【改悪決定?!】ブリティッシュエアウェイズの特典航空券必要マイル数が変更に。

スポンサーリンク

2019/5/30よりブリティッシュエアウェイズのAviosを利用した一部特典航空券の必要マイルが変更になることが決定。JALへの搭乗マイルも変更へ。

ブリティッシュエアウェイズのAviosを貯めている方は、急にメールが来ましたよね。

特典航空券の必要マイルが変更になる

という内容の大きなニュースが突然来ました・・・。日本でも、Aviosは非常に人気で、JAL国内線特典航空券が4,500Aviosで発券でき、バイマイルも可能だったりするので注目もされているマイルです。

さて、今回の変更(改悪?!)の分かってる内容を解説しておきます。ブリティッシュエアウェイズからの発表内容は、やや中途半端なものになっています。

 

ブリティッシュエアウェイズからのメール内容

下記が自分のところにブリティッシュエアウェイズから届いたメールになります。

お客様は以前、提携航空会社のグローバルネットワークでAviosを使って特典フライトをご予約になられましたので、今後の変更点についてお知らせいたします。

2019年5月30日より、一部の提携航空会社による特典フライトのAvios料金を変更いたします。

既に提携航空会社のAvios予約をお持ちの場合、ご心配は無用です。ご予約は有効であり、必要に応じて変更またはキャンセルが可能です*。弊社の新規Avios料金は、2019年5月30日以後に行われる変更または新規予約に適用されます。

このような内容のメールが来ており、詳細はこちらで確認するようにというリンクがついていました。

特典航空券を利用したことがある人にしか来ていないような書き方なので、もしかしたら来ていない人もいるのかもしれません。

 

BAのAviosの変更日程はいつから?

2019/5/30から新条件が適用になります。

新規の特典航空券の発券はもちろん、特典航空券の変更にも新条件が適用になるような感じの書き方になっています。これが本当だとしたら変更は要注意が必要ですね。Aviosが足らなくて、変更不可になる可能性もあるかもしれませんし。

なお、2019/5/29までの特典航空券の発券には、現状の条件(今の必要マイル数)が適用になるので、今のうちに特典航空券の発券を検討しておきましょう。

 

BAのAviosの変更が適用される航空会社は??JALは?BAは?

今回、2019/5/30以降に新制度が適用になる対象の航空会社は、

  • JAL
  • キャセイパシフィック航空
  • アメリカン航空
  • カタール航空
  • カンタス航空
  • マレーシア航空
  • LATAM航空
  • フィンエアー
  • スリランカ航空
  • S7航空
  • ロイヤルヨルダン航空
  • アラスカ航空
  • エアーイタリー

以上の13社です。Aviosを利用して、JALの特典航空券を発券してきた人、発券しようとしている人は、大きく関係があるので注目が必要です。

 

逆に制度変更の対象外である航空会社は、

  • ブリティッシュエアウェイズ
  • イベリア航空
  • エアリンガス
  • ブエリング航空

には無関係です。 ブリティッシュエアウェイズの特典航空券を発券する場合には無関係なんです。



スポンサーリンク

 

必要マイル数(Avios)はどうなる??

上記は自分が所有しているAviosです。自分もバイマイルで購入なんかもしているので、この17万Aviosの今後の使い方がどうなるのか非常に興味があるというか、気になります。特典航空券を発券する際には、何Aviosが必要なのかが一番気になりますよね。

 

実は、新制度での必要マイルチャートは一切公表されていません

ブリティッシュエアウェイズは、2019/5/30から変更になるので注意してくださいねーという情報だけを流しており、必要マイルチャートは公表しないという、なんとも言えない中途半端な発表になっています・・・。2019/5/30にならないと、チャートが公表されないのか、途中で公表されるのか、一切わかりません。

つまり、改善なのか、改悪なのか、現状では決まっていないということになります。

が、我々ユーザーに有利となるような改善であることは考えにくく、改悪であることは間違いないと思います。そもそも、世の中は物価は徐々に上がっていく流れの中で暮らしている以上は、航空券の購入価格は徐々に上がっていきますし、必要マイル数も徐々にあがるのが当然ですしね。今回も、そういった流れの一環でしょう。ただ、ユーザーに有利なものではないという理由で改悪という名称が使われたりします。

 

まだ、マイレージチャートは未公表なのですが、複数の海外サイトでAvios数がどうなるのかリークがあったような気配です(こちらの記事など)。

そのリーク内容は、エコノミークラス特典航空券の必要Aviosが、

距離(マイル) 2019/5/29まで 2019/5/30以降
~650 4,500 6,000
651~1,150 7,500 9,000
1,151~2,000 10,000 11,000
2,001~3,000 12,500 13,000
3,001~ 不明

上記のように変更になるというものです。真偽は不明です。3,001マイル以上は、必要マイル数に変更がないのか、リークがないのか、どちらなのかわかりません。

また、エコノミークラス:ビジネスクラス:ファースクラスは1:2:4の必要マイル数になるとも言われています。

 

上記の表を見ると、やはりAviosのスイートスポットと言われる短距離路線中心の変更になっており、リーク内容が正しいものっぽい雰囲気もあるような数字になっています。この短距離のスイートスポットには、我々日本人も大きく関係しています

  • ~650マイル:羽田=伊丹、羽田=福岡、羽田=新千歳、伊丹=函館など
  • 651~1,150マイル:羽田=那覇、伊丹=那覇、伊丹=新千歳など

上記のゾーンは、JALマイルで特典航空券を発券するよりも、Aviosで特典航空券を発券するのが人気の区間で、これを狙ってAviosを貯めている人、バイマイルしている人もいると思います。

このゾーンの必要Aviosが、本当に上記のようにアップするのであれば、ユーザーにはやはり改悪にはなると思います。まだ、正式な発表はないので、このリーク内容とは全然違うものが発表されるかもしれないので、注目しておく必要があると思います。

 

今回のリーク内容が本当だとしたら、自分の感想としては「え??これくらいでいいの????それはマジで助かる。本当であって欲しい。」というのが個人的な印象です。

自分は、マイルを国内線で利用することもありますが、国際線に比べると有償の航空券で搭乗することが圧倒的に多いですし、リーク通りの改悪だとしても、6,000AviosでJAL国内線特典航空券が発券できるなら全然ありなので、Aviosに対するスタンスは大きく変わりません。

個人的には、マイルでは長距離のファーストクラス・ビジネスクラスの特典航空券を狙っていきたいと考えているので、リーク内容では、1,151マイル以上(羽田=香港路線以上の距離)の距離では大きな変動はなさそうな点を考えると、所有している17万Aviosもまずは安心ですかね。

どの路線をメインに利用しているのか、利用するつもりなのかで、個人個人の影響度は異なると思います。「これは最悪やわ」って思う人もいれば、「まあ、あまり影響なさそうだな」って感じる人もいるでしょう。

いずれにしても、徐々に物価が上昇していくと共に、必要マイル数が上昇するというのは、世界中マイレージプログラムに共通して起こる出来事だと思います。冷静に判断しながら、自分が貯めるマイルや、マイルの使い方を考えて、お得に行動したいなと思います。

おすすめ関連記事

10 件のコメント

  • はじめまして。今回の改悪は、とても注視している内容ではあります。ところで、別記事に以下を見つけたのですが、受信したメール内のリンク等で見られておりますでしょうか?
    これによると、リーク情報と改悪度合いが軽度となりますね。

    https://www.traicy.com/20190504-BAmileage?amp=1

    • 空のアシベさん
      トライシーの内容は、リンクに追記された情報をトライシーが自己判断で解釈して書かれているもので、BAはまだチャートは公表しておらず、全路線で4%UPなのかはわからいという見解の海外サイトが多いようです。4%ならラッキーですね。

  • 2019年5月30日より、以下の提携航空会社の特典フライトにかかるAvios料金が4%だけ上がります:アラスカ航空(Alaska Airlines)、エア・イタリー(Air Italy)、アメリカン航空(American Airlines)、キャセイ・パシフィック航空(Cathay Pacific)、フィンランド航空(Finnair)、日本航空(Japan Airlines)、LATAM、マレーシア航空(Malaysia Airlines)、カンタス航空(Qantas)、カタール航空(Qatar Airways)、S7航空、スリランカ航空(Sri Lankan)、ロイヤル・ヨルダン航空(Royal Jordanian Airlines)。

    ってすけすけさんがリンクした、サイト内に書いてありますよ。

    • fin112358さん
      はい、追記されたようですね。
      海外のサイトなんかでも、これは全路線が4%という意味ではないよね???信じていいのか???などと本国の英国でも話題になっているようですが、現状ではチャートは公開されていないようです。

      • そうでしたか。
        >以下の提携航空会社の特典フライトにかかるAvios料金が4%だけ上がります。
        と明記してあるので、私には確定しているように見えます(笑

        • 料金の変更はご利用のルートとキャビン、提携航空会社によって異なります。
          という文言もあり、ここがどういう意味なのか問題になっているようですね。

    • 貧民階級さん
      自分は手数料に関する詳しいことがわからないので、公式サイトでご確認ください。

  • 先日 ANA JCB ゴールドカードで相談したものです。
    ありがとうございました。
    手続きしたところ、降格でしたが普通カードになりまして
    発行待ちです。
    普通カードですとこの前のキャンペーンはあまり
    適用できないのでしょうか?

  • すけすけ にコメントする コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください