【ANA JCBカード】2018/11版新規入会キャンペーンがマジで激アツ!!攻略ガイド解説。

ANA JCBカードの入会キャンペーンが激アツ!ANA JCBワイドゴールドカードなら、なんと最大で47,680マイルがもらえる!!!キャンペーン攻略徹底ガイド。

ANA JCBカードの入会キャンペーンが非常にホットです。

なんと、ANA JCBワイドゴールドカードの入会なら、なんと最大で47,860マイル相当が貯まります。ANA JCB一般カードでも24,060マイル、ANA JCB プレミアムカードなら63,860マイルがもらえます。

  • 香港往復ビジネスクラス特典航空券:40,000マイル
  • ハワイエコノミークラス往復特典航空券:40,000マイル

ですからね。

かなり大きなキャンペーンなので、是非とも利用しましょう!!

すけすけ
すでにANAカードを所有している方でも、ANA JCBカードを所有していなければ、追加発行も可能です。また、陸マイラー必須のソラチカカードとANA JCBカードは重複保有可能です。キャンペーン中に追加発行して、大量マイルの獲得を是非検討しましょう!!!

ちょっと、キャンペーンが複雑で、なんと3つのキャンペーンを同時に利用できるので、記事は長いですが、しっかり理解してお得に申込をしましょう!!

 

ANA JCBカードの基本スペック

まず、キャンペーンの紹介の前に、ANA JCBカードを簡単に整理しておくと、下記のようになります。

ANA JCB 一般カード ワイドカード ワイドゴールド プレミアム
年会費(税抜) 2,000(初年度無料) 7,250 14,000 70,000
家族カード 1,000(本会員無料なら無料) 1,500 4,000 4,000
ポイント制度 1,000円につき1 Okidokiポイント(=5マイル or 10マイルでANAマイルに移行) さらに1ボーナスポイント(=3マイル相当)
10マイルコース年間登録料 5,000 5,000 自動登録 自動登録
継続ボーナス 1,000 2,000 2,000 10,000
フライトボーナスマイル 10%UP 25%UP 25%UP 50%UP
空港カードラウンジ利用 不可 不可
国内線ANAラウンジ利用 不可 不可 不可

当然ですが、カードのランクが高くなると、年会費が上がると共にポイント制度の充実や、マイルの優遇、ラウンジの利用などが可能になります。

また、ANAカードには、JCB以外にもVISA、アメックスなどの別ブランドもあります。この記事は、ANA JCBカードのキャンペーンに焦点を当てた記事です。他のANAカードと比較をしたい方は、下記の記事をじっくり読んでANAカードの全体像を掴んでください。

【ANAカードの全貌】マイルが貯まる最強おすすめANAカードはどれなのか。全ANAカードを徹底比較解説。

2017.09.25

 

ANA JCBカードの中でオススメなのは、ANA JCBワイドゴールドカードだと思います。

ANA JCB ゴールド

このカードは還元率・年会費ではANA VISAワイドゴールドカードに負けてしまうのですが、付帯保険はかなり充実しています。なので、メインの決済用クレジットカードをSPGアメックスにしているような方で、ANAカードをサブとして1枚持ちたいような方には、けっこうオススメできます。是非、どんなカードなのか読んでみて下さい。

【ANA JCBワイドゴールドカード】の最強メリットは「付帯保険」。デメリットも徹底比較解説します。

2017.08.28
すけすけ
陸マイラー必須の「ソラチカカード」はすでに所有していますかね??こちらのカードをまだ所有していない方は、下記の入会キャンペーン記事を先にチェックしておきましょう。ソラチカカードもANA JCBカードの1枚なのですが、特殊なカードなので別記事で紹介しています。

【2018/12版 ソラチカカード入会キャンペーンが激アツ】一番お得な申し込み・入会方法を徹底解説!

2018.12.01

 

ANA JCBカードの入会キャンペーンを徹底紹介。この3つのステップでマイルがもらえる。

ANA JCBカードの入会キャンペーンですが、ANA JCBの公式サイトを見るだけだと見逃してしまう罠が潜んでいます。

  1. キャンペーンページがどこにあるかわからない
  2. 何個のキャンペーンが重複して登録できるのかわからない
  3. キャンペーンの登録を忘れてしまう

こんな罠が潜んでいます。

この罠を確実にクリアして、大量ANAマイルを獲得する方法を、ここでは徹底紹介していきます!!3つのステップで、キャンペーンが3重取りできるので、是非3重取りしておきましょう!

 

①ANA JCBカードは「マイ友プログラム」に登録後に申込・入会を!

f:id:bmwtatsu:20170104223802j:image

ANA JCBカードの申し込みをどこからすると一番得なのかというと、実は申し込み前にやるべきことがあります。

「マイ友プログラム」の利用

です。

すでにANAカードを持っている人から紹介を受けてANA JCBカードを作成すると、5005,500マイルが追加でもらえる「マイ友プログラム」というものをANAは行っているのです。

ただし、マイ友プログラムはANA VISA等のANAカードを現在1枚も持っていない方のみ対象のキャンペーンです。ANAカードを1枚も持っていない方が、ANAカードを持っている方から紹介を受けて、1枚目のANAカードを発行するときだけ500~5,500マイルもらえるというキャンペーンになります。

すでにANA VISAカードなどを持っている方はマイ友は利用できませんので、先に読み進めて②・③の方法を活用しましょう。

マイ友の利用でもらえるマイルはカード毎に下記のように決まっています。

f:id:bmwtatsu:20170104223816j:image
  • ANA 一般カード・ワイドカード:500マイル
  • ANA ワイドゴールドカード:2,000マイル
  • ANA プレミアムカード:5,500マイル

になっています。

マイ友紹介プログラムはANAカードを持っている人からの紹介が必要です。

当サイトからの紹介は、こちらのリンクより登録用ページにいき、

  • 紹介者氏名 ハラダ トモヤ
  • 紹介番号 00014458
f:id:bmwtatsu:20170604180228p:image

と紹介者欄に入力し、まずマイ友プログラムに登録して下さい。

あとは、ANA JCBカードを発行すれば、500~5,500マイルがもらえます。ANAカードを新規発行する方は是非ご利用ください。

以上が、マイ友プログラムの紹介です。マイ友プログラムは、すでにANAカードを所有している人は利用できないものですが、次の②と③の申込方法は、誰でも利用できる超お得な方法になります。かならず利用してくださいね!!

 

②申込はポイントサイト経由で!!

では、次のステップ進みましょう。いよいよ、ANA JCBカードの申込です。

実は、公式サイトからの申込がお得ではありません。

ポイントサイトを経由して申込をすると6,000円相当のポイントがもらえます。

これが2つ目のステップです。

ANA JCBカードの申込ができるポイントサイトの中で、常時ポイントが高いポイントサイトを紹介しておくと、ECナビ」です。

ECナビに未登録の方は、まず下記バナーより登録どうぞ。

未登録の方も多いポイントサイトだと思いますが、当サイトからの登録者に限り最大で3,500pts(10pts=1円なので350円相当)がもらえる企画をECナビが当サイトの読者向けに用意してくれました。是非、下記バナーよりご登録ください。

3,500pts=350円の付与は、3つに分かれているのでご注意下さい。

  1. 登録で1,000pts即時付与
  2. 【当サイト読者のみ】登録後1ヵ月以内にポイント交換すると、更に2,500ptsの追加付与(条件達成の翌月末頃)

となっています。

ECナビ基本事項
  • 登録料、年会費無料
  • ポイント単位:10pts=1円
  • ANAマイルへの交換:ECナビ→PeXからのLINEルートソラチカルートで交換レート81%
  • JALマイルへの交換:ECナビ→PeX→ワールドプレゼント→dポイント→JALマイルで交換レート50%

 

ECナビに登録が終了したら、ログインして、あとは下記ボタンよりANA JCBカードに申し込みしてください。

上記が出てくると思うので、そこから申し込みをしましょう。

ポイントは日々変化しますが、2018/11/1ですと60,000pt=6,000円=4,860ANAマイル相当のポイントが付与されるので、ポイントサイトを利用しない手はありません。ポイントは日々変化しますが、必ずポイントサイト経由での申し込みをして下さい。4,860マイルを捨てることになりますので。

ポイントサイトはどんどん利用しましょう!!!

これが2つ目のステップです。

 

あとは最後のステップのANA JCBカードの公式サイトで行われている入会キャンペーンの利用が3つ目のステップになります。以下、「ANA JCBカード 公式キャンペーン」の解説を行います。

 

③2018/11は「ANA JCB キャンペーン」も行われている。ゴールドカードなら最大41,000ANAマイルがもらえる。

ANA JCBカードの入会時には「ANA JCBカード 公式キャンペーン」が利用できます。これが3つ目のステップです。

なお、こちらのキャンペーンは11/30までに申込が必要です!急ぎましょうね!

(注)ANA JCB一般カードやゴールドカードと併用してソラチカカードは保有できます。2枚持ちも可能です。

f:id:bmwtatsu:20170603113757p:image

ただし、このキャンペーンは自動参加ではありません。

ANA JCBカードが手元に届いてから、こちらの公式キャンペーン登録する必要があります。登録しないと、キャンペーンのマイルはもらえないので、カードが届いたら絶対にキャンペーン登録するようにしましょう。

これ、まじで忘れる人多いんですよ・・・・。要注意。

以下、キャンペーンの内容の詳細です。なんとANA JCBワイドゴールドカードなら41,000ANAマイルがもらえる超大型キャンペーン開催中です!

 

③-0.通常入会ボーナスマイルで1,000~10,000マイルプレゼント

まずANAカードは、ANA VISAでもANA JCBでも入会ボーナスマイルというものがもらえます。誰でもANAカードに入会すると、下記のマイルがもらえるんです。

一般 ワイド・ワイドゴールド プレミアム
入会ボーナス 1,000マイル 2,000マイル 10,000マイル

これは勝手にANAマイレージのアカウントに加算されます。

 

③-1.ANA JCB公式新規入会【隠れ】キャンペーンの全貌

そして、知らない人も多いですが、上記の入会ボーナスマイルとは別に大型新規入会隠れキャンペーンが存在するんです。なぜ隠れキャンペーンなのかというと、このキャンペーン情報は見つけにくいんです。

知らないとマジで大損します。

ということで、そのキャンペーンのページを紹介します。

では、上記リンクページ内の隠れキャンペーンの内容について徹底解説し、整理しておきます。

なお、キャンペーン期間は2018/11/30までです!!!そして、カードが手元に届いてから、こちらのページからキャンペーンの登録を必ずしてくださいね!!

クレジットカードの入会キャンペーン」は非常に重要で、下の記事にも書きましたが陸マイラーがマイルを稼ぐ3本柱の一つです。

「陸マイラー」が「年間30万ANAマイル」をどう貯めたのか。【ANAマイルの貯め方 完全公開】

2016.07.29

このANA JCBカードのキャンペーンで40,000マイル獲得すれば、それだけで香港への特典航空券2名分になります。こういう機会は確実に活かしましょう。

 

ANA JCBカードの隠れキャンペーンの全貌を徹底解説

こちらの隠れキャンペーンも複数のキャンペーンに分かれているんです・・・。細かい情報ですが、非常にお得なので、是非理解して下さい。

1.ゴールドカードなら18,000マイル・プレミアムカードなら23,000マイル

まず、ゴールドカード&プレミアムカードに加入する人だけのキャンペーンがこちらです。こちらはANAが行っているキャンペーンで、JCB以外のブランドのVISAやアメックスに入会でも適用があります。

ゴールドカード・プレミアムカードの入会者は、上記のマイルがもらえます。

  1. 通常の入会ボーナスマイル(ゴールド2,000マイル、プレミアム10,000マイル)に2,000マイル・5,000マイルをもれなく追加加算
  2. 2019/1/15までにカード利用30万円でもれなく15,000マイル(30万円カード利用分のクレジットカードポイント3,000マイル相当も別途加算あり)
  3. ANAカードファミリーマイルの登録で1,000マイル

を獲得できます。

ゴールドカードで18,000マイルの上積み、プレミアムカードで21,000マイルの上積みがあります。めちゃくちゃ大きいです。どうにか30万円のカード利用の目処をつけてくださいね。ANAカードファミリーマイルに登録できる人は、登録しておきましょう(ファミリーマイルの詳細はこちら)。

 

2.「MyJチェック」に登録&キャンペーン参加で1,200マイル

「MyJチェック」に登録してください。「MyJチェック」に登録をすると、紙の明細書は送られて来ず、WEB明細書になります。非常に便利です。

なお、このキャンペーンで付与されるマイルは、正確に言うとANAマイルではありません。JCBのOkidokiボーナスポイントが付与されます。1 Okidokiボーナスポイント=3マイルでANAマイルに移行できるので、1,200~6,000ANAマイルになるという意味です。

 

3.カードの利用額に応じて最大16,500マイル

登録後にカードの利用額に応じて、マイルがもらえます。そのもらえるマイルがデカい。

  • ショッピング合計30万円以上:3,000マイル(1,000 Okidokiボーナスポイント)
  • ショッピング合計65万円以上:16,500マイル(5,500 Okidokiボーナスポイント)

となっています。65万円以上カード利用をするとなんと16,500マイル。特典航空券の国内往復が手に入るマイルです。

(注)カード利用額に応じた65万円=6,500マイル or 5マイルコースなら3,250マイルも、もちろん別途加算あり

なお、

カード利用期間 入会~2019年3月31日

となっているので、その間はANA JCBカードに決済を集中させましょう。

すけすけ
ちょっとややこしいですが、1はANAが行うキャンペーンで、2と3はJCBが行っているキャンペーンなんです。なので、3の30万円以上のカード利用をクリアできると、自動的に1の30万円のカードも自動的にクリアできるという不思議な状況になっていますが、間違っていません。超お得ですよ!

最後に言いますが、こちらのキャンペーンは、カードが手元に届いたら、必ずキャンペーン登録が必要です。登録しないと、一切マイルがもらえないので、必ずこちらのページから登録してくださいね!!

 

「ANA JCBカードの一番お得な申し込み方法」まとめ

2018/11現在の「ANA JCBカード新規入会キャンペーン」の紹介でした。

  1. マイ友
  2. ポイントサイト
  3. 公式隠れキャンペーン

3重取りをしておきましょう!

非常にややこしいですが、もらえるANAマイルを整理しておくと、

一般カード ワイドカード ワイドゴールカード プレミアムカード
年会費(税抜き) 2,000円(初年度無料) 7,250円 14,000円 70,000円
マイ友 500 500 2,000 5,500
ポイントサイト 4,860 4,860 4,860 4,860
入会キャンペーン 18,700 19,700 41,000 53,500
合計マイル 24,060 25,060 47,860 63,860

となっています。また、別途通常カード利用分のOkidokiポイント(65万円で6,500マイル相当)も加算されます。

個人的には、年会費を払ってでも、ANA JCBワイドゴールドカードが魅力を感じますかね。

すけすけ

5万ANAマイルあれば、

  • 東京ー台北:ANAビジネスクラス
  • 台北ー香港:エバー航空ビジネスクラス
  • 香港ー東京:ANAビジネスクラス

なんてルートで、2都市に2つの航空会社のビジネスクラスを満喫なんてコースも妄想できますね。楽しそう・・・・・。

■関連記事

【これで完璧!】ANAマイルの貯め方・使い方~ANAカード~ANAステータスまで基礎から徹底解説。

2018.03.27

26 件のコメント

  • 初めまして。以前からブログ拝読しております。

    現在はマイレージプラスセゾンカード(マイルアップメンバー登録済み)をメインで使っておりますが、マイルアップの限度を超えそうであり、新たなカードを探しておりました。
    ANA VISAワイドゴールドカードを考えていましたが、まずは、ANAアメックス(通常)で3ヶ月で60万円、ANAJCBゴールドで、2019/1/15までに30万円、2019/3/31までに65万円(実質35万円)の利用を考えています。

    ANAカードは、ソラチカカード(定期兼ポイント移行用)のみの状況ですが、上記の案についてコメントなどいただけますと幸いです。

    • 初心者マイラーさん
      入会キャンペーンで魅力的なものがあれば、そのカードを発行して利用することを当サイトでは推奨しております。是非、検討してみてください!

  • いつも役立つ情報の発信ありがとうございます。
    すけすけさんはとてもカードに詳しそうなので質問させていただいてもよろしいでしょうか。
    来年からSFCの修行を行おうと思っています。
    今はメインカードSPGアメックスにしており、ANAゴールドカードはサブとしてJCBにするべきかVISAにするべきか迷っています。
    ただ、普段使いとしてJCBはセブンイレブンでも使用可能との記事を拝見させていただきました。(ちなみにセブンでは月に5-7万くらいつかっています)
    すけすけさんならどちらのカードを選択されるでしょうか?ご多忙とは思いますがご教授いただければ幸いです。

    • けんけんけんさん
      メインがJCBでしたら、還元率にそこまでこだわる必要もないので、JCBの保険の充実を考えて、JCBを選択しておられる方も多いですね。
      あとは、年会費はVISAの方が安いので、そのバランスでどちらを重視するかになると思います。
      自分の場合は、ビジネスで飛行機に搭乗する機会は非常に少なく旅行の際のときくらいしか利用しないので、そこまえ保険は必要ないかなと思ってVISAにしております。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください