すけすけのマイル乞食

ANAマイルを貯め、パスポート1冊目がスタンプで埋まった陸マイラー兼医師のブログ

スポンサーリンク

【RSR 】ライジング・サン・ロック・フェスティバル 2017にB'zを観に行って来た。

毎年北海道で開催される24時間オールナイト形式かつキャンプ形式の音楽フェスは子供連れでも参加できる。マイルを貯めて北海道までB'zを観に遠征してきました。

ライジング・サン・ロック・フェスティバル。通称RSR 。

f:id:bmwtatsu:20170813160730p:image

毎年、北海道の小樽市の野外特設ステージで開催される24時間オールナイト形式の音楽フェスです。

24時間オールナイトで、みんなキャンプをしながら音楽を楽しむというイベントなんです。

そして、このフェスに大ファンのB'zが初参戦するとのことで、子供を連れて家族で参加してきました。

 

子供を連れてフェスに行けるのか??

はい。行けます。

お盆の時期に家族で北海道まで行くって交通費だけですごい高くないのか??

マイルを貯めれば行けます。

そんな話です。

 

ライジングサンロックフェスティバルはキャンプ場付き音楽フェス!子連れ家族も参加している!

ライジングサンの会場はとにかく広い。そりゃそうです。7つのライブステージと、巨大キャンプ場、グッズ売り場、飲食店(スープカレーやラーメン等々多数あり)などが会場内にあります。

f:id:bmwtatsu:20170813191106p:image

端から端まで歩いたら、30分はかかります。

この地図だと、メインステージがどれかわかりにくいですが、左上のSUN STAGEです。

f:id:bmwtatsu:20170813191652p:image

 

こちらがB'zが始まる直前のステージ前の様子です。

f:id:bmwtatsu:20170813190259p:image

レジャーサイトでは、家族連れなんかがシートを広げて、のんびり観戦できるのが特徴。フェスとかライブって、かなり激しいイメージがあると思いますし、そもそも年齢制限で乳幼児期は入らないことも多いです。が、RSRは0歳児でも入場可能。それは、こんなレジャーサイトも用意されているからなんですよねー。素晴らしいです。

 

そして、同じ写真のステージ前は、スタンディングゾーン。

f:id:bmwtatsu:20170813190608j:image

こちらは、とにかくギュウギュウ。前の方なんか圧迫死するんじゃないのって感じで、身動き取れません。一般的なフェスのイメージはこっちですよね。

 

ライジングサンは、レジャーサイトなんかが用意されていて、本当に小さい子連れでも楽しめるのが売りの1つです。

 

そして、ステージから後ろを見ると、テントテントテントテント!

f:id:bmwtatsu:20170813191956p:image

ライブ、キャンプがセットになっているのがライジング・サン・ロック・フェスティバルの最大の特徴で、深夜を通してライブが行われます。

 

前を向くと、ステージ。

後ろを向くとキャンプ。

初めて見る光景ですごく楽しかったです。

f:id:bmwtatsu:20170814073543j:image

B'zのセットリストはこれ!ウルトラソウル含む名曲で盛り上がった。

自分はB'zの大ファンで、割と日程さえ合えば全国どこにでもライブに行くスタンスです。

フェスの魅力は、そのアーティストのメジャーな曲ばかり聞けるところですね。マニアックなファンとしては、アルバムのレア曲とか聞きたいのが本音ですが、やはりフェスで盛り上がるのは誰でもが知ってる名曲ですよね。

B'zもそのあたりは徹底しています。フェスでレア曲はやりません。

 

今回のセットリストは、

01.さまよえる蒼い弾丸
02.Liar!Liar!
03.さよなら傷だらけの日々よ
04.有頂天
05.裸足の女神
06.イチブトゼンブ
07.Still Alive
08.衝動
09.juice
10.ギリギリchop
11.ultra soul

の全11曲。

 

裸足の女神、イチブトゼンブ、ウルトラソウルなんかはB'zファン以外にも認知度は高いのではないでしょうか。ラストのウルトラソウルでは、かなり盛り上がってました。完全にフェス向けのセットリストですね。個人的には、Still Aliveは新曲なので初めて生で聞くことができて楽しかったですね。

稲葉さんは、フェスの時は普段のB'zのライブの時とは少し違う感じがします。なんか、すごい新鮮な感じで楽しみながら、ファンを煽って盛り上げてる感じがします。そういう稲葉さんを見れるのもフェスの魅力ですね。普段と少し違うB'zが見れる。

そして、終わったあとに、

「B'zヤバイな、、、50歳過ぎには見てないし。」

「ウルトラソウルの盛り上がり半端ないな。B'zのライブも行きたくなったわ。」

そんな会話をB'zファン以外の人たちがしてるのが聞こえてくるのもフェスの魅力です。

ちなみに、B'zグッズは開場と共に売り切れたようです、、、。自分が行った時には無くなってました、、、。転売屋が買ってる分もあるんでしょうけどね、、、。

 

実は、次の土曜日には大阪のサマーソニックに稲葉さんがソロで出るので、再び子連れで参加してきます笑。

交通費はマイルを貯めて無料で!誰でもアーティストの全国ツアーの追っかけが可能!

さて、自分は今回のRSRはB'zの11曲を聴くためだけに行きました。わざわざ大阪から、この1時間のためだけに行ってきました。家族四人を引き連れてお盆の交通費もホテル代も高い時期に行ってきました。

B'zの後に出演予定のUVERworldやレキシも聴きたかったですが、まだ1歳と3歳のガキんちょを連れていたので、B'zだけ聴いて札幌のホテルに戻りました。

本当に、この1時間のためだけに北海道まで行ってきました。

 

周りのB'zファンに言うと、みんなかなり羨ましがります。

みんな「遠征したいけど、、、お金かかりすぎるし、、、」 って言うんですよね。

はい。それは正しいです。飛行機代金は、往復で4人で20万円でした。そこにチケット代金、ホテル代、レンタカー代、食事代なんかも必要になります。

なので、好きなアーティストの全国ツアーを追っかけとして、各地を回るってのは、すごくハードルが高いことだと思います。

とにかくお金がかかる。

 

が、自分の場合は、そんなにそのハードルが高くありません。というのも、飛行機のマイルを貯めているからです。マイルを貯めると、飛行機にはマイルを利用して搭乗することが可能です。

逆に中途半端な距離で、飛行機が大阪から飛んでいないような近場の方が抵抗感があったりします。マイルで行けないので、お金を払う必要があるので、、、。

 

マイルの使い方は、本当に多岐に渡ります。

ファーストクラスやビジネスクラスに搭乗するための贅沢術として利用する。

ライブの交通費や、帰省時の交通費を浮かせるための節約術として利用する。

贅沢にも、節約にも利用できてしまうのがマイルの魅力です。 

www.sukesuke-mile-kojiki.net

 

自分もマイルを貯めているおかげで、たった1時間のために北海道までフェスに行くことに抵抗感はありませんでした。 マイルを貯めて、自分なりの楽しいマイルの使い方を探してみて下さい。