無料シャトルバスまたはタクシー約10分
  • ホテル:グランドウォーカーヒルソウル、ビスタウォーカーヒルソウルを併設
  • 営業時間:24時間
  • 入場料:無料
  • 年齢制限:20歳以上でパスポート必須(外国人専用カジノなので、必ずパスポートチェックあり)
  • ドレスコード:特になし(サンダルはやめておく方が無難かも)
  • ゲーム:バカラ(68台)、ブラックジャック(12台)、ルーレット(8台)、その他テーブルゲーム、電子ゲーム機(40台)、スロットマシン(121台)など。テキサスホールデムあり(1000/3000ウォン〜)。
  • 予算:ブラックジャックやバカラのミニマムベットは10,000ウォン(1,000円程度)~

 

③南大門近くのヒルトンホテル内にある「セブンラックカジノ ミレニアムソウルヒルトン」

定番観光スポットの南大門市場の近くなので、自分は南大門市場にある「カメコル」の肉まんを食べた後にこのカジノ「セブンラックカジノ ミレニアムヒルトン」に立ち寄ったりしていました。

セブンラックカジノ公式サイトより

ソウル路7017からも、ソウル路テラスを通りミレニアムヒルトンホテルへと行くことができます。中はと言うと、なんせ、豪華 ・・・韓国ではめずらしいラスベガス風で、自分にはよくわからない?絵画が飾っていたり、水のせせらぎの音が聞こえていたりと、ラスベガスは遠くても気分は十分味わえる空間が広がっています。客層もショッピング感覚?の観光客が多いイメージです。ただ週末や夕方以降は混んでいることも多く、賭け金額の安いテーブルは待つことになるかもしれません。待つのが嫌な人は少し時間帯をずらすとよいでしょう。

基本情報
  • 公式サイト:こちら
  • 場所、住所:ソウル特別市 中区 素月路 50 / 서울특별시 중구 소월로 50 (グーグルマップ  https://goo.gl/maps/1VpoE4eaGcH2
  • アクセス:地下鉄1号線ソウル(ソウル、Seoul Station)駅 8番出口 徒歩6分,地下鉄4号線会賢(フェヒョン、Hoehyeon)駅 4番出口 徒歩8分
  • ホテル:ミレニアムソウルヒルトンを併設
  • 営業時間:24時間
  • 入場料:無料
  • 年齢制限:20歳以上でパスポート必須(外国人専用カジノなので、必ずパスポートチェックあり)
  • ドレスコード:特になし(サンダルはやめておく方が無難かも)
  • ゲーム:バカラ(34台)、ブラックジャック(7台)、セブンラックポーカー(2台)、ルーレット(3台)、大小(2台)、カジノウォー(2台)、電子ゲーム機バカラ・ルーレット(50台)、スロットマシン(162台)など。テキサスホールデムなし。
  • 予算:ルーレット2,500ウォン〜、大小5,000ウォン〜、ブラックジャックやバカラのミニマムベットは10,000ウォン~、スロットマシンは1,000ウォン〜

 

④江南地区にある「セブンラックカジノ 江南COEX」

誰もが聞いたことのある曲カンナムスタイルでおなじみの、江南(カンナム)地区にあるカジノが「セブンラックカジノ 江南COEX」です。ソウルのカジノは、パラダイスグループとセブンラックグループの2つがあり、ミレニアムヒルトンと江南COEXがセブンラックカジノになります。

セブンラックカジノ公式サイトより

江南は、日本でいうと銀座???のような所で、華やかで派手な場所です。その中でも、超超超大型ショッピングモールのCOEXセンターには基本なんでもあります。笑。1日ぐらい余裕で潰れます。笑。免税店に、百貨店に、フードコートに、映画館に、なんと図書館に、水族館まで!そして、カジノも。笑。

大きな看板があるためすぐ見つけられますが、2階にカジノ入り口があるので少し注意が必要です。「セブンラックカジノ 江南COEX」は、「セブンラックカジノ ミレニアムソウルヒルトン」の2倍以上の面積がありますが、テーブル数が多いせいか正直あまり広い印象はないです。内装は伝統的な韓国?の雰囲気です。

セブンラックカジノ 江南COEX基本情報
  • 公式サイト:こちら
  • 場所、住所:ソウル特別市江南区テヘラン路87 道58コンベンション別館 / 서울특별시 강남구 테헤란로 87길 58 (グーグルマップ https://goo.gl/maps/EotAUsZgF532)
  • アクセス :地下鉄2号線三成(サムソン、Samseong)駅 5番出口から徒歩6分、地下鉄9号線 奉恩寺(ポンウンサ)駅 7番出口または三成中央(サムソンチュンアン、Samseong Jungang)駅 4番出口から徒歩6分。
  • ホテル:インターコンチネンタル ソウルCOEX
  • 営業時間:24時間
  • 入場料:無料
  • 年齢制限:20歳以上でパスポート必須(外国人専用カジノなので、必ずパスポートチェックあり)
  • ドレスコード:特になし(サンダルはやめておく方が無難かも)
  • ゲーム:バカラ(63台)、ブラックジャック(9台)、セブンラックポーカー(4台)、ルーレット(2台)、大小(1台)、電子ゲーム機バカラ・ルーレット(30台)、スロットマシン(120台)など。テキサスホールデムあり(2,000/5,000ウォン〜)。
  • 予算:ルーレット2,500ウォン〜、大小5,000ウォン〜、ブラックジャックやバカラのミニマムベットは10,000ウォン~,スロットマシンは1,000ウォン〜

 

ソウルのカジノまとめ

以上、ソウルの全カジノ4つを紹介しました。

  1. 仁川空港近くのトランジットでも寄れる「パラダイスシティー」
  2. 名門中の名門で熱気ムンムン「パラダイスカジノ ウォーカーヒル」
  3. 明洞・南大門近くにあるラスベガス調の「セブンラックカジノ ミレニアムソウルヒルトン」
  4. 江南地区にある伝統韓国調の「セブンラックカジノ 江南COEX」

と4つのカジノがあり、それぞれ場所も違うので、一番宿泊ホテルに近いところに遊びに行ってみるのもいいかなと思います。初心者でも簡単なゲームは、スロットマシンやルーレット、大小などかもしれませんが、是非テーブルに座ってテーブルゲームも味わってみて下さいね。

ちなみに、今回は飛行機代+ホテル代くらいの勝利でした。負けることもあるし、勝つこともあるし、アップダウンを今後も楽しみたいと思います!

おすすめ関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください