飛行機のファーストクラスとビジネスクラスの差とは?値段・サービスの違いを徹底解説。

スポンサーリンク

間もなく搭乗します。人生初の飛行機のファーストクラス。片道で100万円オーバーのファーストクラスは、ビジネスクラスとは本当に大きな差があるのか??

人生で考えたこともなかったです。

自分が、片道100万円以上もするようなファーストクラスに搭乗することになるとは。

実は、間もなく飛行機のファーストクラスに搭乗します。ちらっと、搭乗予定の航空会社も公開しますね笑。

 

往路は、日系の航空会社ANAのファーストクラス

 

復路は、ヨーロッパの雄ルフトハンザドイツ航空のファーストクラス(しかも2階建てのA380!!)。

こんな航空券を発券して、まなもく搭乗時間です。ごらんの通り航空券は「特典」と書かれた「マイルを利用した特典航空券」です。普通にお金を払って搭乗することなんか絶対に不可能ですが、陸マイラーとしての夢の最高峰に手を出せたのもマイルのおかげです。

 

初めてのファーストクラス発券をしてから、まもなく10ヶ月です。もともとは、復路はタイ航空のファーストクラスの予定でしたが、なんとタイ航空が機材変更でファーストクラスのない飛行機に変更になってしまったり・・・・非常に悲惨でした。

飛行機のダウングレード。ファーストクラスが消えた。特典航空券・有償航空券での対応・交渉。

2018.04.22

ただ、そんなこともあろうかとバックアップ用に、実はJALマイルを利用したブリティッシュエアウェイズのファーストクラスも抑えていたんです。が、、、、なんとブリティッシュエアウェイズの抑えていた便が運休決定(成田ーロンドンのBA0006便)・・・・。そんな電話がJALから来ました・・・。そのファーストクラスも消えてなくなったんです。

そんな話ある???僕はファーストクラスに縁がないのか???

なんてことも感じていましたが、奇跡的にルフトハンザドイツ航空のファーストクラスを抑えることができ、まもなく人生初の搭乗がせまってきています。「ANAマイルでファーストクラス特典航空券が取れる航空会社&路線はここ!」という記事で紹介しましたが、本来ルフトハンザ航空のファーストクラスは搭乗2週間前にならないと予約不可なのですが、一時的にバグが発生して予約可能という時期があり運よくその時期に発券でき本日に至ります。

 

さて、自分が登場するファーストクラスとは、ビジネスクラスとはそんなに違うものなのでしょうか。

ビジネスクラスでも十分豪華ですし、高級です。

少し、ビジネスクラスとファーストクラスに差はあるのか、違いを整理しておきます。

 

チェックインから始まるファーストクラスの特別感

空港についた瞬間からファーストクラスの特別感は始まります。

どうもファーストクラス搭乗客は、自分たちから目に触れないところでチェックインをしているケースがあります。

ルフトハンザ航空ホームページより。

こちらの建物。建物そのものがファーストクラス搭乗客専用です。

なんと、ルフトハンザ航空の本拠地フランクフルト空港から、ルフトハンザ航空のファーストクラスに搭乗する搭乗客は、利用するターミナルそのものが「ファーストクラス専用ターミナル」なんです。ファーストクラス用に、ビルを建ててしまうというのはスゴイですね・・・・。

成田空港からANAのファーストクラスに搭乗する人も、ビルが専用というわけではないですが、ターミナルの中に「Zカウンター」というファーストクラス専用のカウンターがあり、外からは見られないような場所でチェックインしているようです。そして、チェックイン時にはオシボリまで出てくるとか・・・・。

目に触れないところで贅沢を味わっているのがファーストクラスの乗客のようです。

ビジネスクラスも優先チェックインという制度がありますが、エコノミークラスのチェックインカウンターの隣にあり、並ばなくて済むというメリットはあるものの、次元が違う世界という印象はないですもんね。目で見ることも可能な範囲ですし。

すけすけ
ファーストクラスの乗客は、見えないところでチェックインして、プライバシーも保護しようとしている印象は強いですね。ビジネスクラスとの大きな違いです。

 

搭乗までは豪華ディナーつきの専用ラウンジ

チェックイン後には、搭乗までビジネスクラス搭乗客も、ファーストクラス搭乗客も航空会社のラウンジでお酒をのみながらおつまみをつまんだり、食事を楽しんだりしています。

が、ファーストクラス用のラウンジは本当に豪華。

超高級ホテルそのものなんですよ。

 

キャセイパシフィック航空ホームページより。

ラウンジ内には、ビジネスクラス用のラウンジのようなビュッフェ形式の食事だけではなく、「専用レストラン」が用意されており、そこで食事を楽しむことができるんです。超高級レストランのフルコースを満喫できるわけです。すごい世界が広がっているんですね・・・。自分の知らないところで・・・。

 

タイ航空ホームページより。

タイ航空のファーストクラスなんかは、ラウンジ内で1時間の全身スパ&マッサージをしてもらえるんですよ・・・。これがファーストクラスのサービスです。ファーストクラスの乗客は、またしても見えないところで・・・。

ビジネスクラスのラウンジも十分な贅沢なのですが、格が違う感じがします・・・。ファーストクラス・・・。

すけすけ
  • ビュッフェレストラン
  • 高級ホテル

そんな違いがビジネスクラスとファーストクラスのラウンジには差がありそうですね。ファーストクラスのラウンジには、仮眠室やバスタブつきのシャワールームがあるラウンジもあります。

 

搭乗へは専用の送迎車もある!?

ルフトハンザ航空やANAでは、ファーストクラス客向けの送迎車が用意されています。

ANAホームページより。

地方空港から、羽田空港に到着してファーストクラスに乗り換えをする場合には、国際線ターミナルに移動する必要がありますが、エコノミークラス客もビジネスクラス客もバスで移動します。が、ファーストクラス客はANAが用意したLEXUSで移動なんです・・。

 

ルフトハンザ航空も、フランクフルト空港ではメルセデスベンツかポルシェでの送迎サービスがあるようです。

ファーストクラスの客のためには、航空会社もとんでもない投資をしているわけです(もちろん、この分の値段が航空券に上乗せされるので、ファーストクラスの運賃がとんでもない価格になるわけです・・・)。

 

ファーストクラスの座席は、完全に個室。部屋になっている航空会社も。

最近はビジネスクラスもシートは超豪華なものが多いです。

ANAホームページより。

ANAの最新機材B777-300ERやB787-9に搭載されているビジネスクラスのシートはフルフラットシートです。これってファーストクラス?ビジネスクラス?って感じですよね。これはビジネスクラスです。最近は、航空会社によってはファーストクラスシートを用意せずにビジネスクラスを最上位にしている航空会社も多数あります。ビジネスクラスのシートもかなりいいんですよね。個室感満点ですし。

 

が、ファーストクラスは一歩上を行く世界が広がっているようです。

シンガポール航空ホームページより。

上記はシンガポール航空のスイートクラスの機内です(シンガポール航空では機材により最高クラスはファーストクラスという名称のものと、スイートクラスという名称のものがあります)。

なんと、隣席とダブルベッドにすることが可能・・・。

もうホテルの個室にしか見えません・・・。しかも高級ホテルの雰囲気・・・。やはり、ビジネスクラスとは違うんですね。。。

すけすけ
ビジネスクラスのシートも、本当に素晴らしいものが多いです。が、ファーストクラスはやはりプライバシー保護が完璧に近いような密室タイプのシートが用意されていたりします。搭乗するのは著名な方々が多いですしね。

 

機内食は、豪華そのもの。高級レストランにしか見えない。

機内食もすごいの一言です。

先ほど、ラウンジで豪華な食事をとったばかりな気はするのですが、搭乗後1時間ほどで機内食が出てきます。

これが、またフルコースなんですよね・・・。ファーストクラス・・・。

こちらはJALのファーストクラスの機内食の和食のメニュー「BEDD」。

完全に会席料理ですね。

 

もちろん洋食もあります。

JALホームページより。

こちらは、キャビアの瓶詰め。ファーストクラスの機内食は、世界中の航空会社でキャビアの提供が一般的なようです。

そして、メイン料理も、

JALホームページより。

超豪華ステーキ。上にはフォアグラが乗っているんでしょうかね・・・。これは豪華です・・・。

自分もビジネスクラスには何度か搭乗したことがありますが、やはり一歩上を行きますねファーストクラスの機内食。

ビジネスクラスの機内食が超高級弁当なのに対して、ファーストクラスの機内食は超高級レストランという感じの印象でしょうか。

 



スポンサーリンク

ファーストクラス値段は100万円超えで、エコノミークラスの10倍

ビジネスクラスも値段はめちゃくちゃ高いんですよね・・・。

ANAのビジネスクラスでロンドンまで往復すると57万円・・・。高いですね・・・。これも自腹では払えません。

 

が、ファーストクラスの値段は、更にとんでもないです。

132万円。本当に、飛行機の搭乗で車一台購入できるんですよね。

 

ちなみに、エコノミークラスだと往復で13万円でした。なんと、ファーストクラスの運賃は、ビジネスクラスの2.5倍、エコノミークラスの10倍なんですよね・・・。正確に計算すると、運賃そのもの(税を抜いた値段)はファーストクラスが127万円、エコノミークラスは8万円なので15.8倍ですね・・・。

これがファーストクラスの値段です。

この料金の中には、ファーストクラス専用ターミナルの利用、送迎車の利用、ラウンジでの食事&マッサージ、機内の座席、機内食なんかが含まれているわけです。サービスに相当した料金?になっているわけですね。

すけすけ

ファーストクラスの値段・・・やばいですね・・・。ビジネスクラスも強烈な値段ですが、ファーストクラスはエコノミークラス15席分の料金ですからね。それだけのサービスがあるってことでしょう。ただの移動に130万円・・・。

 

マイルを貯めて特典航空券で搭乗するなら、ファーストクラスが半端ないお得感あり

こんな値段のファーストクラスなので、自分の場合は搭乗するにはマイルの利用しかありません。

特典航空券ですね。

マイルを利用する際には、ファーストクラスやビジネスクラスで利用すると得という話は聞いたことがありますかね?なぜお得なのかというと、エコノミークラスにANAマイルで特典航空券を発券した場合に必要なマイルは45,000~60,000マイルです。

先ほどの値段の差が15倍であることを考えると、ファーストクラス特典航空券に必要なマイルは60万~90万マイルが妥当なところです。が、実際は165,000~180,000マイルなんです。実は、エコノミークラスの3倍のマイルで搭乗可能なんですよね。

相当な歪みが生じています。

エコノミークラス ビジネスクラス ファーストクラス
運賃 8万円 52万円 127万円
必要マイル 45,000 90,000 165,000
1マイルあたりの単価 1.77 5.77 7.69

こんな感じになります。

マイルの単価が全然違う!!!

エコノミークラスに搭乗した場合は1マイル=1.77円ですが、ファーストクラスに搭乗した場合は1マイル=7.69円になるんです。あなたの持っているマイルの価値を最大限高く利用するには、

運賃が高いが、マイルは少ない

という使い方をするのが最良です。

その代表例が、ビジネスクラスやファーストクラスです。

 

しかも必要マイルが18万マイルで済むというのが現実味があるのがポイントです。

JALマイルの貯め方を完全公開。陸マイラーの「年間20万JALマイルの貯め方」を徹底解説。

2016.12.16

「陸マイラー」が「年間30万ANAマイル」をどう貯めたのか。【ANAマイルの貯め方 完全公開】

2016.07.29

陸マイラーをしている人なら、このマイル数が十分に現実的なものであることはわかると思いますし、すでにファーストクラスに搭乗した陸マイラーも多数おられるでしょう。

今回、自分が搭乗するのはANAマイルを利用してANAとルフトハンザ航空のファーストクラスになります。搭乗後に、自分の思い出としても記録もかねて、ファーストクラスの詳細をラウンジ~機内までじっくりと紹介する予定にしていますので、みなさんがファーストクラスに搭乗する際に参考にしていただいたり、搭乗しなくても楽しんでもらったり、またみなさんがマイルを貯めるモチベ―ションが上がればいいなと思います。

では、人生初のファーストクラス搭乗楽しんできます!!!少年のようにワクワクしながら。

すけすけ

ANAファーストクラスに搭乗して来ました!搭乗記はこちらどうぞ。

【ANAファーストクラス搭乗記】あなたもANAマイルがあればファーストクラスに乗れる!!!

2018.07.08

◆関連記事

これだけ差がある。エコノミークラスとビジネスクラスの違い。

2016.09.24

おすすめ関連記事

6 件のコメント

  • すごいですね!(o^^o)
    レポ楽しみにしてます。
    わたしもこちらでお世話になり、夏休みは家族5人の発券ができました。
    ほんの半年ちょっと頑張って貯められたのでエコノミーですが嬉しいです♪

    • yoshumiさん
      家族5人での旅行もいい思い出になりそうですね!人数多くなると大変ですよね・・・マイルが大量に必要で笑。

  • すけすけさま。
    はじめまして。
    私も、来月末から8月にかけてANAファーストクラス発券してます。
    すけすけさんのブログを参考にさせていただいたおかげです。
    なんか異次元のワクワク感を感じてて今からドキドキしてます。  
    搭乗記お待ちしています。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です