ANA特典航空券のキャンセル&予約変更のルールを徹底解説!!

スポンサーリンク

ANA特典航空券のキャンセル料っていくら??日程や経路の予約変更ってどんなルールなの??基本事項なのに、知られていない情報を基礎から徹底解説。

ANAマイルを貯めて、特典航空券を発券する際に、必ず知っておきたいルールとして、

  • キャンセル・払い戻しの扱い
  • 変更(経路や日程)の扱い

があります。

この2つは、非常に重要です。

重要ですが、しっかりとルールを理解している人は実は少ないでしょう。

ということで、この記事は徹底的に解説しておきます。これをうまく理解しておくと、ANAマイルの使い方が一歩上級者になると思います。

 

ANA特典航空券のキャンセル・払い戻しのルールはこうなっている!

①ANA特典航空券のキャンセル時の手数料は3,000マイル

払い戻し手数料:1名につき3,000マイル

これがキャンセル時に必要な手数料です。お金は1円もかかりませんが、国内線特典航空券でも国際線特典航空券でも、全区間が未使用のときに限り3,000マイルの手数料を引いたマイルが払い戻しされます。

一人3,000マイルなので、3人だと9,000マイルになります。

また、一区間でも利用してしまった特典航空券は払い戻しはできません。

 

ANAマイルを利用した国際線特典航空券は、片道発券ができずに、かならず往復での発券が必要なので、キャンセルする際には、自動的に全区間がキャンセルになります。これで3,000マイルを引いたマイルが払い戻しされます。

 

少し、注意がいるのは、ANAマイルを利用した国内線特典航空券の扱いです。国内線特典航空券は、片道発券も往復発券も可能です。

往復特典航空券はキャンセル時は、往復ともにキャンセルで3,000マイルの手数料が必要です。片道のみのキャンセルは不可能です。

片道特典航空券は、予約した区間ごとに3,000マイルの手数料が必要です。

 

例えば、羽田ー伊丹の特典航空券で説明しておきます。

上記は、往復特典航空券で予約をした状況です。この特典航空券をキャンセルする場合には、3,000マイルが必要ですが、往路のみのキャンセルや、復路のみのキャンセルはできないんです。全区間がキャンセルになります。

 

また、往路と復路を別々の航空券として2つ発券した場合は、

これでも、発券時に必要なマイルは、7,500ANAマイル×2で15,000ANAマイルなのですが、キャンセルする際には、それぞれ3,000マイルの手数料が必要で、合計6,000マイルが必要になるんです。ただし、片道だけのキャンセルも可能です。

 

なので、ANAマイルで国内線特典航空券を発券する場合には、往復まとめて予約をしておくとキャンセルの際の手数料は少なくて済みます。基本的には、往復まとめての予約がオススメにはなります。ただし、行きは飛行機で確定だけど、帰りは時間の都合で新幹線になるかもなんて可能性のある旅程だと、往復別々に予約するのも一つの方法です。

 

国際線特典航空券の空席待ちの状況なら、キャンセル手数料は必要なし!!

ちょっとした裏技的な技の紹介です。

こちらのANA国際線特典航空券ですが、往路が「空席待ち」になっています。復路は確定しています。

この状況は、発券前の状況なので、キャンセルしてもキャンセル料は一切必要ないんです。

なので、ANA国際線特典航空券の空席待ちを入れておくのは、一切損しません。が、万が一、空席待ちが取れたら、その瞬間から3,000マイルいるの??って気になりますよね。

実は、空席待ちで座席が確保できてたら自動的に発券されるわけではないんです。座席が用意されてから、発券までは3日ほどの猶予期間があります。その間にキャンセルする場合も、キャンセル料は必要ありません。

キャンセル手数料が発生するのは、発券済みの特典航空券のみってことですね。

ANAマイルを大量に持っている陸マイラーは、とりあえず「空席待ち」を入れておくということができるのは非常に大きな強みです。ただし、空席待ちは全便がANAのときしか利用できません。スターアライアンスの他社便を含む経路では空席待ちは不可です。

キャンセル料が3,000マイルというのは、けっこう良心的だと思います。格安と言ってもいいでしょう。外資系の航空会社のキャンセル料は、非常に高いこともありますし、購入した航空券なら数万円はキャンセル不可のものも多いですしね。

ちなみに、天候や天災による運休時は手数料は不要で全額マイルが戻ってきます。昨日、大阪では大きな地震がありました。このようなケースで電車等が運休の場合も、一度ANAに相談してみるのがいいと思います。病気の場合も、診断書の提出で手数料が無料になることがあるようですが、診断書の発行には数千円と診察料と時間が必要なのでなんとも言えませんね・・・・。

 

②ANA特典航空券のキャンセル方法・マイルが戻るまでの時間

発券後の特典航空券のキャンセルですが、第一区間の出発前までに電話でのみ受付しています。

ANAのホームページやアプリでのキャンセルはできません。

ANA特典航空券キャンセル時の電話番号
  • 特典航空券のキャンセル時:0570-029-767

ANA上級会員の方は、各サービスデスクに電話でも受付可能です。

また、キャンセル後にすぐに別の便を予約したい場合は、いつマイルが戻ってくるのか気になりますよね?マイルは基本的にはキャンセル後5分程度でアカウントに加算されますが、システム不具合があると最大10日かかることがあるようです。

 

③ANA特典航空券のキャンセル後のマイルの有効期限

ANAマイルの有効期限は、もともと3年です。

ANAマイルの有効期限は3年?延長する方法は?マイル有効期限のないクレジットカードは???

2018.01.06

 

特典航空券のキャンセル時に戻ってくるマイルは、元の有効期限のマイルが戻ってきます。残念ながら、戻ってきたマイルが、新規に有効期限3年になるわけではありません。

なので、戻ってくるマイルが有効期限を切れている状況だと、実際にはマイルが戻ってこないケースもあるわけです・・・・。



スポンサーリンク

 

ANA特典航空券の経路変更・航空会社・日程変更のルールはこうなっている!

次は、キャンセルではなく変更(経路・日程・航空会社・搭乗者・予約クラス)に関するルールです。

①ANA特典航空券は経路・目的地変更はできないが、例外もある

基本的にANA特典航空券の経路変更は不可能です。

 

例えば、下記のような航空券を発券していたとしましょう。

羽田からシンガポールに遊びに行き、帰りは北京にも経由して遊ぼうという旅程です。

これで、一旦発券したあとに、「やっぱり帰りの経由地は香港かバンコクにしようかなー」なんて思うことがありますよね??

これ、変更できません。経路や目的地は変更不可なんです。

 

どうしても変更したい場合は、一旦全区間をキャンセル(3,000マイル必要)して、再度予約するしかないんです。

が、これはけっこう危険です。

一度キャンセルした特典航空券は、また自分がすぐに予約できる保証はないんです。例えば、キャンセルした便にだれか別の人が空席待ちを入れていたといたとすると、その人に席が取られてしまうんです。

都合よく、「自分のために往路の座席だけ確保しておいてください。」なんてことをコールセンターにお願いしても不可能です。

ということで、一度発券した特典航空券は大事にしてください。また発券前には十分に検討してから発券することが大切です。

すけすけ

空席待ちが、何人いるのかは聞いたら教えてくれます。もし、0人ならキャンセルして取り直すチャンスではあるのですが、ほぼ同時に誰かに取られる可能性なんかもあるので、絶対取れるわけではないとコールセンターにも言われるので、ギャンブル的な要素が含まれます。

経路変更可能の例外は、羽田⇔成田、伊丹⇔関空⇔神戸

経路・目的地は変更できないといいましたが、例外はあります。

  • 羽田⇔成田
  • 伊丹⇔関空⇔神戸

は同一空港という扱いなので、変更可能なんです。

こちらの航空券を成田ー伊丹に変更することは可能になっています。変更は手数料も無料です。

他にもホノルル行きの便を成田発で予約したが、後日羽田発に空席ができたから変更なんてことも可能です。

 

②ANA特典航空券は日程変更・時間変更は可能だが、航空会社は変更不可

先ほどと同じ特典航空券ですが、日程や時間の変更は、航空会社に変更がなければ手数料無料で自由に可能です(空席があればですよ)。正確に言うと、手数料は無料ですが、シーズンが変更になると必要マイルが変更になるケースはあります。その場合は、追加のマイルが必要になったり、余ったマイルが返却されます。燃油税も変更になる可能性はあります。

  • 往路の時間帯を深夜便から昼便に変更する
  • 復路のシンガポールー北京の日程を5/31から6/1にする

こんなことは自由に可能です。これは非常にありがたいですね。

簡単な変更なら、インターネット上で変更可能ですが、複数の経由地がある旅程の変更や、一度電話で変更済みの航空券は、電話でしか変更できません。

 

ただし、航空会社の変更は一切できません

往路のANAをシンガポール航空に航空会社を変更して、シンガポールに行くなんてことは不可能です。一度キャンセル(3,000マイル)が必要になってしまいます。

 

③ANA特典航空券の搭乗者変更・予約クラスの変更も不可?可?

他にも変更が不可のものがあります。

まず、搭乗者の変更は不可能です。

 

そして、エコノミークラスからビジネスクラス、ビジネスクラスからエコノミークラスなんかへの予約クラスの変更も不可能です。

上記のように、とりあえずエコノミークラスで予約した特典航空券に関しては、ビジネスクラスに空席が出たら変更するなんてことは不可能なんです。

ここはできると思い込んでいる人も多いかもしれません。というのも、JALは変更可能なんですよね。

 

ただし、下記の場合は変更可能なんです。

先ほどの航空券と違いがわかりますか?

こちらの特典航空券の、フランクフルトー北京はエコノミークラスでの予約になっていますよね?が、この区間に関しては、ビジネスクラスに空席が出たら変更可能です。

というもの、この特典航空券は、

  • 往路ビジネスクラス
  • 復路ビジネスクラス

でマイルの支払いをして発券されているんです。

復路のフランクフルトから東京までの区間のうち北京ー羽田がビジネスクラスになっていますよね?一区間でもビジネスクラスなら、必要マイルはビジネスクラスのマイル数が必要で、予約クラスはビジネスクラスということになるんです。この場合に関しては、ビジネスクラスに空席があれば変更は可能です。こんなルールがあるので知っておくとお得です。

ちょっとややこしいですが、クラス変更は可能なケースと不可能なケースがあるので注意しておきましょう。

ちなみに下位クラスへの変更は可能ではあります。ビジネスクラスからエコノミークラスは変更可能なんですが、差額のマイルは返却されないので、する意味はありません・・・・。また、裏技として、ビジネスクラスに空席がない場合でもコールセンターに電話して、ビジネスクラスのマイルを支払ってエコノミーで席を確保して発券してもらう。そして、空席があれば変更するという技はあります。ただし、ビジネスクラスに空席が出てこなければ、大量マイルを使ってエコノミーに搭乗することになってしまいます・・・。

 

以上、ANAマイルを利用した特典航空券のキャンセルや変更に関する情報の整理でした。

ANAマイルがどんどん貯まると、特典航空券を発券する機会も増えてくるでしょう。発券が増えると、キャンセルや変更もどうしても増えてきます。

どうしようもないキャンセルは泣く泣く受け入れるしかないケースもあるでしょうが、ルールを知らずに予約してしまい、変更できずに、キャンセル後に再度予約することになったが、キャンセルしたら他人に席を採られたなんてことになると非常に痛いです。

予約する前に、十分にルールは理解しておきましょうね。

陸マイラーのみなさんは、ANAマイル大量に持っている人も多いと思うので、基本的な内容ですが、非常に重要だと思います。まだ陸マイラーデビューしていない方、どうですか?毎年海外旅行に行けますよ!!!

「陸マイラー」が「年間30万ANAマイル」をどう貯めたのか。【ANAマイルの貯め方 完全公開】

2016.07.29

おすすめ関連記事

5 件のコメント

  • すけすけさん、いつもお世話になっています。
    すぐたま、利用させていただきました、ありがとうございます。
    カードも発行させていただきました、お陰様で楽しく陸マイラー生活を始めています。

    一つご相談させて下さい。
    ANAで年末の航空券を予約したいのですが、家族分には、もうあと1万マイルほどたりないんです。
    すでにキャンセル待ちの状態なのですが(シンガポール往復、年末取れるのかな。。)、早く予約入れたいところです。

    pexには数万ポイントあります。
    急いで1万マイルほど増やしたい場合、なんかいい方法ないでしょうか?
    アドバイスいただけましたら幸いです。

    • carbacephemさん
      スピードを重視するのであれば、PEX→Tポイント→ANAマイルになります。これだと10日ほどでANAマイルに交換が完了します。
      交換レートは50%なので、ソラチカの81%に負けますが、臨時の対応は可能だと思うので検討してみてください。

  • いつもお世話になります。
    確認なんですが、SFC修行を来年目指す自分は、特典航空券に変えてはいけない!ってことでいいですか?(^◇^;)

    • SFC zhaoさん
      SFCを取得するには50000プレミアムポイントが必要ですが、特典航空券ではプレミアムポイントは貯まりません。
      特典航空券ではなく、有償の航空券での搭乗が必要になります。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です