すけすけのマイル乞食

ANAマイルを貯め、パスポート1冊目がスタンプで埋まった陸マイラー兼医師のブログ

スポンサーリンク

「ANAカードファミリーマイル」を利用して家族でマイルを貯める方法。

「ファミリーマイル」「ポイントの家族間移行」をしっかり理解して、有効にマイルを貯める方法。

f:id:bmwtatsu:20170119221117p:image

自分が45000マイル持っている。

妻が35000マイル持っている。

二人合算できれば8万マイルになり香港のビジネスクラス特典航空券2名分が予約できるのに。

とか

自分が10万マイル持っている。

妻が10万マイル持っている。

二人合算して20万マイルになれば、子供分と合わせて3名分のハワイのビジネスクラス特典航空券3名分が予約できるのに。

とか考えたことはないですか???

 

ANAマイルは家族合算できます。

「ANAカードファミリーマイル」という制度を利用すればマイルの統合ができます。我が家では、自分のマイル、妻のマイル、子供のマイルすべて集約して有効に活用しています。

ファミリーマイルを利用する条件が少し複雑なので整理しておきます。

「目次」

 

プライム会員(親会員)は「本人ANAカード」を持っている人しかなれない

f:id:bmwtatsu:20170114093943p:plain

家族でマイルを合算するファミリーマイルを利用するには、家族の中で一人代表者を決めます。そして、その人の口座にマイルが合算されて、合算したマイルを利用できます。代表者のことを「プライム会員」と言います。

ただし、家族の誰でもプライム会員になれるわけではありません。プライム会員になれるのは本人ANAカード(ANAのクレジットカード)を持っている人だけです。

家族カードではなく、本人カードを所有している必要があります。

ファミリー会員(子会員)は18歳以上ならANAカード所有が必要。家族カードも可。18歳以下はANAマイレージクラブカードでOK。

プライム会員は本人ANAカードを持っている必要があります。

残りの家族は、18歳以上に関しては(18歳の高校生除く)家族カードでも本人カードでもどちらでもいいのでANAカードを持っていればファミリー会員(子会員)になることができます

ANAカードを持っていない場合は、ファミリー会員になることはできません。ANAのクレジットカードを持っていない家族はマイル合算できないということです。

ただし、特別条件として18歳未満および18歳に高校生はANAマイレージクラブカードでもOKです。18歳未満はANAカードを発行できないので、このような特例が付いています。

f:id:bmwtatsu:20170108222725p:plain

基本的には、ANAカードを持っている人しかファミリーマイルとしてマイル統合できないことを知っておいて下さい。だから、「ANAカードファミリーマイル」って名前なんです。

家族でファミリーマイルとしてマイル合算できるのは、ANAカードを持っているだけ人の特典なんです。

ファミリー会員は、同居かつ一親等以内

家族の範囲ってどこまでなの?って話ですが、ファミリー会員に登録できるのは、同居する配偶者・同性パートナーおよび一親等以内の家族です。(同性パートナーもOKです。)

そして、ファミリー会員の最大数は9名です。これ以上の人数は登録できません。

下記のようなイメージだと思って下さい。

f:id:bmwtatsu:20170118211739p:image

この図に出ている人たちのマイルはファミリーマイルとして合算できます。

プライム会員は本人ANAカードを所有している必要があります。18歳以上のファミリー会員は、本人ANAカードもしくは家族ANAカードどちらかを所有している必要があります。18歳未満なら、ANAマイレージクラブカードでOKです。この条件が整っていればファミリーマイルとして統合できます。

ファミリーマイルの使い方

ファミリーマイルに登録すると、プライム会員はファミリー全員のマイルを合算して利用できます。

ここで、疑問になるのが

ファミリー会員のマイルは、プライム会員に吸収されてなくなってしまうの?

それとも、ファミリー会員も自分のマイルは自分のマイルとして利用もできるの?

ということだと思います。解説しておきます。

 

①プライム会員のANAマイル画面

f:id:bmwtatsu:20170119225720p:image

このように表示されます。自分が164028マイル所有していて、妻が154754マイル所有しています。合わせてファミリーマイルとして、318782マイルあると表示されています。

②ファミリー会員のANAマイル画面

f:id:bmwtatsu:20170119225851p:image 妻の画面には、妻の所有している154754マイルがしっかりと表示されます。

つまり、ファミリー会員のマイルはプライム会員に吸収されてなくなるわけではありません。ファミリー会員も、自分のマイルを利用したい時は自分の所有しているマイルなら利用できます。

 

つまり、プライム会員だけが、ファミリー全員のマイルを合算して利用する権利が与えられるということです

また、プライム会員がマイルを利用するときにも自分の所有しているマイルだけを利用するのか、またファミリーマイルを利用するのか選ぶことができるので安心してください。

 

なお、ファミリーマイルで利用できるのは下記の5つです。

・ANA国内線特典航空券

・ANA国際線特典航空券

・ANA国際線アップグレード特典

・提携航空会社特典航空券

・ANA SKY コイン

です。

上記以外の特典に関しては、ファミリーマイルとしてマイルを合算すると実は利用できません。

・いっしょにマイル割

・バニラエア特典航空券

・ANAご利用券

等々これらを利用したいときはファミリーマイルではなく、自分のマイルだけを利用する必要があります。

3世帯の場合はプライム会員を誰にするのか要注意

レアケースかもしれませんが、3世帯でファミリーマイルを利用する場合は少し注意が必要です。

祖父母がプライム会員になってしまうと、ファミリー会員は一親等以内という条件があるので、子はファミリー会員になれますが、孫はファミリー会員になれません。

3世帯の場合は、子がプライム会員になっておけば、祖父母も孫もファミリー会員としてマイルを集約することができます。 

ファミリーマイルの登録方法

①ファミリーが、プライム会員の家族ANAカードを持っている場合

ファミリー会員になる人がプライム会員の家族ANAカードを持っている場合は簡単に登録できます。ANAの下記ホームページから登録できます。

www.ana.co.jp

②ファミリーが家族カードを持っていない場合

少し面倒なのは、このケースです。

ファミリー会員の持っているANAカードが家族カードでない場合、また18歳未満でANAマイレージクラブカードを持っている場合は、住民票等を揃えて郵送での手続きとなります。厳密に同一住所で、1親等以内なのかチェックされるということです。

詳しい必要書類、郵送先は上記のANAのリンク参照下さい。

【重要】自分がプライム会員の場合に、妻は家族ANAカード?本人ANAカード?どちらを持つべきなのか

ちなみにここまではANAのホームページに書いている事をまとめただけです。

ここからは「家族でマイルを貯めるためには結局どうべきなの?」ということを自分のケースを例に整理しておきます。

①メインの決済カード「ANA VISA ワイドゴールドカード」は本人カードと家族カード

f:id:bmwtatsu:20170119230516j:image

自分のメインカードはマイル還元率1.71%のANA VISA ワイドゴールドカードです。

”陸マイラーがANAマイルをどう貯めるか「ANA VISA ワイドゴールドカード 還元率1.71%」クレジットカード決済” - すけすけのマイル乞食

妻には買い物等で利用できるように家族カードを発行して渡しています。このカードに関しては妻は家族カードを持っていればOKです。

ちなみに、家族カードで決済しても、支払い請求は本人カードのところに全額まとまって来ます。つまりカード決済分のポイントはすべて本人のところに来ます。ファミリーマイルとかに関係なく、カードのポイントは本人のところに自動的に集約されてしまうんです。

が、飛行機に搭乗したときにもらえる搭乗マイルは、自分と妻は別々にもらうことになります。自分に1000マイル、妻に1000マイルというような形です。なので、ファミリーマイルに登録して、統合しておきましょう。自分がプライム会員になれば、家族カードを持っている妻は、サイト上でファミリー会員に登録できます。

これでクレジットカード決済のポイントも、搭乗マイルもすべて合算されます。

メインの決済カードを、自分の分も妻の分も、どちらも本人カードにする必要は一切ありません。一枚は家族カードで十分です(口座の引き落とし先を別々にしておきたい等の事情があれば話は別です)。

②ソラチカカードは2枚とも本人カードの発行が必要

f:id:bmwtatsu:20170119230524j:image

陸マイラー必須の「ソラチカカード」。

年間216000ANAマイルを産む。陸マイラー必須【ソラチカカード】で【ソラチカルート】利用。 - すけすけのマイル乞食 

このカード一枚で毎月18000マイルを確保します。家族で自分と妻と一枚ずつ持てば、ソラチカルートが2本になり、毎月36000マイルをソラチカが産みだすことになります。

ここで大きな注意点ですが、ソラチカルートを2本にするには、ソラチカカードは2枚とも本人カードであることが必須です。家族カードは無意味です。

自分がソラチカカードを持っていれば、ポイントサイトのポイントをマイルにできます。最大で月に18000ANAマイル。年間216000ANAマイルです。

妻もソラチカカードの本人カードを持っていれば、最大で年間に216000マイル。2人でファミリーマイル合算して432000マイル貯まります。

妻がソラチカ家族カードを持つとどうなるでしょうか?ここに貯まるメトロポイントは、妻のポイントではないのです。先ほどのクレジットカード決済のポイントと同じです。本人カードに集約されてしまい、妻ではなく自分のメトロポイントになってしまいます。

つまり、家族で効率よくポイントサイトのポイントをANAマイルに移行して2人分の陸マイラー生活をフル活用するには、本人カードのソラチカカードが2枚必須になります。ここはかなり重要です。年会費は2枚分払う必要がありますが、必要経費と割り切って下さい。2000円+税の年会費で毎年1000マイルの継続ボーナスマイルももらえますし、これでソラチカルートが2本使えることになるというのは破格の条件です。

ソラチカカードは本人カードを持つ。が基本です。

なお、持っているANAカードがソラチカのみで、本人カードが夫婦で2枚あるような場合は、家族カードではないのでファミリーマイルの利用には郵送での手続きが必要です。

ちなみに、我が家のANAカードリストです。

自分:

①ANA VISA ワイドゴールド(メイン決済用)

②ANA VISA Suica(自分お小遣い決済用)

③ANA TOKYU(死蔵用)

④ANA AMEX(キャンペーンで作成。解約予定。)

⑤ソラチカ(陸マイラー用)

死蔵カードは下記参照。

www.sukesuke-mile-kojiki.net

妻:

⑥ANA VISA ワイドゴールド家族カード(メイン決済用)

⑦ANA VISA Suica(妻お小遣い決済用)

⑧ANA TOKYU(死蔵用)

⑨ソラチカ(陸マイラー用)

のラインナップです。どんだけANA贔屓やねんって感じですね笑。

ちなみに、自分のANAカードは5枚ありますが、どのANAカードのマイルも全て一枚に集約されます。複数のANAカードを持つとANAマイルが集約されるのか気になる人もいると思いますが、集約されますのでご安心下さい。

二枚目以降のANAカードを発行する際には、古いカードのANAマイレージクラブ会員番号番号を入力する欄があるので入力しておけば、ANA側で統合処理してくれます。

スポンサーリンク

 

【重要】ポイントサイトのポイントの家族・他人間移行

ファミリーマイルとは少し話が異なりますが、ソラチカカードをフル活用するために有効な方法を最後に記載しておきます。

 

自分のソラチカルートは毎月18000ANAマイル以上貯まって渋滞してるんだけど、妻の方はそんなに貯まらないから妻にポイント移行して2人ともソラチカルートを渋滞させたい。

とか、

彼女は家族じゃないからファミリーマイル統合できないんだけど、どうにかポイントサイトのポイントだけでも自分のところにまとめて、ソラチカルートを毎月渋滞させたい。

とか、

そんな風に思う人もいますよね。

マイルに変換する前のポイントの時点なら他人に移行することも可能です。

ポイントの家族・他人間移行ができるポイントサイトが存在しているのです。ハピタス、モバトク、レシポの3サイトです。

下記の記事に詳しくまとめていますので、参照ください。

www.sukesuke-mile-kojiki.net

これをうまく活用すれば、ソラチカルートを渋滞させることが容易になるので、是非有効に活用しましょう。