すけすけのマイル乞食

ANAマイルを貯め、パスポート1冊目がスタンプで埋まった陸マイラー兼医師のブログ

スポンサーリンク

ついに開始!所得税・相続税等の税金がクレジットカードで払える!

2017年より国税がクレジットカードで払える。ポイント・マイルが一気に貯まる。実際に納税した体験談。

f:id:bmwtatsu:20170306223901p:image

すでに、様々なところで周知されていますが、2017年より国税がクレジットカードで納付できるようになりました。

ん???クレジットカードで税金が支払えるということは、ポイント・マイルが貯まるということ???はい、その通りです。

税金の支払いでポイント・マイルが貯まる時代が来たのです。

そして、実際に所得税のクレジットカード払いをしてみました。体験談から、国税のクレジットカード納税について整理しておきます。

 

クレジットカードで支払いのできる国税の種類

2017年よりクレジットカードで支払い可能になった国税は下記です。

申告所得税及復興特別所得税 消費税及地方消費税 法人税
法人税(連結納税) 地方法人税 地方法人税(連結納税)
相続税 贈与税 源泉所得税及復興特別所得税(告知分)
源泉所得税(告知分) 申告所得税 復興特別法人税
復興特別法人税(連結納税) 消費税 酒税
たばこ税 たばこ税及たばこ特別税 石油税
石油石炭税 電源開発促進税 揮発油税及地方道路税
揮発油税及地方揮発油税 石油ガス税 航空機燃料税
登録免許税(告知分) 自動車重量税(告知分) 印紙税

所得税や、相続税は関係する人も多いでしょう。

サラリーマンの所得税もクレジットカード払い可能??

残念ですが、税金を源泉徴収されている場合は、クレジットカードで支払いをすることはできません・・・。システム変更はないので、そのまま源泉徴収されます。

ただ、相続税はクレジットカードで支払いができます

また、サラリーマンでも確定申告を行い追加納税が発生した場合は、追加分はクレジットカードで支払いができます。自分は、今回ブログの収益を確定申告しました。その分だけ、追加の支払いが発生したためクレジットカードで納税することにしました。

個人事業主の方なんかには、かなりメリットがありそうですね。全額の所得税をクレジットカードで支払うケースもありそうですし。。。

 

地方税のクレジットカード払いは可能??

さて、住民税・固定資産税・自動車税等の地方税はクレジットカード払い可能なのでしょうか??

地方税は、地方自治体や税金の種類により扱いが異なります

例えば東京都の固定資産税や自動車税は以前からクレジットカード払いが可能です。

まだまだ対応していない自治体が多いですが、今後徐々に増えると思われます。

国税のクレジットカード払いには手数料がかかる

国税の支払いをクレジットカードで行う場合は、手数料がかかることを覚えておいて下さい。

納付税額 決済手数料(税込)
1円~10,000円 82円
10,001円~20,000円 164円
20,001円~30,000円 246円
30,001円~40,000円 328円
40,001円~50,000円 410円

※以降、10,000円を超えるごとに決済手数料82円が加算。

となっています。

1万円毎に0.82%の手数料がかかるので、クレジットカードを利用するにしてもポイント還元率が0.82%以上のクレジットカードを利用しないと損します。

そしてクレジットカードの種類によっては、税金の支払いではポイントが付与されないものや、付与率が異なる場合もあるので注意してください。

例えば、AMEXは基本的にポイントに還元率1%なのですが、国税に関しては0.5%となってしまいます。注意しましょう。

ANA VISA ワイドゴールドカードを利用して納税した場合の具体例

自分のメインクレジットカードは「ANA VISA ワイドゴールドカード」です。

”陸マイラーがANAマイルをどう貯めるか「ANA VISA ワイドゴールドカード 還元率1.71%」クレジットカード決済” - すけすけのマイル乞食

ANAマイル還元率は1.71%です。0.82%を超えているので利用してもいいでしょう。

 

10万円の所得税をクレジットカードで納税した場合は、

・手数料:820円

・獲得ANAマイル:1710マイル

820円で1710マイルを購入したことになりますね。

 

1マイルの価値は使い方しだいで3~5円にすることも可能なので、非常にお得ということになります。という状況なので今回の税金はクレジットカード払い決定!

マイルを貯めている人には、国税をクレジットカードで払えるというのは非常に価値が高いということになります。

マイルの貯め方が気になる人は、下記記事も参照ください。

www.sukesuke-mile-kojiki.net

国税をクレジットカード支払う具体的手順・方法

やり方は非常に簡単です。

まず、確定申告等を行うと納税の振込み用紙が渡されますが、この用紙は利用しません。というか用紙はもらわなくて大丈夫です。

自分は、「クレジットカードで支払うので、振込み用紙はいりません。」と税務署の方に言ったら、「手数料かかりますよ!」とびっくりされました。始まったばかりなのでクレジットカード払いの人はまだまだ少ない印象です。

 

手順

国税クレジットお支払サイトにアクセス

②手数料等の注意事項に同意

③氏名、住所、電話番号、納付先税務署、納付内容を記載

f:id:bmwtatsu:20170306212532p:image

納付内容は、所得税、法人税等を選択するようになっています。

④クレジットカード番号を記載

f:id:bmwtatsu:20170306212929p:image

⑤納税ボタンを押す

以上です。簡単に税金をクレジットカードで支払いできてしまいます。

特に納税者番号のようなものを入力しなくてもいいので、おそらく税務署側がこの氏名や住所と、確定申告の提出書類を照らし合わせているのだと思います。

 

今後、毎年これが利用できるとなると非常に大きいですね。

特に、高額な税金を納める方は絶対に見逃せないポイントになります。

所得税を全額クレジットカード払いできる人がうらやましいです・・・・。

 

■関連記事

・クレジットカードで高額決済できるものランキング

www.sukesuke-mile-kojiki.net