【ANA VISAカード】2019/1版隠れキャンペーンで大量マイルが貯まる!カード毎の特典メリットも比較解説。

ANA VISAカードの入会を考えている方は必読。あなたに必要なオススメカードはどれ?メリット・特典を徹底解説。新規入会隠れキャンペーンで、大量ANAマイルが一気に貯まる。

■目次

種類も多くて非常にややこしいANAカード笑。VISA、Master、JCB、AMEX、Dinersとある上にVISAに数種類、JCBも数種類と非常に複雑です。

この記事では、ANAマイラーで一番人気が高く、メインクレジットカードとして利用できるANA VISA/Masterカードの特典・メリットをカード毎に総整理をします。そして、おすすめANA VISAカードがどれなのか説明します。

(注)VISAとMasterは同じ三井住友VISAの発行でカードブランドが異なるもののスペックは同じです。

 

また、現在行われている

大量ANAマイルがもらえる隠れ入会キャンペーン

についても、その内容を解説・整理しておきます。

すけすけ
2019/1/15から大型キャンペーンが開催されています!!!

「隠れ」と書いたのは、大げさではありません。このキャンペーン、気づかない人が多いんですよ。というのも、ANAの公式サイトでもVISAの公式サイトでも見つけにくい場所にあります。

これを知らないと大損です。

 

この記事でキャンペーン内容およびカードスペックを整理するANAカードは、

  • ANA VISA/Master  一般カード
  • ANA VISA/Master ワイドカード
  • ANA VISA/Master ワイドゴールドカード
  • ANA VISA プラチナ プレミアムカード
  • ANA VISA Suica カード
  • ANA TOKYU POINTClubQ PASMO マスターカード
  • ANA VISA nimocaカード 【2017/12/13 新登場】

以上です。

現在、ANA VISA一般カードを所有している方でも、ANA VISA ワイドゴールドカードを所有していないような方は、別カードの発行でANAマイルが貯まるので是非最後まで読んでください。

 

「どのANA VISAカードを持てばいいの?」

ANA VISAカードの比較。メインカードとして所有、死蔵カードとして所有と様々なANAマイラーにメリットがある。

まず、キャンペーンの整理の前に簡単に「あなたが申し込むべきおすすめANA VISAカードはどれなのか?」という視点から各カードの特徴を見ておきます。カードのスペックは知っているという方は、後半のキャンペーン内容のところまで一気に飛んで下さい。

 

ANA VISAと言っても、一般カード~ゴールドカード~プラチナカードと数種類のカードが用意されています。自分に合う1枚を探しましょう。

 

⓪ANA VISA/Master 基本スペック一覧表

年会費・還元率・継続ボーナス・フライトボーナス等の一覧です。

一般 ワイド ワイドゴールド プラチナ Suica nimoca、TOKYU PASMO
年会費(税抜き) 2000(初年度無料 7250 14000 80000 2000(初年度無料 2000(初年度無料
年会費最安値(割引制度あり) 1025 6750 9500 80000 751 751
家族カード最安値 475 975 2500 4000 なし 475
10マイルコース登録料 6000 6000 自動加入 15マイルコース 6000 6000
最大マイル還元率 1.5265% 1.5265% 1.648% 1.905% 1.5265% 1.5265%
フライトボーナスマイル 10% 25% 25% 50% 10% 10%
継続ボーナスマイル 1000 2000 2000 10000 1000 1000

なお、ANA VISAもANA Masterもどちらも三井住友VISAが発行しており、年会費や還元率等の基本スペックに差はありません。一般カード、ワイドカード、ワイドゴールドカードにはVISAとMasterの両方のブランドが用意されています。どちらも同じ内容のカードで、ただ国際ブランドがVISAかMasterの違いだけだと思っておいてください。

 

①人気ナンバーワンのおすすめは【ANA VISA ワイドゴールドカード】

最安値年会費:9,500円+税(マイ・ペイすリボ登録+カードの年一回の利用+WEB明細利用時)

f:id:bmwtatsu:20170218213425p:image

ANAマイラーにおいて人気ナンバーワンのクレジットカードがこのANA VISA ワイドゴールドカードです。自分のメインの決済クレジットカードもこれです。

まずブランドがVISA。世界のどこでも使えるという安心感があります。

そして、何と言っても還元率が高いんです。なんと、最大還元率は1.648%!100万円の決済で16,480マイル相当が貯まるクレジットカードです。これだけで、毎年ソウル旅行も可能ですね。

ボーナスポイントで還元率アップの技

ただし、普通に利用するだけでは最大還元率1.648%にはなりません。「マイ・ペイすリボ金利発生でボーナスポイント」という技を利用するのですが、ちょっとしたコツがいるので詳細は下記記事にまとめているので参照してください。

【ANA VISAワイドゴールドカードの還元率1.648%を徹底解説】陸マイラーおすすめANAカード。

2018.03.28

ある程度の年間カード決済額(200万円以上)のある方はANA VISA ワイドゴールドカード一択でいいのではないでしょうか。年間300万円のカード決済のできる方なら、5万ANAマイル以上貯まります。ハワイのエコノミークラス特典航空券は4万マイルですからね。相当マイルが貯まります。

 

②万人向け【ANA VISA Suicaカード、ANA VISA nimocaカード、ANA TOKYU POINTClubQ PASMO マスターカード】

最安値年会費:751円+税(マイ・ペイすリボ登録+カードの年1回の利用)

f:id:bmwtatsu:20170218213501p:image

自分のメインクレジットカードは先ほどのANA VISA ワイドゴールドカードなのですが、他にもANAカードを何枚か持っています。

ANAカードは一人何枚持てる??

ちなみに、ANAカードは1人何枚持てるのかというと、最大9枚持つことができます。まず、ブランド毎にJCB、VISA、Master、AMEX、Dinersを各1枚の計5枚保有できます。

さらに、ソラチカカード(JCB)、ANA VISA Suicaカード、ANA VISA nimocaカード、ANA TOKYU POINTClubQ PASMO マスターカードの4枚は別枠で持つことができるため最大8枚保有できます。

自分は6枚保有しています笑。

 

ANA VISA Suicaカード、ANA VISA nimocaカード、ANA TOKYU POINTClubQ PASMO マスターカードの3枚も、自分はもちろん所有しています。この3枚を所有するメリットを考えてみます。

 

1、死蔵カードとして利用

この3つのカードは年会費が751円+税なのに、毎年継続ボーナスマイルが1,000マイルもらえてしまうお得なカードなんです。

ただ引き出しにしまっておくだけで、毎年1,000マイルを自動発生させるカードです。これは知っておいて損しません。いわゆる死蔵向けのクレジットカードとして非常に価値があります。自分はこの3枚は死蔵カードとして所有しています。年間2,500円程度で、毎年3,000マイル。妻と合わせて6,000マイルほど加算されますからね。

【死蔵向けクレジットカード7選】持っていますか??このクレカ。

2016.09.22

 

2、メインカードとして利用

先ほどのANA VISAゴールドと同じ「マイ・ペイすリボ金利発生でボーナスポイント」の技は、この3枚のカードでも利用できます。利用すると、こちらのカードの場合は最大還元率は1.5265%になります(ゴールドカードよりボーナスポイントが少ないので還元率が少し落ちます)。

ただし、この還元率を発揮するには10マイルコースに登録が必要です。ゴールドカードは自動的に1,000円のカード決済で10マイル貯まる10マイルコースになっているのですが、このカードは1,000円の決済で5マイルしか貯まらない5マイルコースに元々なっています。

なので、年間6,000円+税を払って、10マイルコースに登録する必要があります。なので、年会費751円+10マイルコース6,000円+税で最大還元率1.58%のカードということになります。

ゴールドカードより年会費は安いが、還元率は少し落ちてしまうカードです。自分の年間のカード決済額に応じてどちらにするか決めたらいいと思います。

10マイルコースの登録は2年に一度でもOK!!

少しでもコストを安くするためには、クレカポイント→ANAマイルへの移行を2年に一回にして、移行する際のみ10マイルコースにしましょう。そうすれば2年ごとに6,000円+税の支払いで済みます。

クレカポイントの有効期限が2年あることに注目した小技です。

なお、ANA VISA Suicaカード、ANA VISA nimocaカード、ANA TOKYU POINTClubQ PASMO マスターカードのどの1枚をメインカードとして持つ場合は、自分がSuicaを利用するのか、PASMOを利用するのか、nimocaなのか、交通系ICで決めてもいいのですが、一つ大きな違いがあります。

家族カードに有無に注意して下さい。ANA VISA Suicaカードには家族カードが存在しません。なので、家族カードも欲しい人はANA VISA nimocaカードか、ANA TOKYU POINTClubQ PASMO マスターカードで決定ということです。

また、2017/12/13にANA VISA nimocaカードが新しいANAカードとして追加になりました。このカードはnimocaポイントを交換レート70%でANAマイルに交換できるという点が陸マイラーの間でひそかに注目されています。詳細は下記。

ANA VISA nimocaカードがデビュー。陸マイラー人気となるか??誕生記念入会キャンペーンで最大32,000マイルのチャンス。

2017.12.21

 

③年会費高額【ANA VISA プラチナ プレミアムカード】

年会費:80,000円+税 Masterブランドなし

f:id:bmwtatsu:20170218213538p:image

ゴールドカードの上のプラチナカードです。年会費はかなり高額の80000円+税で、自分も所有したことのないカードです。

特典としては、

  • 最高還元率1.905%
  • 継続ボーナスマイル10000マイル
  • フライトボーナスマイル50%増
  • 国内線ANAラウンジ利用
  • プライオリティパス付帯

「プライオリティ・パス」で海外・国内の空港でビジネスラウンジを利用しよう。

  • プラチナグルメクーポン(対象レストラン2名以上予約で1名無料)

がついています。かなりのメリットのあるカードです。

ただ、年会費が高い・・・。

雲の上の存在で、年会費分のメリットがあるのか自分にはわかりません。ステータス好きの人にはよだれもののカードかもしれません。見た目はブラックでカッコいいですね笑。年間にクレジットカードで最低500万円は決済する人で、ANAにもよく搭乗する人向けのカードだと思います。

 

④実はメリットが少ない??【ANA VISA一般/ワイド】

一般:年会費1025円+税(マイ・ペイすリボ登録+カードの年1回の利用)

ワイド:6750円+税(マイ・ペイすリボ登録+カードの年1回の利用)

f:id:bmwtatsu:20170218213638p:image

所有している人が多いかもですが、実はこの2枚は大半の人には、特に必要ないカードだと思います。

一般カードですが、死蔵として所持するメリットは少しあるかもしれません。年会費1,025円+税で毎年継続マイルが1,000マイルもらえるので。ただし、ANA VISA ワイドゴールドカードと併用して持つことはできません。

メインカードにするなら、ANA VISA Suicaカード、ANA VISA nimocaカード、ANA TOKYU POINTClubQ PASMO マスターカードが同じ還元率で年会費が安いのでこちらの3枚の方がおススメです。

ワイドカードですが、このカードも10マイルコースに登録するために6,000円+税が追加で必要です。すると、6,750+6,000=12,750円で、なんとANA VISA ワイドゴールドカードの年会費9,500円+税を超えてしまいます。誰が持つのか不思議に思うかもしれませんが、飛行機に乗ってマイルを貯めており、カード決済をしない人(つまり10マイルコースには登録しない人)が使うことがあるカードみたいです。カード決済は別のカードに集中させているが、仕事でANAにはよく搭乗するというタイプの人には最適なんですね。自分は所有している人を見たことがありませんが・・・。

【結論】あなたの持つべきおすすめANA VISAカードは???

①ある程度年間の決済額のある人は還元率1.648%のANA VISA ワイドゴールドカード

②年会費は安くしたい人はANA VISA Suicaカード、ANA VISA nimocaカードもしくはANA TOKYU POINTClubQ PASMO マスターカード

③誰もが所有するメリットのある死蔵向けは、ANA VISA Suicaカード、ANA TOKYU POINTClubQ PASMO マスターカード

ということを基本にしながら決めることになると思います。

 

また、VISA以外のJCBやアメックスはどうなの??VISAの方がいいの??という方は下記記事を一度参照下さい。全ANAカードを徹底解説しています。

【ANAカードの全貌】マイルが貯まる最強おすすめANAカードはどれなのか。全ANAカードを徹底比較解説。

2017.09.25

 

ANA VISAカードを最大限お得に発行する「大量マイルがもらえる隠れ入会キャンペーン」を徹底解説。

では、ANA VISAのお得な入会キャンペーンの紹介をします。

実は、2019/1/15からは3段階のステップでマイルが獲得できます。が、この3段階のステップを知らずに、すべてのマイルを捨ててしまっていることが非常に多いんですよね。。。

じっくり読んで、確実に大量マイルを獲得しましょう。

 

先に3段階のステップを紹介しておくと、

  1. 「マイ友プログラム」に登録後
  2. 「ポイントサイト」経由で申し込み
  3. カードが届いたら隠れキャンペーンに登録

です。

マイ友プログラム?ポイントサイト?隠れキャンペーン?何それって方も多いでしょうが、一つ一つ説明していきます。

実は、ANA VISAカードの申し込み時にどこから申し込みをするのかは非常に大切です。通常のANAのホームページや、VISAのホームページから直接の申込は全然お得ではありません。

うまくマイ友プログラム・ポイントサイト・入会キャンペーンを利用すれば、申込時に大量ANAマイルがもらえます。

 

①マイ友プログラムに登録

f:id:bmwtatsu:20170104223802j:image

すでにANAカードを持っている人から紹介を受けてANAカードを作成すると、マイルがもらえる「マイ友プログラム」というものがあります。

まずこれに登録しましょう。

ただし、マイ友プログラムはANA VISAやANA アメックス等のANAカードを現在1枚も持っていない方のみ対象のキャンペーンです。

ANAカードを1枚も持っていない方が、ANAカードを持っている方から紹介を受けて、新規にANAカードを発行するとマイルがもらえるというキャンペーンになります。なので、すでにANAカードを保有している方はマイ友プログラムに登録する必要はありません。

マイ友プログラムでもらえるマイル数は下記です。

f:id:bmwtatsu:20170104223816j:image

マイ友紹介プログラムはANAカードを持っている人からの紹介が必要です。

当サイトからの紹介は、

https://www.ana.co.jp/amc/reference/anacard/mgm/regist/
こちらのリンクより

紹介者氏名 ハラダ トモヤ
紹介番号 00014458

f:id:bmwtatsu:20170604180129p:image
と紹介者欄に入力し、マイ友プログラムに登録してください。

 

登録完了後、下記の画面が表示されれば登録できています。

f:id:bmwtatsu:20170503161423p:image

そして、マイ友登録完了後のANAカードの申し込みは、ネットからの申し込みでも、紙ベースでの申し込みでも何でもOKです。

 

②ポイントサイト経由で申し込み

マイ友プログラムに登録が終わったら、ANA VISAカードの申し込みです。

直接ANA VISAのホームページで申し込みをするのではなく、ポイントサイト経由で申し込みすると1,000~2,000マイル相当のポイント(ポイント数は日々変化します)が追加でもらえます。ポイントサイトはマイルを貯めるために非常に重要な存在です。

 

2019/1現在は、ポイントサイト「モッピー」経由でANA VISAカードが発行できます。

まだモッピーのアカウントのない方は、下記バナーよりご登録ください。現在、入会キャンペーン中で最大1,300P(1,300円相当)がもらえます

モッピー!お金がたまるポイントサイト

モッピーは登録料や年会費がかかることは一切ありません。

モッピー基本情報
  • 1P=1円
  • ポイント交換先は現金、ドットマネー、PeX等
  • ANAマイルには、Gポイント経由のLINEルートからのソラチカルートで交換レート81%。つまり1,000円=810ANAマイル。
  • JALマイルには、モッピーのキャンペーンで最大交換レート80%。つまり1,000円=800JALマイル。

モッピーの使い方など詳細は下記も参照して下さい。

【モッピー完全攻略ガイド】ANA&JALマイルが貯まる人気沸騰中の評判ポイントサイトの使い方・稼ぎ方を徹底解説!

2017.09.10

モッピーのアカウントが作成できたら、モッピーで「ANA VISA」と検索しましょう。

上記が出てくるので、「POINT GET!」をクリックして、ANA VISAカードの申込ページから申込をして下さい。これだけで2,100P(2,100円)がもらえます。

これ、知らずに公式サイトから申込をしてしまう人が非常に多いんですよね・・・。

 

つまり、マイ友登録後にポイントサイト経由で発行すればマイ友・ポイントサイトどちらのポイントももらえます

これはめちゃくちゃお得ですね。知らない人が多いので、是非ご利用ください。

なお、マイ友はANAカードを一枚も持っていない人のみ使える技ですが、ポイントサイトはすでに別のANAカードを所有している方でも活用できます。

 

③ANA VISAカードの新規入会大型隠れキャンペーンを解説。ゴールドカードなら、最大17,000~20,000マイルがもらえる。2019/4/30まで。

まずANAカードは、ANA VISAでもANA JCBでも入会ボーナスマイルというものがもらえます。誰でもANAカードに入会すると、下記のマイルがもらえるんです。

一般 ワイドゴールド Suica TOP PASMO プラチナ
入会ボーナス 1,000マイル 2,000マイル 1,000マイル 1,000マイル 10,000マイル

これは勝手にANAマイレージのアカウントに加算されます。こちらは特別なキャンペーンを開催していないときでも、いつ入会してももらえるボーナスマイルです。

 

さらに、知らない人も多いですが、これとは別に大型新規入会隠れキャンペーンが存在するんです。なぜ隠れキャンペーンなのかというと、このキャンペーン情報は見つけにくいんです。

知らないとマジで大損します。

ということで、そのキャンペーンのページを紹介します。

上記リンクを見てもらうとわかりますが、今回の新規入会キャンペーンはANA VISAに限らず全ANAカードが対象になっています。

  • ANA一般カード:16,000マイル
  • ANAワイドカード:16,500マイル
  • ANAワイドゴールドカード:18,000マイル
  • ANAカードプレミアム:21,000マイル

が、通常のボーナスマイルとは別に獲得できるんです。

すけすけ
ただし、こちらのANA主催のキャンペーンは1枚もANAカードを所有していない人のみが対象です。公式ページ内に「すでにキャンペーン対象カードを、本会員としてお持ちのお客様は対象外です。」という文言があり、初めてのANAカードを所有する人のみ対象です。

また、この入会キャンペーンは、キャンペーンページから参加登録した方しか参加できません。ただ、キャンペーンページを見るだけではダメです。カードが届いてから参加登録した方のみマイルがもらえるタイプのキャンペーンです。要注意ですね。カードが届いたらこちらのページから登録を必ずしてください!!

カードが届いてからエントリーしておかないとキャンペーンボーナスマイルがもらえません。これは見逃すとかなり痛いです。自分の友人は、実際に昔、ANA VISAカードを2枚申し込みをしましたが、キャンペーンへの登録をせずにボーナスポイントを6万マイル以上取り損ねました。これは、痛すぎます。

マイ友登録後、手元に届いたら忘れずにキャンペーンにエントリー

しましょうね。

 

では、隠れキャンペーンの内容について徹底解説し、整理しておきます。なお、キャンペーン期間は2019/4/30までです!!!4/30までに申込を完了して、5/31までにカードが発行でき、キャンペーン登録が完了していることが条件です。

クレジットカードの入会キャンペーン」は非常に重要で、下の記事にも書きましたが陸マイラーがマイルを稼ぐ3本柱の一つです。

「陸マイラー」が「年間30万ANAマイル」をどう貯めたのか。【ANAマイルの貯め方 完全公開】

2016.07.29

このキャンペーンで25,000マイル獲得すれば、それだけで香港への特典航空券になります。こういう機会は確実に活かしましょう。

では、キャンペーンの中身を詳しく見ておきましょう。

 

ANA VISAカードの隠れキャンペーンの内容紹介

隠れキャンペーンは3つに分かれています。

  1. 新規発行でもれなく500~5,000ボーナスマイル
  2. カード利用でもれなく3,000~15,000ボーナスマイル
  3. ANAカードファミリーマイルに登録でもれなく500~1,000マイル

です。

カード一枚の発行&利用でANA VISA一般カードなら最大16,000マイルがもらえます。

では、詳しく見ておきましょう。

国内線特典航空券の往復が発券できるANAマイルなので、相当大きなチャンスですよね。

③-1.新規発行でもれなく500~2,000ボーナスマイル

通常の入会ボーナスマイル(一般カード500マイル、ゴールドカード2,000マイル、プレミアムカード10,000マイル)に下記が加算されます。

カードに応じて、500~5,000マイルが加算です。

 

③-2.カード利用でもれなく3,000~15,000ボーナスマイル

カードの利用金額に応じて、下記のボーナスマイルが加算されます。もちろん、通常のクレジットカード決済分のポイントは別途もらえます。

カードが届いたら、どうにか50万円のカード利用をしましょう。どうにか計画を立てて下さい。それで、15,000マイルが加算されます。これはかなりデカイです。もちろん、別途50万円のカード利用分のポイント(5,000マイル相当)もクレジットカードのポイントとして加算されます。

すけすけ
今のうちに今年のふるさと納税をクレジットカードで行うのも有効ですし、自分の場合はAMAZONのヘビーユーザーなので、AMAZONにクレジットカードで残高チャージをしてキャンペーンをクリアすることがよくあります。AMAZONのチャージは10年間有効なので、助かります。

どうしようもない場合は、15万円の3,000マイルを目指しましょう。

 

また、カードの利用期間は、発行時期により下記のように指定されているので、下記の期間中にカードを利用するようにしましょう。2~3ヶ月の期間が与えられています。

 

③-3.ANAカードファミリーマイルに登録でもれなく500~1,000マイル

同居の家族が、ANAカードを所有している場合は、ANAマイルは家族合算が可能です。その制度が「ANAカード ファミリーマイル」です。家族もANAカードがある人は、是非この機会に登録して500マイル(一般カード、ワイドカード)、1,000マイル(ワイドゴールド、プレミアム)もらいましょう。

 

以上、大量ANAマイルがもらえるキャンペーンが隠れて開催中です。2019/4/30までですよ!!!!

(注)キャンペーンページに、「※すでにキャンペーン対象カードを、本会員としてお持ちのお客様は対象外です。」という文言があるので、すでにANAカードを所有の方は、今回のANA主催のキャンペーンは対象外になります。

 

ANA VISAカード入会キャンペーンのまとめ

  • マイ友プログラムの活用
  • ポイントサイト経由での発行
  • ANAカード新規隠れ入会キャンペーン

を徹底的に活用して下さい。

これだけで、特典航空券が発券できますからね!!!!!

 

この記事は以上で終了ですが、今後も継続的にANAマイルを貯めたい方は、是非下記も読んでみて下さい。毎年10万マイル以上貯めることも可能ですよ。

■関連記事【これで完璧!】ANAマイルの貯め方・使い方~ANAカード~ANAステータスまで基礎から徹底解説。

【これで完璧!】ANAマイルの貯め方・使い方~ANAカード~ANAステータスまで基礎から徹底解説。

2018.03.27

「陸マイラー」が「年間30万ANAマイル」をどう貯めたのか。【ANAマイルの貯め方 完全公開】

2016.07.29

228 件のコメント

  • すけすけさん、はじめまして。こどうと申します。
    現在ANA VISA一般カードとソラチカカードを所有しているのですが、ANA VISA一般カードをANA VISAワイドゴールドカードに切り替えた場合にもご紹介のキャンペーンの適応となるでしょうか?
    ANAのHPには下記のようにあり、切り替えを新規入会と判断して良いのか迷っています。(年間使用額が400万くらいなのでこの機会に切り替え検討中です)
    ※キャンペーン対象カードに本会員として新規入会するお客様が対象です。
    ※すでにキャンペーン対象カードを、本会員としてお持ちのお客様は対象外です。

    もしくはANA Suicaカードの発行などが良いでしょうか?

    • こどうさん
      今回のキャンペーンだと、すでにANAカードを所有している人が追加発行した場合には、ANA側のキャンペーンは適用にならないようです・・・。
      ポイントサイト分は付与されるので、そちらを利用するくらいですかね。
      とは、キャンペーン狙いですと、JCBやアメックスを狙うのもいいかなと思います。

  • すけすけさん。
    いつも貴重な情報ありがとうございます。
    1/15スタートのこのキャンペーンも早速記事にして頂いてますね!

    ・現在、2019年3月までのSFC入会権利有り(2018年はJAL修行でJGC権利獲得、19年度のSFC権利は無し)
    ・手持ちカードはANA Suicaカード、ANA YAMADAカード

    上記条件時での以下進め方の可否について教えてください。
    ・ANA ワイドゴールドにまず入会(モッピー経由)
    ・3月15日までに仮に50万円使用して、ゴールドカード入会ボーナスと
     キャンペーンボーナスマイル権限を達成
    ・この後、SFCへの切り替えを3/16に行う(3月末までに切替実施)

    切替と同時にカード退会となり、入会マイルやボーナスマイル・ワールドプレゼントは付かないでしょうか。
    SFCへの切り替え時間が少ない不安もありますが、
    権利が続くのであれば15日の〆後の方がワールドポイント稼ぐ事も可能かと。

    レアケースとは思いますが、お分かりになれば教えて頂きたく。
    因みにSFC入会が第一目標でワイドゴールド入会でのキャンペーンマイル等は第二目標です。
    すけすけさんなら、この条件時であればどう対応しますか。

    よろしくお願いします。

    • ぱるぱるさん
      いずれにしても、SFCの発行はされますよね?
      でしたら、キャンペーンに乗ってANA VISAゴールドをまず発行かなと思います。
      そこからSFCに切り替える場合にキャンペーンが適用になるのか、かなり微妙でANAに問い合わせをしてみないとわからないのですが、やってみる価値はあると思います。
      少なくともポイントサイト経由での発行で、そちらのポイントは付与されますし。

  • すけすけさん
    ANAカード入会キャンペーン2019について、ANAマイレージデスクに、問合せした件報告させていただきます。
    注意事項に、すでにキャンペーン対象カードを、本会員としてお持ちのお客様は対象外です。 
    この件について、問合せしたところ、私の場合現在ANAアメリカンエキスプレスゴールドカードを、所持していると、他の券種を発行しても今回は、キャンペーン対象とならないそうです。

    • なりたさん
      情報ありがとうございます。
      やはり初回のカード発行のみなんですね。
      少し残念ですね・・・。

  • はじめまして。こちらのブログを拝見して今後マイルを貯めて是非家族で海外旅行にいきたいと考え、ひとまずソラチカカードの発行手続きを済ませた者です。
    今後は妻とともに決済をクレジットカードに集約してマイルを貯めていきたいと思っています。
    現在妻は、約17万円の自宅の家賃をエポスカードで支払っており(エポスカードでの支払いが必須なため)、年会費2万円のエポスプラチナカードを主に利用しています。家賃の他に、生活費などで(現金決済を含めると)毎月約10万円弱の支払いがあると思います。
    一方、私の方は、毎月約10〜15万円前後の決済があります。
    妻のエポスカード所持は家賃決済のため必要であるためこれを維持し、今後はポイントをマイルに替えてもらおうと思っています。私の方は、ANA VISAワイドゴールドを新たに発行して決済カードにしようかと思っています、ご相談したいのは、妻の家賃以外の決済について、これまで通りエポスカードで実施するか、ANA VISAワイドゴールドの家族カードを発行してそちらで決済してもらうかという点です。
    他のウェブサイトで、エポスは決済額が積み上がるとポイント還元率が低下するという内容を読んだことがある反面、ワイドゴールドの家族カードも年会費がかかり、エポスカードに年会費を2万円も支払っているならエポスに妻の決済を統一した方が効率的かなとも考えているところです。
    その他、何かお気づきの点があればご教示いただきたいです。
    よろしくお願いいたします。

    • takashiさん
      エポスプラチナはプライオリティパスもついていますよね?たしかに決済額が増えすぎても、ボーナスポイントが増えないので、いつかまでエポスプラチナで決済するか悩ましいですが、100万円を超える程度に利用してもいいのかなと思います。100万円の決済ですと、ANA VISAゴールドと大きく変わらない還元率でANAマイルが貯まるはずですし。プラチナカードとしては格安なので、所有しておいてもいいのかなと思います。
      当面は、ANA VISAの方は家族カードなしでもいいかもしれませんね。

  • すけすけさん はじめまして。

    SFCのAMEXゴールドを所持しているのですが、
    飛行機にはもう全く乗らないのですが、もったいないので
    SFCの維持だけのために、決済額0で、年会費3万少々で保持しています。

    さすがにもったいないないので、
    カード会社をキャンペーンを利用して変更したいのですが、おすすめありますでしょうか?

    もう少し待てばキャンペーンも増えそうですかね?

  • こんにちは、すけすけさん。
    先日、とてもお世話になりました夕梨です。
    ソラチカカードの審査は通ったようで、あとはカードが届くことを待つのみです!
    陸マイラーとしてのスタートに向けて、ドキドキした気持ちでいっぱいです。

    そして、陸マイラーになるなら、少しでもマイルをゲットできればと思い、
    日々、マイルの勉強をしています。
    そこで、個人的な質問になるかもしれませんが、
    お時間がある時に、もし、よろしければアドバイスをお願いします。

    ①1つ目は、私は、よくコンサートに行き、
      チケット代や交通費だけでもお金がかかります。
      それなりの人気グループで、申込抽選で当選したら、
      必ずローソンで支払いをしなければなりません。
      そこで、このチケット代金をマイルが効果的に貯まるように支払う方法はありますか?
      たぶん、支払いでANA系クレジットカードを使えば、最低限貯まると思いますが、
      それ以上に貯まる方法がありましたら、ご教授をお願いいたします。

    ②私は、ソラチカカード入手のために
     ポイントインカムで初めてポイントサイトに登録しましたが、
     他にも登録しておけばよいポイントサイトはありますか?
     こちらのサイトでも、ハピタスやMoppyという言葉を目にしますが、
     アドバイスをよろしくお願いいたします。

    ③これからネットショッピングなどをしていくにあたって、
     やはり、楽天カードやTポイントカードは作っておくべきでしょうか?
     実は、まだ、どちらも持っていません。
     また、上記以外に陸マイラーならぜひ、というカードがあれば、教えてください。

    また、たくさん質問をしてしまいましたが、
    何卒、お時間のある時に宜しくお願いいたします。

    • 夕梨さん
      ①自分はあまりローソンを利用しないので、利用するとしてもクレジットカードで支払いをするくらいなので、それ以上お得な方法をあまり知らないんです・・・
      ②自分は、モッピーとハピタスも併用しております。あまり多くのサイトに登録しても、ポイントの管理が面倒なので、まずはインカム、少し慣れたらモッピーとハピタスは追加してもいいと思います。モッピーはポイント交換も少し簡単ですので。
      ③自分は楽天でも、ANAカードなどのマイル系カードで決済しています。が、楽天カードはポイントサイトで1万円以上になるタイミングがあるので、楽天カードを利用する、すない無関係にポイントが高いときに発行するといいと思います。

      • すけすけさん、何度もご指南ありがとうございました。
        まだ、ANAJCBカードが到着せず、
        EPOSでコツコツ、日々の支払いをしています。
        これから、もっとポイントサイトを使いこなし、
        まずは、10万マイルを目標に頑張っていきたいな、と思います。
        本当にありがとうございました!!

  • こんばんは。はじめまして、夕梨と申します。
    よろしくお願い致します。

    私は、つい最近まで、クレジットカードは金銭感覚が麻痺すると思い、
    もっぱら現金派だった田舎(十数年前に電車は廃線)に在住の者です。

    数年前から、年に1、2度海外旅行に行くようになりましたが、
    マイルという存在は知っていましたが、自分には関係ないと思い、無関心でした。

    ですが、昨年度末、ANAを利用した海外ツアーに参加し、
    同じツアーだった方に、マイレージカードは、年会費もなく、
    無料だと聞き、安心して、初めてマイレージカードを作成しました。

    そして、これからも、きっとちょくちょくと海外に行きたいと考えているので、
    ラウンジというものを利用できたらと思い、
    EPOS(エポスカード)という年会費無料の一般カードを作りました。
    このカードはゴールドカードもあり、直接申し込むと年会費がかかりますが、
    一般カードで50万円ほど消費したら、ゴールドへのインビテーションカードが届くかもしれず、
    そうすると、永年無料であり、さらにラウンジが使えるということで、
    その特典を狙っていこうと思っています。

    また、これをきっかけに、マイルも貯めて、陸マイラーに、私もなりたいと思い、
    ANAカードも所持していこうかと考えています。
    そこで、どのカードを持つべきか、あるいは、今は待つべきか
    ぜひ、アドバイスを宜しくお願いいたします。

    すけすけさんの記事にも書かれていましたが、
    今は、何のキャンペーンも行われていませんが、
    ANAVISAゴールドwideのカードを持って、コツコツとマイルを貯めていくといいでしょうか?
    それとも、キャンペーンがあるまでは、ANA系クレジットカードの所持は控えた方がいいでしょうか?
    それとも、年会費の安いANA系カード(Suica)などを持っておき、キャンペーンが来るまでは、
    それで、こつこつとマイルを貯めた方がよいでしょうか?

    今後の使用頻度としては、
    EPOSカードで50万円くらい消費した後は、
    もし、ANA系カードを持つのであれば、
    可能な限り普段の買い物、ガソリン代(月12000円程度)、
    携帯代(月6500円)など、出費全般を払っていきたいと考えています。

    ですので、どのカードを選択すれば、マイルがこれからしっかりたまっていくか、
    アドバイスを宜しくお願いいたします。

    私もいつか、すけすけさんのように、貯まったマイルでファーストクラスに乗り旅行することが、夢の1つとなりました。

  • こんばんは。初めまして、夕梨と申します。
    よろしくお願いします。

    私は、最近までクレジットカードなんて、金銭感覚が狂うと思って、
    もっぱら現金派のド田舎在住(電車は10数年前に廃線)の者です。

    数年前から、年に1,2度は海外旅行に行ったりしていましたが、
    マイルは全然無視していました。
    ですが、昨年の年末にANAを利用した海外旅行に行ったときに、同じツアーの方から
    マイルの話を聞き、マイレージカードなら無料で作れると聞き、早速作りました。

    また、いつか、ラウンジを使えたらと嬉しいと思い、
    少し前にEPOS(エポス)カードの普通カードを作り、
    買い物などで50万円くらいの使用でゴールドカードへのインビテーションが来るようで、
    それでゴールドに昇格すると、年会費が永年無料で、さらにラウンジが使えるという特典を聞き、
    今をそれを狙ってみようと思っています。

    さらに、私も普段使いでマイルを貯める、陸マイラーにもなりたいと思い、
    こちらのサイトを読み、勉強しています。
    ですので、すいませんが、相談に乗ってください。

    ANAはマイレージカード以外は持っていません。
    すけすけさんの解説を読むと、
    年会費はかかるけれど、指南されている方法で年会費を値引きして、
    何のキャンペーンもしておらずお得感は薄れますが、
    ANAvisaゴールドwideカードに、早速、申し込むべきでしょうか。

    それとも、今は、上記のカードのキャンペーンなどを行っていないので、
    しばらくは、ANA系のカードを持つのは控えた方がいいでしょうか?
    それとも、別のANAカード(Suicaなど)を持ち、マイルを貯めた方がいいでしょうか?

    今後の見通しとしては、EPOSカードで50万円くらい消費したら、
    もし、ANA系カードを取得したのであれば、
    普段の買い物、ガソリン代(エネオスで月1万2千円程度)、
    携帯代金(月6000円程度)などをそれですべて払っていきたいと考えています。

    すいません。長くなってしまいましたが、
    お時間のある時に、ぜひアドバイスをよろしくお願いします。
    私もすけすけさんのように、貯まったマイルで、
    ぜひファーストクラスに乗るのが、一つの目標になりました。

    • 夕梨さん
      まず、EPOSカードは非常にいいカードだと思います。20万円くらいでゴールドカードのインビテーションがくると思うので、是非狙ってみて下さい。これだけでも、階以外旅行保険もついていますし、空港のカードラウンジも利用できるので、一歩旅行が楽しくなると思います。
      その上で、ANAマイルを貯めるには
      ・ANAカードを発行して、普段の決済はANAカードに集約する
      というのが、ANAマイルを貯める基本にはなります。
      どのANAカードを持つのかですが、キャンペーンで大量マイルがもらえるものを優先的に発行するのがいいのかなと思います。今でしたら、1/14までにソラチカカードを申込をすると数万マイルもらえるので非常におすすめです。
      https://www.sukesuke-mile-kojiki.net/entry/anacardcampaign
      こちらのキャンペーン是非参考にしてみてください。
      また、このソラチカカードはポイントサイトのポイントをANAマイルにするために非常に重要なものなので、陸マイラーには必須なので、是非発行検討してみて下さい。
      また、ソラチカのキャンペーン終了するころの状況に合わせて、次のカードを検討するのがいいのかなと思います。

      • アドバイス、ありがとうございました!!
        早速、ソラチカカードの申し込みをしています。

        それで、すけすけさんに再度、質問させて頂きます。
        よろしくお願いします。
        ポイントコース選択で、
        ・マルチポイントコース(10マイル)
        ・マイル自動移行コース(10マイル)
        ・マルチポイントコース(5マイル)
        ・マイル自動移行コース(5マイル)
        とあるのですが、どれを選択すべきでしょうか。
        すいません、アドバイスをよろしくお願いいたします。

        • とりあえず、マルチポイントコースの5マイルでいいと思います。
          ただ、実際に移行するときには、多くのポイントが貯まっている場合は、登録料を払ってでも10マイルコースに登録しなおして移行した方がいいケースもあるので、その時に検討してください。

          • 二度にわたる丁寧なアドバイスありがとうございました!!
            なんとか、内容入力が終わりました!!
            あとは、審査を通過するかどうかを待つだけです。
            これからも、こちらで勉強させて頂きます。
            本当にありがとうございました!

  • すけすけさん、こんにちは!はじめまして、陸マイラー始めたばかりの初心者です。これまで知らずにカードをカード会社の直接のキャンペーンサイトから発行したり、普通にネットショッピングしたり、とっても損をしてたなぁ(涙)と反省。こういう情報はちゃんと知っておくものですね!さて、昨年末に無事ソラチカカードを手にしたのですが、決済用のメインカードとして、ANAVISAゴールドWIDEカードを検討しています。年間のカード決済額は200万円前後だと思う(300万円いかないと思います)のですが、還元率を考えて年会費を支払ってでももANAVISAゴールドWIDEカードを申し込んだほうが良いのか(この場合、ソラチカカードはソラチカルートを確保するためだけに使う)それとも200万円程度の決済額なら決済もソラチカカードでも良いのか?今の時期はちょうどANAVISAゴールドWIDEカードもやっていないので、どうしようかと悩んでいます(ラウンジ利用や旅行傷害保険等の付帯サービスは他の無料のゴールドカードで利用できるのでANAVISAゴールドWIDEカードの価値としては考えないこととして、単純に還元率と年会費とだけの費用対効果の検討だけとなります)もし年会費を支払ってでも還元率等考えてANAVISAゴールドWIDEカードの方が良いということでしたら、次回のキャンペーンを待って(それまではソラチカカードで決済)ポイントサイト経由で申し込みをしようかと思います。アドバイス宜しくお願い致します。

    • ちゃりおさん
      その状況でしたら、ゴールドでなくANA VISA suicaなどはいかがでしょうか?
      年会費も安く、還元率もソラチカより高いので、メインカードにする価値もあると思います。
      三井住友VISAは、ポイントの経由地としても1枚保有しておくのが無難だと思うので、是非検討してみてください。

      • すけすけさん。アドバイス、ありがとうございます!
        ポイントの経由地として必要ですもんね。ポイントの移行のタイミングまでもう少しだけキャンペーンを様子見して(キャンペーンあればいいなぁ(笑))申し込みしようと思います。

  • 今年も宜しくお願いしますm(__)m
    2019/1版隠れキャンペーンってありますけど、全然隠れてなくて通常運行じゃないですかね。。。

    • fin112358さん
      はい。。。こちらタイトルの変更が難しく、このようなタイトルですみません・・・
      特別なキャンペーンは現状なく、最近ポイントサイトが復活した程度になっています・・・

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください