【2022/7版はポイント7倍】ANAダイナースカードの入会キャンペーンで大量10万マイル獲得のチャンス!!

スポンサーリンク

【2022/7最新版】ANAダイナースカードの新規入会キャンペーンが激アツ!10万オーバーのANAマイル獲得のチャンス!!ポイントサイトにも出てこないので要注目!!

すけすけ
どうも、陸マイラーを始めて約20年、このブログを2016年から運営している「すけすけ」です。マイル・ポイント・クレジットの情報を日々提供しているのが当サイト「すけすけのマイル乞食」です。

この記事ではちょっとレアなANAカード「ANAダイナースカード」の入会キャンペーンを紹介します。かなりお得なので、すでにANAカードをお持ちの方も追加発行がオススメです!

数あるANAカードの中でも異色の存在である「ANAダイナースカード」

ANAダイナースカード

今、このカードの入会キャンペーンが非常にホットです。ダイナースというと年会費が高いクレジットカードのイメージがあるでしょう。それは間違いありませんが。が、入会キャンペーンはその分充実度が半端ないです。ぜひ一度当記事の中身を皆さんチェックしてみてくださいね!!

ANAダイナースカード入会キャンペーン

では、詳細の解説です。まず、ANAダイナースカードのスペックを紹介して、その後に入会キャンペーンの紹介をします。

このANAダイナースカードは、ポイントサイトには出てこないものなので、紹介しているサイトも少ないのですが、なかなか魅力的な内容なので、是非知っておいてくださいね。

 

ANAダイナースカードの年会費~還元率等の基本スペックを総整理

まず、ANAダイナースカードの年会費~還元率などの基本スペックの紹介です。

発行会社 三井住友信託グループ
国際ブランド ダイナース
入会年齢 目安27歳以上
年会費(税抜き) 27,000円
家族カード年会費 6,000円
ビジネスアカウントカード 2,000円
ETCカード年会費 無料
ポイント還元率 100円=1ポイント
ポイント有効期限 なし
ANAマイルへの移行 手数料無料で1ポイント=1マイルで年間移行上限なし
入会マイル 2,000マイル
継続ボーナスマイル 毎年2,000マイル
フライトボーナスマイル 25%UP
カードラウンジ 利用可
海外旅行保険(自動付帯) 最高5000万円
海外旅行保険(利用付帯) 最高5000万円
国内旅行傷害保険(自動付帯) 最高5000万円
国内旅行傷害保険(利用付帯) 最高5000万円
ショッピングリカバリー 年間500万円
空港手荷物無料宅配サービス 海外旅行帰国時に手荷物1つ自宅まで無料宅配

ANAダイナースカードは、券面はシルバーですが、中身はANA VISAワイドゴールドカードANA JCBワイドゴールドカードANA アメックスゴールドカードと同等のゴールドカード扱いです。なので、継続ボーナスマイルが毎年2,000マイルもらえますし、フライトボーナスマイルも25%UPになります。

年会費は27,000円(税抜き)と高いカードですが、保険の充実も考えると妥当な金額かなとも思います。

ANAダイナースカードとダイナースクラブカードの違い
ダイナースカード

似ているカードで、ANAダイナースカードではなく、ダイナースクラブカード(年会費22,000円+税)というものがあります。これはANAカードではないので、継続ボーナスマイルやフライトボーナスマイルはもらえません。しかもポイントをANAマイルに移行するには、年間6,000円+税の移行手数料も発生するので、実はANAダイナースカードより年会費が高くなるんです。また、ANAマイルへは年間4万マイルしか移行できないという上限があります。要注意点です。



スポンサーリンク

 

ANAダイナースの入会キャンペーンは3ステップでポイント3重取り可能

では、注目の入会キャンペーンの紹介です。ANAダイナースの申し込みをする際は、3ステップを踏むことでかなりの大量マイルが獲得できます。その3ステップについて詳しく解説しておきます。

ステップ①マイ友プログラムに登録

マイ友プログラム

すでにANAカードを持っている人から紹介を受けてANAカードを作成すると、マイルがもらえる「マイ友プログラム」というものがあります。

まずこれに登録しましょう。

ただし、マイ友プログラムは、ANAカードを現在1枚も持っていない方のみ対象のキャンペーンです。

ANAカードを1枚も持っていない方が、ANAカードを持っている方から紹介を受けて、新規にANAカードを発行するとマイルがもらえるというキャンペーンになります。なので、すでにVISAやJCB等の、別のANAカードを保有している方はマイ友プログラムは適応外になりますので、ステップ②に進んで下さい。

マイ友プログラムでもらえるマイル数は下記です。

マイ友プログラム

つまり

  • ANAダイナースカード(ゴールドカード扱い)は2,000マイル

もらえます。

 

なお、マイ友紹介プログラムはANAカードを持っている人からの紹介が必要です。当サイトからの紹介は、

上記より「登録用ページ」にいき、

  • カナ氏名 ハラダ トモヤ
  • 紹介番号 00058783

と紹介者欄に入力し、まずマイ友プログラムに登録して下さい。登録完了後、下記の画面が表示されれば登録できています。

マイ友プログラム

そして、マイ友登録完了後のANAカードの申し込みは、ネットからの申し込みでも、紙ベースでの申し込みでも何でもOKなんです。なので登録が完了したら②に進みましょう。

マイ友プログラムは知っていると非常にお得なので、是非利用しましょう!!

 

ステップ②【ダイナース主催】ANAダイナースカードの新規入会キャンペーンを紹介!

さて、ANAダイナースカードの最新入会キャンペーンの紹介です。こちらのキャンペーン期間は、2022/5/2~2022/7/31申し込み分までとなっております。

上記をクリックすると、下記のキャンペーンが出てきます。

  • 最大10万マイル
  • さらに抽選で5万マイル

となっており、なんと、条件達成で100,000マイルは確定でもらえるんですよ!これは強烈!北米・欧州への往復のビジネスクラス特典航空券が発券できるマイル数!!!

10万マイル獲得の内訳ですが、

  1. 通常入会ボーナス2,000マイル
  2. 9月30日までのカード利用額が100万円未満の場合にはポイントが5倍(通常1%+ボーナス4%)
  3. 9月30日までのカード利用額が100万円以上の場合にはポイントが7倍(通常1%+ボーナス6%)
  4. ボーナスマイルの上限は10万マイル

となっており、マックスの10万ボーナスマイルを獲得するには、2022/9/30までに166万6667円の利用があれば、×6%で10万マイル達成となります。わかりやすく170万円のノルマで10万マイルと思っておきましょう!!!

ちなみに、仮に80万円・200万円を利用した場合に獲得できるポイントは、

という感じですので、ぜひノルマ達成してくださいね!

すけすけ
ノルマ達成のために、確定申告で税を払う予定の人には最適ですね!また、ふるさと納税をクレジットカードで行うのも有効ですし、自分の場合はAmazonのヘビーユーザーなので、Amazonにクレジットカードで残高チャージをしてキャンペーンをクリアすることがよくあります。Amazonのチャージは10年間有効なので、助かります。

 

また、上記とは別に、

抽選で5万マイルが当たる可能性もあるので、こちらは運になってしまいますが、楽しみに待ちましょう!!

是非10万マイル獲得してくださいね!!!

ANAダイナースカードはポイントサイトには出ていない!!

このANAダイナースカードはポイントサイトには出ていません。なので、直接当サイトのリンクから申し込みしていただければ、それが一番お得な申し込み方法です。

キャンペーン規約は下記。

お申し込みおよびキャンペーンに関する注意事項

〈お申し込みに関する注意事項〉

※ご入会に際しましては、三井住友トラストクラブ株式会社による所定のお申し込み・審査・入会条件があり、ご希望に添えない場合がありますのであらかじめご了承ください。

※すでに、ANAマイレージクラブお客様番号(10桁)をお持ちの場合、ANAカードに入会されると、ANAマイレージクラブお客様番号は、現在お持ちの番号から変更になります。ご入会手続き時に「現在お持ちのAMCお客様番号」欄に、現在お持ちの番号(10桁)を必ずご入力ください。現在お持ちのマイル口座と、ANAカードのマイル口座を自動的に統合します。

〈キャンペーンに関する注意事項〉

※三井住友トラストクラブ株式会社からの提供です。

※キャンペーン期間内に本ページからお申し込みのうえ、ANAダイナースカードに本会員として新規でご入会いただいた方が対象です。

※キャンペーン期間は、2022年5月2日~2022年7月31日お申し込み(2022年8月31日カード発行分まで)です。

※カード発行日はお届けするカードの台紙に記載があります。

※ANAダイナース スーパーフライヤーズカードは対象外です。

※現在お持ちのダイナースクラブカード(ANAダイナース プレミアムカード、ANAダイナース スーパーフライヤーズ プレミアムカード、ANAダイナース スーパーフライヤーズカードを含む)から切り替え入会された方、特典加算時点でカードの種類変更(切り替え)をされている方、「退会」あるいは「利用停止」扱いとなっている方は対象外です。

※特典の権利の第三者への譲渡、換金は一切できません。

※キャンペーンは、事前の予告なく変更または終了となる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

※お問い合わせはダイナースクラブ 入会受付までご連絡ください。
ダイナースクラブ 入会受付:0120-041-962
月~金 10:00~20:00/土・日・祝 10:00~18:00/12月30日~1月3日休
キャンペーンコード「22-0222」をお伝えください。

【ご入会ボーナスマイルに関する注意事項】

※全日本空輸株式会社からの提供です。

※年会費お支払い月の翌月末までに本会員様のマイル口座に本特典(マイル)を積算予定です。

個人情報の取り扱いは、ANAプライバシーポリシーをご参照ください。

【キャンペーン特典に関する注意事項】

※景品表示法の定めにより、同時期に実施しているキャンペーンの特典は、重複してお受けになれない場合があります。

※特典の加算はお一人一回です。

※本特典は、景品提供元である三井住友トラストクラブ株式会社が提供するポイントをANAのマイルに自動移行して、2022年11月末までにANAのマイル口座残高に積算予定です。

※マイルの積算は、ANAウェブサイトへログイン後、マイル口座残高で確認できます。

※集計期間はカード発行日に関わらず、一律で2022年9月30日(金)までです。

※カード発行日から集計期間までにカードご利用加盟店から三井住友トラストクラブ株式会社に到着したカードご利用情報が集計対象です。三井住友トラストクラブ株式会社集計時にご利用加盟店からカードご利用情報が到着していなかった場合は集計対象外です。

※家族カード、ビジネス・アカウントカード、ETCカードのご利用分は本会員カードのご利用分と合算して集計します。

※以下のご利用分は、本特典の集計対象外です。

 ・年会費、追加カードの年間手数料

 ・ショッピングのリボルビング払いの手数料、キャッシングサービス・カードローンご利用分および利息などご融資にかかわるご利用分

 ・電子マネーご利用分(ANAダイナースカードに搭載の楽天Edy)

※特典加算時点の集計対象額を元にキャンペーン特典を加算します。

【抽選特典に関する注意事項】

※2022年5月2日~2022年7月31日お申し込み(ANAダイナース スーパーフライヤーズの場合は2022年7月29日までの申込受領分)かつ2022年8月31日までにカード発行されたANAダイナースカード・ANAダイナース スーパーフライヤーズカード本会員で、集計期間中のご利用が10万円以上の方が対象です。

※本特典は、景品提供元である三井住友トラストクラブ株式会社が提供するポイントをANAのマイルに自動移行して、2022年11月末までにANAのマイル口座残高に積算予定です。

※当選はお1人1回に限ります。

※当選発表は特典の積算をもってかえさせていただきます。

 

ステップ③カードが手元に届いたらANA主催のANAカードキャンペーンにもエントリーできる

そして、そして、カードが届いたら、まだやることがあるんです。実は、ANA側のキャンペーンにもエントリーが可能なんです。

上記にエントリーしておくと、なんとキャンペーン期間中(2022/12/31まで)に10万円のカード利用をするだけで、

  • ANAダイナース:3,000ボーナスマイル

がもらえるキャンペーンをANAがこっそりと行っています!!!知らないと損することばっかりですね!!!!更に家族カード加入すると2,000ボーナスマイルももらえるので、家族カードが欲しい方にもいいタイミングですね。

 

最新版ANAダイナースカードの入会キャンペーンまとめ

以上、

  1. マイ友プログラム(2,000マイル)
  2. ANAダイナースカードのダイナース主催のキャンペーン(最大100,000マイル)
  3. ANA主催キャンペーンにもエントリー(3,000マイル)

3重取りが可能です。抽選でも5万マイルが当たるかもしれませんが、当たらない想定でも、10万マイルは強烈です。

ハワイへのプレミアムエコノミー往復特典航空券に必要なマイルが58,000、ビジネスクラスが65,000、ファーストクラスが120,000ですので、この100,000マイルは魅力的ではないでしょうか。

クレジットカードの新規入会キャンペーンはマイルを貯める上で有効に活用すると、非常に効率よくマイルが貯まります。このサイトでは、入会キャンペーンは非常に重要と何度も言ってきています。このキャンペーンは、大量マイルがもらえる!!!と思ったら、是非積極的に参加してください。

自分は、そうやってマイルを貯めています。

ANAダイナースカードは、年会費のかかるクレジットカードですが、今回のキャンペーンは超狙い目でオススメです!

今後も継続的にANAマイルを貯めたい方へ!!

陸マイラーとして、是非ANAマイルを貯めてみてください!年間10万マイルは貯めることも可能ですよ!

【徹底解説】陸マイラーのANAマイルの貯め方を大公開!陸マイラーを始めたい人はこれを読め!!

2022-03-29

おすすめ関連記事

48 件のコメント

  • 貴重な情報をありがとうございます。
    こちら180万使用した場合の75,000マイル分の
    付与タイミングはいつ頃でしょうか?

    使用対象期間は終わってからでしょうか?
    ご確認の程、宜しくお願い致します。

    • takaさん
      すでにカードをお持ちでしょうか、お持ちの場合にはいつのキャンペーンが適用になっているのか不明なので、こちらで確認できないためにダイナースにお問い合わせお願いします。
      また、これから申込の際には、記事にも記載しておりますが、3月までキャンペーンは開催しておりましたが、4月はキャンペーンが行われておりません。ご確認ください。

  • すけすけ様
    いつも拝読しています。
    ANAダイナースカードを2020年秋に解約した者ですが、新たに申し込んだ場合、今回の「選べる新規入会キャンペーン」は適用されるのでしょうか?宜しくお願いいたします。

    • まるこさん
      解約済の場合にはキャンペーンは基本的に適用外になるようです。

      • 私もかなり前(10年以上前)にダイナースカード入会キャンペーンで当時50,000マイル相当を獲得した記憶があります。
        今回のキャンペーンは陸マイラーにとってはかなりおいしいキャンペーンなので、ダメもとで以前ダイナースを解約した
        ことがあるが今回のキャンペーンは適用されないか問い合わせたところ、かなり待たされた後「本来は適用外だが今回に関してはキャンペーン対象にします。」と言われました。とにかくカード入会をさせたいということだと判断しました。
        いつ頃カードを所有していたかという個人情報も聞かれずに返答されました。確実にマイルをもらうためにオペレーターの名前
        等確認されておいたほうがいいかと思います。ただ、かなり前にと前置きした上での問い合わせでしたので、ここ数年で解約の場合は無理かもしれません。

        • ノエノエさん
          素晴らしい情報ありがとうございます!
          これで大量マイル獲得できますね!!!

  • いつも貴重な情報ありがとうございます。
    私は、ANAダイナースプレミアムのSFCカードを利用していますが、ANAダイナースは作ったことはありません。
    今回、申し込んでキャンペーン適用になりますでしょうか。
    宜しくお願いします。

    • 鈴木 昌之
      ANAダイナースとANAダイナースプレミアムSFCは同じカードの扱いで2枚持ちができないようになっているので、こちらは残念ですが利用できないです。

  • すけすけさん、こんにちは。いつも楽しく読ませて頂いてます。
    今回のANAダイナースクラブカードのキャンペーンに申請しようと思っているのですが
    実は以前に審査が通らなかったことがありました。
    もし宜しければ紹介して頂く事は可能でしょうか?
    よろしくお願いします。

    • バードさん
      ANAダイナースですが、こちらは紹介制度がなく、記事内の申込先から直接申込お願い致します!

  • いつも貴重な情報を提供いただきありがとうございます。
    すけすけ様のブログでご紹介いただいているように、各社で様々なキャンペーンが展開されておりますが、ずばりすけすけ様が現時点で最もお得だとお考えのキャンペーンはどちらでしょうか?
    直近でまとまった出費(120万程度)をする予定があるのですが、どのキャンペーンを利用するのが最適か悩んでおり、ご質問させていただく次第です。
    ちなみに既に保持しているカードは、ANA VISAゴールド・ソラチカ一般カード・ANA TOKYUカードです。
    ぜひ、お返事いただけますと幸いです。

    • まちやさん
      お得なキャンペーンとしては、こちらのANAダイナースが最もお得だと思います。キャンペーン期間が半年あるので、120万円利用後もノルマをどれくらい達成できるか次第な面はありますが、ノルマ達成の状況次第では確実にクリアできそうな
      http://www.sukesuke-mile-kojiki.net/entry/ana-amex-campaign
      こちらのANAアメックスゴールドの方がお得かもしれません。
      あとは、ANAマイルではなくユナイテッド航空のマイルになりますが、
      https://www.jcb-card.jp/united/?18461782702100&_ga=2.92051098.1490282240.1612694237-1189894131.1566817654
      こちらの一般カードが今なら初年度年会費キャッシュバックで、30万円利用で13,000マイルもらえるので、ユナイテッドJCBとANAアメックスゴールドをどちらも発行してしまうのもいいかなと思います。

  • いつも貴重な情報発信、ありがとうございます。
    確定申告に備え、2月に入ったらANAダイナーズクラブカードを作ろうと思っていましたが、スポンサーリンクでさらに最大200000マイルの新たなキャンペーンが始まったようですね。
    これはこの記事のキャンペーンと並行して行われているのでしょうか?
    これもぜひ記事にしてもらえたら嬉しいです。

  • いつも最新の情報、興味を持って読ませていただいております。
    今回のANAダイナースクラブカードのキャンペーン、少し気になる点がありますので、もしお分かりになれば、教えていただけたらと思います。

    「キャンペーンに関する注意事項」には利用金額の集計ですが、「集計期間中にご利用加盟店から当社あてにカードご利用情報が到着しなかった場合は、集計対象外です。」とありますので、カード発行月が7月の場合は7/9~10/31が集計期間になると思います。

    そこで教えていただきたいのは、この文言は、10/31に利用し、クレジットカード明細上の利用日が10/31となっていても、11/1以降に利用情報が届くことになれば、集計から除外されるということを意味するのでしょうか?
    もしそうであれば、あともう少しで50万円達成できるような場合、駆け込みで利用しても10/31に利用情報が到着しなければ集計されないリスクがあることになりますよね?

    それともこうは書いているものの、利用日ベースで集計してくれるのでしょうか…

    • しげさん
      利用明細日のベースでOKという意味だと思います。
      まれにネットショッピングなんかでは、自分では7/10に利用したのに、店舗側の処理が7/13になるようなケースがあり、そのようなものが対象外になります。
      データ上の日程という意味になります。
      いずれにせよかけこみはやや注意がいります。

      • すけすけ様
        返信ありがとうございます。
        集計期間について、ダイナースクラブカードに問い合わせましたところ、売り上げデータがダイナースクラブカード側で到着した日(到着日ベース)であり、利用明細日ではないと念を押されてしまいました。

        集計期間内に利用し、明細上も集計期間内であっても、到着日が1日でも遅れれば集計していない。お客様から1日到着が遅れただけだから集計して欲しいという声も聞きますが、公平性に欠くため集計していないとのことでした。

        以前、すけすけ様の情報をみて入会した他のカードのキャンペーンは、利用明細日ベースでしたので、ダイナースカードの回答は意外でした。

        今でも信じがたいです。

        • しげさん
          情報ありがとうございます。
          そうなんですね・・・そんなことあるのですね・・・

  • いつも楽しく読ませていただき、勉強させて頂いてます。すけすけさんの本記事を読み、2/14にANAダイナース申し込み致しました。カード発行が2末で、昨日カードが手元に届きました。3月からダイナース主催のキャンペーンが変更になったようですが、この場合は2月までの申し込みキャンペーンが適用となるのでしょうか?また、本キャンペーンはダイナースのページから登録などなく利用額が所定額(2月までだと、50万、90万だったかと思います)に到達すると、自動的にポイント付与されるものでしょうか?ダイナースクラブのキャンペーンページに行っても記載がなかったので気になりまして。

    • つなつなさん
      はい、申込時点でのキャンペーンが適用になります!!
      ダイナースに電話で、ご自身のキャンペーンを内容も含めて確認しておくのが一番いいかなと思います!

  • 鈴木 昌之 へ返信する コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください