当サイトでは運営上、記事内に各種広告を含んでおります。

【激熱】マリオットポイントをユナイテッド航空のマイレージに移行して30%増量キャンペーン。

スポンサーリンク

【2023年も来た!】マリオットアメックス所有者は要注目。マリオットポイントをユナイテッド航空のマイレージに移行すると30%増量のキャンペーンが開催中。たったの5,500マイルでANA国内線にも搭乗可能。だから、マリオットアメックスプレミアムは強い!!!

すけすけ
どうも、陸マイラーを始めて約20年、このブログを2016年から運営している「すけすけ」です。マイル・ポイント・クレジットの情報を日々提供しているのが当サイト「すけすけのマイル乞食」です。

マリオットポイントは航空会社のマイレージに移行できますが、年に何度か複数の航空会社で移行増量キャンペーンが行われています。2020年はコロナの影響でなかったのですが、2021・2022年に続いてあのキャンペーンが今年も来ましたよ!!

待っていた人もいるんじゃないですかね???マリオットアメックスプレミアム所有者には、非常に嬉しいキャンペーンが開始になりました。

なんと、マリオットアメックスプレミアムの利用で、100円=3ポイント貯まるマリオットポイントをユナイテッド航空(ANAと同じスターアライアンス所属)のマイレージに移行すると、それだけで30%増量になるというキャンペーンです。

マリオットからユナイテッド航空への増量キャンペーンは、年に1回行われる恒例のキャンペーンなのですが、2020年はコロナの影響もあり実施されませんでした。が、2021年についにカムバックし、2022年も開催、そして2023年も開催となります!!!これを待っているマリオットアメックスプレミアムユーザーも多数いると思いますので、内容をじっくり紹介すると同時に、マリオットアメックスプレミアムのポイントプログラムの素晴らしさを再度解説しておきます。

では、キャンペーン詳細の解説です。ANA国内線に搭乗するには、ユナイテッド航空のマイルはめちゃくちゃお得ですよ!!!

 

ホテルポイントをユナイテッド航空のマイレージプラスに移行して30%増量キャンペーン10/1~10/31まで

今回、ユナイテッド航空のマイレージプラスに移行して30%増量になるホテルポイントは、マリオットだけではありません。他のホテルポイントも対象になっています。

対象ホテルプログラム
  • マリオット – Marriott Bonvoy™
  • ヒルトン
  • IHG – IHG® リワーズ・クラブ
  • ハイアット – ワールド・オブ・ハイアット
  • ラディソン・ホテル・グループ – ラディソン・リワード®
  • シャングリ・ラ – ゴールデンサークル
  • アコーホテル
  • チョイスホテル
  • WYNDHAM

となっており、ハイアットやIHGのポイントを保有している人もキャンペーンに参加できます。日本国内だと、マリオットアメックスの影響でマリオットポイントの保有者が圧倒的に多いとは思いますが、IHGのポイントの所有者もいるでしょうね。もちろん、マリオットアメックスを保有していなくても、マリオットポイントを保有していればOKです。

 

また、キャンペーン期間は2023/10/1~2023/10/31です。マリオットポイントがある人は是非検討してみる価値があると思います。

キャンペーン期間

2023/10/1~2023/10/31(米国EST時間)

となっています。間違って、10/1以前にマイル交換しないように注意しましょう!

上記の期間中に、対象ホテルのポイントをユナイテッド航空のマイレージに移行をするだけで、マイルが30%も追加でボーナス加算されます。これはマジでお得です。

ただ、最大の注意点はキャンペーンに登録をしないと増量されない点です。キャンペーン登録が必須なんです。下記のバナーから登録しておきましょうね。

登録が完了すると(2023/10/1以降にならないとエントリー不可)、

上記の画面が出るはずなので、これで登録完了です。あとは、マリオットなどのポイントを移行すればOKです。登録より先に移行しても30%増量されないので、必ず先にキャンペーン登録をしてください。

 

1例として、マリオットの60,000ポイントをユナイテッド航空に移行すると、何マイルになるか計算しておきましょう。普通、マリオットのポイントは、3,000ポイント=1,000マイルでANA・JAL・BA・AA・SQなどに移行ができます。そして、60,000ポイント移行すると、5,000マイルが加算されて、60,000ポイント=25,000マイルになるんでしたよね。これがマリオットポイントの基本です。マイル移行は、可能な限り60,000ポイント単位で行う。

が、ユナイテッド航空はそもそも例外だと知っていますか?もともと、ユナイテッド航空だけは、マリオットから移行した際にはキャンペーンとは関係なく元からの交換レートが高いんです。

つまり、

  • 3,000ポイント=1,000マイル
  • 60,000ポイント=20,000マイル+10,000マイル(5,000マイルではない)=30,000マイル

が基本で、通常時でも交換レートが高いのがユナイテッド航空の特徴です。

それが、今回のキャンペーン中なら、さらに30%のボーナスマイルが加算されるので、60,000ポイントをマイル移行した場合には、何マイルになるのか計算しましょう。少しややこしいのですが、2022年までは30,000マイルの30%分として9,000マイルが追加され60,000ポイント→30,000マイル+9,000マイルの39,000マイルになるルールだったのですが、2023年からこっそりとルールが変更になったようで、60,000ポイント=20,000マイル+10,000マイルの20,000マイルの方だけが30%増量となっております。つまり、60,000ポイント→20,000マイル+30%増量の6,000マイル+10,000マイルの36,000マイルとなっております。この変更は規約には何も書かれていなかったので、海外でも物議を醸しておりますが、ルールが2023年から変更になったようです。

とは言え、強烈ですね。マリオットアメックスプレミアム保有者なら、マイル還元率が200万円=60,000マリオットポイント=36,000UAマイルなので、還元率は1.8%という驚異的な高さですからね。

 

ボーナスマイルの付与は最大25,000マイルが上限。ボーナスマイル付与は2024/1/31までに。

また、無限に移行して、無限に30%が増量になるわけではありません。ボーナスマイルは上限が25,000マイルとなっています。

なので、マリオット60,000ポイントを移行して6,000マイルのボーナスマイルなので、4回分(24万ポイント)移行すると24,000マイルのボーナスになります。5回分移行すると、30,000マイルのボーナスとなりますが、残念ですが、上限を超えるために25,000マイルしかボーナス加算がありません。

  • 60,000ポイント=36,000マイル
  • 240,000ポイント=144,000マイル

ということになります。

(注)60,000や240,000ではなく、細かいポイント(3,000ポイント毎)でのマイル移行は60,000=20,000+10,000マイルの10,000ボーナスマイル加算がなくなるので、めちゃくちゃ損します。ご注意ください。

また、ボーナスポイントは遅れて加算の予定です。2024/1/31までに加算予定となっています。

こういうめちゃくちゃお得なキャンペーンが、マイル増量キャンペーンです。是非、活用してくださいね!

キャンペーン公式規約はこちら。

    • 登録:当キャンペーンの利用には、2023年10月1日から2023年10月31日米国東部標準時午後11時59分まで(以下、「キャンペーン期間」)にキャンペーンに登録が必要です。
    • 対象となるアクティビティ:マイレージプラスのホテルポイントからマイルへの移行プログラムにおけるボーナスマイル(以下、「ボーナスマイル」)の獲得には、キャンペーン期間中にポイントからマイルへの移行プログラムを提供するマイレージプラスのホテルパートナープログラムの組み合わせ(以下、「対象となるアクティビティ」)で1回以上のポイントからマイルへの交換で特典マイルを獲得する必要があります。対象となるアクティビティは、2023年10月31日米国東部標準時午後11時59分までに完了する必要があります。
    • キャンペーンマイルの加算:キャンペーン終了時に対象となるアクティビティで獲得された合計マイルに対して30%ボーナスを算出し、最大で25,000ボーナスマイルまで獲得できます。ボーナスマイルは、2024年1月31日までに会員のアカウントに加算されます。このキャンペーンで獲得できるボーナスマイルの上限は25,000マイルです。マイレージプラスは、提携パートナーのマイル加算に生じた技術的な問題、またはホテルパートナーによるマイル加算の不履行や遅延により本キャンペーンの対象外となるポイントからマイルへの交換について責任を負いません。
    • 一般条項:このキャンペーンは、他のマイレージプラスのキャンペーンとの併用はできません。キャンペーンは予告なく変更になることがあります。その他の制限が適用される場合があります。獲得されたマイルおよび発行済みの特典は変更されることがあり、ここに明示されているプレミアプログラムを含み、ただしこれに限定されない、ユナイテッド・マイレージプラスプログラム(以下、「マイレージプラスプログラム」)の規約が適用されます。対象となるご利用を完了後、マイルがお客様のマイレージプラス口座に加算されるまで6~8週間ほどかかります。ユナイテッドは、使用条件、プログラム規約、特典、キャンペーン等、マイレージプラスプログラムに関わるすべてを、通告の有無にかかわらず、いつでも変更または終了する権利を留保します。ユナイテッドとその子会社、提携企業、および代理店は、他の参加企業およびパートナーが提供する商品やサービスについて何ら責任を負わないものとします。特典旅行にかかる税金や手数料は、会員のご負担となります。フライト以外のご利用で獲得されたボーナスマイル、特典マイル、その他のマイルは、特別にご案内している場合を除き、プレミアステータス取得基準の対象になりません。累積マイル、プレミアステータス、またはその他のいかなる会員資格も、マイレージプラスプログラムに関する既得権を会員に付与するものではありません。累計マイルやプレミアプログラムにおけるステータス取得条件など、マイレージプラスプログラムそしてプレミアプログラムに関連する算定やその変更(すべての見積もりを含む)は、ユナイテッド航空およびマイレージプラスの裁量により行われ、それらが最終のものと見なされます。ここに含まれるマイレージプラスに関する情報は、完全または包括的な記述であることを意図するものではなく、会員にとって重要な情報を網羅していない可能性があります。プログラムに関するすべての情報については、united.comのウェブサイトおよびマイレージプラスプログラム規約をご参照ください。UnitedおよびMileagePlusは米国で商標登録されています。マイレージプラスプログラムの詳細情報は、www.united.comでご覧ください。



スポンサーリンク

 

ユナイテッド航空のマイレージのお得な使い方。ANA国内線特典航空券がたったの5,500マイルから!

さて、ユナイテッド航空のマイルの特色とお得な使い方も紹介しておきます。ここに魅力を感じる方は、今回のキャンペーンに全力参加してもいいと思います。

ユナイテッド航空のマイル貯め方・使い方まとめを基礎から解説。

2021-10-09

上記の記事にユナイテッド航空のマイレージプラスの重要基本情報はまとめているので、興味ある方は読んでもらいたいのですが、この記事でも簡単に整理しておきます。

 

まず、ユナイテッド航空のマイレージプログラム「マイレージプラス」の基本事項一覧表です。

所属アライアンス スターアライアンス
マイル有効期限 無期限
特典航空券利用者 誰でもOK(2親等以内でなくてもOK)
特典航空券の片道発券 可(国際線も)
特典航空券の変更手数料 無料
特典航空券のキャンセル料 無料
変更・キャンセルの特例 ノーショー後のマイル返却は125ドル
変更料・キャンセル料の詳細ページ こちら
特典航空券のコールセンターでの発券手数料 25ドル
特典航空券の緊急発券 搭乗の20日以内に発券の場合は1割ほどマイル追加
特典航空券の予約開始日 搭乗の約337日前
特典航空券のサーチャージ なし

という特色があります。誰にでも発券可能で、有効期限がなくて、片道発券が可能で、キャンセル料も無料で、サーチャージが不要なスターアライアンスのマイレージです。これだけ聞くと、「ANAマイルよりすごい!!!」って思うかもしれませんね笑。

 

ただし、必要マイル数は、長距離になるとめちゃくちゃ多くなります

  • ユナイテッド航空のマイレージ:日本=北米の片道ビジネスクラスが88,000マイル(直前期だと92,000マイル)
  • ANAのマイレージ:日本=北米の往復ビジネスクラスが85,000マイル

になっています。必要マイル数で考えると、ANAマイルの圧勝なんです。ただし、現状サーチャージがめちゃくちゃ上がっているので、どちらがお得なのかケースバイケースの面もあります。サーチャージが低い時期なら、30%増量を加味してもANAマイルの方が圧倒的にお得です。ANAのマイレージは、世界的に見ても必要マイル数はかなり少ない優秀なマイレージであると思います。

 

が、ユナイテッド航空のマイレージにも超お得ゾーンもあるんです。ここに魅力を感じるかどうかが、ユナイテッド航空にポイント移行するかどうかの基準になってくると思います。魅力を感じているも多数いる人気マイレージの一つなので、是非知っておきましょう。

ユナイテッド航空のマイレージプラスが強いのは、ANA国内線のフライトです。日本国内の特典航空券必要マイル数は、

  • 距離800マイル以内:5,500マイル(東京=札幌、東京=福岡、大阪=札幌、大阪=那覇など)
  • 距離801マイル以上:8,800マイル(東京=那覇、大阪=石垣など)

となっています。これはかなり必要マイルが少なくてお得です。東京=札幌はANAマイルだと7,500マイル、大阪=那覇はANAマイルだと7,500マイルですからね。これが5,500マイル。これはお得。たったの5,500マイルで、ANA国内線特典航空券の大半が発券できるので、ユナイテッド航空のマイレージプラスの最大の特徴と思っていいでしょう。さらに往復予約だと復路が5,000マイルになったりもします。

 

しかもですよ、距離800マイル以内というのは、直線距離を意味しており、直線距離が800マイル以内なら、経由便でも必要マイル数は変わらないんです。

これがめちゃくちゃ面白くて、例として、羽田→新千歳の特典航空券を検索してみると、

まず、左下の赤丸。なんと117便もヒットするんですよね。直行便以外の乗継便も表示されているということです。そして、大きな赤の四角囲み。羽田から函館に行き、次は函館から新千歳に行く、こんなフライトも表示されるんです。

(注)以前は乗り継ぎは最大24時間まで表示され、経由地で1泊するようなプランもありましたが、現状では翌日への乗継便は不可となっております。

ANAマイルでは、検索しても直行便がないと空席なしと表示されてしまうのですが、ユナイテッド航空なら直行便がなくても乗継便の特典航空券で、目的地に行くことも可能です。たったの5,500マイルで。

 

もう1例。これもまた不思議で、

日程見てください。2024/7/31の特典航空券が発券可能です。

あれ???ANAマイルで、国内線の特典航空券が予約できるのは、現時点では冬スケジュールの2024/3/30までですよ???

はい、実はユナイテッド航空のマイレージプラスだと、まだANAマイルでは予約ができないANA国内線特典航空券も発券可能なんです。これはおそらく、ユナイテッド航空側からだと、ANAの日本国内線が国際線扱いになっているために発生している事象のようで、実はANAマイル以外の外資系マイルでANA国内線を検索すると同様の事象が発生したりしています。GWや年末年始の特典航空券が早く確実に取れるというのも大きな魅力ですね!!

ユナイテッド航空マイレージプラスのお得な使い方まとめ
  • ANA国内線特典航空券の大半が5,500マイル
  • 乗継でも同じマイル数
  • ANA国内線特典航空券が、ANAマイルでは取れない日程も取れる

こんな特色があるマイレージプログラムなので、国内線でマイルを使いたい方には最強かもしれません。

 

1つ注意点は、ユナイテッド航空のマイレージプログラムは、2019/11/15からチャートが固定制から変動制に変わっています。なので、今後はアナウンスなく上記が変更になることもあります。そのあたりは外資系らしい感じですが、現状では非常にメリットが大きいですね。

変動制になったことにより、5,500マイル区間なのに、搭乗の1ヶ月ほど前の直前に発券すると6,000マイルになっていることもあったりします。また、往復で予約すると復路が5,000マイルでOKだったりもします。そういった明示されていない謎ルールもあるのが、また外資系らしかったりします。



スポンサーリンク

 

マリオットアメックスプレミアムの強みは、ホテルポイント移行キャンペーンに乗れること

今回は、マリオットのポイントを、ユナイテッド航空に移行すると30%増量のキャンペーンが行われていますが、マリオットの提携航空会社は30社以上あり、ユナイテッド航空以外も定期的に増量キャンペーンを行っています。

  • ブリティッシュエアウェイズ(ワンワールド)
  • アメリカン航空(ワンワールド)
  • エアカナダ(スターアライアンス)

などもホテルポイントを移行して30%増量になるキャンペーンが行われたりします。JALも増量キャンペーンが1度行われたことがあります。

今回のようなユナイテッド航空なら、ANAと同じスターアライアンス所属で、最低5,500マイルでANA国内線の特典航空券が発券可能です。60,000マリオットポイント=30,000マイルが、30%増量なら36,000マイルになるので、6回分のANA国内線特典航空券が発券可能です。

これかなり強烈ですよね。

 

あと、こういったキャンペーンも使えるという意味でマリオットポイントはめちゃくちゃ価値があるわけですが、ここがマリオットアメックスプレミアムのかなり強烈な魅力です。

マリオットアメックスプレミアムは、マリオットポイントが100円=3ポイント貯まるクレジットカードです。200万円=60,000ポイント=25,000マイルなので、元々マイル還元率が1.25%(ユナイテッド航空は1.5%)というクレジットカードですが、30%増量も加味すると、マイル還元率1.8%になるんです。これは強烈ですよね。

マリオットアメックスプレミアムが人気なのは、そのポイントプログラムが最強すぎるからです。

  • 30以上の航空会社に移行できる
  • マイル移行時に増量キャンペーンがある
  • ホテルの宿泊にもポイントを使えるので、特典航空券のように取れなくて困るケースが少ない

などなど魅力満載です。

マリオットアメックスプレミアムを所有している人は、是非、年に何度か行われるホテルポイントからのマイル移行での増量キャンペーンには注目しておきましょう。これ、マジでホットなキャンペーンですからね。

マリオットアメックスプレミアムを検討している人も、マリオットのポイントには増量キャンペーンが行われていることも知っておくと、検討の材料になるかもしれません。還元率1.25%が話題になるカードですが、それ以上にもなるということですからね。

徹底比較!マリオットアメックスは通常版とプレミアム版どっちがおすすめ?ブログレビュ―!

2023-02-25

入会キャンペーン情報も全力チェックしておきましょう。

【2024/6版】マリオットアメックス新規入会キャンペーンで公式サイトから直接申込するよりも圧倒的にお得な方法を紹介!

2023-11-01

 

あとはマリオットのポイントをセールで購入して、ユナイテッド航空のマイルに移行するのもありですよ。セール情報は下記参照ください。

【最新版】マリオットのポイント購入セール開催!ボーナスポイントつきで購入可能!

2023-05-12

マリオットのポイントは非常に奥が深いものですが、知れば知るほどお得な情報にあふれていますね。

【全貌を解説】Marriott Bonvoyポイントの貯め方・使い方を総まとめ。

2022-03-15

おすすめ関連記事

40 件のコメント

  • いつも拝見しております。
    ユナイテッドのボーナスが先日付与されたのですが、60,000ポイントに対してボーナス含めトータル36,000マイルとなっていました。恐らく元のマイルに対しての30%なのかと理解しましたが、念の為共有させていただきます。

    • ヤゼールさん
      そうなんです・・・。去年までと方針が変更になったようで、マリオットからUAへのマイル移行が60,000P=27,500マイル→30,000マイルに変更になったときに、ボーナスポイントの名称が変更になり、扱いが異なるようになってしまったようでして、事前の規約には書かれていない内容だったので、海外のマイル系サイトでもなんでマイルが少ないんだ?と話題になっておりますね・・・・。

  • こんにちは。
    いつも貴重な情報をありがとうございます。
    この記事を見つけられなかったらユナイテッドキャンペーンの事前登録を
    知らなかったので大変助かりました。
    ありがとうございます!
    獲得したマイルでANAのチケットを予約した場合、
    ANAで取るのと同じく座席指定も可能なのでしょうか?
    調べても出てこなくてすみませんが
    ご存知でしたら教えて頂けますと幸いです。

    • くららさん
      ユナイテッドのサイトから予約する際にもマイレージ番号はANAの番号を入力することができまして、ANAの番号を入力しておけば、ANAのサイト内に自分の予約として反映されます。そこで座席指定も可能です。

  • ブリティッシュエアのAviosへのポイント移行でJAL利用をつかったことはありますが、ユナイテッド航空はキャンペーンを待たずとも最初からオトクだったのですね。知りませんでした。

    ユナイテッド航空の場合、ANAではなくJALの予約はとれるでしょうか?
    もしできた場合、ANAを利用する場合と比較してデメリットが大きいでしょうか?
    (私はJALをつかうことが多いので質問させていただきました)

    • 3姉妹お父さん
      ユナイテッド航空はANAと同じスターアライアンスなので、スターアライアンス所属の特典航空券が発券できます。JALはワンワールドなので不可となっております。

  • いつも貴重な情報源とて拝見してます。特典航空券のキャンセルについてですが、コロナ特別対応で暫定対応で無料だったものがしばらく前に正式に無料に変更になった認識ですが、あってますでしょうか。

    • でびさん
      はい、正式にキャンセル無料になっております。ノーショーの場合のみは、キャンセル料が発生するようです。

  • いつも有益な情報をありがとうございます!
    お忙しいところ恐縮ですが、質問させていただきたいことがございます

    2022年9月に行われたマリオットポイントをユナイテッド航空のマイレージに移行すると30%増量されるキャンペーンに、
    登録して、移行したのですが、まだ30%分が増量されておりません。

    ツイッターなどでも、増量されている方がいるか検索したのですが、増量されたというツイートを見つけることはできませんでした。

    すけすけ様は、すでに増量されましたでしょうか?

    大変申し訳ございませんが、もし、よろしければ、お手すきの際に、ご回答いただけますと大変うれしく思います。
    お手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

    • ゆうとさん
      こちら増量分は1月末を予定したような記憶があります。まだ自分も加算されておりません。

      • ご返信ありがとうございます!まだまだすけすけ様も加算されてないのですね。
        安心いたしました。1月末まで待ってみます。誠にありがとうございました!

  • マイル移行は、可能な限り60,000ポイント単位で行うとありましたがマリオットポイントをユナイテッド航空のマイルに移行するのは6万ポイントずつ移行が正解で1回で12万ポイント移行だと得られるボーナスが減るのでしょうか?

    • kawaさん
      6万ポイント単位でしたら、一度に12万でも18万でもOKです。

  • いつも役立つ情報をありがとうございます!マリオットアメックスプレミアムで年400決済の目処が立てば発行したいと画策しているのですが、マリオットアメックスで投資信託を購入する方法って現状ないですよね?auPayにアメックスでチャージして、auPayアプリでチャージ残高ではなくポイントでの投信購入は出来るみたいなのですが。。400まであと60万ほどです

    • kanoさん
      めちゃくちゃ細かい方法ですが、アメックス⇒aupayプリペイド⇒nanacoアプリにapplepayでチャージ⇒楽天ギフトを購入⇒楽天キャッシュにチャージして楽天証券で積み立て
      という方法があるようです(自分は利用しておりませんが)。いつか閉鎖になる可能性があるかもしれませんが、情報チェックしてみてください。

      • わぁ、すごいです!ありがとうございます。自分ではたどり着けなかったと思います笑。早速調べてみます〜!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください