陸マイラー必須「ポイント交換サイト(ポイント経由地)」について徹底解説。Gポイント&PeXが重要。

貯めたポイントをANA/JALマイルに交換する方法を総整理。ポイント交換サイト「Gポイント」「PeX」は登録しないとANAマイルが貯まらない。

f:id:bmwtatsu:20170608224232p:image

 

「陸マイラー」が「年間30万ANAマイル」をどう貯めたのか。【ANAマイルの貯め方 完全公開】

2016-07-29

上記記事にANAマイルの陸マイラーとしての貯め方を解説していますが、基本的な考えは

「ポイントサイトのポイント→ANAマイルに移行」

という方法を利用して陸でマイルを貯めます。

 

現在、陸マイラーとして年間20万マイル以上稼いでいる人々は全員このANAマイルの貯め方、つまり

ポイントサイトの活用

を徹底していると言って間違いないです。

さて、この記事ではポイントサイトで貯めたポイントをANAマイルにする具体的なルート・方法について徹底解説します。

また、JALマイルに関しても最後に触れておきます。こちらは割とシンプルです。

ポイント交換サイトの全貌を公開です。


ポイントサイトを2つに分類して考えよう。「貯めるサイト」と「交換するサイト」。

ポイントサイトは数が多くわかりにくいのですが、まずポイントサイトを2種類に分けて考えると、非常にわかりやすくなります。

①ポイントを稼ぐサイト:「モッピー」「ハピタス」等

「moppy」の画像検索結果

ポイントを貯めるサイト」の代表的なサイトが「モッピー」「ハピタス」等です。

これらのポイントサイトでは、クレジットカードの発行、銀行の口座開設、証券会社の口座開設、FXの口座開設、ショッピング、保険相談etc様々な広告が出ており、広告利用でポイントを貯めることができるサイトです。

簡単に言うと、楽天で買い物することがありますよね?そのとき、直接楽天のサイトにいって買い物すると実は損してるんですよ。一旦、ポイントサイトを経由してから楽天のサイトに行くとポイントサイトの方でもポイントがもらるんです。

イメージとしては、ポイントサイトはインターネット上の「Tポイントカード」みたいなものだと思って下さい。

Tポイントカードを持っていると、いろんなところでポイント付きますすよね?コンビニとかガソリンスタンドとか。Tポイントカードは持っていて損しませんよね。得しかないです。

それと同じで、インターネットで何かするとき(買い物とか、クレジットカード作成とか)は「ポイントサイト」を経由しないと損なんですよ。

まず、これらのサイトでポイントを貯めてから、マイルに交換するのが陸マイラーの基本です。

ポイントサイトはなぜポイントがもらえるの???

ポイントサイトのビジネスモデルのイメージ

クレジットカード会社は顧客の確保に必死です。自分たちでテレビCM等を流して顧客を捕まえようとすると莫大な経費がかかります。

そこでポイントサイトに依頼をします。100万円払うので、客を100人紹介してくれと。ポイントサイト会社は、その資金を元に顧客に6000円を渡しクレジットカードを100人に発行してもらいます。すると、残りの40万円がポイントサイトの収益になる。こんなビジネスモデルです。詐欺でもないですし、危険性もないです笑。

クレジットカード会社、ポイントサイト、顧客のトリプルWinです。

f:id:bmwtatsu:20160726071417j:plain

「モッピー」「ハピタス」の具体的な特徴や使い方は下記の記事を参照してください。

【モッピーとは】陸マイラーが徹底解説。ポイントの稼ぎ方~ANAマイル・JALマイルへの交換方法まで。

2019-10-08

【ハピタスとは?】危険?評判は?ポイントの貯め方を陸マイラーが徹底解説。

2016-08-03

 

②ポイントを交換するサイト:「Gポイント」、「PeX」、「ドットマネー」、「Net Mile」

ポイントを交換するサイト」は、モッピーやハピタスで貯めた各種ポイントを別のポイントに変換するサイトです。

ハピタス等で稼いだポイントは、現金やTポイント等に交換できますが、直接ANAマイルには交換できません

正確に言うと、交換できるポイントサイトもありますが、交換レートが悪いので直接交換はしないで下さい。

 

高レートでポイント交換をする方法として、ポイント中継地点の「ポイント交換サイト」を徹底利用します。

それが上記の4サイト、「Gポイント」「PeX」「ドットマネー」「Netmile」です。

これらのサイトは非常に便利なサイトで、自分の持っている様々なポイントをドットマネーやPeXに交換すると、別のポイントに交換することができるんです。

 

例えば、ハピタスのポイントは、ドットマネーを経由することで交換レート50%でJALマイルにできたりします。

ハピタスポイントをメトロポイントに交換したり、JALマイルに交換したり、そしてANAマイルにしたり。そんなことがポイント交換サイトを経由すると可能になるんです。

(注)厳密にはポイント交換サイトでも、クレジットカード発行等でポイントを貯めることは可能です。が、ポイントが低くてお得感が少ないので、利用する機会は少ないでしょう・・・。

 

どのポイントサイトのポイントを、どのルートで、ANAマイルにするのが効率がいいか徹底的解説。

ポイントをANAマイルに交換する上で、知っておくべきことは、

  1. ポイントの貯めやすいポイントサイトを使うこと
  2. ポイント交換の際に交換率の高いルートを使うこと

の2点です。ポイントの貯めやすい人気ポイントサイトが先ほども紹介したモッピーやハピタスです。

 

では、ポイントを交換率の高いルートでANAマイルにする方法ですが、ここは陸マイラーの中で徹底的に研究されおり、ルートは決まっています。まずは、このポイント交換ルートを徹底的に理解してください。

 

結論を先に書きますが、

  1. 各種ポイントは、まずポイント交換サイトに移行
  2. ポイント交換サイトからメトロポイントに移行
  3. メトロポイントからソラチカルートでANAマイルに移行
f:id:bmwtatsu:20171011214151p:plain

これが一番効率のいいポイント交換ルートです。

 

上記のように、このルートでレート90%でANAマイルにすることが可能です。これより交換レートのいいポイント交換方法はありません。

キーになるのは、一旦メトロポイントに交換できるかどうかです。メトロポイントに交換できれば、【ソラチカカード】を活用することで、交換レート90%でANAマイルにできます。なので、ソラチカカードを所有していないと、陸マイラーとしては圧倒的に不利です。必ず持つようにしましょう。

【ソラチカカード】&【ソラチカルート】を徹底解説。ANAマイルがマジで貯まる陸マイラーの裏技。

2016-07-28

 

各種ポイントをメトロポイントに乗せて、ソラチカルートを利用するための、ポイント中継地点が「Gポイント」「PeX」「ドットマネー」「Netmile」の4つのサイトなんです。

 

コラム「交換ルートはどれだけ重要???

少し考察してみます。

「ハピタス1万ポイント(1万円分)をANAマイルに交換するにはどんなルートがあるかのか?」

何パターンか存在するので、比べてみましょう。

 

①ハピタス→PeXポイント→ANAマイル

1万ハピタスポイントは10万PeXポイント(PeXは10ポイント1円の価値です)に交換でき、PeX10万ポイントを直接ANAマイルにすると2857マイルになります(PeX3500=ANA100マイル交換です)。

 

②Pexポイント→Tポイント→ANAマイル

1万ハピタスポイントは1万Tポイントに交換でき、1万Tポイントは5000ANAマイルになります。

 

③Pexポイント→メトロポイント→ANAマイル

PeX10万ポイントに交換したあとに、一度メトロポイント1万ポイント(1万円分)に交換します。ここまでは等価交換できます。ポイントの価値が減りません。

そして、メトロポイントはソラチカカードがあれば、90%交換でANAマイルにできますので、9000ANAマイルになります。

 

3つのルートを比較すると、ハピタス1万ポイントは2857マイルにも、5000マイルにも、9000マイルにもなります。どのルートを利用するのかで全然違いますよね。

陸マイラーはこの歪みを有効活用するのが基本です

また、同じ1万円分のポイントでもハピタスポイント1万円分とTポイント1万円分では、マイルに変換すると価値が変化しています。ここにも歪みが生じています。

ハピタスポイントは最大90%でマイル交換できますが、Tポイントは50%交換にしかなりません。

つまり、ハピタスポイントを貯めた方がマイル交換は効率がいいんです。

陸マイラーに大切なことは、ポイントの貯まりやすいサイトを使うこと、交換比率のいいルートを使うことが必須になります。


ポイント交換サイトを総整理。2018/4/1以降はソラチカ改悪あり。

すでに、陸マイラーの中では情報が広まっていますが、2018/4/1以降、ソラチカルートの改悪があります。

【改悪ソラチカ】ソラチカルート&ソラチカカードに制度変更あり。メトロポイントへの移行が困難に。

2018-01-13

2018/3/31までは、各種ポイントサイトからドットマネー or PeXに移行してソラチカルートを利用して下さい。

f:id:bmwtatsu:20171011214151p:plain f:id:bmwtatsu:20171011214646p:plain

ドットマネーに移行しても、PeXに移行してもOKです。ドットマネーに移行する際に2%増量キャンペーンなんかもやっていたりするので、キャンペーンに注目しながら移行先を決めましょう。

(注)一部のポイントサイト(ECナビ・モバトク・ポイントタウン)はPeXにしか移行できません。

 

が、2018/4/1以降は、上記の4サイト「Gポイント」「PeX」「ドットマネー」「NetMile」からメトロポイントへのポイント移行が停止します。改悪です。

そこで、ポイント交換サイトに利用方法が大きく変わります。


 

2018/4/1以降は、ポイント交換サイトごとに大きな差が出る。Gポイント&PeXが登録必須に。

ポイント交換サイトからメトロポイントへの移行停止に伴い、今までと同じ方法ではポイントを中継地点からメトロポイントに流すことができません。ソラチカルートそのものは、メトロポイント→ANAマイルに交換レート90%で交換可能なので、変わりはありません。

が、メトロポイントに移行する方法がかなり複雑になりました。一旦、LINEポイントに移行しないと、メトロポイントに移行ができなくなります。

【LINEルート徹底解説】LINEポイントからANAマイルへ。ソラチカルートへの交換方法を完全解説。

2019-07-25

そこで、4つのポイント交換サイトを、2018/4/1以降どのように利用すればいいのか、絶対に登録しておくべきポイント交換サイトはどれなのか、1つ1つのポイント交換サイトに焦点を当てて整理しておきます。

 

①【Gポイントの全貌】LINEルート&ソラチカルートの最重要経由地で登録必須

Gポイント基本事項
  • ポイント単位:1ポイント=1円
  • ポイント有効期限:最後にGポイントを交換、取得もしくは利用した日より12ヶ月
  • Gポイントへのポイント交換可能なポイントサイト:モッピー
  • Gポイントからのポイント交換先:LINEポイントに等価交換、ワールドプレゼント、現金(他、多数)
  • Gポイントの登録はこちらより(50円相当のポイントもらえます)
Gポイント

登録していますかね?ポイント交換サイト「Gポイント」。実は登録していない人が多いと思います。このポイント交換サイト「Gポイント」の重要性が、陸マイラーの中では2018/4/1より一気に上昇します。

というのも、今後ポイントをANAマイルに交換するために「ソラチカルート」を利用するには、まずはLINEポイントに一旦ポイントを集約する必要があります。そして、LINEポイントをメトロポイントに移行することで、ソラチカルートの利用が可能になります。

このように交換レート81%で、ANAマイルに交換できます。

となると、各種ポイントサイトのポイントをLINEポイントに交換しないといけませんね。上記の図は、簡略化するために、ハピタスやモッピーから直接LINEポイントに交換していますが、実は直接交換できません(厳密に言うと、モッピーからは直接交換可能ですが、交換レートが低いです)。

 

そこで重要になるのが「Gポイント」なのです。

というのも、GポイントからLINEポイントには等価交換可能だからです(本来5%の手数料が必要ですが、簡単に手数料無料にする方法はこちら参照)。

他のポイント交換サイトからはLINEポイントには交換できない(厳密には、PeXから交換可能ですが交換レートが低いです)ため、唯一LINEポイントに等価交換可能なGポイントが超重要になるんです。すべてのポイントをGポイントを集約してから、LINEポイントに流し込みます。

これが陸マイラーの基本的な考え方になります。

「Gポイント」は登録しましょう。

 

さて、次に質問ですが、Gポイントに直接ポイント以降が可能なポイントサイトはどれか知っていますか?この重要なポイント交換サイト「Gポイント」ですが、ハピタスやモッピー等からGポイントに直接移行可能なのかというと、

  • モッピー:可
  • ハピタス、ポイントインカム、ECナビなど:不可

となっており、Gポイントに直接移行可能なポイントサイトと不可能なポイントサイトがあります。というか、直接移行可能なポイントサイトは陸マイラーに必須なのは「モッピー」だけなんです。

【モッピーとは】陸マイラーが徹底解説。ポイントの稼ぎ方~ANAマイル・JALマイルへの交換方法まで。

2019-10-08

なので、陸マイラー的に、ANAマイルを簡単に貯める方法は、モッピーでポイントを貯めて、それを下記の方法でANAマイルに交換レート81%で移行する。これを利用しましょう。一番簡単なポイントをANAマイルに交換する方法になります。

モッピーだけが、比較的簡単にANAマイルにポイント移行できます。ソラチカルートに改悪があったとは言え、これは頑張って理解しましょう。大量ANAマイルを貯める陸マイラーには必須ですので。

ちなみに、モッピーは下記の記事の通り、JALマイルも交換高還元の唯一のポイントサイトです。ポイントサイトを一つだけ利用するとしたら、間違いなくモッピーでいいと思います。考えている戦略が、他のポイントサイトとはレベルが違う感じがしています。

(注)実は、Gポイントそのものでもクレジットカード発行やショッピングの案件があり、ポイントを貯めることは可能です。が、決してもらえるポイントが高くないんです・・・・。そして、モッピーのように高レートでJALマイルに交換できるわけでもないので、モッピーのポイントを貯める方がオススメです。

 

②【PeXの全貌】大半のポイントサイトはソラチカルートに乗せることが可能になる

PeX基本事項
  • ポイント単位:10ポイント=1円
  • ポイント有効期限:実質無期限(12か月ログインしないと失効)
  • PeXへのポイント交換が可能なポイントサイト:ハピタス、モッピー、ポイントインカム、ECナビ、モバトク、ライフメディアなど陸マイラーが利用するポイントサイトの大半
  • PeXからからのポイント交換先:ワールドプレゼント、nimoca、現金(他、多数)
  • PeXの登録はこちらより

さて、次に重要なポイント交換サイトは「PeX」です。

実は、モッピー以外のポイントサイトからは直接Gポイントに交換はできないと言いましたが、実は一旦PeXにポイント移行することで最終的にはGポイントに交換することも可能です。そして、LINEポイント経由でソラチカルートが利用でき、ANAマイル交換レートは81%です。

PeXからワールドプレゼント(三井住友VISAカードのポイント)へ移行、そしてワールドプレゼントからGポイントに交換可能なんです。

ハピタス、ポイントインカム、ECナビ、モバトク、ライフメディアなどなどは、この方法を利用します。

うわーーーー。ややこしい笑笑。

もう陸マイラー歴の長い人や、ポイントサイトに慣れた人なら、どうってことない気がしますが、初見の人にはハードルが高い気がします。なので、陸マイラーになりたての人は「モッピー」を利用するのがベストだと思います。慣れてきたら、別のポイントサイトを利用してみるという考えもありです。

そもそも複数のポイントサイトを理由する意味は?

個人的には、ポイントの管理をしやすくするためにポイントサイトは絞って利用したいのが本音です。

ただし、

  • 同じクレジットカード発行なのに、あまりにポイント還元数に差がある
  • 普段利用しているポイントサイトに出ていないお得案件が、他のサイトに登場した

などなどの理由で徐々に登録するポイントサイトは増えてしまう傾向にあります。当ブログでも、お得な案件があれば、一つのポイントサイトにこだわらずに紹介しています。

普段のショッピングや、ホテルの予約などを利用する定番ポイントサイトをまず決めて、徐々に増やしていくのがオススメです。

モッピーに追加して、別のポイントサイトを利用している人は、PeXを利用しないとソラチカルートを利用できないということになります。ということで、PeXも非常に重要なポイント交換サイトです。

ただし、PeXに追加して「三井住友VISAカード」を所有していないと、ポイントサイトからPeXを経由するLINEルートは利用できません。ポイントサイトからPeX経由でLINEポイントに移行する「LINEルート」は下記記事で総整理しています。じっくり読んで理解してください。

【LINEルート徹底解説】LINEポイントからANAマイルへ。ソラチカルートへの交換方法を完全解説。

2019-07-25

 

すけすけ

2018/5よりGポイントの代わりに、ポイントタウンを経由でのLINEポイントへの移行も可能になりました!

PeX→ワールドプレゼント→ポイントタウン→LINEポイント

が可能で、こちらの方がGポイント経由より便利です。というのも、GポイントからLINEポイントに等価交換するには、指定の広告利用が一度必要なのですが、ポイントタウンからLINEポイントは無条件で等価交換可能だからです。

ポイントタウンは登録必須になりました!下記参照してください!

【ポイントタウン】が陸マイラーに重要なポイントサイトに。ポイント中継地点としてもおすすめなポイントサイト。

2018-06-22

 

【コラム①】ANAマイル交換レート60%の「ワールドプレゼントルート」とは
ソラチカルートがあると一切注目されていませんが、実はソラチカルートが完全に閉鎖しても、「ワールドプレゼントルート」というもので、交換レート60%でANAマイルにすることは容易なんです。

PeXをポイント中継地点として、ワールドプレゼントを経由してANAマイルにできるんです(ワールドプレゼント対応のANA VISAカード等の三井住友VISAカードが1枚は所有必要)。

レート60%???今までのソラチカルートの90%を知っている人には、悪いレートに見えますが、これでも相当魅力的であるというのがマイルの現実です。

ハワイへのビジネスクラス特典航空券は、購入すると30万円以上します。これが、65,000マイルで特典航空券なら発券できるんですよ???1マイル=5円の価値になることもあるので、10,000ポイント=6,000マイルに60%で交換することも十分に価値があります。個人的には、陸マイラーの未来が明るいです。というか、どんなレートでもマイルの楽しさに変わりはないです笑。

なお、PeXおよびGポイントからは、ワールドプレゼントにポイント交換可能です。やはり、この2つのポイント交換サイトは重要な位置にいます。

 

【コラム②】ANAマイル交換レート70%の「nimocaルート」とは。
一部のマイラーの中で注目されているのが「nimocaルート」というポイント交換ルートです。これを利用すると、ポイントサイトのポイントを交換レート70%でANAマイルに交換できます。


こちらを利用するには、「ANA VISA nimocaカード」が必須になります。

ANA VISA nimocaカードがデビュー。陸マイラー人気となるか??誕生記念入会キャンペーンで最大32,000マイルのチャンス。

2017-12-21

万が一、LINEポイントからメトロポイントへの移行も閉鎖された場合は陸マイラーの中で重要度は高くなる可能性はあるのですが、、、、、ポイントをANAマイルに交換するのが、ネット上で交換が不可なんです。なんと、九州か函館にある機械を利用するしかないという・・・・(機械の場所はこちら)。

ただし、ソラチカルートのように月に2万ポイントしか移行できないという条件はありません。なので、ポイントをまとめて30万ポイント貯めて、2年に1回九州まで交換しに行く。そんな強者も出てくるかもしれません笑。強者すぎますが笑。東京や大阪にも機械増えてほしいですね。

このnimocaルートを利用する際にPeXは重要なポイント中継地点になります。Gポイント、NetMileからもnimocaには交換可能ですが、ドットマネーからは交換できません。

 

③【ドットマネー】地位は大きく低下。が、JALマイルにレート50%で交換可能。

ドットマネー基本事項
  • ポイント単位:1ポイント=1円
  • ポイント有効期限:通常ポイントは獲得後6か月後月末、ボーナスポイント当月末
  • ドットマネーへのポイント交換が可能なポイントサイト:ハピタス、モッピー、ポイントインカム、ライフメディア
  • ドットマネーへのポイント交換が不可能なポイントサイト:ECナビ、モバトク、ポイントタウン
  • ドットマネーからからのポイント交換先:JALマイルにレート50%、現金(他、多数)
  • ドットマネーの登録はこちらより

次は、ドットマネー。本当につい最近まで、陸マイラーの中で定番中の定番のポイント交換サイトだったんですけどね・・・・。ドットマネーからメトロポイントに移行して、ソラチカルートに乗せるのが・・・。メトロポイントに移行が終了してしまい、陸マイラーが利用する機会は大きく減りそうです。

 

が、1点強みが。

JALマイルに交換レート50%でポイント交換可能です。

GポイントやPeXからも、JALマイルに交換可能ですがレートが悪い。Gポイントは33%、PeXは25%です。が、ドットマネーなら50%でJALマイルに交換可能です。なので、JALマイラーには重要な地位だと思います。

(注)2018/7/1よりドットマネーからJALマイルへの交換レートは52%→50%になっています。今後も50%なのかはしばらく経過を見ないとわかりません・・・。

 

なお、JALマイルも、実はモッピーからの直接交換がなんと交換レート最大80%なんです(キャンペーンなので、突如終了の可能もあり)。ということなので、JALマイラーが利用すべきポイントサイトはモッピー1択なんですけどね・・・・。詳細は下記。

 

④【NetMile(ネットマイル)】は陸マイラーには無縁に??マイル以外ではお得感あり。

ネットマイル基本事項
  • ポイント単位:2ポイント=1円
  • ポイント有効期限:実質無期限(1年間ポイントの獲得ないと失効)
  • ネットマイルへのポイント交換が可能なポイントサイト:すぐたま(ハピタス、ゲットマネーも可能だが、1ポイントの価値が0.5円に半減するため意味なし)
  • ネットマイルからからのポイント交換先:プリンスポイント、セシール、nimoca、現金(他、多数)
  • ネットマイルの登録はこちらより

NetMileは本当に利用したことがある人も少ないポイント交換サイトでしょう。

が、実は一つ強烈なポイント交換先を持っています。プリンスポイントです。

【オススメ】プリンスポイントの貯め方~使い方を完全解説。何に交換が一番お得??

2018-07-25

プリンスポイントに交換可能なのは、実はNetMileだけなのですが、これが本当に魅力的。

5,000円相当のポイントで品川プリンスホテルの宿泊券に交換できるんです。品川プリンスホテルの宿泊費は25,000円ほどするので、1ポイント=5円近い価値で利用可能なんです。ANAマイルやJALマイル並みにお得な交換先といってもいいでしょう。

NetMileからANAマイルへの交換は少し特殊!!!

NetMileからANAマイルへの交換は少し特殊です。

NetMile➡セシール➡Gポイント➡LINEポイント➡メトロポイント

という流れになります。また、この流れで交換をすると、NetMileからセシールへの交換時に手数料が1回100円相当取られます。1回の交換上限は最大15,000円です。そして、セシール➡Gポイントは105円➡100円と5%の手数料が取られます。

なので、このルートでのANAマイルへの交換は、交換レート76%ほどになります。レアなルートですが、セシールへの登録が必要になります。

 

また、NetMileはたまに強烈なキャンペーンをします。

  • メトロポイントに移行で20%増量
  • WAONに移行で10%増量
  • ドコモ口座に移行で30%増量

こんなキャンペーンを過去にも行っています。マイルを貯めているわけではない人は、NetMileの増量キャンペーンもお得かもしれません。NetMileはnimocaにポイント移行可能なので、もしnimocaにポイント増量キャンペーンなんかが行われると注目されることになるかもしれません。

 

以上、4つのポイント交換サイトについて、陸マイラー的な視点から解説しました。ポイントの交換先の提携が変更になったり、レートが変更になったり、割とコロコロと状況は変化しますが、状況が変わるたびに当記事の修正をしていく予定にしております。

JALマイルの貯め方を完全公開。陸マイラーの「年間20万JALマイルの貯め方」を徹底解説。

2016-12-16

「陸マイラー」が「年間30万ANAマイル」をどう貯めたのか。【ANAマイルの貯め方 完全公開】

2016-07-29

 

33 件のコメント

  • すけすけさん

    はるはると申します。前の人と被る質問になりますが、ポイント交換に関して、念のため確認させてください。ソラチネカードを取得しポイントが貯まったので交換をしたいと思っています。案内を読むとポイントインカムのポイント移行は、直接G-pointに移行できないのでPex経由と書かれていますが、現在はポイントインカムから直接G-pointに交換して良いという理解であってますか?ポイントインカムの交換を見ると、PexもG-pointも同じレートだと思ったので、直接G-pointに交換してよいか確認させてください。

    • はるはるさん
      はい、現在はポイントインカムからgポイントに移行可能です。そちらご利用ください。

  • こちらを参考に、8月にソラチカカード作りました。ありがとうございます!
    キャンペーン達成を頑張りつつ、ポイントサイトを整えようとしていましたが、
    ソラチカルートの期限12月となり、少々焦っています。

    今は、ハピタスとポイントインカムしか登録しておらず、唯一ポイントが溜まっているのがポイントインカムです。ポイント交換サイトをこれから登録するのですが、どこが良いのでしょうか。どれくらいポイントがあれば、ソラチカルートにのせられるのでしょうか?
    よろしくお願いいたします。

    • マディーさん
      数日でLINEポイントまで移行可能なので、すぐに移行してください。
      まずはgポイントに移行です。

      • すけすけ様

        お返事ありがとうございます!
        急いでやってみます。
        ありがとうございました!!

  • すけすけ様
    ポイント交換先で迷っています。
    ポイントタウンで貯めたポイントは、LINEポイントに直接交換してもいいのでしょうか?
    それともPEXを経由させるべきなのでしょうか?
    宜しくお願い致します。

  • ネットマイル→ANAマイルは80%のnimocaルートだけしか想定していませんでした。このサイトでセシール経由を知って、昨日は1日ハッピーな気分でした。ありがとうございますm(._.)m

    ここにはネットマイルカードという隠し球があります。セディナ発行のクレジットカード、これを発行するだけで、永久ゴールド会員+15%ボーナスが得られるほか、今ではレアになったnanacoチャージで1%ポイントが付きます。

    ビットマイルという暗号通貨も案件報酬とは別にもらえたりで、最近、すぐたま 利用が増えました(^。^)。

    • Shigeさん
      セシールは実は使えますよね!
      今後も是非すぐたまをご利用ください!

      • お返事ありがとうございます。ここで臨時ニュースです。Tポイント→JRキューポの新ルート開通により、セシール経由より有利なルートが出来ました(^_^;)。

        NetMile→Tポイント→JRキューポ→Gポイント→LINEポイント→メトロポイント

        JRキューポ、ポイントハブのジョーカーと化しています。

        • Shigeさん
          そうですね!JRキューポも開通なので、使えますね。
          今後の注目ポイントであることは間違いないですね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください