すけすけのマイル乞食

ANAマイルを貯め、パスポート1冊目がスタンプで埋まった陸マイラー兼医師のブログ。

スポンサーリンク

初年度年会費無料!!「アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード」の超お得入会・紹介キャンペーンを解説。

1年間徹底利用してわかったこと。アメックスゴールドの付帯サービスは、まじで一流。高級レストランが1名無料??海外の空港ラウンジが利用可能??そんなハイステータスクレジットカードに、今なら、初年度年会費無料で入会可能。大量ポイント獲得の紹介キャンペーン実施中。

最新更新日:2017/12/11

f:id:bmwtatsu:20170207220021p:image

我が家では、

2015年12月に自分がアメックスゴールド

2016年4月に妻がアメックスゴールド

を発行しました。妻のカードも、家族カードとして発行したわけではありません。どちらも本人カードとして発行したものです。

 

なんで、そんな無駄なお金を???

って思うかもしてませんが、初年度年会費無料のキャンペーンがあるんですよ。

しかも、そのキャンペーンで大量ポイントももらえる。

 

 

アメックスゴールドを利用した経験談を元にメリット・デメリットを総整理しておきます。

そして、アメックスゴールドは初年度年会費無料+大量マイル獲得のキャンペーンも行っているので、キャンペーン内容も紹介します。

 

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードの全貌です。

「目次」

これがアメリカン・エキスプレス・ゴールドカード!!!メリット・デメリットを完全解説。

まずキャンペーン内容の紹介の前にカードのスペックを紹介します。カードの中身は知っているから、キャンペーンの内容が知りたいという方は読み飛ばしてください。

 

⓪アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードは審査に通りにくい?

まず、世間の印象とは違い、

アメックスゴールドは審査が非常に通りやすい

です。

 

収入0円の妻でも審査に通過しています。2016年に当ブログでアメックスの記事を大量に書いたのですが、専業主婦の方でも審査に通ったいうコメントを大量にいただきました。

昔とは違い、現在のアメックスゴールドは審査に非常に通過しやすいクレジットカードになっています。ここを誤解されている方が多いと思います。高い年会費さえ払えば、誰でも所有できてしまうクレジットカードになりつつあります。

所有することは夢でも何でもありません。

アメックスゴールド持ちたいけど、審査無理だろうなーと思っておられる方もあきらめる必要は全然ないカードだと思います。

 

①年会費は29,000円+税

年会費は高いです。29,000円+税

これはゴールドカードの中でも高い分類に入るでしょう。

ただし、後ほど触れますが初年度年会費無料のキャンペーンはよく開催されています。

 

②家族カード年会費

1枚目は無料です。なので、本人カードと家族カードの2枚で29,000円+税という考えでいいと思います。

2枚目以降の家族カードは年会費が12,000円+税必要になります。

 

③ポイント還元率、ポイント有効期限、ポイント交換先

気になる、ポイント関連に関して整理しておきます。

アメックスのポイントプログラムは「メンバーシップ・リワード」と呼ばれています。

 

【ポイント還元率】

カード利用額100円につき、1ポイントが貯まります。

少し細かいことになりますが、アメックスのポイントは一回のカード決済ごとにポイントが付きます。3890円のカード決済をすると、38ポイントが付与されるということです。月の合計請求金額に対してポイントが付与されるわけではないので、細かいことを言うと、3890円のカード決済をした際には100円未満の90円は切り捨てとなります。毎回の買い物で100円未満は切り捨てです。

 

【ポイント有効期限】

ポイントの有効期限は無期限です。

 

【ポイント交換先・利用方法】

まず、ポイントを交換する前に登録しておくべき重要なものがあります。

メンバーシップ・リワード・プラス」です。

これは参加しないと損します。

 

ポイントはANAマイル等に移行できるのですが、これに登録しておくと移行レートが1.6倍~2倍にアップするのです。

ただし、登録には年3000円+税が必要です。1度登録すると、1年間有効で自動更新制度です。

3年に一度まとめてポイント移行するというような方は、毎年3000円を払うのはもったいないでしょう。そんな場合は、ポイント移行時のみ登録して、移行が終わったら登録解除しておきましょう。

 

さて、ポイントの使い道ですが多岐に渡ります。以下、メンバーシップ・リワード・プラスに登録しているという前提で話を進めます。

 

1、「ANAマイルに移行」

1000ポイント=1000マイルでANAマイルに移行できます(メンバーシップ・リワード・プラスに登録していない場合は2000ポイント=1000マイル)。ANAマイルに移行する場合は、クレジットカード決済のマイル還元率が1%になるということです。

 

ただし、ANAマイルに移行する場合は注意点が2点あります。

①年間(1月~12月)の移行上限が80000マイル

②ANAマイル移行参加登録料が年間5000円+税必要

この2点に注意ください。特に移行登録料。年会費29000円+税に追加で、メンバーシップ・リワード・プラスの3000円+税と、この移行登録料5000円+税も追加で必要になるんです。

 

ANAマイルを貯める目的だけなら、下記のANA VISA ワイドゴールドカードが還元率1.72%で年会費も1万円以下なのでおススメです。

”陸マイラーがANAマイルをどう貯めるか「ANA VISA ワイドゴールドカード 還元率1.72%」クレジットカード決済”

 

2、「他社マイルに移行」

アメックスの売りは、ANAマイルではなく他社のマイルに移行できるという点です。

 移行先は

・キャセイパシフィック航空

・ブリティッシュエアウェイズ航空

・シンガポール航空

・タイ航空

・デルタ航空

・エミレーツ航空

・エティハド航空

・エールフランス航空

・カタール航空

・アリタリア航空

・チャイナエアライン

・フィンエアー

・ヴァージンアトランティック航空

・スカンジナビア航空

と14社に渡ります。ANAも含めると15社です。

特に人気があるのがブリティッシュエアウェイズ(BA)へのマイル移行です。BAはJALと同じワンワールドに所属しているので、JALの特典航空券が取れます。しかも国内線の大半は片道4500マイルで取れてしまうというのが人気の秘密です。

詳細は下記も参照下さい。

www.sukesuke-mile-kojiki.net

ただし、ANAと異なる点は1250ポイント=1000マイルで各社にマイル移行になります(ANAの場合は1000ポイント=1000マイルです)。

ANAマイルに移行する際には登録料が必要でしたが、ANA以外に移行する場合は登録料は必要ありません。

 

3、ポイントフリーダム

ポイントをカードの支払いに充当することもできます。

1ポイント=0.5円相当で利用することができますが、

・航空会社での利用1ポイント=1円

・ホテル、旅行代理店等の加盟店利用1ポイント=0.8円

という利用方法だと還元率が上昇します。

他にも商品に交換してポイントを利用する方法なんかもありますが、基本的に上記の3つの利用方法がお得です。

 

④カード特典・付帯サービス

アメックスゴールドの最大の売りは、付帯サービスだと思ってください

ANAマイルへのポイント移行だけで言うと、先ほども書いた通りANA VISA ワイドゴールドに負けますから。

ただ、付帯サービスがかなり充実しています。付帯サービスをフル活用できる人なら、年会費を29000円+税払っても元が取れると思います。逆に下記の特典を有効に活用できない場合は、宝の持ち腐れになってしまう可能性が非常に高いと思います。

特典を箇条書きにしながら、これはいいサービスと思ったものに関して詳しく触れておきます。

 

 

最大のメリット!!!「ゴールド・ダイニング by 招待日和(年会費30000円+税 相当)」が無料

これが1番のアメックスゴールドの売りだと思います。

AMEXのサイト内に出ている高級レストランの特定のコース料理を、

2名以上で予約すると、1名が無料

になります。

ゴールド・ダイニング by 招待日和 - クレジットカードはアメリカン・エキスプレス(アメックス)

夫婦やカップルでいけば高級レストランが半額になるということです。

 

これを年に2回ほど利用できる人なら、十分に元が取れるということになります。

誕生日に一回。結婚記念日に1回。

こんな感じで利用する機会があれば相当お得です。

 

招待日和は本来、アメックスゴールドカードを持っていなくても入会可能なもので、年会費は30000円+税です。が、アメックスゴールドの年会費29000円+税の中に含まれています。この時点で普通に入会するより安いという不思議な現象が起こっています。 使用は1店舗につき、半年に1回(4/1-9/30に1回、10/1-3/31に1回)までと決まっていますが、利用店舗数の上限はないため、同期間でも別店舗なら1名無料サービスを受けれます。

他のクレジットカードと比べると、同等のサービスがついているのは年会費5万円以上のプラチナカードが多いです。

 

これもすごい。「 プライオリティ・パス スタンダード会員(年99ドル相当)」が無料

あの有名なプライオリティパスです。

www.sukesuke-mile-kojiki.net

これを持っていれば世界900ヶ所以上の空港のビジネスクラス用ラウンジを使うことができます。

スタンダード会員は、本来一回のラウンジ使用毎にUSD25の費用がかかるのですが、

年に二回までAMEXが費用を負担してくれる

サービスがついています

 

しかもですよ、家族カードでもプライオリティ・パスが発行可能なんですよ!

家族カードは1枚は年会費無料でしたよね。

つまり、無料でプライオリティ・パスが所有できてしまうんです。

これは強烈。

 

自分もAMEXが届くと同時に申請しました。プライオリティカードが届くまではおよそ1ヶ月ほどかかるので、はやく申請することをオススメします。

自分は一度、関西空港でプライオリティパスで使用しました。関空で利用できるのは大韓航空のビジネスラウンジです。関空の大韓航空のラウンジは出国審査場より手前にあります。このときはスターアライアンスのアシアナ航空で行ったので、出国審査前に大韓航空のラウンジで過ごし、出国審査後にANAのラウンジで過ごすことができ出発まで快適に過ごすことができました。大韓航空のラウンジには、カップラーメン、おにぎり、パンの軽食とドリンクがありました。

 

その他、細かい特典の一覧です。

・グローバル・ダイニング・プログラム

・ ゴールド・ワインクラブ コットンクラ

・新国立劇場

・チケット・アクセス

・プリファード・ゴルフ

・京都観光ラウンジ

・海外旅行の航空便遅延費用補償:遅延費用(最大2万円)、受託手荷物紛失(最高4万円)

・ エクスペディアで、海外ホテル常時8%オフ

・アップルワールド.comで、国内外のホテル常時5%オフ

・一休.comで、国内ホテルが毎月先着100名様3000円オフ

・贅の宿

・JR東海プラスEXサービス

・メンバーシップ・トラベル・サービス「ゴールド・デスク」

・ アメリカン・エキスプレス・セレクト

先ほどの、 ゴールド・ダイニング by 招待日和には劣りますが、レストラン等で飲食代金が10~15%割引になるサービスがあります。高級ホテルのレストランの多くが対象になっており、使えるタイミングがあれば非常にお得です。

American Express SELECTS

下記は、実際に自分が沖縄の「ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート」に宿泊した際にホテルレストランで割引を受けた体験談です。

www.sukesuke-mile-kojiki.net

・アメリカン・エキスプレス・トラベル・オンライン

・アメリカン・エキスプレス・コネクト

・エアポート送迎サービス

・国内・海外旅行保険:最高1億円補償、家族補償も有り

・空港パーキング料金割引・ご優待

・空港ラウンジ :国内外30カ所で同伴者1名まで無料

多くのゴールドカードについている特典ですが、アメックスゴールドなら同伴者1名も空港ラウンジを利用できます。空港ラウンジってどんなところなのかは下記記事を参照下さい。

www.sukesuke-mile-kojiki.net

・海外用レンタル携帯電話ご優待

・無料ポーターサービス

・空港クロークサービス

・エアポート・ミールクーポン

アメックスの有名なサービスです。

羽田空港および伊丹空港の国内線利用時にミールクーポンというお食事券がもらえるのです。ただし、羽田空港のミールクーポンは取得条件が厳しく、アメックスデスクにて航空券を購入した人のみ郵送でミールクーポンが送られてきます。

が、伊丹空港は当日アメックスカウンター(中央ターミナル2回南寄り)に行き、搭乗券とアメックスのカード(グリーンカード、ANA AMEX、スカイトラベラー、SPG AMEXも可)を見せるだけで簡単にもらえます。アメックスホルダーが伊丹空港を利用する際は毎回利用しましょう。

下記は伊丹空港でミールクーポンを利用した体験談です。

www.sukesuke-mile-kojiki.net

 

・手荷物無料宅配サービス:スーツケース1個を出国時&帰国時の往復無料配送

これは非常にいいサービスです。

海外旅行の際に自宅―空港間(往復)を、カード会員1名につきスーツケース1個を無料で配送してくれます。対象は羽田空港、成田国際空港、中部国際空港、関西国際空港の4空港です。

往復とも利用できるというのが貴重です。ハイステータスカードには同様のサービスがついていることが多いですが、ほとんどが空港→自宅の帰国時のみ利用可となっています。

・オーバーシーズ・アシスト キャンセル・プロテクション :キャンセル費用などの損害を補償(年間最高10万円まで)

・ショッピング・プロテクション:破損・盗難などの損害を補償(年間最高500万円迄)

・オンライン・プロテクション :WEB上での不正利用の補償

・リターン・プロテクション:購入品の返品を補償(1商品毎に3万円迄、年間15万円迄)

・ETCカード:初年度無料、2年目以降も1回以上の利用で翌年度無料

 

⑤複数枚のアメックスを持つことも可能

アメックスのホームページに行くと、アメックスゴールド以外にも複数のアメックスのクレジットカードが紹介されています。

アメックスグリーン、アメックスゴールド、スカイトラベラー、デルタアメックス、ANA AMEXSPG AMEXなんかが出てるはずです。これらは1人で複数枚持つことも可能です。電話でオペレーターに、グリーンとゴールドの2枚持ちも可能か問い合わせすると不可能ですと言われるときと、可能ですと言われるときがあります。実際はグリーンとゴールドの2枚持ちも可能です。自分が2枚申し込みして所持していたので間違いありません。

 

スポンサーリンク

 

アメックスゴールドの入会は紹介キャンペーンが超お得。初年度年会費無料かつ大量ポイントがもらえる。

あと重要になってくるのが、

アメックスをどこから申し込むのがお得

なのかということです。

アメックスは多種多様なキャンペーンを行っており、キャンペーンの全貌の把握は困難です。自分の知る範囲のものをまとめておきます。

 

①直接アメックスのホームページから

何の特典もありません。

 

②アメックスバナーから

よく、バナー広告でアメックスの広告が出てくると思います。おそらく初年度のみ年会費無料というキャンペーンが1番多くみかけます。

 

③アメックスホルダーからの紹介

アメックス所有者から、紹介を受けるとかなりお得にアメックスに入会できます

現在は下記のキャンペーンをやっています。

f:id:bmwtatsu:20171211152140p:plain

2017/12現在のアメックスゴールドの紹介キャンペーンは、

初年度年会費無料

3か月以内に10万円利用で1万ポイント、30万円利用で2万ポイントの合計3万ポイント

という内容のキャンペーンです。

 

これめちゃくちゃお得ですよね。

初年度年会費無料の間に、招待日和でレストラン無料を楽しみ、プレイオリティ・パスを発行して海外の空港ラウンジを満喫したり、海外旅行時の手荷物無料宅配を利用したり。

そして、ポイントも3万ポイント。

これ、30,000ANAマイル相当ですよ。

国内線特典航空券2名分になります。

 

是非、アメックスを知人に紹介してもらって入会しましょう。

知人にアメックスの所有者がいない人で、アメックスゴールドの紹介希望の方はこちらよりご連絡いただければ、当方より友人として紹介させていただきます。

 

アメックスは紹介に非常に力を入れているので、紹介キャンペーンがあることは是非知っておいてください。

 

まとめ

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードは、これだけ付帯サービスがあるカードなんです。ポイントの還元率だけでいうとそれほど高いクレジットカードではありません。アメックスゴールドを有効に使えるのは、高い年会費を払っても、この付帯サービスを受けることができる生活スタイルの人だと思ってください。

また、ポイントは全15社に移行できるので、ANA以外のマイルを貯めている人には有効に利用できるカードでもあります。

そして、入会キャンペーンは非常に豊富で様々な種類が用意されています。お得な紹介キャンペーンも活用してください。

 

■関連記事

・SPG AMEXは最強クレジットカードなのか

www.sukesuke-mile-kojiki.net 

・ANAマイルの貯まるAMEXはどれ??

www.sukesuke-mile-kojiki.net