マカオでプール付きオススメホテルはギャラクシーマカオ。5つのホテル共同のプールが超贅沢。

スポンサーリンク

マカオ最大のホテルプール「グランドリゾートデッキ」は超オススメ。このホテルがマカオのプール付きオススメホテル!

マカオと言えば、カジノのイメージ・夜遊びのイメージが非常に強いとは思いますが、家族も楽しめる施設や、日中の楽しみも実は沢山あります。

その中の一つがプールだと思います。各ホテル、プールがありますが、マカオ最大のプールで、最もオススメのプール付きホテルと言えば「グランドリゾートデッキ」が利用できる5つのホテルでしょう。

マカオ最大のプール「グランドリゾートデッキ」の詳細レビュ―と、グランドリゾートデッキが利用できるホテルも紹介して整理しておきます。マジでオススメですよ。

 

マカオ最大のプールは5つのホテル共通のプール「グランドリゾートデッキ」

まずはマカオ最大のプール「グランドリゾートデッキ」の写真になります。

こちらがホテルの部屋から撮影したプールです。

超巨大流れるプールが見えます。画面の左端には人工の砂浜のような場所もありますよね。これがマカオ最大のホテルプール「グランドリゾートデッキ」です。

実は、このプールは同じ敷地内にある5つのホテルの共同プールになっており、

  • ギャラクシーマカオ
  • ホテルオークラマカオ
  • バンヤンツリーマカオ
  • JWマリオット・マカオ
  • ザ・リッツ・カールトン マカオ

の宿泊客が共通に利用できるプールになっています。それとは別に各ホテル宿泊客は、各ホテルの通常プールも利用できるようにもなっています。

今回、自分が宿泊したのはJWマリオット・マカオで、先ほどの写真はJWマリオット・マカオの26階から撮影したものです。写真の中に同じような建物が2つあると思うのですが、自分のいるホテルと合わせると3つの似たような建物があり、ここがギャラクシーマカオの集落になっています。ホテルは金ぴかでマカオらしさ抜群です。

アクセスはマカオ空港からはタクシーで5分程度、香港からのフェリー乗り場から10~15分程度、香港空港からのバス乗り場からは20分程度でしょうか。マカオは小さい街なので、タクシーが安く便利です。1,000円程度で移動できると思います。

 

グランドリゾートデッキの料金・営業時間・営業時期

まず、グランドリゾートデッキの基本事項です。

グランドリゾートデッキの料金・営業時間・営業時期
  • 宿泊客:無料
  • ビジター利用:親子チケット(大人1名と6歳未満1名)は568MOP、ペアチケット(大人2名)は768MOPなどなど
  • 営業時間:9:00~18:00
  • 営業時期:3月上旬~11月後半

実はこのマカオ最大の巨大プール「グランドリゾートデッキ」は宿泊客でなくても、ビジターでも利用が可能です。ギャラクシーマカオの2階で入場券も販売しており、大人2名で768MOP=10,000円ほどで利用も可能です。料金は1人あたり5,000円くらいするので、割と高いホテルにはなりますが、めちゃくちゃ楽しいので利用する価値もあるプールだと思います。ただし、一人5,000円も支払いをするなら、元々ギャラクシーマカオやJWマリオットに宿泊してしまってもいいのではないでしょうかね。自分の宿泊予定のホテルと、料金をくらべてみた方がいいでしょうね。

また、このプールは温水ではなく、冷水のプールなので、冬季は閉鎖されており、利用ができません。3月上旬~11月の下旬が利用可能時期になります。自分は11月の最終週に利用しましたが、幸運にもギリギリやっている時期でした。ただ、気温は最高25度くらいだったので、プールはなかなか冷たく感じます。オススメはやはり5月~10月あたりですね。

マカオの年間気温は下記です。

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
最高気温 18 18 21 25 28 30 32 31 30 27 23 20
最低気温 12 13 16 20 24 26 26 26 25 22 18 14

 



スポンサーリンク

 

マカオ最大のホテルプール「グランドリゾートデッキ」をレビュ―

では、実際にギャラクシーマカオ等の共同プール「グランドリゾートデッキ」を利用してきたので、どのようなプールなのかレビュ―しておきます。

このグランドリゾートデッキは、実はホテルの2階に位置しています。そして、広さはなんと75,000平米!!めちゃくちゃ広いです。

見えている範囲は、すべて2階というのがすごいですよね。この流れるプールは全長500メートル以上あるようで、1周にかかる時間は20分以上です。

では、ホテルの部屋からプールに向かいましょう!

 

こちらはJWマリオット宿泊者専用のプールです。こちらは温水なので、寒くなってきたらこちらで楽しむのもありです。ジャグジーもありますしね。

ただ、今回はここがメインではなく、「グランドリゾートデッキ」で遊ぶのを楽しみにしてきたので、ここを通りぬけて先に進みます。なので、JWマリオットのタオルを借りずに、グランドリゾートデッキの入口にそのまま向かいましょう。グランドリゾートデッキの入口で、JWマリオットの宿泊者であることを示すためにルームキーが必要になります。

 

ホテルオークラマカオ公式サイトより。

では、この巨大プールを満喫しにいきましょう!!

 

まず、シートを確保しておきましょう。時期的に、プールが終了するシーズンが近かったので、ご覧のようにシートは簡単に空いているところが見つかりましたが、真夏だと混雑しているのかもしれませんね。

 

ご覧のようにライフジャケット&浮き輪は無料でレンタルできます。タオルもありますので、水着以外のものは日本から持っていく必要がありません。

小児はライフジャケット着用義務がありますが、大人もライフジャケットをつけていた方が、流れるプールに浮かんでいることができるので、着用している方がのんびり楽しめるかなと思いますよ。

 

流れている浮き輪も自由に利用してOKなので、2人用の浮き輪2台を利用して家族4人で出発です!!

 

まず子連れで安心できる点として、ライフジャケット着用の義務の他に、いたるところに監視員がいるというのも安心感がありますね。

 

貯まった水が上から降ってくるという定番中の定番のコーナーですが、いい歳の大人でもキャッキャッ言いながら楽しめます。ただ、気温25度だと、やはり寒い!!!

 

途中、透明な空中通路になっていうような場所もあり、泳ぎながら下に人が見えるもの楽しいですし、外から見てもバックにホテルが来る位置になっているので、絶好の撮影スポットになります。我が家も家族4人で写真撮影です。

しかし、このギャラクシーマカオの建物は豪華というか、ラスベガスのカジノという雰囲気抜群ですね。これを見るだけでも、初めてのマカオの方なら感動すると思います。

 

こちらはスライダーですね。全3本のスライダーがあり、それぞれ速度が違います。岩の中を進んでいると思ったら、岩の外に出たり、またスライダーが透明で下を丸見えの場所があったり、なかなか楽しめるコーナーになっています。

 

1歳くらいの歩き始めたばかりの子供でも楽しめるような、プールというよりも水遊び場のようなコーナーも非常に充実しています。我が家も5歳の長男も、まだまだこういった場所も楽しそうにしていました。マカオは、大人の街のイメージが強いですが、密かにどこに行っても子連れにはめちゃくちゃ優しいです。子連れマカオおすすめですよ。

 

それから自分の部屋から見ると、プールの一部は砂浜のようになっている場所もあったんですよね。

 

それがこちらです。流れるプールからそのまま、この人工の砂浜にも繋がっているんです。大人はデッキに転がりながら、子供は砂遊び。見た目の雰囲気はハワイ笑、最高の空間です。

 

飲食ができるカフェも完備されているので、本当に1日過ごすことも可能です。

自分たちは11月下旬という時期で、25度の気温だと1時間ほどで子供がぶるぶる震え始めたので、流れるプールを出て、砂浜でのんびりあったまってから、最後にJWマリオットの温水プールで遊んで部屋に戻りましたが、それでも3時間は満喫できますた。真夏なら5時間以上は楽しみたいところです。

 

ホテルオークラマカオ公式サイトより。

それから、今回は子供が寒がってきたので、行きませんでしたが、流れるプールとは離れた場所に1.5メートルの波が出るという、全長150メートルの砂浜が広がる波のプールもあります。これもグランドリゾートデッキの名物です。

マカオ最大のプール「グランドリゾートデッキ」は、子供~カップルまで満喫できること間違いなしです。3月~11月にマカオに行く方は、是非とも1日はギャラクシーマカオ・ホテルオークラマカオ・バンヤンツリーマカオ・JWマリオットマカオ・ザリッツカールトンマカオのどれかに宿泊して、グランドリゾートデッキを満喫してみてください。昼のマカオまで満喫できますので。我が家も次回マカオに行く際には、またこの5つのホテルのどれかには1泊はすると思いますね。

陸マイラーの皆さんも、特典航空券で無料旅行ももちろん魅力的ですが、マカオへの直行便マカオ航空は値段も安いので、マカオ旅行も是非検討してみてくださいね!家族旅行におすすめです。

JALマイルの貯め方を完全公開。陸マイラーの「年間20万JALマイルの貯め方」を徹底解説。

2016-12-16

「陸マイラー」が「年間30万ANAマイル」をどう貯めたのか。【ANAマイルの貯め方 完全公開】

2016-07-29

おすすめ関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください