短距離路線最高峰シート。エバー航空B787-10新型ビジネスクラス搭乗記。

スポンサーリンク

エバー航空のフラッグシップB787のビジネスクラス「ROYAL LAUREL CLASS」に搭乗。日本路線にも導入されているが本来は長距離向けの最新機材で、短距離路線には贅沢すぎる空間への搭乗をレビュ―。

ちょっと、職場と妻(笑)に休みをもらったので、飛行機に搭乗することだけが目的という贅沢な時間を過ごしてきました。

まず搭乗したのが、エバー航空の最新機材B787-10のビジネスクラス「ROYAL LAUREL CLASS(ロイヤルローレルクラス)」というものです。この記事では、そのエバー航空の最新型ビジネスクラスを紹介したいと思います。

このB787-10(およびB787-9)という機材は、エバー航空が先日導入を始めたばかりの非常に新しい機材なのですが、本来は長距離路線(北米・欧州)に導入されるような超豪華なビジネスクラスが搭載されている機材で、なんと日本路線にも一部がこのB787-10およびB787-9が導入されているんです。おそらく日本に導入されている短距離路線の中では、最も贅沢なビジネスクラスに該当するのがエバー航空のB787のビジネスクラスではないでしょうか。

かなり贅沢な時間でした。

 

エバー航空とは。ANAと同じスターアライアンス所属。

エバー航空と聞くと、どの国の航空会社で、どのアライアンスに所属しているのか知らない方もいるかもしれませんが、

  • 本拠地:台北
  • アライアンス:スターアライアンス

という台湾の航空会社で、日本各地にも台北からの直行便を飛ばしている航空会社になります。

そして、エバー航空は世界に10社しかないスカイトラックスの5つ星を獲得している航空会社です。5つ星はANA・JAL・キャセイパシフィック航空・シンガポール航空・カタール航空など本当に評判がいい航空会社ばかりで、エバー航空もその1つなんです。

 

スターアライアンス加盟航空会社は、ANAやユナイテッド航空、シンガポール航空をはじめとする下記28社。

ANA アドリア航空 エーゲ航空 エアカナダ
中国国際航空 エアインディア ニュージーランド航空 アシアナ航空
オーストリア航空 アビアンカ航空 アビアンカ・ブラジル航空 ブリュッセル航空
コパ航空 クロアチア航空 エジプト航空 エチオピア航空
エバー航空 LTOポーランド航空 ルフトハンザドイツ航空 スカンジナビア航空
シンセン航空 シンガポール航空 南アフリカ航空 スイスインターナショナルエアラインズ
TAPポルトガル航空 タイ国際航空 ターキッシュエアラインズ ユナイテッド航空

このスターアライアンスの航空会社なら、どの航空会社に搭乗して、どの航空会社にマイルを付与するのかは完全に自由です。

なので、

  • エバー航空に搭乗してANAマイルを加算する
  • ANAマイルでエバー航空の特典航空券を発券する

なんてことももちろん可能です。つまりANAマイルを貯めている陸マイラーにも大チャンスなわけですね。

陸マイラーがANAマイルを貯める方法

是非、陸マイラーとしてANAマイルを貯めてみて下さい!!!

「陸マイラー」が「年間30万ANAマイル」をどう貯めたのか。【ANAマイルの貯め方 完全公開】

2016-07-29



スポンサーリンク

 

エバー航空のビジネスクラスはランクがある。ファーストクラスが存在しないのでロイヤルローレルクラスが最上級。

エバー航空は、ファーストクラスというものを導入していない航空会社で、ビジネスクラス・プレミアムエコノミー・エコノミークラスの3ランクになっています。

ただし、実はビジネスクラスにもランクつけをしており、

  • ロイヤルローレルクラス
  • プレミアムローレルクラス
  • ビジネスクラス

という3ランクのビジネスクラスを導入しています。ロイヤルローレルクラスはエバー航空の最上級クラスという位置づけです。

 

ビジネスクラスは、基本的に短距離路線に導入されているもので、

Two passengers discussing business

エバー航空公式サイトより

ちょっと足元が広いという程度のビジネスクラスです。個人的には短距離のこのビジネスクラスなら、わざわざ出費を増やさずにエコノミークラスでいいかなという印象です。

 

プレミアムローレルクラスは、

Passengers sitting in airplane chair

エバー航空公式サイトより

上記のようなかなりリクライニングができるようなシートが配置されているタイプでA330-300なんかの機材に導入されています。基本的に中距離路線向きです。座席配置も2-2-2で全席がダイレクト通路アクセスというわけではありませんが、このレベルになるとビジネスクラスという感じがしますね。

 

ロイヤルローレルクラスは、エバー航空のファーストクラスと言ってもいいような最高峰の中身になっており、どのようなシートなのかというと、

座席がプライベート感抜群で、もちろんフルフラットシートになり、豪華な機内食やアメニティーが配られます。ロイヤルローレルクラスは、北米路線(ロサンゼルス、シカゴ、ヒューストン、サンフランシスコ、シアトル、ニューヨーク、バンクーバー、トロント)と欧州路線(ロンドン、パリ、アムステルダム、ウィーン)という長距離路線にのみ導入されているエバー航空の最高峰のビジネスクラスです。

上記のシートは、B777-300ERという機材のもので、ヘリンボーン型シートが導入されています。

 

そして、もう一つのタイプの最新型のロイヤルローレルクラスが、

B787-9とB787-10に導入されているもので、こちらのビジネスクラスにはスタッガードシートタイプが導入されています。それが今回自分が搭乗してきた機材になります。この記事では、その搭乗レビュ―をおこなっていきます。

 

B787-9とB797-10は長距離路線向けの機材だが日本路線にも導入されている

B787タイプの機材は、実は成田空港・関西空港・中部空港にも導入されており、機内食やアメニティーは長距離路線と完全に同様というわけには行きませんが、シートは最高峰のシートが導入されているので、狙って搭乗するのは非常にオススメです!!

一例として、関空発で調べてみると、

上記のようにB787-10の便もあります。これは最新型の機材で、3時間ほどのフライトなのに、フルフラットシートが導入されている超オススメ機材です。

 

こちらは機材がA321となっていますよね。これはシートが少しリクライニングして、少し横幅が広いというだけの機材なんです・・・。

よーく、値段も比べてみて下さいね。完全に同額ですからね。これは選べるなら絶対にB787の機材を選んできたいとことです。自分なら、A321なら確実にエコノミークラスに搭乗しますね笑。追加料金の価値があると自分には感じれないので笑。

 

なお、台北までは往復のビジネスクラスで8万円ちょいほど、片道のビジネスクラスで5万円ちょいほどの価格になっている日程が多いです。自分は、片道のみの搭乗だったのですが、エコノミークラスに25,000円ほどの追加で、エバー航空の最新型フルフラットシートを体験できるということだったので奮発してきました。

 

エバー航空の特典航空券はANAマイルで取れる!?

少し、特典航空券の話をしておきます。エバー航空の特典航空券はANAマイルで取ることが可能です。

上記はヒューストンから台北へのエバー航空の特典航空券の空席検索の結果ですが、しっかりと空席が表示されます。

が、エバー航空の特典航空券は少しクセがあり、路線や機材によりエコノミークラスを特典航空券として開放していなかったり、ビジネスクラスを開放していなかったり、まちまちなんです。

 

日本=台北の便だと、成田空港や関西空港に就航している最新機材のB787に関してはビジネスクラスの特典航空券の開放枠がないくせに、中部空港のB787ならビジネスクラスでも特典航空券が発券可能になっているなど、状況は非常に複雑になっています。中部空港利用者は、是非とも積極的狙いたいところです。

ANAマイルでエバー航空の特典航空券を発券することは可能なのですが、しっかりと自分の搭乗したい路線・機材は特典航空券の枠があるのか検索して検証しておく必要があると思います。



スポンサーリンク

 

エバー航空B787-10最新型ビジネスクラス「ロイヤルローレルクラス」搭乗レビュ―

ではエバー航空の最高峰ビジネスクラス「ロイヤルローレルクラス」の搭乗レビュ―です。

  • 関空⇒台北
  • 機材はB787-10

という内容で、フライト時間は3時間という短距離路線になります。が、超贅沢な時間でした。

 

まずは、関西空港でのチェックイン。贅沢にもビジネスクラス専用チェックインカウンターでのチェックインです。

もちろん、SFC修行をしてスターアライアンスゴールドのステータスを獲得していれば、エコノミークラス搭乗時でも優先チェックインカウンターが利用できます。

 

そして、関西空港の特徴として、ビジネスクラスに搭乗すると、「FAST LANE」の利用券がもらえます。手荷物検査を専用レーンから並ぶことなく終えることができます。時は金なり。

 

こちらが今回搭乗したB787-10。胴長なスタイルがめっちゃかっこいいです。

 

では、搭乗しましょう。左の「ロイヤルローレルクラス」の方に進みます。ワクワクですね。

 

エバー航空B787-10のロイヤルローレルクラスのシートレビュ―

では、エバー航空の最新型ビジネスクラスのシートレビュ―です。かなりいいシートですよ!!

こちらがエバー航空のB787-10のビジネスクラス「ロイヤルローレルクラス」です。B787-9も同タイプのシートです。

席が前後でジグザグになっているスタッガードタイプのシートです。横に1-2-1の4席の座席配置になっており、全席ダイレクト通路アクセスになっています。今や、長距離路線のビジネスクラスでは、各航空会社とも全席のダイレクト通路アクセスが標準的になっていますね。

席がジグザグになっているので、自分のシートを倒すと、前のシートのテーブルの下に入りこむような形式で、フルフラットになります。

これが3時間のフライトに導入されているわけです。豪華すぎますね。

 

窓際のシートは完全に1人だけのシートになっています。こちらは、シートが通路側に寄っているタイプ。

 

こちらのシートは窓際に寄っているタイプ。個別ブース感が強いのはこちらのシートです。フルフラットにした状態でも、通路と離れているので、通路を歩く人も気になりにくいという利点があり、長距離では非常に人気があるシートです。

ただ、自分はシートが通路側に近いシートをあえて選んでみました。3時間のフライトで、寝ることもほとんどないので、機内の様子が見えやすいシートを選んでみました。

 

中央の2席は、家族やカップル・友人にも最適です。テーブルがあるので、通り抜けはできないようになっていますし、間にパーティションもあるので、隣が知らない人だったとしても一切気にならないでしょう。

 

足を伸ばしても、もちろん届かない。贅沢なスペースが用意されています。

 

では、シートをフルフラットのベッドにしてみましょう。

 

まさに10時間の長距離路線のために導入された機材という感じのフルフラットシートです。日本国内に導入されている短距離路線のビジネスクラスでは、ほぼトップに君臨するレベルのシートと言っても過言ではないと思います。超ハイレベルです。

ちなみに幅が58.4センチ。最大193センチのベッドになります。

長距離路線ではないので、毛布だけ借りましたが、これを長距離路線で搭乗するとエバー航空のビジネスクラス「ロイヤルローレルクラス」では、客室乗務員さんが布団を引いてくれるサービスまであります。

 

フライト中に隣を見ても、基本的に隣の人の顔は見えないので、プライベート感が抜群です。隣の人と肘がぶつかるなんてことは絶対にないですね。

 

サイドテーブルの周囲も見ておきましょう。

 

シートは、ボタンでかなり細かく調整が可能です。またUSBタイプのコンセントと、ユニバーサルタイプのコンセントもあるので、スマホの充電や、パソコンの利用も問題なしです。

 

リモコンは液晶型の最新。これ、シート前方の画面とは別画面の表示ができるようになっているデュアルディスプレイで、前方モニターで映画、液晶リモコンでフライトマップなんて使い方も可能です。

 

そして、シートの隣の収納にはノイズキャンセリング式のヘッドホンのを収納する場所があります。また鏡があるので、女性が化粧直しをするのにも最適です。収納も上下の2段になっているので、メガネやパスポートを下の段に入れることもできるのが便利ですね。

 

実は、テーブルの下にもボタン類があります。シートをフルフラットにした状態でも、寝たままでボタンが押せるようになっているということですね。

 

こちらがモニター。サイズは18インチで、部屋におく小型TVくらいのサイズで映画を満喫できます。3時間フライトなので、映画を1本満喫できますね。ジェームスボンドを楽しみました。

 

ダイニングテーブルは、サイドテーブルの下からスライド式で出てきます。このサイズの、このカラーのダイニングテーブルだと食欲もアップしますね。

 

窓はブラインドを上げ下げするタイプではなく、B787だと、ボタンで色調を変化して暗くする技術が導入されています。これ真昼間なんです。

 

この空間は贅沢すぎますね!!3時間のフライトで、この機材は自分へのご褒美として最適だと思います。

 

エバー航空短距離路線ビジネスクラスのアメニティーレビュ―

次にロイヤルローレルクラスのアメニティーを紹介していきましょう。

こちらがノイズキャンセリング式のヘッドホン。しっかり袋で包装された状態で提供されます。持ち帰りは禁止ですよ笑。たまに持ち帰る人がいるらしいですが・・・・。

 

あとはスリッパです。

以上です笑。短距離路線だとこんなもんです。長距離路線になると、エバー航空のアメニティは超豪華でrimowaかフェラガモのポーチに入ったアメニティが用意されますし、パジャマも用意されるんです。長距離のビジネスクラスに搭乗する方は楽しみの一つになると思います。



スポンサーリンク

 

エバー航空ロイヤルローレルクラスのWIFIレビュ―

エバー航空のB787には有料ですが、機内Wifiもあり、機内でネットも楽しめます。

Data plan Price
Lite Messaging Plan 30MB USD 4.95
Standard Plan 100MB USD 14.95
Business Plan 300MB USD 29.95

料金は上記のようになっています。LINEやTwitterを見るくらいなら問題なく利用可能な速度です。

 

エバー航空短距離路線ビジネスクラスの機内食&ドリンクレビュ―

あと、機内食もビジネスクラスの楽しみですよね。短距離路線とは言え、エバー航空のビジネスクラスの機内食はハイレベルです。

メニューは食事のものと、ドリンク&食事メニューの2冊が用意されています。

 

こちらはドリンクメニュー。短距離路線とはいえ、シャンパンやワイン、各種アルコールもありますし、中国茶だけでも5種類用意されているので、非常に嬉しいところです。

 

こちらが機内食メニュー。短距離ですが、

  • 和食
  • 洋食
  • 中華

から選ぶことが可能で、どれを選んでもコースになっているのが魅力です。事前に食べたものが決まっている人は、エバー航空のホームページから機内食を事前予約しておくことも可能です。

自分は、当日の気分で決めようと思い、事前予約はしませんでした。

 

普段なら高確率で和食を選ぶ、和食好きなのですが、台湾の有名レストラン「鼎泰豊」の名前を出されたら、一度は食べおきたくなり、中華を選択してみました。

和食もかなり人気のようで、周囲の台湾系の人々は和食にしている方が多かったです。非常においしそうでした・・・。

 

まずテーブルクロスをかけていただき、鉄観音をいただきます。お茶は本当に美味しい。

 

 

 

台湾スタイルの牛肉麺ですね。機内で、麺類って、麺が固すぎたり、伸びすぎたり、していないか心配かもしれませんが、地上で食べるとの大差ない水準のものが提供されます。そして、肉もめちゃくちゃ柔らかい。

いいランチタイムです。

 

デザートはたろいもまん。日本で言うあんまんに近いものですね。中国茶とともにいただきます。

短距離路線にしては非常に贅沢な機内食を提供してくれます。エバー航空のビジネスクラスはやはりレベルは高いです。

 

関西空港から台北まで、たったの3時間のフライトですが、この快適な空間のおかげで搭乗は5分くらいで終わってしまったような印象です笑。

短距離にビジネスクラスに搭乗してお金を使うなんて無駄だという考えも一理ありますし、逆に長距離のビジネスクラスなんて購入したら高すぎるので、短距離でこの価格で、このレベルのビジネスクラスに搭乗できるなら一度は贅沢に搭乗してみようかなという考えもありだと思います。自分は、今回はそういう考えでエバー航空の最新機材B787に搭乗するという体験をしました。台北に行くことが目的でもなく、エバー航空のB787ロイヤルローレルクラスに搭乗することが目的です笑。

現在、エバー航空のB787は日本路線に導入されていますが、香港路線や上海なんかにも導入されています。長距離では欧州には導入もされており、北米にも今後は導入の予定があるようです。日本路線のB787は、北米路線に取られて、機材が小型化してしまう可能性もあると思うので、短距離での最高峰シートを満喫したい人は、是非検討してみてくださいね。搭乗の価値はあると思います。

 

エバー航空のもう一つのロイヤルローレルクラスB777-300ERの長距離ビジネスクラスレビュ―

こちらはエバー航空のB777-300ERの北米路線に搭乗した際の搭乗レビュ―です。エバー航空のビジネスクラスを深く知りたい人にはオススメです。

評判抜群。エバー航空ビジネスクラス「ロイヤルローレルクラス」搭乗記。

2019-08-22

おすすめ関連記事

4 件のコメント

  • お世話になってます。
    今年の春にANAマイル使って桃園香港間でこのシート利用しました。
    天候の都合で桃園で2時間程缶詰になりましたが、居心地良すぎて、もっと乗っていたい(笑)
    その後利用したANA777のスタッガードより快適でした。
    クルーの対応も素晴らしくて、また利用したい航空会社の筆頭です。

    • 千代ぷ九鬼さん
      エバーは非常にレベルが高いですよね~
      自分も積極的に利用したいと思っております!

  • おはようございます!エバー航空とかのチケットはエバー航空のサイトから購入になるのですか?ANAのサイトとは別になるのですか?
    自分来週沖縄いったらSFC解脱になります。嬉しいです

    • ポン助さん
      コードシェアの便でしたら、ANAのサイトでも購入は可能なのですが、明らかにエバー航空で購入した方が安いので、自分はエバーのサイトで購入しております。
      SFC楽しみですね!!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください