【NEW】伊丹空港JAL国内線ダイヤモンド・プレミア ラウンジをレビュー

スポンサーリンク

JAL国内線最高峰「ダイヤモンド・プレミア ラウンジ」を伊丹空港で体験したのでレビュー。2019/3にリニューアルオープンした最新のDPラウンジの全貌公開。

JALが誇る最高峰のラウンジが「ダイヤモンド・プレミア ラウンジ」。それが通称「DPラウンジ」です。JAL国内線ファーストクラス搭乗客およびJALステータスのダイヤモンドメンバー・JGCプレミアといった客層をターゲットにした最高峰のラウンジになっています。

今回、伊丹空港でダイヤモンド・プレミア ラウンジを体験してきました。

自分の体験談をまじえて、伊丹空港のJALダイヤモンド・プレミア ラウンジの全貌を紹介したいと思います。伊丹空港のDPラウンジは、2019/3にリニューアルオープンしたばかりの空間になっています。

 

ダイヤモンド・プレミア ラウンジの利用条件

JAL国内線に用意されているラウンジには2種類あります。

  • ダイヤモンドプレミア ラウンジ
  • サクララウンジ

です。

 

どちらも利用条件が厳しいのですが、整理しておくと下記のようになります。

ダイヤモンド・プレミア ラウンジ サクララウンジ
ダイヤモンド 〇(同伴者1名も可) 〇(同伴者1名も可)
サファイア 〇(同伴者1名も可)
クリスタル △(ラウンジがクーポン必要)
JGCプレミア 〇(同伴者1名も可) 〇(同伴者1名も可)
JGC 〇(同伴者1名も可)
ワンワールドエメラルド 〇(同伴者1名も可) 〇(同伴者1名も可)
ワンワールドサファイア 〇(同伴者1名も可)
国内線ファーストクラス搭乗客 〇(同伴者1名も可) 〇(同伴者1名も可)
国際線ファーストクラスからの、への乗継搭乗客 〇(同伴者1名も可) 〇(同伴者1名も可)

基本的には、どちらも上級会員向けのラウンジですが、最上級ステータスのダイヤモンドメンバー(年間10万FOP)、JGCプレミアメンバー(JGC加入かつ年間8万FOP)が利用できるのがダイヤモンド・プレミア ラウンジです。名称も、会員のステータスをそのままつけたラウンジです。

それに対して、サクララウンジも上級会員向けのラウンジですが、サファイアメンバー(5万FOP)、JGC(JALグローバル会員)でも利用可能なので、条件は少しだけ緩いです。

JALの国内線最高峰に位置するラウンジが、ダイヤモンド・プレミア ラウンジというものだと思っておいてください。

 

また、ダイヤモンド・プレミア ラウンジは、JAL国内線ファーストクラスに搭乗する人も利用することが可能です。なので、ダイヤモンドメンバーやJGCプレミアのステータスを取得するのが困難な人でも、一度だけならJAL国内線ファーストクラスに搭乗することで利用可能です。

すけすけ

なお、1日に複数のJAL便に搭乗する場合は、そのうちの1便でもJAL国内線ファーストクラスを予約していれば、どの空港でもダイヤモンド・プレミア ラウンジを利用することが可能です。

自分は、

  • 羽田空港→那覇空港:クラスJ
  • 那覇空港→羽田空港:ファーストクラス

で搭乗したときに、最初の羽田空港でも、ファーストクラス搭乗前の那覇空港のどちらでもダイヤモンド・プレミア ラウンジを利用してきました。知らないと損するプチ豆知識です。

なお、今回は伊丹から成田に移動し、JAL国際線ファーストクラスに搭乗する(記事がアップしているときには搭乗を終えています)ので、伊丹空港のダイヤモンド・プレミア ラウンジを利用することができました。また、成田空港の国際線ファーストクラスラウンジや、JAL国際線ファーストクラス搭乗記はじっくり紹介したいと思います。

 

ダイヤモンド・プレミア ラウンジのある空港

どの空港にJALのラウンジがあるのか整理しておきます。

ダイヤモンド・プレミア ラウンジは5つの空港にしかありません。

  • 羽田空港
  • 伊丹空港
  • 新千歳空港
  • 福岡空港
  • 那覇空港

以上の5つの空港のみになっています。また、羽田と4空港(伊丹・新千歳・福岡・那覇)を結ぶ路線には、国内線ファーストクラスのついた機材が飛んでいます。つまり、ダイヤモンド・プレミア ラウンジはJAL国内線ファーストクラスの飛んでいる空港にのみ用意されているラウンジということになります。



スポンサーリンク

 

伊丹空港ダイヤモンド・プレミア ラウンジの全貌レビュー

では、伊丹空港のダイヤモンドプレミア ラウンジの紹介です。

JALは伊丹空港の北ターミナルから離発着をしていますが、ダイヤモンド・プレミア ラウンジも北ターミナルにあります。北ターミナルの保安検査場をすぎて、すぐのところにダイヤモンド・プレミア ラウンジもサクララウンジもあります。

 

伊丹空港DPラウンジ営業時間

6:00~最終便出発まで

こちらがラウンジの内部マップですが、サクララウンジよりもダイヤモンド・プレミア ラウンジの方が空間が広いのがすごいですよね。単純に考えると、最上級会員であるダイヤモンドメンバーやJGCプレミアメンバーの数は少ないと思ってしまうのですが、東京=大阪間のようなビジネス客の多い路線にはかなりの人数の最上級ステータス会員がいるということでしょうね。

 

伊丹空港の手荷物を検査を終えて、ゲートに行くまでの間にこんな標識があるの見たことないですか??ひっそりとあるこの標識がJALの上級会員向けラウンジ「ダイヤモンド・プレミア ラウンジ」と「サクララウンジ」の入り口です。

 

このエスカレーターを昇ると、ラウンジへとつながる受付が待っています。なんか、特別なエスカレーターのように見えるのですが、普通のエスカレーターですね笑。

 

こちらがJALの国内線のラウンジの受付です。搭乗券のQRコードや、JALカードなどを読み取り機にかざすと「ダイヤモンド・プレミア ラウンジへ」「サクララウンジへ」などと利用できるラウンジが表示されます。

向かって左がサクララウンジ、右がダイヤモンド・プレミア ラウンジです。今回は右へ向かいます。もちろん、ダイヤモンド・プレミア ラウンジ利用対象者ならサクラウンジの方に遊びに行くことも可能です。

 

こちらが「DP」と表示されたダイヤモンド・プレミア ラウンジです。以前、羽田空港・那覇空港で利用したことはありますが、自分の本拠地大阪での利用は初です。

 

ラウンジに入ると、サクラ???をモチーフにしたオブジェですかね??いつものことですが、自分で自宅に購入することが絶対にないものには贅沢さを感じます。

 

大理石の通路を通り、奥に進みます。

 

通路の脇には、クロークもあるので、ラウンジ内は手ぶらで過ごすことも可能です。

 

ここからがラウンジの空間です。赤のラインが入ったガラスが、JALのカラーとマッチしているのがいいですね。

 

ラウンジ内の壁際には彫刻が並んでおり、高級感の演出にかなりの効果を出している感じがします。

 

こちらがメインスペース。

超ロングタイプのボードが、ラウンジのメインになっており、ここで食事をとっている人が非常に多いです。また、窓際には滑走路に向かって、JALの飛行機が見える席が並んでおり、こちらもかなり人気がありそうでした。

 

大人でも楽しめそうな景色です。

 

また、このロングボードには高級そうな陶器がずらっと並んでいます。高さも座ったときに目の高さにくるになっており、向かいの人と目が合わないように設計されていると思います。

 

自分が気に入った席はこちらの奥にある3席のソファータイプ。

サイドテーブルで仕事もできるし、サイドテーブルの下にはスーツケースも置くことが可能なスペースもあり、ユニバーサルコンセント・USBコンセントもあり、隣の席との間には30㎝ほどの高さのついたてもあるので、プライベート感もあり仕事もしやすいですね。

 

もう少し落ち着いた雰囲気の席もあります。

 

また、ラウンジの一番奥にはマッサージチェアも用意されています。国内線のラウンジなので、滞在時間が短く、使う機会は少ないかもですが、嬉しいですね。

 

大半の席には、ユニバーサルタイプとUSBタイプのコンセントが用意されているのも最新のラウンジという感じがしますね。もちろんWiFiも利用可能です。

 

こちらがダイニングコーナー。なかなかの混雑でした。

通常、国際線のビジネスクラスラウンジなら飲食はありますが、食事まである国内線のラウンジというところに最高峰のラウンジを感じます。JALのサクララウンジも、ANAのANAラウンジも国内線には食事はないですしね。

 

食事は、

  • 和食として、おにぎり2種類とみそ汁
  • 洋食として、パン2種類と野菜スープ

というのが基本スタイルです。スープは洋食スタイルと言いながら和風だしの野菜がたっぷり入ったポトフの和風版という感じで美味でした。

また、11:00以降になると、JALの国際線ラウンジに用意されている「JALカレー」をもとにした、「JAL特製焼きカレーパン」が登場します。これがかなりの人気なようです。また、11:30からは神戸の人気パン屋「LE PAN」のキャトルシリアルも登場するようです。

 

ドリンク類がこちら。ビール、焼酎、コーヒー、ソフトドリンク、青汁、トマトジュースと揃っているのですが、ビールが4種類もあるのが拘りを見せていますよね。

  • アサヒ「ドライプレミアム 豊醸」
  • サッポロ「エビス」
  • サントリー「ザ・プレミアム モルツ」
  • キリン「一番搾り プレミアム」

と各ビールメーカーのプレミアム商品が並んでいる拘りっぷりです。

 

ちなみにお手洗いも超キレイでした。毎日こんなトイレを使いたいです・・・。

 

以上、JALの国内線最高峰のラウンジ「ダイヤモンド・プレミア ラウンジ」の伊丹空港での体験をレビューしました。朝の30分程度ですが、いい1日になりそうなそんな気がするのは気のせいでしょうか。

この後、東京経由で米国方面へ行くのですが、自分は今回の旅程で50,000FOPに到達し、JGCを取得することになります。が、JALのダイヤモンド・プレミア ラウンジは利用条件が非常に厳しいので、なかなか利用する機会は少ないので、伊丹空港での30分は楽しい時間でした。

JALマイルを貯めること、JGC修行を楽しむこと、どちらも満足度は高いですね。

JALマイルの貯め方を完全公開。陸マイラーの「年間20万JALマイルの貯め方」を徹底解説。

2016-12-16

おすすめ関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください