【改悪か?!】JAL国際線特典航空券のルールが大幅変更。特典航空券PLUSとは。

スポンサーリンク

JALの国際線特典航空券のルールが2018/12より大きく変更。必要マイル数は増えるが、特典航空券が取りやすくなるのは本当なのか。日程変更不可やキャンセル待ち不可の改悪もある。

昨日、本当に突然JALの国際線の特典航空券のルールが変更になることが発表されました。

JAL国際線特典航空券PLUSというものが導入されます。

一言で言うと、今まで以上に必要マイル数が必要にはなるが、特典航空券が取りやすくなるというような歌い文句がついています。

が、ルールが変更になるときは、1つのいいことと3つの悪いことがセットになっているというのが基本です・・・・。そりゃ、企業からしたら企業の収益が悪化するような方向には話は進めることは基本的にないわけですよ・・・。

今回のルール変更でも、改悪点ももちろん含まれます。

JAL国際線特典航空券のルール変更について、詳しく見ておきましょう。

昨日、Twitterでもちらっと呟いたのですが、30人以上の方がリツイートされており関心の高さがよくわかります。

 

JAL国際線特典航空券のルール変更一覧表

まず、こちらがJALのホームページより引用したルール変更の一覧表です。

今回、変更になるのは、JAL国際線特典航空券のみです。JAL国内線特典航空券、提携航空会社特典航空券、JAL国際線アップグレード特典には新たな変更はありません

今回の変更が適用になるのは、2018/12(1日から??)のようで、それまでに発券した特典航空券に関しては現状のルールが適用になります。

現在 新ルール
旅行形態 片道・往復(日本発、海外発、海外発日本経由旅程*1)、 片道・往復*1(日本発、海外発)、
オープンジョー(行きの到着地と、帰りの出発地が異なる旅程) オープンジョー(行きの到着地と、帰りの出発地が異なる旅程)
利用区間 往路・復路それぞれ 往路・復路それぞれ
国際2区間、国内1区間まで 国際1区間、国内1区間まで
利用クラス 異なるクラスの組み合わせ可 エコノミー・プレミアムエコノミー・ビジネスクラス:異なるクラスと組み合わせ可
ファーストクラス:異なるクラスとの組み合わせ不可(ファーストクラスとの組み合わせのみ可)
必要マイル エリア・クラスごとに設定 路線・クラスごとに設定
エコノミー・プレミアムエコノミー・ビジネスクラスは、PLUSを導入 *2
キャンセル待ち エコノミー・プレミアムエコノミー・ビジネスクラス:不可
ファーストクラス:可
予約変更 不可 *3
有効期限 旅行開始日から1年間(特典発行日から1年以内に旅行を開始することが必要) 予約便に限り有効

では、この一覧表の詳細を見ていきましょう。

どこが改善で、どこが改悪なのでしょうか。



スポンサーリンク

 

①旅行形態は、海外発の日本経由の旅程が廃止

これは関与する人は少ないとは思いますが、痛い人には痛いですかね。。。

主に海外滞在者のJALマイラーへのダメージ大です。

ロサンゼルス→東京→シンガポール

こんな旅程が特典航空券で組めなくなりました。ロスに単身赴任している人が、日本に帰ってきて、家族と合流して、その後家族とシンガポールに行く。こんな旅程を今までは、一つの特典航空券で発券できていたのですが、

  • ロサンゼルス→東京
  • 東京→シンガポール

の2つの特典航空券に分けて発券する必要があるため、必要マイルは増えてしまいます。対象になる人は少ないかもしれませんが、対象者には痛いですね。。。

 

②利用区間は国際線、国内線とも1区間に

現在はJAL国際線特典航空券は、国際線2区間、国内線1区間が一つの特典航空券で発券可能でしたが、これが不可能になり、国際線1区間、国内線1区間になります。

やはり、先ほどのような

ロサンゼルス→東京→シンガポールのような国際線2区間の予約が不可能になります。

すけすけ

今まで通り、提携航空会社を含むワンワールドの特典航空券のルールは変わりません(厳密に言うと、先日2018/11/20に必要マイル数が変更になるという発表はありましたが、それ以上の変更はないという意味です)。

なので、

  • 東京→(JAL)→ダラス→(AA)マイアミ
  • 東京→(JAL)→香港→(CX)→シンガポール

のような特典航空券には変化はありません。

今回変更になるのは、JAL国際線特典航空券です。

 

③利用クラスは、ファーストクラスのみ混在不可に

これも大きな問題点ではありません。

今までは、

  • 往路:ファーストクラス
  • 復路:ビジネスクラス

という特典航空券の発券可能でしたが、ファーストクラスに限り他のクラスとの混在は不可能になりました。とは言うものの、JAL国際線特典航空券は片道発券が可能なので、一つの航空券として往路ファースト、復路ビジネスが不可能になっただけで、往路ファースト、復路ビジネスを別々に予約することは可能にです。なので、大きな問題にはならないでしょう。

ただし、キャンセルする場合は、2つの航空券をキャンセルする必要が出てくるので、キャンセル料(払い戻し手数料3,100円)が2回分必要になります。

このキャンセル料がとにかく増えるというのが、今回のルール変更で何度も出てくるポイントになります。

 

④必要マイルが空席状況により変動になる「JAL特典航空券PLUS」の導入

一番大きな変化はここです。

JAL国際線特典航空券PLUSという制度が導入されます(ファーストクラスには導入されず、現状とルール変更なし)。

JALのホームページによると、上記の表現で非常にいいもののように書かれているのですが、これが天使の制度なのか、悪魔の制度なのか見ておきましょう

 

JAL国際線特典航空券PLUSとは、

このように、現状の制度だと空席待ちで表示されている日程が、空席待ちではなく今まで以上のマイルさえ払えば特典航空券が取れる状況になるんです。

  • 空席が多数ある状況なら現状と同じ基本マイルで発券可能
  • 空席が減っているとき、ハイシーズンは必要マイルが増えるが発券可能

こんな感じです。

特典航空券の座席数は増やすが、必要マイルも増やしますよ。ってことですね。よくも悪くも。

こんな人には超最高??

この制度が最も喜ばしいのは、例えば4人連れの家族の例です。

今までだと、4人だとなかなか空席が探せずに発券できなかった特典航空券が、何マイル追加になるのかはわからないが、もしかしたら5,000マイルを追加するだけだホノルル行きの特典航空券が4席発券できるかもしれないってことです。

さて、この「何マイル追加になるのかわからない」というのが気になるところです。

こちらのページでPLUSの必要マイル数が公表されています。一部引用して、見ておきましょう。ビジネスクラスの片道特典航空券に必要なマイル数です。

エリア 基本マイル数 PLUS利用時 *1
韓国 18,000 ~ 48,000
アジア1 24,000 ~ 99,000
グアム 22,500 ~ 90,000
アジア2 40,000 ~ 246,000
オセアニア 40,000 ~ 181,000
ロシア 40,000 ~ 261,000
ヨーロッパ 55,000 ~ 391,000
ハワイ 40,000 ~ 224,000
北米 50,000 ~ 394,000

これ、ものすごい幅があるんですよね・・・。

ホノルル行きのビジネスクラスは片道あたり基本マイルは40,000JALマイルです。

が、PLUSだと確実に席は取れるものの、なんと最大なら224,000JALマイル!!!一人当たりの片道ですよ。。。。往復だと約45万マイルが必要です。基本マイルの約6倍・・・。なんかファーストクラスよりビジネスクラスの方が必要マイルが多い事態も発生しそうです・・・。

 

んん???ちょっと待てよ??

JALマイルは10,000マイル=15,000eJALポイントに交換して、JALの有償航空券が購入できたはずですよね??

盆の時期のJALのハワイ行きのビジネスクラスの運賃を見ておきましょうか。

んんんん??運賃が55万円。

ちょっと待てよ、55万eJALポイント=366,666JALマイル。

あれ??JAL国際線特典航空券PLUSの45万マイルよりかなり少なくない???しかも有償航空券なら、フライトマイルも往復で1万JALマイルくらい加算されるし、実はJAL国際線特典航空券PLUSよりJALマイルをeJALポイントに交換して利用する方がお得じゃない???

そんなケースも出てくる可能性があるんです。

今後の重要性が増すかも「eJALポイント」

マイルをeJALポイントに利用して利用するという方法は今後重要度が増すかもしれません。JALマイラーは、しっかりとマスターしておきたいところです。

JALマイルの使い方【eJALポイント】は活用すべき!フライトマイルもFOPも貯まる。

2017.08.31

ただし、現実的には、こんなケースが発生したら、みんなeJALポイントを利用することになり特典航空券PLUSの制度そのものが形骸化して意味のないものになってしまうので、実際に最大マイルが必要になるのは非常にレアなケースなのでは???と楽観視しています。一部のハイシーズンの時期だけな気はします。

ある程度のマイル数で落ち着いて、特典航空券が今までのように取れないケースが減ると考えれば改善点も大きいようにも思えるのがJAL国際線特典航空券PLUSの導入ですかね。

特典航空券の最大のデメリットである取りにくさは解消される。が、必要マイルは増えることもある。そんな感じでJALのメッセージを受け取っておきましょう。

逆に、これに伴いeJALポイントは廃止なんてなったら・・・痛すぎますね。

 

これが天使の制度なのか、悪魔の制度なのかは蓋を開けてみないとわかりません。

現状では、実際に何マイルが必要になるのか見当もつかいないので。ここは改悪と改善の混在になるでしょう。

すけすけ

一部区間は基本マイルが減ることも発表されています。

日本ーシンガポールの特典航空券エコノミークラスは、片道12,000JALマイルで利用可能です。

これは朗報ですね。必要マイルはこちら参照ください。

あと、個人的に気になるのは、特典航空券ってもともと何席を開放しているか未公表じゃないですか。

なので、このどさくさに紛れれて、基本マイルで発券できる人数が4人から3人に減ったみたいな状況が影で発生する気がしています・・・。ひそかにこういうのが痛いかもしれませんね。



スポンサーリンク

 

⑤キャンセル待ち制度が廃止に

これ上級者にはけっこう痛いんじゃないですかね。

JAL国際線特典航空券PLUSの導入に伴い、キャンセル待ちという制度が廃止になります(ファーストクラスのみ存続)。

これは改悪と思う人が多いでしょう。

マイル上級者は、キャンセル待ちを複数入れることで有名です。そして、その中で落ちてきたものの中から希望のものを選ぶことができたわけです。またANAとJALの両方も空席待ちを入れておくなんてことも可能だったわけです。

が、JALは国際線特典航空券PLUSで、その場で発券することを要求されます。

それも待っていれば、どんどん必要マイルは増えるかもしれません。が待っていれば、ANAで空席が落ちてくるかもしれません。となり、グルグル頭の中で回っていくことになるでしょう。

大量マイル保有者で、キャンセル待ちの恩恵を受けていた人々にはけっこう痛いんじゃないですかね。

すけすけ
ひそかに痛いのが、JGCを含むJALの上級会員の人たちかもしれません。JALの上級会員は、キャンセル待ちで優先的に特典航空券が取れるんです。が、その権利が消失することにもなります。。。。

とにかく基本マイルで特典航空券の発券を狙う。ということが重要になりそうですね。

 

⑥予約の変更が不可に

これ・・・・痛いですね・・・・。

特典航空券の最大の売りの一つだったはずです。直前でも空席さえあれば、日程の変更が自由にできる。有償航空券ではできないことが、特典航空券では自由にできる。そんなメリットが吹っ飛びます。

今後は予約の変更が不可能になります。

日程変更も、予約クラスの変更も。

 

変更したい場合は、一度3,100円を払って、再度予約を取り直す。ということが必要になります。

今回の改悪の最大のポイントはここになるかもしれません。とにかく、変更ではなく、それはキャンセルだと。キャンセル料の3,100円をとにかく徴収すると。まだ3,100円なのが救いですが、これが10,000円とかになったら。。。。痛すぎます。

すけすけ
第一希望の便が空席がなくて、とりあえず第二希望で発券。そして、第一希望に空席が出たら変更するなんて方法はマイラーがよく使います。特に上級者ほど。今までは変更が無料で自由にできましたが、今後は3,100円で一旦キャンセルの必要があります。キャンセルも4人で、往路と復路を別々に発券した場合なんかは24,800円も必要になります。完全にキャンセル料を大きく取りに来た印象があります。

 

また、直前になって、キャンセルして取り直す際には、JAL国際線特典航空券PLUSで必要マイル数がものすごい増えているかもしれません。

逆に思っていた以上に空席が多くて、直前になるとまた基本マイルで発券可能になっており、いったん特典航空券をキャンセルして取り直した方がお得なんてケースも出るかもしれません。

 

⑦有効期限が予約便に限り有効

変更が不可になるので、そりゃ有効期限1年ってのも意味がなくなりますよね。

 

JAL国際線特典航空券ルール変更まとめ

確実に改悪といえるのは、

  1. キャンセル待ちがなくなったこと
  2. 変更が不可になったこと

の2点でしょう。おそらく上級者ほどよく利用した制度だと思います。

 

蓋を開けてみないと、どれくらいの追加マイルでJAL国際線特典航空券PLUSが利用できるのかはわかりません。ここが、極わずかな上昇で済むなら、嬉しいのですが、PLUSの最大必要マイルを見るとかなりの要求をされる可能性も否定できません。ここは、12月を待ちましょう。

 

まず、基本的にマイルに限らず、あらゆる制度は徐々にユーザーに不利になりように変更がされていくのが一般的です。

なので、貯めたマイルはどんどん使って下さい。これけっこう重要です。

今、できることは12月までにJALの国際線特典航空券を可能な限り発券しておくことでしょう。旧制度が適用になるので。

 

こうなると少し心配なのは、ANAが歩調を合わせたりしないかですよね。なんか似たようなことをしたりするので、、、、。また、それはその時に考えるとしましょう・・・。

自分のスタンスは、常に諸行無常と思っているので、改悪になるような内容があっても、いい点を見つけてうまく利用しようと思っているので、特にショックも何もありません笑。マイルは淡々と貯めますよ。

JALマイルの貯め方を完全公開。陸マイラーの「年間20万JALマイルの貯め方」を徹底解説。

2016.12.16

「陸マイラー」が「年間30万ANAマイル」をどう貯めたのか。【ANAマイルの貯め方 完全公開】

2016.07.29

おすすめ関連記事

16 件のコメント

  • たしか今まではフランクフルトやパリにビジネスクラス、ディスカウントマイル利用で往復85000マイルだったと思います。これが55000+55000で110000マイルに大幅増で大改悪だと思います。

    • トヨトヨさん
      制度変更があると、制度のよくなるところと悪くなるところが出ますしね。。。
      いい使い方をしないとダメですね!!

  • 猛暑の中、もっと熱くなるよな報告をありがとうございました。
    今や裏ワザでも無くなった、特典航空券でのチケット取得方法が使えなくなると言う理解でよろしいのでしょうか?(往路に同日復路の便を取得、後日復路の便の変更が出来なくなる。出来るが手数料を取られるということですかね?)

    • まーくんさん
      そういう解釈も可能ですね。
      JALの場合は、もともと片道発券が可能なので、裏技的なものを利用せずに330日前にもともと別々に予約をしている人もいいようですので、別々に予約は今後も可能です。

      • すけすけさん

        回答ありがとうございます。そうですね、JALは片道発券が可能でした。
        話は別ですが、2019年ANAのホノルル便の特典航空券は「一般人」では裏ワザ?発券の復路が本当に発券が困難です。(ほぼ秒殺です・・・トホホ。)

        • まーくんさん
          来年はA380がハワイに就航するので、ANAのハワイ路線の人気は更に上がりそうですよね。
          A380の就航日が決定した瞬間は、特典航空券の枠が広がる可能性があると思うので、そこに注目しておくと面白いかもしれません。

  • 座席の空き状況により、必要マイル数が変動するという、デルタ方式ですね。

    PLUS利用時の必要マイル 数が天文学的に跳ね上がる様子は、デルタ航空のスカイペソを思い出させます。
    JALにいいようにやられそう(>_<)

    • 匿名さん
      世界的な流れの一つではあるとは思うのですが、どうなっていくでしょうかね・・・・

  • いつも楽しく拝見させていただいております。
    スケスケさんのお陰で自分もポイントサイトなどで10万マイルほど貯めることが出来ました。

    今回の記事なのですが、

    ①旅行形態は、海外発の日本経由の旅程が廃止
    こんな旅程が特典航空券で組めなくなりました。ロスに単身赴任している人が、日本に帰ってきて、家族と数週間過ごして、その後家族とシンガポールに行く。こんな旅程を今までは、一つの特典航空券で発券できていたのですが、

    とありますが、JAL特典航空券の場合は日本国内でのストップオーバーは可能ですか?
    自分の認識では不可だったのですが、自分の見落としがあるかも知れません。

    失礼いたします。

    • 紗蓮さん
      ありがとうございます!
      ストップオーバー無理でしたね。後ほど訂正させていただきます。

  • 陸マイラー超初心者のきろすけです、こんちには(^^)
    私は10万マイルを貯めて家族5人でグァムに行く(2年後くらい?)との目標を建てております。
    でも記事を拝見すると5人の空席を取るのはかなり難しそうですね、、、
    ANAのほうが貯まりやすそうなので基本ANAで考えていたのですが、チケットの取りやすさなども考えながら総合的に考える必要があることを学びました。
    しかし、JALのほうが基本貯めにくい上に、PLUSでどれだけマイルの追加が必要なのかわからない状況では、不安が増すばかりです。。
    すけすけさんの記事を拝見しながら、楽しく学んでいきたいと思っています。今後ともよろしくお願いいたしますm(_ _)m

    • きろすけさん
      どちらのマイルがいいのかは非常に難しいところですが、マイルを貯めることで悪いことはまったくないので、今後も貯めていきたいと思います!

  • こんにちは

    日程変更が自由にできたってのはどんな立場の人にとっても相当のメリットだったと思うので
    それが不可になるってのはかなり大きい変更ですし、やっぱりそれだけでも全体として改悪の印象を与えるのを
    やむをえない気がします

  • いつも楽しく読まさせていただいております。
    今回の記事でも、非常に詳しい情報いただきありがとうございます。
    たいへん勉強になりました。

    私の意見ですが、いわゆる「上級者」の人に不便になり、
    「一般人」には大して痛くない変更なのであれば、
    私はそれは改善だと思うし、歓迎したいと思います。

    • のびるさん
      特典航空券が取りやすくなる可能性があるので、歓迎する人もけっこういるのでは?とも自分も思っております。蓋を開けてみて、どうなるのか見てみたいとは思っているのですが、、、どうなるでしょうね。。。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください