【LINEルート徹底解説】LINEポイントからANAマイルへ。ソラチカルートへの交換方法を完全解説。

【超重要】ポイントサイトからANAマイルに交換するには、LINEポイントを経由してソラチカルートに乗せろ!!ポイントサイトからLINEポイントへの交換方法を総整理。

追記事項
  • 2019/3/4 ポイントインカム→Gポイントが交換開始になりました
  • 2019/5/13 Tポイント→Gポイントへの交換方法を追記(こちら
  • 2019/5/18 LINEポイントからメトロポイントへの移行が10,000ポイント単位で可能になりました
  • 2019/7/25 ハピタス→Gポイントがついに開通しました
  • 【重要】2019/10/1 ソラチカルートが2019/12/27で終了します。その後に陸マイラーがどうするべきか、詳細はこちらの記事で確認を。

この記事では、ポイントサイトのポイントを、最高レートでANAマイルに交換する方法を整理しておきます。

重要事項としては、

  • 最高レートは81%
  • LINEポイントに集約してから、ソラチカルートを利用する

という点になります。

LINEポイントからのみメトロポイントに移行可能なので、ポイントを高レートでANAマイルに交換するには、すべてのポイントをどうにかしてLINEポイントに集約する必要があります。

もう一度言いますが、

LINEポイント→メトロポイントという交換方法だけが、ANAマイルに高レートで交換できるルート

なんです(もちろん、メトロに乗車してポイントを貯めるという方法はありますが、、、)。

ポイントサイト→LINEポイント→メトロポイントの交換ルートを「LINEルート」

と呼ぶことにします。この記事では、その「LINEルート」の利用方法について解説しておきます。陸マイラーは確実に理解しましょう。実際にLINEポイントにも、実験もかねて何度か移行もしてみました。途中で必要なものや、交換日数、注意点等を総整理します。

メトロポイントまで来たら、あとはソラチカルートが利用できますからね。

 

この記事は、各ポイントサイトから、LINEポイントへの移行方法を総整理します。

すけすけ

LINEのアカウントがないと、LINEポイントは利用できないので、ソラチカルートを使えません。ということで、みなさんスマホにLINEのアプリ入れましょうね。

 

1.「直接LINEルート」は非常に簡単。

直接LINEポイントに交換可能なポイントサイト 交換レート 交換日数
PeX 90.9% 3日以内
モッピー 90.9% 5日以内
ポイントタウン 100% 3日以内
Gポイント 実質100% 3日以内

ポイントサイトから直接LINEポイントに、ポイント交換ができる代表的なサイトは上記です。LINEポイントに交換するレートは、各社様々で、モッピーやPeXのようにレートが100%ではないポイントサイトも多数あります。

 

が、のちほど説明しますが、「間接LINEルート」を利用すれば、ほとんどのポイントサイトが交換レート100%でLINEポイントに移行できます。ですので、交換レートをできる限り高くしたい方(みんなそうだと思いますが・・・)は、「LINEルート」と言えば、後ほど説明する「間接LINEルート」と思ってください。

 

まず、直接LINEポイントに等価交換できるポイントサイトの話からしましょう。直接等価交換できるポイントサイトは2つで、

  1. ポイントタウン
  2. Gポイント

です。この2つはポイントを減らすことなく、LINEポイントに交換できます。あとはメトロポイントに交換してソラチカルートですね。この2つは、非常に重要なポイントサイトになってきます。

(注)LINEポイント→メトロポイントの交換レートは元々90%と決まっています。

上記のように、LINEポイントを経由するソラチカルートでは、ANAマイル交換レートは81%になります。

特に、Gポイント&ポイントタウンからLINEポイントに等価で移行できるという情報は超重要です。というのも、これから詳しく説明しますが、他のポイントサイト(モッピー、ハピタス等)も最終的にはGポイントに移行することができるからです。

 

GポイントからLINEポイントは手数料5%が必要???

Gポイントにログインして、ポイント交換先でLINEポイントを選んで、実際に交換をしてみます。

 

次の画面に進みましょう。

ん???

交換には、手数料分を加えたGポイントが必要です。
手数料還元サービスのポイント獲得で【5%】が戻ります!

こんなことが書かれていますね。実は、GポイントをLINEポイントにするには、5%の手数料が必要なんです。Gポイント105pt→LINEポイント100pってことなんです。が、この5%の手数料は取り戻せます。そんなこと可能なの?はい、可能です。

Gポイントのポイント交換手数料は、申請月から4カ月後末日までの対象サービスのポイント獲得手数料がバックされます。対象サービスには無料アプリのダウンロードやアンケート、楽天市場での買いものなどがあるので簡単にクリアできるので安心してください。詳細はこちらの公式ホームページでご確認を。

Gポイント→LINEポイントは実質等価交換可能なので、知っておきましょう。超重要です。

 

少し、話を戻しますが、次に「モッピー」の話をします。

モッピーからLINEポイントは、ポイント移行時に330P→300LINEポイントになります。交換レートが90.9%で、すこし目減りするんですよね。実は、モッピーはGポイントに等価交換可能なんです(名称はGポイントギフトという交換先です)。

もう、わかりましたかね??

モッピーは直接LINEポイントに交換せずに、一度Gポイントに交換してから、LINEポイントにすればOKなんです。

他にも、Gポイントに移行可能なポイントサイトはあるの??って気になりますよね。2018/4より「ちょびリッチ」、2018/11より「GetMoney」も追加になっています。そして、2019年になり「ポイントインカム」「ハピタス」なども追加になりました。まだ徐々に増えると思われます。

 

ここまでを整理すると、

  • ポイントタウン
  • Gポイント
  • モッピー(Gポイントに移行可能)
  • ハピタス(Gポイントに移行可能)
  • ちょびリッチ(Gポイントに移行可能)
  • GetMoney(Gポイントに移行可能)
  • ポイントインカム(Gポイントに移行可能)

以上の7つのポイントサイトは、簡単に等価でLINEポイントに交換できます。

この7つのポイントサイトからLINEポイントに集約する方法は、「直接LINEルート」と呼ぶことにしておきます。今までと大きくポイント交換の方法は変わりませんので、しっかり理解しておきましょう。

「新ソラチカルートはLINEポイントを経由して、ANAマイルに交換する方法で、交換レートは81%」

 

すけすけ

下記7サイトへの登録は、下記より登録で入会キャンペーンポイントがもらえます。

  • ポイントタウンの登録はこちら。400円相当がもらえます。
  • Gポイントの登録はこちら。50円相当がもらえます。
  • モッピーの登録はこちら。1,000円相当がもらえます(2019年7月の場合)。
  • ハピタスの登録はこちら。530円相当がもらえます。
  • ちょびリッチの登録はこちら。250円相当がもらえます。
  • Getmoneyの登録はこちら。特に入会ポイントありません。
  • ポイントインカムの登録はこちら。300円相当がもらえます。

 

LINEポイントをメトロポイントに移行する方法を徹底解説

では、LINEポイントをメトロポイントに移行する方法を整理しておきます。

スマホでLINEを開きます。右下の「・・・」をクリックします。

 

 

すると、ポイントが確認できます。1000ポイントありますね。自分がGポイントから移行してみた分です。

 

1000ポイントのところをクリックすると、ポイントを使う方法が出てきます。

「使う」のところに「メトロポイント」があります。

(注)ちなみに「貯める」の方にはクレジットカード発行案件なんかが出ており、いわゆるポイントサイトのように使うことも可能です。が、ポイント数がやばい低いです。現状、利用価値は少ないです。

 

あとは、メトロカードの情報とポイント交換数を入力します。

ポイント交換数は、残念ですが300、500、1,000の3パターンしかありません。1万ポイントを交換する場合は、1,000ポイントの交換を10回しましょう。少し面倒ですが、仕方ありません。

すけすけ
2019/5に追記。なんとLINEポイントから、メトロポイントへの移行単位がアップしました。

1回で10,000ポイントの移行も可能になり、かなり便利になりました。朗報です。

 

そして、LINEポイント→メトロポイントの交換レートは90%です。

  • 300LINEポイント→270メトロポイント
  • 500LINEポイント→450メトロポイント
  • 1,000LINEポイント→900メトロポイント
  • 10,000LINEポイント→9,000メトロポイント

なんです。ここは避けることができません。固定レートになっているので、こういうものだと思っておきましょう。

(注)ちなみに、LINEルートも閉鎖になると、ANAマイル交換レートは60~70%になります。たしかに影響は大きいですが、それでも毎年海外に特典航空券で行くだけのマイルは貯まるでしょう。

 

話を元に戻しましょう。LINEポイントから、メトロポイントに交換してるところでしたね。ここは、交換日数が割とかかります。数週間かかるんです。

毎月15日までに交換申請した場合は、翌月の11日ごろにメトロポイントに反映。

これがルールです。詳しい交換スケジュールを知りたい人は、こちらの記事も参照にして下さい。

 

メトロポイントが確定したら、あとはいよいよ最後の段階。メトロポイント→ANAマイルの交換レート90%のソラチカルートですね。ここは、以前から陸マイラーの人は良く知っているので、省略します。まだ、陸マイラーになりたての人はソラチカルートに関して、下記の記事を熟読してください。

【ソラチカカード】&【ソラチカルート】を徹底解説。ANAマイルがマジで貯まる陸マイラーの裏技。

2016-07-28

(注)個人的には、各ポイントサイトがLINEポイントへの直接交換を可能にしたり、交換レートを上昇させる可能性が今後あると思っています。もしくはGポイントに交換可能になると思います。実は、この記事を初めて書いたときは、モッピー→Gポイント、ちょびリッチ→Gポイントも開通していませんでした。




スポンサーリンク

2.「間接LINEルート」は複雑に見えるが確実に理解しよう。

次は、直接LINEポイントに移行できないポイントサイトとして「ECナビ」のポイントをLINEポイントに交換してみます。

実は、この方法の場合にはソラチカカード以外に、ワールドプレゼントポイントに対応した【三井住友VISAカード】も必要になります。交換レートが下がってもいいなら別の方法もあるのですが・・・・後述します。

実際に自分でもやってみたので、じっくりと手順を解説します。

 

先に、移行のルートを図で表示しておきます。中継地点が複数出現します・・・。

こんな感じ。

長いですが、上記のルートでECナビのポイントを交換レート100%のまま、LINEポイントに移行できます。LINEポイントまで来たら、あとは交換レート90%でメトロポイントに、さらに交換レート90%でANAマイルにできるので、最終的には交換レート81%でANAマイルになります

 

さて、モッピー→LINEポイントは先ほど説明したとおりGポイントを経由するだけなのですが、ECナビ→LINEポイントはやや複雑なんです。なので、そこの手順を具体的に一つ一つ解説します。

先に図にしておくと、

こんな感じ・・・・。「PeX]「ワールドプレゼント」の2つの場所を経由してGポイント→LINEポイントに交換が可能です。非常に複雑ですが、LINEポイントにするまでの流れをじっくり解説します。この方法しかLINEポイントに移行する方法はありません。なので、この記事は非常に重要になるので、ブックマークでもして、何度でも読んでください。毎回ポイント移行にときに見直してもらえるとベストです。

こう見るとモッピーやハピタスの優位性が目立ちますね・・・。今まで通り、ソラチカカードさえあれば交換可能な上に、JALマイルにも交換可能・・・。強い・・・。

 

もちろん、ポイントタウン&Gポイントも強いです。ポイントのANAマイルへの交換が非常に簡単なので、メインのポイントサイトにしてもOKです。ただ、JALマイルには交換できないのと、ポイントサイトを3つほど併用した方が、ポイントの比較をした上でクレジットカードの申し込みなんかができるので、モッピー・ハピタス・ポイントタウン・Gポイントの4つ併用みたいなパターンがいいかもしれません。

 

手順①ECナビ→PeX

  • 必要なもの:ECナビのアカウント、PeXのアカウント
  • 移行完了日数:リアルタイム(ポイントサイトにより異なる)

ECナビ以外のポイントサイトでもPeXに移行できるポイントサイトなら、この方法は利用可能です。

PeXに移行可能なポイントサイト ECナビ、i2iなど

ECナビから、まずはPeXに移行しましょう。

PeXに移行しないと、最終的にLINEポイントにはならないからです。最終目標はLINEポイントに移行することですからね。

これは、やり方簡単です。ECナビのポイント交換でPeXを選ぶだけです。リアルタイムでポイント交換が完了します。なお、ECナビもPeXも10pt=1円のサイトなので注意してください。

 

実は、一度PeXに移行すると、PeXからLINEポイントは直接ポイント交換することも可能です。が。交換レートが悪い。なので、面倒ですが、いろいろ経由します。今後、万が一にでも、PeX→LINEポイントの交換レートがアップするようなことがあれば、以下の方法を利用することなくLINEポイントに直接移行できるので、個人的に期待はしています。

 

手順②PeX→ワールドプレゼント

  • 必要なもの:PeXのアカウント、ワールドプレゼント対応の三井住友VISAカード
  • 移行完了日数:数週間(翌月の20日には付与されていることが大半)

次は、PeXからワールドプレゼントにポイントを移行します。

ここは利用したことにある人が少ないと思うので、じっくり解説します。

ワールドプレゼントは三井住友VISAカードのクレジットカードポイントのことです。なので、PeX→ワールドプレゼントポイントに移行するのには、少なくとも1枚のワールドプレゼントポイントに対応した三井住友VISAカードを所有する必要があります。

ワールドプレゼントに対応した、三井住友VISAカードの代表例を一覧表にしておきます。この中から1枚は持つ必要があります

ワールドプレゼント対応カード 年会費(税抜き) 継続ボーナスマイル
ANA VISA プラチナ プレミアムカード 80,000円 10,000
ANA VISA ワイドゴールドカード(Masterも可) 割引後9,500円 2,000
ANA VISA ワイドカード(Masterも可) 割引後6,750円 2,000
ANA VISA 一般カード(Masterも可) 割引後1,025円 1,000
ANA VISA Suicaカード 割引後751円 1,000
ANA VISA nimocaカード 割引後751円 1,000
ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード 割引後751円 1,000
三井住友VISAエブリプラス 無料

幸運にもANA VISAカードが対応になっているので、大半の陸マイラーはここが大きなハードルになることは少ないのではないでしょうか。自分の場合は、ANA VISA ワイドゴールドカードがメインカードの1枚です。また、ANA VISA SuicaやANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードは、年会費の割引制度もあり、年会費751円+税で毎年継続ボーナスマイルが1,000マイルもらえるので、もっておいてもいいと思います。自分は、これらも一通り所有しています。ANA VISAカードは、こちらの記事で全種類比較しているので参照してください。年会費の割引方法なんかも触れています。

また、三井住友VISAエブリプラスは、プロパーカードとしては唯一の年会費無料の三井住友VISAカードで、ワールドプレゼントに対応したカードなので、これを所有してもOKです。なお、このカードはリボ払い専用クレジットカードです。三井住友VISAエブリプラスの詳細はこちら

もし、ANA VISAカード等のワールドプレゼント対応のクレカを1枚も所有していない場合は、新規発行する必要があります

他にも、三井住友VISAのプロパーカードは大半は、対応しています。三井住友VISA発行のカードでも、ワールドプレゼントではなく、独自ポイントが付与されるクレジットカードもあります。こちらでご確認ください。

すけすけ

三井住友VISAカードの「ワールドプレゼント」について、ポイントの貯め方・使い方・交換方法・有効期限を徹底解説してます。下記の記事を読むと、よく詳しく理解でき、非常におすすめです。

【徹底解説】三井住友VISA「ワールドプレゼント」の貯め方・使い方・交換方法。ANAマイラー必読。

2018-04-08

 

では、これらのカードのうち1枚を所有しているという前提で話をします。

まず、PeXにログインして、ポイント交換を行います。交換先は「ワールドプレゼント」です。

これが、三井住友VISAのクレジットカードポイントです。いったん、ここに移行しないと高レートでLINEポイントに交換することができません。

PeX1,000ポイント(100円)=ワールドプレゼント20ポイント(100円)になります。ワールドプレゼントは、1ポイント=5円として各種ポイントはギフトカードに交換できるので、等価交換です。

ちなみに、移行完了は数週間後です。当月末までに交換申請したものが、翌月の25日頃に加算されます。

 

翌月の25日頃に、VISAのマイページ「Vpass」にログインしてみましょう。ポイントを確認すると増えているはずです。下記、Vpassのポイントページです。

さて、PeXから移行してきたポイントは、

  • 【1】獲得・調整ポイント累計残高(いわゆる通常ポイント)
  • 【2】プレミアム・ボーナスポイント残高

どちらに加算されているのかというと、【2】プレミアム・ボーナスポイント残高の方です。どちらも1ポイント=5円の価値なのですが、この二つの違いは何かというと、ANAマイルに交換するレートは異なるんです。

通常ポイントは1ポイント=10マイルでANAマイルに交換できます(5マイルコースの場合は、1ポイント=5マイル)。が、ボーナスポイントの方は、ゴールドカードでも一般カードでも、1ポイント=3マイルでしかANAマイルに交換できません。

また、ANAカード以外のエブリプラス等の三井住友VISAカードは通常ポイントもボーナスポイントもどちらも、1ポイント=3マイルです。

このまま、1ポイント=3マイルでANAマイルに交換すると、一体どんなことが起こっているのか少し見ておきましょう。

つまり、ハピタスやモッピーのポイントは、LINEルートやソラチカルートが完全に消失したあとでも、実は交換レート60%でANAマイルにすることは可能です。

陸マイラーが行き着く先は、この「ワールドプレゼント経由」に将来的になるのかもしれません。ただし、現状ではLINEポイントに移行してソラチカルートを利用する方が、お得です。交換レート81%になりますので。

 

話を、戻します。

1ポイント=3マイルでANAマイルにしてしまうのは交換レート60%で、少し勿体ないので、なんとかLINEポイントに乗せて、ポイントをソラチカルートに乗せましょう。それだと1ポイント=4.05マイルになるので、交換レート81%でANAマイルに移行できます。少し踏ん張りましょう。

クレジットカードを増やしたくない!三井住友VISAを持ちたくない!

そんな人はレートが下がることを覚悟でGポイントに移行することは可能です。

【ワールドプレゼント】の代わりに【セシール】を経由する方法です。ただし、この方法はセシール→Gポイントで5%分のポイントが減ります・・・・。

 

手順③ワールドプレゼント→Gポイント

  • 必要なもの:ワールドプレゼント対応の三井住友VISAカード、Gポイントのアカウント
  • 移行完了:リアルタイム

次は、ワールドプレゼントからGポイントにポイント交換します。これができれば、もうLINEポイントにいけますね。Gポイントに未登録の方は、こちらより登録で、50ポイント(50円相当)がもらえるので登録しておいてください。

(注)Gポイントそのものもポイントサイトとしての機能があり、クレジットカード発行なんかが可能ですが、ポイントが低いので現状あまり利用する必要はないでしょう。

 

さて、登録が完了したら、ワールドプレゼントからGポイントにポイント交換してみましょう。三井住友VISAのVpassにログインして、ポイント交換でGポイント選ぶだけです(初回交換時のみ連携の登録必要)。

ここから、Gポイントに移行しましょう。ためしに移行もしてみました。リアルタイムでポイント交換は完了します。Gポイントの通帳で、下記のように確認できます。

すけすけ

重要注意点を一つ。

ANAカードを所有している人は、

  • 通常ポイント・・・600
  • ボーナスポイント・・・1,000

みたいな状況で合計ワールドプレゼントが1,600ポイントある状況の時に、間違って1,600ポイント全部をGポイントに移行しないようにしてくださいね!

先ほども書きましたが、通常ポイントは1ポイント=10マイルでANAマイルに移行可能なので、直接移行してください。Gポイントに移行してしまうと、4.05ANAマイルになりますので、、、、。

移行するのは、ボーナスポイントの1,000ポイントのみです。

 

手順④Gポイント→LINEポイント

  • 必要なもの:Gポイント or ポイントタウンのアカウント、LINEのアカウント
  • 移行完了日数:2~3日

いよいよLINEポイントに到達です。ここは先ほどGポイントからLINEポイントへの交換方法を説明しましたね。ポイントタウンからLINEポイントも簡単に交換できます。

 

移行をすると、2~3日後にはLINEポイントが確認できます。

これで、LINEポイント→メトロポイントに移行して、無事にソラチカルートに乗せられますね。

 

まとめ。LINEルート→ソラチカルートでANAマイル交換レートは81%。

基本的には、ポイントサイトからLINEポイントに移行します。これが「LINEルート」です。LINEポイントからは、ソラチカルートでANAマイルにできます。これが2018/4/1以降に、ANAマイルを貯める陸マイラーがやる作業になっています。

ANAマイル交換レートは81%!これがANAマイルへの交換方法の最高レートです。

この記事では、この流れをじっくりと解説しました。自分でも実際にやってみましたが、慣れてしまえば、別に大きな問題はない印象です。初心者の方は、最初は複雑に感じるかもしれませんが、当記事を参照にしながら、交換方法をマスターしてください。

陸マイラーとして、マイルを貯める方法を当ブログでは随時紹介していきます。みなさん、マイルを貯めて・使って楽しい時間を過ごしましょう。

 

■併せて読むと理解が深まるオススメ記事「ポイント交換サイトの全貌」と「ワールドプレゼントの貯め方・使い方」

陸マイラー必須「ポイント交換サイト(ポイント経由地)」について徹底解説。Gポイント&PeXが重要。

2018-03-16

【徹底解説】三井住友VISA「ワールドプレゼント」の貯め方・使い方・交換方法。ANAマイラー必読。

2018-04-08

193 件のコメント

  • 今更ですが、ポイントタウン→LINEポイントへの交換が等価でなく3%余計にポイント必要になったようです。

    • wanwanさん
      そのようですね。今までポイントタウンは10%の手数料を自社負担でよくがんばってくれたと思います。

  • いよいよ、ソラチカLINEポイントルートの閉鎖が迫ってきましたね。
    Pex→Gポイント→LINEポイントのときには、ちょっと無駄が出てしまいそうですね。
    11月中にPex→Gポイントの交換手続きを行うと、12/25までには交換が完了します(実質的には12/20ごろには交換完了の模様)
    Gポイント→LINEポイントの交換の際には5%の交換手数料がかかりますが、あとで5%のGポイントが戻ってきます。
    この戻ってきたGポイントをLINEポイントにできるかどうかが無駄を少なくするうえで重要ですね。

    例えば、1,000,000Pex→20,000ワールドプレゼントポイント→100,000Gポイント→95,000LINEポイントで、交換完了後1日以内に5,000Gポイントが戻ります。
    更に5,000Gポイント→4,500LINEポイントで、交換完了後1日以内に500Gポイントが戻り、500Gポイント→450LINEポイントで、交換完了後1日以内に50Gポイントが残る。このくらいできれば無駄がほとんどなくなりますね。

    12/20以降は毎日Vpassを確認して、ワールドプレゼントポイントへの交換状況を確認するとよいでしょうね。

    • すみません。数値を間違えていましたね。

      更に5,000Gポイント→4,700LINEポイント(余り50Gポイント)で、交換完了後1日以内に250Gポイントが戻り、300Gポイント→200LINEポイント(余り85Gポイント)で、交換完了後1日以内に15Gポイントが残る。

      が正しいと思います。すみません。最後の100GポイントはLINEポイントに交換できないのがもどかしい。

  • いつも参考になる記事をありがとうございます!
    PEX→ワールドプレゼントへは翌25日ごろ反映と公式サイトでは案内されていますが、私の経験上は翌18日ごろには反映されているように思うのです。
    これは勘違いでしょうか?もし翌18日ごろ反映であれば今からでもソラチカ閉鎖に間に合うので交換したいと考えています。

    • MONOさん
      はい、実際は20日には付与されております。PEXのサイト上には25日となっておりますが。
      通常なら間に合いますが、年末なので遅くなるなんて可能性もゼロではないかもしれません。

  • *先ほども投稿したつもりなのですが、うまくできていないかもしれないので再送します。
    ダブった場合はどちらか削除お願いします。お手数おかけして申し訳ありません。

    いつも参考にさせていただいております。
    今回LINEルート閉鎖とのことですが、ちょびりっち、ハピタス、pex,モッピーにたまっているポイントは、全部閉鎖前にメトロポイントに替えてしまうほうがよいでしょうか?
    マイルは国内線で使うくらいで、LINEルートだけになる直前に全部メトロポイントに変えた分が、まだメトロポイントのままいくらか残っている状態です。家族で様々なサイトでポイントをため、誰かがマイルを使って減ったら、Gポイントギフトにして、ラインP、メトロPにして減った分入れる、という具合にやっていたので、本音ははいっぺんにメトロポイントにはしたくはないのですが、81%から75%になってしまうのであれば、その前に全部メトロポイントにするべきでしょうか。(自分で決めろって感じですが優柔不断でして…汗)
    何か他の観点からもアドバイスがありましたらお願いします。

  • いつも参考にさせていただいております。
    現在家族でモッピー、ハピタス、ちょびりっち、Gポイント登録して、それぞれバラバラに数百~数千ポイントずつたまっているような状態で、Gポイントギフトにし、LINEポイントにし、メトロポイントにして誰のマイルにすることも可能です。
    マイルの消費は国内線で使うくらいで、前回LINEルートだけになる直前に全部メトロポイントにしたものも、メトロポイントのまま残っている状態ですが、今回もLINEルートがあるうちに、全部メトロポイントにしてしまったほうがいいでしょうか?
    ANA TOKYUの発行も各人進めていく予定なので、(ドットマネーもそれぞれ入ってます)81%と75%だとそんなに違わないかなと思ったり、
    メトロポイントは最長2年しか置けないのでそれがちょっと気になるのですが、つかわなかった場合マイルからメトロポイントにすることもできるので、やはり全部メトロポイントにしたほうがいいかなと思ったり…
    決断力がないので迷います。すけすけ様、何かアドバイスありましたらお願いします。

    • めだかさん
      個人的なおすすめとしては、どんどん交換して、どんどん利用するが一番お得だと思っています。
      マイルはルール変更が非常に多いものなので、数年後には今の所有マイルで発券できる特典航空券が、5回分から3回分で減ってします可能性も十分にありえます。
      なので、自分の場合だと有効期限を気にせずに、どんどんマイルに交換してどんどん利用するを原則にしております。

      • お返事ありがとうございました。
        そうですね、最近の変更は改悪ばかりなので、早め早めが肝心ですね。
        大したポイント数でもないので、とりあえず全部メトロポイントにするよう頑張ります。
        ありがとうございました。

  • お尋ねです。現在ポイントインカムに貯めていたポイントを出来るだけラインポイントに移す作業をしているのですが、ポイントインカム→Gpointに移すには50,000Pが上限で3営業日(実際にやると申請した翌日から数えて3営業日で、土日をはさむと5~6日かかりました)。ポイントインカム→Pexなら100,000P上限で2営業日(実際に申請すると土日でも平日でも申請した日の翌々日に移行終了)でした。Pexの場合、ワールドポイント経由→Gpoitですが、それを加味してもPex経由のほうが最終的に多くのポイントを早くラインポイントまで移すことが出来るのでしょうか?どちらがが早いと思いますか?
    ポイントをインカムに貯めててしまったため、今になってあわててますが、50,000Pを1週間ずつかけて移してても、12月27日期限までに間に合わない気がしてきました。

    • まるさん
      間に合わない分は、PEXなどご利用していただくか、TOKYUルートしかないと思います。一度、ご自身ポイント数でどれだけ移行が可能か計算&確認してみてください。
      基本的にポイント(特にマイル)は貯めこまないようにするのがいいと思います。ルール変更は、マイルは割と多いので、どんどん交換して、どんどん使う方針がいいと思います。

  • ソラチカルート閉鎖に伴い、ポイントタウンのポイントはどのようにANAマイルにしていくのが得策でしょうか?

    • たけちゃん4さん
      まだ研究しきれていないのですが、ワールドプレゼント経由の60%交換になるかもしれませんね。。。

  • すみません、ちょっとよくわからないので質問です。
    ソラチカルートが12月27日に閉鎖ということですが、これはラインポイントからメトロポイントに移行する部分が廃止されるのでしょうか?それまでに全てのポイントサイトのポイントをメトロポイントまで移行出来ていれば、メトロポイントからANAマイル移行は12月27日以降も毎月2万ポイント上限で少しずつ移行していけるのでしょうか?
    たとえば、現在ポイントインカムで100万ポイントがあった場合、10月11月12月までにラインポイント経由メトロポイントにしておき、1月以降は2万ポイントずつを5ヶ月かけてマイル移行というのが可能でしょうか?
    または、それだとダメですか?ラインポイントに移せる上限に引っかかったりしますか?

    • ウヤママルナさん
      はい、今のうちに移行しておけべ、数ヶ月はソラチカが利用できるので是非検討してください。
      本日の記事も是非読んでみて下さい。

      • ありがとうございます。
        早速移行に取りかかっています。ただ、ポイントインカムからG-pointに申請は50000ポイントが1回の上限ですよね?申請しても移行完了までに3営業日かかるようで、そこからまたラインポイントにも2、3日かかって、そこからメトロポイントに移行するということであれば、トータル7営業日はかかるということですよね。12月27の期限迄に流れ作業で繰り返して何回移行出来るか…。地道に頑張るか、もしくは新しいTokyuレートの割合がいい方法に変更した方がいいのでしょうか…??

          • 了解しました!
            頑張ります。ありがとうございました!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください