読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すけすけのマイル乞食

ANAマイルを貯め、パスポート1冊目がスタンプで埋まった陸マイラー兼医師のブログ

特典航空券の予約が取れない。その時に考える経由地「ソウル」。

日本人に大人気のハワイ

f:id:bmwtatsu:20160826112951p:image

とにかく特典航空券の予約が取れないホノルル路線。JALのことは詳しくわかりませんが、ANAのホノルル路線はとにかく特典航空券の予約が取れない。しかも、ANAのホノルル路線はビジネスクラスなのに席がショボい。

そんな路線についに変化が起こっています。

 

ついにANAがホノルル路線の機材変更!

テラヤマアニ(id:kowagari)さんが先日ブログで書かれておりましたが、ついにANAのホノルル路線の機材が変更になりビジネスクラスシートがグレードアップします。

kowagari.hateblo.jp

今までのANAホノルル路線のビジネスクラスのシートは

f:id:bmwtatsu:20160824111407p:image

これですよ。うーん。うーん。自分も去年、特典航空券でホノルルにビジネスクラスで行きました。これでしたよシート。

実は、日本からホノルルに飛んでる各航空会社のビジネスクラスの大半はすでにフルフラットシートなんですよね。

f:id:bmwtatsu:20160824111643p:image

まぁ、こんなやつです。選べるなら、これに乗りたいですよね。ホノルル行きって、ちょうど日本時間の夜中に機内にいます。180度フルフラットで寝て行けると、体力も使わずに現地に到着するので、初日からフルに活動できます。今回のANAの決定は本当に嬉しいですね。

 

しかし、問題が。

が、こうなるとANAのホノルル路線の人気は上がります。間違いなく特典航空券はさらに取りにくくなります。

f:id:bmwtatsu:20160824113844p:image

これはANAの特典航空券空席カレンダーです。半年先まで見れるので、ビジネスクラスの空席状況をチェックしてみました。すべて空席待ちです。もともと大人気路線なんですよねホノルル路線。ANAの上級会員であるダイヤモンドメンバーやSFC会員ならキャンセル待ちで空席が取れることもあるでしょうが、平会員にはかなり厳しい現実です。

そこで、次に期待されているのが、A380の導入です。総二階建ての超大型機材で、600人ほど乗れます。もちろん、最新のファーストクラス、ビジネスクラスのシートを導入しています。シンガポール航空やタイ航空なんかはA380を導入しています。

ちなみに、シンガポール航空のA380の最上級クラスのシートはこんなんです。

f:id:bmwtatsu:20160824112820p:image

なんだこりゃ。ホテル??

A380は、ANAもJALも導入していなかったのですが、少し前にANAが3機購入しておりホノルル路線への導入が決定しそうなんですよね。

導入されると、かなりのメリットがANAユーザーに出てきそうなんです。

toyokeizai.net

こちらの記事にも書かれていますが、現在のANAのホノルル便は常に満席状態で、特典航空券に席を回す余裕がないようです。まず、これが解消される可能性が高くなります。今までの倍以上の人数をANA便で飛ばすことができるので、特典航空券への座席の配分も増える可能性があります。

そして、シートもいよいよフルフラット。これは楽しみです。

2019年にホノルル便に導入される予定のA380。すでに自分の中では、2019年の家族旅行は「A380でホノルル」で決定の気分です笑。

 

大阪や地方からホノルルへの特典航空券は別ルートあり

ANAマイル貯めてる陸マイラーなら、ANAに乗りたいかもしれませんが、スターアライアンスだったらANAでなくても特典航空券が取れます。

そこで、大阪や地方からホノルルやヨーロッパ等に行きたいんだけど、羽田・成田発のANA特典航空券の空席がなくて困ってるという人への別ルートの紹介です。どうせ、羽田・成田に一度飛んで乗り換えするなら、別地点の乗り換えでもいいのではないでしょうか。

大阪在住で、関空発を利用する自分が常に注目しているのは「ソウル経由」です。ソウルの仁川空港からアシアナ航空(スターアライアンス)がホノルル行きやヨーロッパ行きを飛ばしているんです。

実はソウル経由でも時間もそれほど変わらないんですよね。

f:id:bmwtatsu:20160824114744p:image

f:id:bmwtatsu:20160824114749p:image

往路の時刻表です。残念ながら、毎日ではなく週に5便ですが、飛んでいます。

これ実は、けっこう特典航空券の予約に空きが多いんです。

f:id:bmwtatsu:20160826112214p:image

来年の7月あたりの特典航空券ビジネスクラスの空席状況を調べるとこんな感じです。ビジネスクラスが簡単に取れます。また、夏場なので臨時増便があるのか火曜日にも便が飛んでますね。

ちなみに機材はA330-300で、ビジネスクラスの シートはこんな感じです。

f:id:bmwtatsu:20160824120446p:image

これなら、まぁゆっくりできそうですね。 

なので、ホノルルの特典航空券はANAだと取れないなーと思っている人は、成田・羽田経由ではなくソウル経由のアシアナ航空を考慮に入れると特典航空券でホノルルに行ける確率はグンと上がります。

もちろん、この方法はホノルル行きにのみ使える技というわけではありません。ヨーロッパ行きなんかにも有効です。

しかもアシアナ航空は、関西空港だけでなく、名古屋、福岡、広島、静岡etcかなり多くの空港からソウル行きが就航しています。東京を経由するよりも時間的にはやいケースもあります。ちなみに、東京在住の人でもソウルをわざと経由して行くことも、もちろん可能です。

スポンサーリンク

 

 

ソウル経由の問題点

このソウル経由は大阪や地方からホノルルに行く人には非常に有効な方法です。特典航空券の取れる確率が一気に上がります。ただし、このソウル経由ルートには問題点もあります。

 

問題点①ANA特典航空券ルール上の問題。

基本的に、ANAの特典航空券は、遠回りになる地点を経由して目的地に行くようなルートの発券はできないんです。

日本からドバイに行くときに、シンガポール経由は発券できます。シンガポールは日本よりドバイに近いので。

日本からホノルルに行くときに、ソウル経由は発券できないです。ソウルは日本よりホノルルから遠いので。

この問題をクリアするには、特典航空券を2区間別々に取る必要があります。大阪ソウル間、ソウルホノルル間を別々に予約する必要が出てきます。ANAのサイトで特典航空券の予約をする際にも、2区間別々に空席があるか調べてから予約する必要があります。

違う言い方をすると、ソウルを経由することで目的地が近くなる場合は問題なく発券できます。例えば、大阪→ソウル→パリのようなコースは問題なく発券できます。

試しに、2017/6の予約をチェックしてみました。往路のソウル経由パリのビジネスクラスは簡単に予約できます。

f:id:bmwtatsu:20160828221513p:image

復路を東京経由にして比べてみました。

f:id:bmwtatsu:20160828221656p:image

特典エコノミーってなってますね。エコノミークラスしか空席なかったんです。やはり、ANAのビジネスクラス特典航空券は予約困難な印象です。

ちなみ、上の画面は実験に調べただけで実際に旅行に行くわけではないです。。。

 

問題点②必要マイル数が増える問題。

大阪→ソウル→ホノルルの場合は、2区間発券するので必要マイルはその分増えてしまいます。(先ほどの例の大阪→ソウル→パリの場合は必要マイルは増えません。)

特典航空券ビジネスクラス(レギュラーシーズン)は、

大阪ソウル間は30000マイル

ソウルホノルル間は80000マイル

で合わせて110000マイルです。ANAだったら、65000マイルで行けてしまうんですよね。大阪ソウル間はエコノミークラスにすれば、15000マイル減で、95000マイルにすることはできますが、、、。

やはり、できることなら成田か羽田を経由して行きたいですねホノルルは。

ただ、ものは考えようで、ついでにソウルでも一泊して、焼肉食べて、買い物して、カジノで遊んで行く日も追加できたって考えると悪くないと思うのは自分だけでしょうか。自分は、割と経由して旅行に行くのが好きなので。一回の旅行で2か国行けるとお得感がありますし。

自分は特別なホノルルマニアではないので、旅行は特に場所を拘らずに特典航空券でチケットの取れる場所に行くというスタンスが基本です。なので、ANAのホノルル路線の機材変更や、特典航空券枠の拡大の方針はそれほど関係ないかもしれないですが。それでも、A380の導入と、特典航空券枠の拡大は陸マイラーとして期待しています。

 

まとめ

大阪や地方から海外に行かれる予定の方。是非とも特典航空券は一度「ソウル経由」をチェックしてみましょう。時間や、必要マイルは変わらずに簡単に特典航空券のチケットが取れることもあります。必要マイルは増えてしまうが、ビジネスクラスの特典航空券を簡単に確保できることもあります。そして、ソウルに寄って遊ぶこともできてしまいます。

個人的には、割とオススメの特典航空券予約方法です。

 

なんで、こんな記事書いてるのか言うと、ちょっとはやいけど、来年の夏の特典航空券旅行を早々と抑えようと思っているのです。どこに行こうかなぁ。また、発券したら記事にします!