JAL国内線最高峰「ダイヤモンド・プレミア ラウンジ」を羽田空港で体験。その全貌を公開。

スポンサーリンク

JAL国内線最高峰「ダイヤモンド・プレミア ラウンジ」を羽田空港で体験。上級会員およびJAL国内線ファーストクラス搭乗客しか利用ができない空間を公開。

JALが誇る最高峰のラウンジが「ダイヤモンド・プレミア ラウンジ」。通称「DPラウンジ」です。

今回、自分はJALの国内線ファーストクラスに初搭乗しました。そして、その際にダイヤモンド・プレミア ラウンジを体験してきました。

  • 誰が使えるのか
  • どの空港にあるのか
  • どんなものが用意されているのか

自分の体験談をまじえて、JALダイヤモンド・プレミア ラウンジの全貌を紹介したいと思います。非常にいいラウンジでしたので、利用機会があれば是非行ってみて下さい。

 

ダイヤモンド・プレミア ラウンジの利用条件

JAL国内線に用意されているラウンジには2種類あります。

  • ダイヤモンドプレミア ラウンジ
  • サクララウンジ

です。

 

どちらも利用条件が厳しいのですが、整理しておくと下記のようになります。

ダイヤモンド・プレミア ラウンジ サクララウンジ
ダイヤモンド 〇(同伴者1名も可) 〇(同伴者1名も可)
サファイア 〇(同伴者1名も可)
クリスタル △(ラウンジがクーポン必要)
JGCプレミア 〇(同伴者1名も可) 〇(同伴者1名も可)
JGC 〇(同伴者1名も可)
ワンワールドエメラルド 〇(同伴者1名も可) 〇(同伴者1名も可)
ワンワールドサファイア 〇(同伴者1名も可)
国内線ファーストクラス搭乗客 〇(同伴者1名も可) 〇(同伴者1名も可)
国際線ファーストクラスからの、への乗継搭乗客 〇(同伴者1名も可) 〇(同伴者1名も可)

基本的には、どちらも上級会員向けのラウンジですが、最上級ステータスのダイヤモンドメンバー(年間10万FOP)、JGCプレミアメンバー(JGC加入かつ年間8万FOP)が利用できるのがダイヤモンド・プレミア ラウンジです。名称も、会員のステータスをそのままつけたラウンジです。

それに対して、サクララウンジも上級会員向けのラウンジですが、サファイアメンバー(5万FOP)、JGC(JALグローバル会員)でも利用可能なので、条件は少しだけ緩いです。

JALの国内線最高峰に位置するラウンジが、ダイヤモンド・プレミア ラウンジというものだと思っておいてください。

 

また、ダイヤモンド・プレミア ラウンジは、JAL国内線ファーストクラスに搭乗する人も利用することが可能です。なので、ダイヤモンドメンバーやJGCプレミアのステータスを取得するのが困難な人でも、一度だけならJAL国内線ファーストクラスに搭乗することで利用可能です。自分は、今回はこれで利用してきました。

すけすけ

なお、1日に複数のJAL便に搭乗する場合は、そのうちの1便でもJAL国内線ファーストクラスを予約していれば、どの空港でもダイヤモンド・プレミア ラウンジを利用することが可能です。

自分は、

  • 羽田空港→那覇空港:クラスJ
  • 那覇空港→羽田空港:ファーストクラス

で搭乗しましたが、最初の羽田空港でも、ファーストクラス搭乗前の那覇空港のどちらでもダイヤモンド・プレミア ラウンジを利用してきました。知らないと損するプチ豆知識です。

 

ダイヤモンド・プレミア ラウンジのある空港

どの空港にJALのラウンジがあるのか整理しておきます。

ダイヤモンド・プレミア ラウンジは5つの空港にしかありません。

  • 羽田空港
  • 伊丹空港
  • 新千歳空港
  • 福岡空港
  • 那覇空港

以上の5つの空港のみになっています。また、羽田と4空港を結ぶ路線には、国内線ファーストクラスのついた機材が飛んでいます。つまり、ダイヤモンド・プレミア ラウンジはJAL国内線ファーストクラスの飛んでいる空港にのみ用意されているラウンジということになります。



スポンサーリンク

 

羽田空港ダイヤモンド・プレミア ラウンジの全貌

では、羽田空港のダイヤモンドプレミア ラウンジの紹介です。

JALは羽田空港の第1ターミナルから離発着をしていますが、第1ターミナルの南ウイングと北ウイングの2か所にダイヤモンド・プレミア ラウンジがあります。

 

羽田空港の手荷物を検査を終えて、ゲートに行くまでの間にこんな標識があるの見たことないですか??ひっそりとあるこの標識がJALの上級会員向けラウンジ「ダイヤモンド・プレミア ラウンジ」と「サクララウンジ」の入り口です。

なお、チェックインのときに上級会員とファーストクラス搭乗客は、専用チェックインカウンターがあり、そこを利用するとラウンジ直通のエスカレータのところに出ます。

 

この神秘的???なエレベーターを昇ると、ラウンジへとつながる受付が待っています。なんか、階段もライトアップされており、高級な空間を演出していますね。

 

こちらがJALの国内線のラウンジの受付です。オレンジカラーがかなりかっこいいです。

ここで、搭乗券のQRコードや、JALカードなどをかざすと「ダイヤモンド・プレミア ラウンジへ」「サクララウンジへ」などと利用できるラウンジが表示されます。

 

自分はJAL国内線ファーストクラスに搭乗するので、ダイヤモンド・プレミア ラウンジが利用できます。初体験なので楽しみですね。

先ほども少し書きましたが、実はこれから搭乗する羽田発那覇行きの便は、ファーストクラスではなくクラスJなんですよね。が、JAL国内線ファーストクラスに同日乗継があれば、どの空港でもダイヤモンド・プレミア ラウンジが利用可能です。なので、まずは羽田空港での利用です。

 

ラウンジに入ると、まず目に入るのが、こちらの松。自分には芸術のセンスがないので、表現が難しいのですが、無駄な??オブジェクトって最高に贅沢な空間だと毎回思います。

 

こちらがメインスペース。

飛行機内のビジネスクラスを思わせるようなソファータイプの席がズラッと並んでおり、壁側には個別ブースタイプのシートもあり、仕事にも最適な空間です。

席にはコンセントも用意されているのがわかりますかね?WIFIも完備されているので、パソコンでメールを送るなんてことも簡単に行えます。

なお、この時間帯はたまたま空いていますが、混雑している時間帯もあります。

 

壁際の席には、一部にはスマホの充電器まで用意されていたりします。

 

そして、窓際の席は滑走路に面しており、JALの航空機を目の前で楽しむことができます。

ちなみに、夜ではなく、朝6時台の飛行機に搭乗するための夜明け前です。

 

こちらが飲食のコーナー。

通常、国際線のビジネスクラスラウンジなら飲食はありますが、食事まである国内線のラウンジというところに最高峰のラウンジを感じます。JALのサクララウンジも、ANAのANAラウンジも国内線には食事はないですしね。

 

食事は、

  • 和食として、おにぎり2種類とみそ汁
  • 洋食として、パン2種類と野菜スープ

があります。パンは名門のメゾンカイザーのものなんですよね。

 

また、11:30以降になると、JALの国際線ラウンジに用意されている「JALカレー」をもとにした、「JAL特製焼きカレーパン」が登場します。これがかなりの人気なようです。こちらは那覇空港でいただきました。

 

ドリンク類がこちら。ビール、焼酎、コーヒー、ソフトドリンクと揃っているのですが、ビールが4種類もあるのが拘りを見せていますよね。

  • アサヒ「熟撰」
  • サッポロ「エビス」
  • サントリー「ザ・プレミアム モルツ」
  • キリン「一番搾り プレミアム」

と各ビールメーカーのプレミアム商品が並んでいる拘りっぷりです。

 

こちらは何かわかりますかね。

これ、シャワールームなんですよね。羽田空港のJALラウンジには、ダイヤモンド・プレミア ラウンジとサクララウンジの共同でシャワールームがあり、もちろん無料で利用が可能です。

 

入口でシャワーを使いたい旨を伝えると、カードキーがもらえます。また、必要なアメニティーもここでもらえます。

 

空港の旅の途中のシャワーは快適すぎるので、利用させてもらいました。シャンプー・コンディショナー・ボディーソープももちろんありますし、ドライヤーも用意されています。

 

もちろん、タオルもあります。

完全に手ぶらでシャワーを利用できるのはかなり嬉しいですね。夏場に出張で、汗だらだらになったビジネスマンにかなり人気のあるサービスなんじゃないですかね。

すけすけ

このあとは、JAL国内線ファーストクラスに搭乗してきました。満足度は相当高いです。

【JAL国内線ファーストクラス搭乗記】運賃・ラウンジ・シート・機内食を徹底紹介。

2019-03-03

 

以上、JALの国内線最高峰のラウンジ「ダイヤモンド・プレミア ラウンジ」を羽田空港で体験したという話です。また、JAL国内線ファーストクラスの搭乗記も記事にしようと思っていますが、JALの国内線ファーストクラスはダイヤモンド・プレミア ラウンジも含めて非常にレベルが高いです。値段は高いものの、満足度も非常高い旅になりました。

なお、これは、JALの永久会員ステータス「JGC」を取得するための「JGC修行」の一環で、那覇空港から外に出ず、そのまま羽田行きに乗るという修行僧らしい旅の1ページです。大阪からは、JAL国内線ファーストクラスは羽田行きという短い区間しか飛んでいないので、もったいなくてなかなか利用する機会もないと思うので、今回のダイヤモンド・プレミア ラウンジは非常にいい思い出になりました。

JALグローバルクラブ「JGC」は生涯JALの上級会員ステータス。メリット・特典は??

2018-10-18

 

JALマイルを貯めること、JGC修行を楽しむこと、どちらも満足度は高そうです。

JALマイルの貯め方を完全公開。陸マイラーの「年間20万JALマイルの貯め方」を徹底解説。

2016-12-16

おすすめ関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください