読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すけすけのマイル乞食

ANAマイルを貯め、パスポート1冊目がスタンプで埋まった陸マイラー兼医師のブログ

ブログにコメント欄、問い合わせフォーム設置の意義

収益とかPVとかマイル実績とか 雑談

ブログに読者書き込みのコメント欄はありますか?問い合わせフォームはありますか?

自分はブログ内に読者のみなさんから書き込める「コメント欄」を用意しています。

またPCサイトのサイドバーには「問い合わせフォーム」を設置しています。

自分なりに感じた、そのあたりを設置する意義なんかを少し。

f:id:bmwtatsu:20161116111239p:image

 

コメント欄は、返信に手間はかかるがメリットも大きい

自分のブログのコメント数を確認すると総計1273とのことです。約半数が読者からのコメント、約半数が自分からの返信です。

けっこう数が増えてきて、なかなか返信するのも厳しい時もあります。質問内容がすぐに答えられないものだったりすることもありますし。

ただ、大きなメリットが3つあります。

①間違いを指摘してくれる

これはめちゃくちゃ大きいです。記事には最新の注意を払って書いているつもりでも、自分の知識不足のせいで内容が間違っていることや、誤字脱字もあります。

それを気づかないで放置しておくと読者には不利益、ひいてはGoogleからの自分のブログに対する評価も下がってしまい検索順位が落ちてしまうなんてことにもつながる可能性もあります。

よりよい記事にするには、間違いを指摘していただけると本当に助かります。

ちなみにTwitterなんかでも、よく指摘をいただけます。Twitterはブログを始めてから、利用するようになったのですが、横のつながりで非常に多くの情報が入ってくるため非常に有効なSNSだと最近実感できるようになりました。フォローしていただくことも増えてき、フォロワーの数も1000人目前です。みなさんありがとうございます。「すけすけ@bmwtatsu」のアカウントでTwitterしているの、よかったらフォローしてください!

②濃い情報・深い情報が入ってくる

モニター案件とか、高還元率商品とかってスピード感です。気づいたときにはなくなってたとか、よくないですか?コメント欄を用意しておくと、読者のみなさんから自分の知らないびっくりするくらいの濃い情報が入ってくることがあります。このおかげで何度か得したことがあります。

それから、誰かが疑問に思うことは他の人も疑問に思うことが多いんですよね。ってことは誰かがコメントを書いて、それに自分が返信すると、その情報は別の人にも共有されて深い情報を読者に提供することも可能になります。ちょっとブログに書きにくいような内容や、あえて飛ばして書いた内容を補てんする意味でもコメント欄は効果を発揮しています。自分が気になる記事があったら、ぜひコメント欄もチェックしてください。価値ある情報もあるかもしれないです。自分の友人は、このブログのコメント欄もすべてチェックしていると言っていました。有益な情報が転がっていることがあるんで見てると言ってました。

下記のソラチカ入会キャンペーンの記事なんかは、コメント欄がだいぶ伸びており入会検討いるような方は読む価値があるような情報も落ちています。

www.sukesuke-mile-kojiki.net

③読者とのコミュニケーションツール

今時、企業との連絡手段がないような企業は淘汰されていくでしょう。

基本的にブログも似たような面があると思います。このブログにも検索でたまたま辿り着いたって人だけではなく、毎日読んでくれている読者さんも多数います。中には特定のブログに対してファンのようになっている人もいると思います。そういう人たちの存在は非常に重要であると自分は思っています。

別に、自分は芸能人でもタレントでも何でもないのですが、こういう読者とのコミュニケーションの場は大切にしたいと考えています。コミュニケーションの中で、自分のブログのことを認識してもらって、そんな中でブログにアイデンティティーみたいなものを読者の皆さんに持っていただく。そういう一面が少なからずブログにはあります。どれだけ検索からの流入割合が多くても、固定の読者というもの力は非常に大きいと思います。と思うので、コミュニケーションの場は大切にしていきたいです。

下記の記事のコメント欄なんかはそういう意味で盛り上がっていました。

www.sukesuke-mile-kojiki.net

 

問い合わせフォームは運営面で有利になることもありそう

f:id:bmwtatsu:20161116111247p:image

問い合わせフォームは設置しておくだけでチャンスが転がり込んでくる可能性があります。自分のブログ読んでくれた企業からのアプローチなんかがある可能性があり、広告収入に結びついたり、メディア露出の機会だったり、雑誌への投稿機会だったり、いろいろ情報が入ってくる可能性が芽生えます。

先日も、マイラーブログ運営しておられる

理系マイラーとSFC修行

さんがテレビに出ておられたようです。おそらく、ブログの問い合わせフォームにコンタクトが来た可能性が高いのかなと勝手に想像します。

問い合わせフォームを設置して損することは別にないと思います。いいものに巡り合う可能性を排除する必要はないですので。

すけすけ様
突然のご連絡失礼いたします。

株式会社 *****「*****」編集部の**と申します。
医師で文章力のあるライター様を探していたところ、すけすけ様のブログを発見し、セルフメディケーション税制の記事など、楽しく拝読いたしました。

「*****」は、薬や病気、健康、美容などのトピックを扱う総合健康情報サイトです。薬剤師、栄養士、医師など専門家の方々を執筆陣にお迎えし、正しい知識を一般の方にわかりやすく伝えられるようなサイトを目指しております。

つきましては、当サイトへの執筆をご検討いただけませんでしょうか?

お時間ありましたら、弊社サイトを参照していただけますと幸いです。
執筆の可能性ございましたら、ご連絡いただけますと有難いです。
ご返信いただいたのち、詳細について改めてご相談させていただければと考えております。
ご検討よろしくお願い申し上げます。

一部、固有名詞は削除しましたが、こんな感じの問い合わせが届いたりします。これをやるやらないは詳細を聞いてからですが、問い合わせフォームがあるから届く声です。

これは医療系の記事投稿の依頼ですが、マイル関連でもいろいろとメールは届きます。

 

コメント欄も問い合わせフォームもうまく活用すれば、集客にも収益にも結び付く可能性のあるものだと思います。手間がかかることもあるものなので、バランスが大切です。コメント欄を大切にしたいといいながら、そのうち閉じる可能性もありますし。当面継続の方針ですけどね。自分の個人的な意見なので、参考程度に。